アプリ の アイコン を 変える 方法。 iPhoneアプリのアイコンを好きな画像・写真に変更する方法

【Windows10】 フォルダーのアイコンを変更する方法

アプリ の アイコン を 変える 方法

アイコンを変更手順 アイコンを変更するて方法をいくつかの方法がありますが、ここでは初心者でも簡単にできる無料アプリを使った方法で変更していきます。 手順は以下のとおり。 「アプリアイコン」をインストール• 「アプリアイコン」を使ってアプリへのショートカットアイコンを作成する。 ショートカットアイコンを自作し、ホーム画面にダウンロードする。 このやり方は、アプリへショートカットする「ショートカットアイコン」を自作するという方法です。 ですので、ショートカット先となるアイコンはフォルダ等にまとめて保存しておく必要があります。 1.「アプリアイコン」をインストール まずは、「アプリアイコン」をダウンロードしましょう。 App Storeで「アプリアイコン」で検索します。 「アプリアイコン」は無料版・有料版とありますが、緑枠内にある無料版のもので大丈夫です。 「入手」をタップしてダウンロード&インストールを行います。 2.「アプリアイコン」を使ってアプリへのショートカットアイコンを作成する。 インストールした「アイコンアプリ」をタップして、アプリを起動しましょう。 アプリ起動後、上のような画面になります。 左上の「作成」をタップします。 次の画面では、実際にショートカットアイコンを作りたいアプリを選択します。 「共通タスク」や「インストール済みアプリ」のように、iPhoneに入っているアプリ一覧が表示されるので、作成したいアプリをタップして下さい。 ここでは「Facebook」アプリを例に解説してきます。 次にアイコンを作成する画面に移動します。 この画面内で既存のアプリアイコンにデコレーションをしたり、フレームをつけたりする事が可能です。 また写真を使ったり、別のスキンを利用してオリジナルなアイコンを作成する事もできます。 操作は緑枠内の各項目をタップするだけで簡単に選択&作成する事が可能です。 ここでは、デフォルトアイコンにリボンをつけたフレームを選択してみました。 アイコンマークの下部分をタップするとアイコン名も変更する事が可能です。 iPhoneのデフォルト設定ではアイコン名を変更する事はできないので、この方法ならではの利点とも言えます。 ここでは、「Facebook」という英語表記を「ふぇいすぶっく」という日本語表記に変更してみました。 スポンサードサーチ 3.ショートカットアイコンを自作し、ホーム画面にダウンロードする。 作成したいアイコンが完成したら右上の「インストール」を選択します。 右下の「インストール」を再度選択します。 上矢印マークをタップする事でインストールできる…との説明があるので、指示どおりにマークを選択します。 「ホーム画面に追加」を選択しましょう。 作成したアイコンと名前が表示されるので、問題なければ右上の「追加」をタップします。 ホーム画面へと作ったアイコンが追加されるはずです。 ダウンロードしたアイコンをタップしてみて、指定したアプリが起動できていれば完了です。 上の例では緑枠内にショートカット先となる「Facebook」アイコンと、ショートカットアイコンである「ふぇいすぶっく」を並べています。 その他のアイコン操作 その他、iPhoneのアイコンで設定できる事については次の記事も参考にしてみて下さい。

