三島村長選挙。 地方選挙の開票結果速報2020|議会議員選挙や市長町長選挙などの開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査情報を配信

地方選挙の開票結果速報2020|議会議員選挙や市長町長選挙などの開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査情報を配信

三島村長選挙

こんにちは、晋作です。 始りました。 三島村長選挙。 わたしは2度目の投票ですが、前回は島を出る前。 ちゃんと住んでいながら投票するのは初になります。 どうなることやら…。 誰が立候補してるのかわからない!? 村長選挙が 告示されたのは 10月31日。 投票日は11月5日。 選挙によって何日前までに告示するか決まってるらしい。 町村の議員や長の選挙は一番短く、5日前。 開票が行われる 硫黄島では5日に投票ですが、 竹島と黒島は4日。 開票は5日。 期日前投票は1日から鹿児島市内の役場でできる。 というような内容が 31日に島内放送で知らされました。 ん? で、結局誰が立候補したの?? 他の選挙のように、 ポスターも張り出されてない。 誰が、どんな思いで立候補したかわからない。 まあ、立候補者は人伝いにだいたいわかってるんですけどね。 でも、これでいいの? これから表明があるかもしれない。 でも、1日に期日前投票しなきゃいけない人は公正な判断で投票できるのか? 三島村ホームページ、がんばってる。 情報収集する方法といったら、 三島村ホームページくらいしかない。 一応見てみましたが、選挙の「せ」の字も見当たらない。 でも、別の発見が。 ちょっと前まで船の運航を見るぐらいしか役に立たなかった三島村のホームページ。 全然更新されてなかったんですよ。 古い情報で止まってるよりひどい…。 そこに問題意識を持ってくれた職員さんが現れてくれたのか、いろいろがんばってました! 世帯数と人口は「平成29年9月1日」の情報に! 入札の情報や結果も載ってました。 そして、 村の職員の給与も公開されてました! 村長っていくらもらってるのかな~? ちょっと拝見。 詳しくは見てないんですが、気になった点が2つ。 給与が減額措置されてるらしいけど、いつしたのかわからない。 単純にわたしが無知で理解力がないだけかも。 減額措置「した後」と「する前」の給与が10年前からずっと載ってる。 結局いつ減額したの? 知ってる限りだと、元職の日髙さんが給与を減額して、現職の大山さんが元に戻したはず。 それは国が公表してる指標からもわかります。 「 経常収支比率」です。 削るのが難しく、毎年払わないといけない支出の、一般財源に対する割合。 例えば、毎年払わなきゃいけない支出が80億あって、一般財源が100億円だったとします。 いろいろ使えるお金が多いほうが、財政に余裕があります。 人件費も、もちろん払わなきゃいけない支出。 なので、なぜ昨年度も減額措置されてる給与なのかよくわかんない。 減額したままだけど、他の経費が増えたのかな? 村内と村外の給与の差が大きい。 もう一つの気になった点。 三島村は全国に2つだけの、 現地に役場がない自治体。 三島村役場の職員は鹿児島市民。 鹿児島市にいる職員と島にいる職員(ほとんど嘱託職員)の給与の差が大きいな~と。 でも、 三島村の「財政力指数」は日本の中で最低。 「 財政力指数」は自身の収入と支出の割合。 「1」なら、国からお金もらわなくてもやっていける状態。 5」だと、予算の半分は国からもらわないとやっていけない。 三島村は「0. 05」。 ずっとビリです。 その結果からすると、職員の給与は高水準。 同じような境遇の十島村より市町村ランキングで200位ほど上位。 「鹿児島市内の方がお金使うしね~。 」 と思ってたんですが、よく考えたらそうでもない。 安いのは家賃くらい。 ガソリンや光熱費はどちらかというと高いし、車検や車の修理には船賃が往復最低4万円ほどかかる。 物資もディスカウントストアなどがないので高い。 子どもが高校進学で本土へ行けば生活が2拠点になるので大変。 島の職員の給与では家族で生活するのは厳しいです。 仕事量は役場の方がだんぜん多いでしょうけど。 用事で夜に役場へ行くと、遅くまで働いている職員さんたちを見かけます。 島では基本的にはあまりないです。 でも、島のなかに 家族で生活できる仕事を増やさないと、人は増えません。 今度の選挙で役場と住民が同じ方向を見てがんばれる体制に変わることを祈ります。 MISHIMA!!

