生理 痛 の よう な 腹痛。 生理ではないのに、生理痛のような痛みが起こる原因は?

生理ではないのに、生理痛のような痛みが起こる原因は?

生理 痛 の よう な 腹痛

妊娠超初期の腹痛の症状とは? そろそろ生理かな?と思ったら、いつもとは違う痛みの感じ方をする事があります。 もしかしたら、妊娠しているかも?と気づき始める人も。 これが妊娠超初期症状なのか、生理前の症状なのか見分けるのは難しいですよね。 妊娠超初期症状には、腹痛の他に以下のような症状が現れる事があります。 生理痛のような腹部の痛み• うずくまってしまうほどの腹痛の痛み• 引っ張られるような腹部の痛み• チクチクした腹痛や鈍い痛み• 子宮周辺がムズムズする痛み• 恥骨の痛み 以下では、腹痛の原因や違いをご説明していきますね。 妊娠超初期の腹痛の原因 この時期は、体が妊娠してすぐの時期。 ほとんどの人は、症状が現れる事がなく過ごしていますが、中には妊娠超初期症状で腹痛が現れる人もいます。 原因としては、ホルモンバランスの急速な変化からホルモンの分泌量が増えて、妊娠前とは違ったホルモン環境に変化します。 女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンがあり、プロゲステロンは胃腸の働きを緩めてしまう働きがあるので、腹痛が起こるのです。 他にも、着床時に起こる「着床痛」が起こる事も原因の1つとされています。 プロゲステロン• エストロゲン• 着床痛 生理痛の原因 生理前になると、お腹が痛くなる事以外にも、イライラする事が増える、片頭痛に悩まされるといった困った症状が現れる事もあります。 生理開始予定日より少し前の時期からこのような症状が現れる場合は、月経前症候群(PMS)の可能性が考えられます。 プロゲステロン(黄体ホルモン)はPMSと深い関係性があるとされていて、ホルモンバランスの変化などの様々な原因があります。 妊娠超初期の生理痛と3つの違い 子宮の辺りが痛くなって、一番初めに頭に浮かぶ痛みの原因は生理痛ではありませんか。 実際には、常日頃の生理痛や生理の前の下腹部痛と照らし合わせると、若干重めに感じられたという人が多いようです。 見分け方は? 痛みの傾向は個々人で違ってくるので、下腹部痛の感じ方だけで妊娠超初期かどうかを見極めるのはハードルが高いです。 通常であれば、妊娠が原因の下腹部痛は便秘や下痢とは異なる痛みで、子宮の辺りが突っ張るようにして痛む傾向が強いです。 「通常よりも痛みが激しい」「下腹部一面が痛い」「通常であれば腰痛が一切無いのに腰痛が起こる」など、生理に影響される下腹部痛と異なるケースだと、妊娠している可能性が考えられるではないでしょうか。 激しい痛み• 下腹部全体の突っ張る痛み• 腰痛を伴う痛み 妊娠超初期に生理痛のような腹痛で危険なのは? 生理痛より酷い痛みがある時は要注意で、すぐに産婦人科へ受診しましょう。 更に出血を伴う場合は、同じく受診してください。 問題ない事も多いのですが、この時期は特に流産が多いとされていて、ほとんどは胎児側の原因とされています。 この時期は流産していても、まだエコー検査で確認できず、妊娠7週くらいまでは経過観察をしなければなりません。 通常と同じように生理がきて流れてしまう事もあるのです。 その場合は、気づきません。 軽い下腹部の痛み程度であれば、妊娠超初期症状にも起こりやすい事ですので、さほど気にしなくても良いでしょう。 酷い痛み• 出血 生理痛を伴う茶おりや出血があったら? 妊娠超初期の症状の2つの腹痛や出血は、着床に影響されるものだとは断言できません。 着床に左右される腹痛や出血はそう長い間は継続しませんが、万が一、症状が継続的に渡っているとか痛みや出血が強かったりする際は異なる原因が疑われます。 その際の原因で想定できるものの1つが異所性妊娠です。 