次の

Windows10 デスクトップのショートカットアイコンの画像を変更する

アプリ の アイコン を 変える 方法

目次 CLOSE• 1.アイコンを別の場所へ「移動」する方法 アプリアイコンは、アプリをインストールした段階でホーム画面に登録されます。 アプリを起動するとき、該当するアイコンをタップする必要があるので頻繁に使うアプリアイコンは、すぐに操作できる場所に配置したいものです。 実はアプリのアイコンは、別の場所へ簡単に「 移動」できるのでその方法を以下から紹介しますね。 まず、iphoneのホームボタンを1回押して、ホーム画面を表示します。 アイコンが並んでいるので、移動したいアイコンを長押ししてください。 すると全てのアイコンが横に揺れ出し、「 移動モード」に切り替わります。 移動したいアイコンをドラッグ(指で押したままの状態)して、移動させたい場所でドロップ(指を離す)すれば移動が完了です。 元に戻したいなら、同じ手順で進みアイコンをドラッグ&ドロップするだけです。 別の画面へ移動させたいなら、アイコンを画面の端にまで持っていくと、自動的に画面が切り替わります。 画面が切り替わったら、目的の場所で指を離せばその場所にアイコンを移動できるでしょう。 スポンサーリンク 2.アイコンを「フォルダー」に入れる方法 アイコンの数が多すぎて管理が大変だと感じたら、「 フォルダー」を作成してその中にまとめて入れてみましょう。 フォルダを作成するには、アイコンを長押しして「移動モード」に切り替えてください。 フォルダに入れたいアイコンを指で押したまま、 別のアイコンに重ねるようにします。 すると、アイコンが「白枠」で一回り大きなアイコンに切り替わるので、その状態になったら指を離しましょう。 自動的に新規フォルダが画面に現れ、アイコンの管理が可能となります。 フォルダに名前を入れれば、そこにどんなアプリアイコンが入っているのか分かるので、管理がとても楽になりますよ。 ほとんど使わないアプリも多いでしょうから、「使っていないもの」とフォルダ名を変えれば、使わないアイコンをどんどんそのフォルダに入れられるのでホーム画面がスッキリするでしょう。 スポンサーリンク 3.アイコンをホーム画面から「消去」する方法 インストールしておく必要が無いと感じたアプリは、iphoneの容量を空けるためにも削除するのが望ましいです。 実はアプリアイコンを削除すると、自動的にアプリがアンインストールされます。 そのため、アイコンを消去するときはアプリがiphoneから 削除されることを念頭に置いてくださいね。 ホーム画面からアイコンを消去するには、まずiphoneのホームボタンを1回押してからホーム画面を表示します。 次に、どのアイコンでも良いので「長押し」してください。 すると、アイコンが横に揺れて「移動モード」に切り替わります。 削除したいアイコンの横にある、「 x」マークをタップします。 削除を本当に実行するかの、メッセージが表示されるので「 削除」を選択してください。 これで、アイコンをホーム画面から消去するのに成功しました。 スポンサーリンク 4.アイコンの位置を「初期化」する方法 アイコンの位置をカスタマイズしたものの、最初の設定に戻したい時もあるでしょう。 そんな時に便利なのがiphoneに備わっている、「 初期化」という機能を使うことです。 まずは、iphoneのホームボタンを1回押してから、「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する様々な項目が並んでいるので、ここから「 一般」を選びます。 画面が切り替わるので、一番下までスクロールして「 リセット」をタップ。 次の画面で、「 ホーム画面のレイアウトをリセット」を選択しましょう。 これでアイコンが初期状態に戻ります。 この操作をしたからといって、これまで入れたアプリが全て削除されてしまう訳ではないので安心してくださいね。 スポンサーリンク 5.アイコンの「表示サイズ」を変更する方法 iphoneではホーム画面のアプリアイコンの「 表示サイズ」の変更が可能です。 アイコンが小さくて、タップするのに苦労する人にとってはサイズを大きくできるのはとてもありがたいもの。 表示サイズを大きくするには、まずiphoneのホームボタンを1回押してから「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する画面が表示されるので、「 画面表示と明るさ」を選択します。 画面が切り替わるので、「 表示」という項目をタップしましょう。 ホーム画面の上部に「標準」と「拡大」のタブが表示されるので、「 拡大」を選んでみます。 表示サイズを変えると、メッセージアプリの表示も拡大されるのでより見やすくなりますよ。 拡大を適用する場合は、画面右上にある「 設定」をタップ。 最後に案内メッセージが出るので、「拡大を使用」を選択してください。 これで、サイズの変更が完了します。 スポンサーリンク 6.アイコンのデザインを「変更」する方法 iphoneは、ロックやホーム画面を変更できますが、アプリアイコンに関しては基本的にデフォルトから変えられません。 しかし「アイコンメーカー」などの、無料アプリを使うことでアイコンのデザインを変更できます。 初心者でも簡単にデザインを変えられる、「 アプリアイコン」というアプリを使うのが手っ取り早いのでここでは、「アプリアイコン」を使ってデザインを変更する方法を紹介しますね。 まずは「AppStore」から「アプリアイコン」の無料版をダウンロードしてください。 インストールできたら起動し、画面左上にある「 作成」をタップします。 アイコンのデザインを変更したいアプリを、「 インストール済みアプリ」の中から選びましょう。 アイコンをタップすると、「編集モード」に切り替わり、アイコンをデコレーションしたり、フレームを付けることができます。 アイコンマークの下部をタップすると、「アイコン名」の変更が可能です。 作業が完了したら、画面右上にある「 インストール」をタップしてください。 次に今度は、画面右下にある「 インストール」を選択。 画面が切り替わるので、「 共有」アイコンをタップします。 「 ホーム画面」に追加を選択してください。 デザインを変更したアイコンが表示されるので、間違いがなければ画面右上にある「 追加」をタップ。 これで、アイコンのデザインが変更しました。 スポンサーリンク 7.アイコンに表示される「通知数の数字」を非表示にする方法 「メッセージアプリ」などのアイコンに、赤い数字が表示されることがあります。 これは、アプリからの通知が数字の件数だけ「 未読」であることを表しており、通知を確認すれば数字は消えます。 しかし、通知を確認せずとも「通知数の数字」を非表示にできるので、煩わしい場合は非表示にしましょう。 まずは、iphoneのホームボタンを1回押してから、「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する項目が並んでいるので、ここから「 通知」を選びます。 次に、数字を非表示にしたいアプリを項目の中からタップしましょう。 画面が切り替わるので、「Appアイコンにバッジを表示」の項目を「 オフ」にしてください。 これで、「赤い数字」が非表示になります。 スポンサーリンク まとめ ここでは、 iphoneのアイコンの移動や削除、デザインを変更する方法について紹介していきました。 アイコンは簡単に移動・削除などができますし、フォルダを作成して整理してスッキリさせることもできます。 また、簡単にデザインを変更できるアプリもダウンロードできるので、自分だけのホーム画面を作れるでしょう。 アイコンを変えるとホーム画面の見た目も変わるので、時間に余裕があるときにもで試してみてはいかがでしょうか?.

