広告 で ゴミ箱 の 作り方。 エコすぎる!新聞紙で作る丈夫なゴミ箱がとっても良いんです!!|

「広告チラシで折るゴミ箱」で便利&エコ [家事] All About

広告 で ゴミ箱 の 作り方

新聞紙は半分に折った状態で、縦に置きます。 半分に折ります。 更に半分に折って、しっかり折り目をつけます。 ぺらっとめくって・・・ 5. 開きます。 開いたら、上が三角になるように折る事が出来ます。 裏返します。 ぺらっと持ち上げて・・・ 9. 裏と同じように開きます。 上が三角の状態になりました。 これを1枚横にめくります。 このような三角っぽい形になります。 裏返し、こちらも横にめくります。 同じように、キレイな状態になります。 真ん中の赤線に向かって、左右を折ります。 裏返し、同じように折ります。 線の部分で折ります。 コレが箱の取っ手部分になります。 裏返して、同じように折ります。 このように中を開いていきます。 しっかり開いて、形を整えます。 取っ手付きの箱の出来上がり。 半分に折っている方が、箱の壁に厚さが出るので、しっかりはします。 新聞を横長の状態で置きます。 左下の角を上の辺に合わせるようにしております。 一度開いて、斜めの線がついているのを確認します。 次に左上の角を下の辺に合わせるように折ります。 横に半分に折り、しっかり折れ線をつけます。 更に、もう半分折り、折り目を付けます。 6の状態まで開いて戻します。 7で付けた折り目に合わせるように、右の角を上下折ります。 左の角は、4枚重なっている新聞の2枚分を折ります。 線の部分で左右を折ります。 しっかり折れ線を付けましょう。 この状態まで開いて、点線の部分で折ります。 この画像の状態にしましょう。 袋状になっているので開きます。 開いて、折れ線がついていた部分をさらにしっかり折って、形を整えます。 初めにつけた斜めの線に注目! 18. 斜めの線通りに折ると、この形になります。 横を見てみると、斜めの袋状になった部分があります。 そこに、角を入れ込みましょう。

次の

紙箱の作り方を紹介!折り紙やチラシで簡単便利な紙箱を作ろう [工作・自由研究] All About

広告 で ゴミ箱 の 作り方

新聞紙は半分に折った状態で、縦に置きます。 半分に折ります。 更に半分に折って、しっかり折り目をつけます。 ぺらっとめくって・・・ 5. 開きます。 開いたら、上が三角になるように折る事が出来ます。 裏返します。 ぺらっと持ち上げて・・・ 9. 裏と同じように開きます。 上が三角の状態になりました。 これを1枚横にめくります。 このような三角っぽい形になります。 裏返し、こちらも横にめくります。 同じように、キレイな状態になります。 真ん中の赤線に向かって、左右を折ります。 裏返し、同じように折ります。 線の部分で折ります。 コレが箱の取っ手部分になります。 裏返して、同じように折ります。 このように中を開いていきます。 しっかり開いて、形を整えます。 取っ手付きの箱の出来上がり。 半分に折っている方が、箱の壁に厚さが出るので、しっかりはします。 新聞を横長の状態で置きます。 左下の角を上の辺に合わせるようにしております。 一度開いて、斜めの線がついているのを確認します。 次に左上の角を下の辺に合わせるように折ります。 横に半分に折り、しっかり折れ線をつけます。 更に、もう半分折り、折り目を付けます。 6の状態まで開いて戻します。 7で付けた折り目に合わせるように、右の角を上下折ります。 左の角は、4枚重なっている新聞の2枚分を折ります。 線の部分で左右を折ります。 しっかり折れ線を付けましょう。 この状態まで開いて、点線の部分で折ります。 この画像の状態にしましょう。 袋状になっているので開きます。 開いて、折れ線がついていた部分をさらにしっかり折って、形を整えます。 初めにつけた斜めの線に注目! 18. 斜めの線通りに折ると、この形になります。 横を見てみると、斜めの袋状になった部分があります。 そこに、角を入れ込みましょう。

次の

新聞紙やチラシ、折り紙を使ったゴミ袋・ゴミ箱の折り方!

広告 で ゴミ箱 の 作り方

もくじ• 新聞紙で作る縦長のゴミ箱はこんな感じになります 新聞紙で作る、ゴミ箱の内側にセットするゴミ袋です。 レジ袋は簡単に捨てれて便利だけど、 買い物に行くときはマイバックを使うので、レジ袋をセットすると不足気味。 それにゴミ箱からカサカサ白いレジ袋が飛び出ててなんか見た目が嫌! そんなこんなで、レジ袋をセットするのをやめました。 簡単に20秒で作れる• コンパクトに折りたためる• 半分に折ります。 片面の端を、中央に向かって三分の一ほど折ります。 裏返しにして・・・ 重なっている両面を一緒に、中央の折り目に向かっております。 反対側も同じように中央の折り目に向かって折って・・ するとこうなります。 底の方を広げながらセットすると・・ あれ、なんか形が合ってない。 ゴミ箱の形に合わせても、こんな感じ。 大きさが合っていないと、ゴミ箱本体と新聞紙の内袋の間に空間ができちゃいます。 そしてこの空間が、ズボラの敵! 投げられたゴミが、 ゴミ箱と内袋との間の空間に入ってしまったら・・ しかもそれが、 ヨーグルトの蓋とか、食べこぼしを拾ったティッシュみたいに水っ気のあるものだとしたら・・・ ゴミ箱は無駄に汚れて掃除に手間をかける必要がでてきます。 この新聞紙の内袋は、開き口の大きさが調整できます。 もともと縦半分には折り目がついているので簡単。 そうするとこんなにコンパクトに! 私はたくさん作って、ゴミ袋を収納している場所に置いています。 多少水気のあるゴミも、 新聞紙なら水気を吸い取って 嫌な臭いの発生も防ぎます。

次の