異所性妊娠とは、子宮内膜とは異なるエリアに受精卵が着床してしまうことになります。 この際の腹痛は、子宮とは異なるエリアに着床することになった受精卵の成長と共に生じます。 この痛みと出血の傾向は、開始時はチクチクとした重くない痛みと僅かな出血であるのが、少しずつ痛みが激しさを増して出血も多くなっていくというわけです。 そのうえで、この状態でそのまま放っておくと、卵管などが破裂して下腹部に突然の激痛が生じてしまうわけです。 それを避けるために、出血が当分の間、継続したり腹痛が酷くなってきたりという身体の変化を感じたら、子宮外妊娠可能性が上がってきますから、初期の内に診断が必要不可欠です。 こういったもののように、妊娠超初期の腹痛と出血は、適正な妊娠が理由の状況もあれば、子宮外妊娠などに原因があるということもあり得ます。 ご自身の身体の些細な変化を軽視しないで、不調や気がかりだったら、できるだけ早く産婦人科で診て貰うことが大切です。 子宮外妊娠の可能性• 放置すると卵管破裂の危険性• 早急に産婦人科へ 妊娠超初期の腹痛?生理予定日1週間前の腹痛とは? 妊娠が成り立って直ぐの時期の腹痛であるのなら、生理開始予定日の1週間ほど前から気づく人もいるのです。 基礎体温をつけている人だと、高温期に突入してから1週間後くらいに気づく事が多いです。 痛みの傾向は人それぞれで、チクチクするような痛みが子宮近辺に生じる人もいたら、腹部一面に鈍痛が生じる人もいるわけです。 上記で述べた「着床痛」については、受精卵が子宮内膜に着床した際に引き起こされるものと考えられます。 生理開始予定日の約1週間前には、着床が終わっているので、着床痛と想定している人もいます。 更には、着床痛の後に「着床出血」と言われている不正出血がありましたという人もおりますが、妊娠超初期症状の中に着床出血も含まれています。 チクチクする痛み• 不正出血(着床出血も含む) 妊娠超初期症状?生理痛?薬には注意を 妊娠超初期の下腹部痛に感付いた際に、心配なのはお薬が飲めるのかという事ですよね。 実際のところは、妊娠超初期に服用した薬が原因となって赤ちゃんに影響を与える可能性はほぼないとされています。 受精した後の2週間は受精卵が細胞分裂するのみですので、赤ちゃんの内臓や器官は現時点では作られていないからです。 ただし、ビタミンAといった脂溶性ビタミンを沢山含有する錠剤や、限られた人体に留まりやすい薬は必要以上に服用したら胎児の成長に影響を与えることがあります。 妊娠を望んでいる人は、飲用している薬や栄養補助食品が妊娠中に服用可能か否か、あらかじめ医療機関に問い合わせておくことで安心できますね。 まとめ 妊娠を望んでいる人には、生理痛のような痛みが起きると少し残念な気分になってしまう人もいるでしょう。 でも、その症状は妊娠超初期症状かもしれません。 まだ諦めるのは早いですよ。 妊娠超初期症状が現れたら、体を冷やさないようにして、腹部を圧迫しない服装でゆったりと過ごして下さいね。 薬の服用にも十分に注意しておきましょう。 まだまだ出産は先ですが、体は急激にお母さんの体へと変化していきます。 心もゆっくりとお母さんになる準備をし、ストレスを溜めないようにリフレッシュしながら妊婦生活を過ごして下さいね。

次の

生理前の腹痛がツライ…!生理前に腹痛や下痢が起こる5つの原因

生理 痛 の よう な 腹痛