次の

Windowsでデスクトップのアイコンを変更する方法

アプリ の アイコン を 変える 方法

目次 CLOSE• 1.アイコンを別の場所へ「移動」する方法 アプリアイコンは、アプリをインストールした段階でホーム画面に登録されます。 アプリを起動するとき、該当するアイコンをタップする必要があるので頻繁に使うアプリアイコンは、すぐに操作できる場所に配置したいものです。 実はアプリのアイコンは、別の場所へ簡単に「 移動」できるのでその方法を以下から紹介しますね。 まず、iphoneのホームボタンを1回押して、ホーム画面を表示します。 アイコンが並んでいるので、移動したいアイコンを長押ししてください。 すると全てのアイコンが横に揺れ出し、「 移動モード」に切り替わります。 移動したいアイコンをドラッグ(指で押したままの状態)して、移動させたい場所でドロップ(指を離す)すれば移動が完了です。 元に戻したいなら、同じ手順で進みアイコンをドラッグ&ドロップするだけです。 別の画面へ移動させたいなら、アイコンを画面の端にまで持っていくと、自動的に画面が切り替わります。 画面が切り替わったら、目的の場所で指を離せばその場所にアイコンを移動できるでしょう。 スポンサーリンク 2.アイコンを「フォルダー」に入れる方法 アイコンの数が多すぎて管理が大変だと感じたら、「 フォルダー」を作成してその中にまとめて入れてみましょう。 フォルダを作成するには、アイコンを長押しして「移動モード」に切り替えてください。 フォルダに入れたいアイコンを指で押したまま、 別のアイコンに重ねるようにします。 すると、アイコンが「白枠」で一回り大きなアイコンに切り替わるので、その状態になったら指を離しましょう。 自動的に新規フォルダが画面に現れ、アイコンの管理が可能となります。 フォルダに名前を入れれば、そこにどんなアプリアイコンが入っているのか分かるので、管理がとても楽になりますよ。 ほとんど使わないアプリも多いでしょうから、「使っていないもの」とフォルダ名を変えれば、使わないアイコンをどんどんそのフォルダに入れられるのでホーム画面がスッキリするでしょう。 スポンサーリンク 3.アイコンをホーム画面から「消去」する方法 インストールしておく必要が無いと感じたアプリは、iphoneの容量を空けるためにも削除するのが望ましいです。 実はアプリアイコンを削除すると、自動的にアプリがアンインストールされます。 そのため、アイコンを消去するときはアプリがiphoneから 削除されることを念頭に置いてくださいね。 ホーム画面からアイコンを消去するには、まずiphoneのホームボタンを1回押してからホーム画面を表示します。 次に、どのアイコンでも良いので「長押し」してください。 すると、アイコンが横に揺れて「移動モード」に切り替わります。 削除したいアイコンの横にある、「 x」マークをタップします。 削除を本当に実行するかの、メッセージが表示されるので「 削除」を選択してください。 これで、アイコンをホーム画面から消去するのに成功しました。 スポンサーリンク 4.アイコンの位置を「初期化」する方法 アイコンの位置をカスタマイズしたものの、最初の設定に戻したい時もあるでしょう。 そんな時に便利なのがiphoneに備わっている、「 初期化」という機能を使うことです。 まずは、iphoneのホームボタンを1回押してから、「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する様々な項目が並んでいるので、ここから「 一般」を選びます。 画面が切り替わるので、一番下までスクロールして「 リセット」をタップ。 次の画面で、「 ホーム画面のレイアウトをリセット」を選択しましょう。 これでアイコンが初期状態に戻ります。 この操作をしたからといって、これまで入れたアプリが全て削除されてしまう訳ではないので安心してくださいね。 