次の

地方選挙の開票結果速報2020|議会議員選挙や市長町長選挙などの開票速報・開票結果・立候補者の情勢・当選者出口調査情報を配信

三島村長選挙

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 矢祭、三島両町は選挙戦となり、古殿町と玉川、檜枝岐両村は無投票で当選者が決まった。 一方、議員選は南会津町は選挙戦となったが、鮫川、北塩原、檜枝岐の3村は無投票。 矢祭町議補選も無投票で新議員が決まった。 選挙は、14日告示された喜多方市議選とともに21日、投開票される。 15日現在の有権者数は4966人。 投票は町内13カ所で21日午前8時半から午後7時まで。 午後8時から町山村開発センターで即日開票される。 佐川氏は製粉会社長で、2016年の町議選で初当選。 町PTA連合会長や町教育委員を務めた経験から、「子ども、若者たちが未来にチャレンジできるまちづくり」を重点公約とし、小学校で英会話を習得させることや中学生の海外修学旅行の実現を掲げる。 鈴木氏は農業法人役員で町長選には3回連続の立候補になる。 過去2回の選挙では、当選した現職と数十票差の接戦を繰り広げた。 今回の選挙では、交流人口や定住人口の増加策や、町の基幹産業である農業の活性化、子育て支援策の充実などを公約にしている。 人口約1600人、高齢化率が53・4%(3月1日現在)と県内で3番目に高い同町にとって、若者の定住策や医療機関の充実などが課題になっている。 矢沢氏は選挙事務所前での第一声で「我々の生活が魅力的になる時、若者が入ってくるようになる」と語り、町民の暮らしの充実を図る考えを強調。 「生活に根ざした現場からの発想で、国や県を動かすことが必要になる」と訴えた。 二瓶氏は「継続か変革かが一番の争点だ」と指摘。 県職員としての勤務経験を踏まえて「これからの町づくりは新しい観点が必要」と語ったうえで、町外で暮らしていた人々が町に戻る「ふるさと帰村運動」を展開しようと訴えた。 15日現在の有権者数は1487人。 岡部氏の無投票当選は2011年の町長選から3回連続。 今回は五つの公約を重点に掲げ、子ども園や小中学校の給食費の無償化などをうたっている。 石森氏は当選後、「無投票当選には強い使命感、責任感を感じている。 住んでよかった、住んでみたいと言われる玉川村を新しい令和の時代に作っていきたい」と話した。 同村長選では、星光祥村長が再選を果たした2011年から3回連続で無投票が続く。 星明彦氏は観光客誘致や役場庁舎の建て替えなど、現村政の課題を引き継ぐ姿勢を示している。

次の

朝日新聞デジタル:2町長1議員 選挙戦

三島村長選挙

離島の参議院議員選挙はここが違う 基本的に繰り上げ投票です あれ、参議院議員通常選挙って、18日?21日では? と思われた方も多いと思いますが、離島では21日に開票を行うことを優先に繰上投票を行っています。 海上が時化て船が欠航になって投票用紙を運べなかったら大変なことになりますもんね! お隣の十島村、屋久島町の口永良部でも同様に繰上投票を行っています。 三島村では、18日に投票を行い、19日の船で本土の役場に運搬し、21日まで鍵の掛かる部屋に保管しておきます。 21日全国の投票が終了する8時を目途に開票を開始します。 有権者数が300人前後の市町村ですので、開票作業も1時間くらいで終了します。 大きい市町村では、機械化が進んでいますが、票数も少ないので本村は手作業で開票を行っています。 小さな離島では投票率が高い! 今までの選挙では80%以上!! 鹿児島県内の市町村投票率でお隣の十島村と1位2位を競っています。 (実際は競っていませんが🍀🙂) 統計を確認すると人口が少ない市町村は、投票率が高いんです! どうしてでしょう? 離島で選挙への関心が高い理由 「忘れられた島」にならないために いろいろな要素があるとは思いますが、住民の方と接していると、選挙に行かないといけないという感じがひしひしと伝わってきます。 ネットを見ると選挙は、義務?権利?などとうたっていますが、三島村の住民の方は義務的な感じが強いのでしょうね。 また、役場に勤めていると思うことがあります。 特に小さな村の三島村は財政が厳しく国や県からたくさんの補助をいただいています。 また、離島ゆえにいろいろな負担軽減制度があります。 住民の方の船運賃助成、車検時の車輌船運賃助成、巡回診療、しおかぜ留学制度、航路助成などなど。 不便な環境で過ごす島民自身が危機感を持っていることも、選挙への関心の高まりにつながっているのだと思います。 選挙に行こう!! 離島の蔵の継続に、国や県、村の力は必要不可欠!! 私の関わるところでは、何と言っても焼酎蔵! 国、県からいろいろと助成をいただいています。 また、焼酎蔵飽和状態の鹿児島県では、単式蒸留酒の製造免許は取れない環境になっています。 ただ今回、構造改革特区という制度を活用することができ、三島村で焼酎を造れるようになりました。 面白い話ですが、通常焼酎を造ることは、酒税の絡みで税務署、財務省の管轄なのですが、構造改革特区は内閣府の地方創生推進事務局になるのです。 私が焼酎造りのことを最初は右も左も分からず税務署にあいさつに伺ったときに、管轄が違うので何も言えないと言われました。 今思うと確かに焼酎特区は普通の焼酎製造免許と違い、通常10KL以上造れないと製造免許を付与してもらえないのですが、特区は逆に10KL以上造ってはいけないとか、島内の特産品(芋)で焼酎を造らないといけないとか、焼酎蔵から島外に販売してはいけないなどの縛りがあり税務署側の対応が難しかったことが分かります。 焼酎特区認定が下りた後は、製造免許、酒税関係など税務署とやり取りを行っています。 ちょっと話しが長くなりましたが、こういったいろいろな事業を行う上で、国会議員、 県議会議員、県知事、村議会議員、村長といった方々の力が必要になります。 誰がどのような政策を持ち、行動力があるかどうかを見極めて清き一票を投票しないといけないですね!.

次の