生理が始まる直前から生理中の期間に生じる、下腹部や腰の痛み、頭痛などの生理痛に悩まされている女性は少なくありません。 毎月の生理痛のせいで、生理期間にはどうしても憂鬱な気分になるものです。 こうした生理痛は、生理が終わっていくのと同時に自然とおさまっていきますよね。 しかし、なかには生理が終わったにも関わらず生理痛が続くことがあり、これは 「生理後痛」と呼ばれています。 生理後痛は、生理に伴うホルモンバランスの乱れによるところが多いとされています。 そこで、「生理後痛」が生じる原因とともに解消法や予防法を分かりやすくご紹介します。 生理後痛とは? 「生理後痛」とは、生理が終わった後にも生理痛のような痛みが生じることを指します。 生理後痛の痛み方や痛む部位といった症状は、生理痛とほとんど同じです。 生理後痛の具体的な症状としては、以下のようなものがあります。 生理後痛としてよくある症状• 下腹部がチクチクする• お腹に違和感がある• 下腹部の右下や左下が痛い• 腰痛がある• 吐き気がある• 頭痛がある• 胸が張って痛い• 足の付け根が痛い• 足がだるい 生理前~生理中~生理後と長期間悩まされることも… 生理後痛が生じるようになると、生理後痛が治まった後、すぐに次の生理に伴うPMS 月経前症候群 が引き起こされるタイミングに差し掛かってしまい、いつも何らかの不調に悩まされる事になりますよね。 ただでさえ毎月生理痛に悩まされているのに、生理後痛にまで悩まされてしまうと、ずっと女性特有の不調に悩まされることになってしまいます。 女性特有の悩みは、少ないに越したことはありませんよね。 では、生理後痛の原因はどのようなものなのでしょうか。 生理後痛の原因は? 原因としては、主に「 生理後に生じるホルモンバランスの乱れ」と「 排卵痛」の2つが挙げられます。 それぞれがどのような形で生理後痛を引き起こすのでしょうか。 ホルモンバランスの乱れ 女性ホルモンには、エストロゲン 卵胞ホルモン とプロゲステロン 黄体ホルモン の2種類が存在します。 「生理後~排卵期」にはエストロゲンが、「排卵前後~生理開始前」のタイミングにはプロゲステロンがそれぞれ活発になります。 エストロゲンとプロゲステロンの2つの女性ホルモンによって、毎月の生理が規則正しく来るように調整されているのです。 子宮が正常運転を再開するために 生理が終わると、ホルモンバランスも落ち着くように思いますが、実はそうではないんです。 実は、生理が終わった後の女性の体内では、生理前のタイミングと同じように、次の生理に向けた準備が始まっています。 つまり、生理後にも ホルモンバランスの変化が生じているのです。 生理後は、子宮が急いで正常運転を再開しようとしたり、卵子が出てくる前の状態へと戻ろうとしたりします。 そのため、生理後もホルモンバランスが変化する時期なんです。 生理中に似たホルモンバランスになる 生理後痛が引き起こされるメカニズムの一つは、生理後のホルモンバランスの乱れによって、生理中と似たホルモンバランスになってしまうことだと言われています。 生理後~排卵前のタイミングは、ホルモンの分泌量が変化したり、バランスが崩れたりしがちです。 つまり、生理後のタイミングのホルモンバランスをコントロールすることが大事になってきます。 排卵痛 生理後痛の一つとして、排卵痛というものがあります。 次の生理への準備として、女性の体内では生理後7~10日後には排卵期として排卵が行われます。 個人差はありますが、体質によってはこのタイミングで排卵痛を感じる人も中にはいます。 下腹部全体に重く感じられる・鈍痛が生じたり、下腹部の左右どちらか一方のみに痛みが現れたりといった症状が上記のタイミングで生じる場合には、排卵痛の可能性があります。 ただ、排卵痛は、生理後から排卵が起こるまでの間は痛みが起きにくいので、生理後すぐに痛みが継続するなら、ホルモンバランスの乱れと考えた方がいいかもしれません。 ホルモンバランスの乱れにはサプリメントがおすすめ 生理後痛も、生理痛と同じように「ホルモンバランスの乱れ」によるものが多いようです。 生理に伴うホルモンバランスの乱れは避けられないものですが、少しでもバランスを整えようとすることはできます。 