スポンサーリンク 5.アイコンの「表示サイズ」を変更する方法 iphoneではホーム画面のアプリアイコンの「 表示サイズ」の変更が可能です。 アイコンが小さくて、タップするのに苦労する人にとってはサイズを大きくできるのはとてもありがたいもの。 表示サイズを大きくするには、まずiphoneのホームボタンを1回押してから「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する画面が表示されるので、「 画面表示と明るさ」を選択します。 画面が切り替わるので、「 表示」という項目をタップしましょう。 ホーム画面の上部に「標準」と「拡大」のタブが表示されるので、「 拡大」を選んでみます。 表示サイズを変えると、メッセージアプリの表示も拡大されるのでより見やすくなりますよ。 拡大を適用する場合は、画面右上にある「 設定」をタップ。 最後に案内メッセージが出るので、「拡大を使用」を選択してください。 これで、サイズの変更が完了します。 スポンサーリンク 6.アイコンのデザインを「変更」する方法 iphoneは、ロックやホーム画面を変更できますが、アプリアイコンに関しては基本的にデフォルトから変えられません。 しかし「アイコンメーカー」などの、無料アプリを使うことでアイコンのデザインを変更できます。 初心者でも簡単にデザインを変えられる、「 アプリアイコン」というアプリを使うのが手っ取り早いのでここでは、「アプリアイコン」を使ってデザインを変更する方法を紹介しますね。 まずは「AppStore」から「アプリアイコン」の無料版をダウンロードしてください。 インストールできたら起動し、画面左上にある「 作成」をタップします。 アイコンのデザインを変更したいアプリを、「 インストール済みアプリ」の中から選びましょう。 アイコンをタップすると、「編集モード」に切り替わり、アイコンをデコレーションしたり、フレームを付けることができます。 アイコンマークの下部をタップすると、「アイコン名」の変更が可能です。 作業が完了したら、画面右上にある「 インストール」をタップしてください。 次に今度は、画面右下にある「 インストール」を選択。 画面が切り替わるので、「 共有」アイコンをタップします。 「 ホーム画面」に追加を選択してください。 デザインを変更したアイコンが表示されるので、間違いがなければ画面右上にある「 追加」をタップ。 これで、アイコンのデザインが変更しました。 スポンサーリンク 7.アイコンに表示される「通知数の数字」を非表示にする方法 「メッセージアプリ」などのアイコンに、赤い数字が表示されることがあります。 これは、アプリからの通知が数字の件数だけ「 未読」であることを表しており、通知を確認すれば数字は消えます。 しかし、通知を確認せずとも「通知数の数字」を非表示にできるので、煩わしい場合は非表示にしましょう。 まずは、iphoneのホームボタンを1回押してから、「 設定」アプリをタップしてください。 設定に関する項目が並んでいるので、ここから「 通知」を選びます。 次に、数字を非表示にしたいアプリを項目の中からタップしましょう。 画面が切り替わるので、「Appアイコンにバッジを表示」の項目を「 オフ」にしてください。 これで、「赤い数字」が非表示になります。 スポンサーリンク まとめ ここでは、 iphoneのアイコンの移動や削除、デザインを変更する方法について紹介していきました。 アイコンは簡単に移動・削除などができますし、フォルダを作成して整理してスッキリさせることもできます。 また、簡単にデザインを変更できるアプリもダウンロードできるので、自分だけのホーム画面を作れるでしょう。 アイコンを変えるとホーム画面の見た目も変わるので、時間に余裕があるときにもで試してみてはいかがでしょうか?.

次の