生活習慣の見直しなども大切ですが、ホルモンバランスを上手にコントロールするには女性向けのサプリメントに力を借りるのもおすすめです。 サプリメントというと、栄養補給のために摂取するイメージが強いと思いますが、生理痛・PMS・生理後痛などの女性特有の悩みを手助けしてくれるサプリメントがあるんです。 女性特有の悩みをトータルサポート ホルモンバランスのコントロールを手助けしてくれるのはもちろん、その他にも女性の健康と美容に役立つ成分も効率よく摂取することができます。 我慢しているだけでは、なかなか悩みが解消されないことも多いです。 サプリメントは、悩みの改善だけではなく、普段から怠りがちな女性らしさを取り戻すサポートもしてくれますから、一度試してみるといいかもしれません。 この記事の最後では、おすすめのサプリメントの紹介もしていますので参考にしてみてください。 もしかしたら、婦人科系の病気の可能性も? ホルモンバランスの乱れや排卵痛以外にも、婦人科系の病気が原因となって生理後痛が生じている可能性も考えられます。 「生理痛のようなものだし……」と軽く考えずに、痛み方や痛みが生じる期間といった特徴をきちんと知りセルフチェックを行うことこそ早期発見・早期治療ではとても大切になりますよ。 生理後痛が伴う婦人科系の病気は? 生理後痛が生じる婦人科系の病気としては、子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣腫瘍が挙げられます。 それぞれ、どういった病気なのかを簡単に説明してみましょう。 子宮内膜症:本来、子宮でしか増殖しない子宮内膜が卵巣や卵管などの子宮以外の場所で増殖する病気。 子宮筋腫:子宮内外の細胞壁に良性の腫瘍が生じる病気。 卵巣腫瘍:卵巣に腫瘍 良性・悪性・良性と悪性の中間にある境界悪性の3種類 が生じる病気。 また婦人科系の病気が原因となって生じる生理後痛には、痛み方や痛む期間に特徴が現れます。 その見分け方についてみていきましょう。 痛み方と痛む期間に要注意 子宮内膜症・子宮筋腫・卵巣腫瘍の病気から生理後痛が生じている場合には、生理の3日目以降あるいは基礎体温が低い時期のみに下腹部の左右どちらかに針で指すようなチクチクとした痛みが生じます。 また、子宮内膜症から卵巣と子宮がお腹の下の方との癒着が生じていると脚の付け根が、腸とお腹の膜との癒着ではお尻のあたりに突き刺すような痛みが生じます。 生理後痛が何の原因から生じているのかをセルフチェックするには、「どこが痛んでいるのか」と痛む部位にも注意することが重要です。 必要以上に心配する必要はありませんが、生理のたびに酷い痛みが引き起こされたり、痛みの期間が次第に長くなったりという症状に心当たりのある場合には、婦人科での診察治療を受けるようにしてくださいね。 下腹部痛は妊娠の可能性もある!? 生理後の下腹部痛が、妊娠超初期症状として生じている場合もあります。 「 基礎体温が高温期のまま続いている」• 「 前回の生理が普段の生理周期とずれている」 こんな場合には、生理だと思っていた出血は着床出血として考えられ、妊娠の可能性が高まります。 婦人科系の病気から生じる生理後痛が生理中の痛みが酷くなったり、低温期のみに痛みが生じたりするのに対し、妊娠超初期症状としての下腹部痛は高温期の状態で生じるという違いがあります。 もしも上記の症状に心当たりがある場合には、下腹部が痛いからとすぐに鎮痛剤に頼るのではなく、一度妊娠検査薬での検査をお勧めします。 セルフチェックでの確認が大切 婦人科を受診するか否かの目安としては、「どのあたりがどのように痛むか」や不正出血などの他の症状が無いかの確認を行いましょう。 婦人科系の病気に早く気付くうえで、日頃から基礎体温を計ることも大切です。 基礎体温というと妊娠を目的としてチェックするイメージがありますが、婦人科系疾患の早期発見への重要な手がかりとなるということを覚えておいてくださいね。 痛みの程度次第では婦人科の受診を 生理後痛が、あまりにも酷く、複数回の生理周期に渡って長く続く場合には、婦人科を受診するようにしましょう。 「どこか悪いから生理後痛があるのでは」と不安な状態が続けばストレスとなります。 そこで一度きちんと病院で診察をしてもらい、「何の病気でもない」と診断をしてもらうことで不安が取り除かれ、安心感が得られますよ。 また、もしも何らかの病気が原因となって生じていた場合には、その病気を治療することで生理後解消にも繋がりますから、不安な方は一度婦人科での受診をお勧めします。 楽になりたいときの対処法 婦人科系の病気では無さそうな場合、生理後痛は、ホルモンバランスの乱れが原因となっていることが考えられます。 ストレスや体の冷えや生活習慣など、毎日の過ごし方が蓄積してホルモンバランスの乱れへと繋がります。 したがって、生理後痛の原因となるホルモンバランスの乱れを解消するには、ホルモンバランスを上手にコントロールすることが大切です。 そのためには、• 「ストレスを溜め込まないための対策」• 「体を冷えから守る対策」• 「生活習慣の改善」 が必要となります。 ストレスを溜め込まないための対策を 過度なストレスを感じたり、ストレスがどんどん蓄積されたりすると、自律神経の乱れからホルモンバランスが崩れてしまいます。 そのため、ホルモンバランスの乱れの予防策として、ストレスを溜め込まないようにする対策は欠かせません。 とはいえ、 完全にストレスを感じないようにするのは無理な話ですから、自分に合ったストレスの解消法を見つけましょう。 夢中になって楽しめる趣味や友人と会って好きなものを食べるといった何らかの手段を見つけることこそ、ストレスの解消に大いに役立つのです。 そこで、 生理を「将来の妊娠のために必要な準備」あるいは「生理は健康維持のためには必要なこと」としてできる限り前向きに捉えるようにする心構えも必要ですよ。 生理後痛自体がストレスの場合 そもそも生理後痛は、生理中と同じようなホルモンバランスに陥っているわけですから、生理中特有の精神的なイライラがどうしても生じてしまいます。 いくらストレスを解消しようにも、そこに生理痛の痛みが加わることで、ストレスが溜まってしまうという方も多いと思います。 そんな方は、PMS・生理痛のためのサプリメントがたくさんあるので、そういったもので少しでもケアしておくと楽になることがあります。 冷え対策を 女性にとって冷えは大敵です! 体が冷えると血行状態が悪くなると同時に、ホルモン分泌に大きく関係する卵巣や子宮の機能が低下します。 その結果としてホルモン分泌が正常に行われなくなり、ホルモンバランスの乱れが引き起こされてしまうのです。 そのため、体の冷えを防ぐことも大切になります。 夏場にはエアコンの温度を下げすぎない• お風呂をシャワーで済まさずに湯船に浸かって体を温める• 冷たいものを食べ過ぎたり飲みすぎたりしない• 冬場には室内でも上着やひざ掛けを上手に使う• 体を温めるホットドリンクを飲むようにする 上記のように普段の生活の中で口にするものを変えたり、日頃の習慣を少し変えたりするだけで体の冷えを簡単に予防できます。 特に、日頃から手足の冷えを感じる方は、意識して体を冷やさないようにしましょう。 生活習慣の改善も必要 睡眠不足やダイエットの食事制限による偏った食生活もまたホルモンバランスの乱れを引き起こします。 したがって、栄養バランスの優れた食生活、規則正しい生活リズム、十分な睡眠時間の確保といった生活習慣の改善も必要となります。 こうした生活習慣をすぐには改善するのはなかなか難しいですよね。 しかし、少しずつ改善していこうという心掛けを続ければ、必ず正しい生活習慣へと繋がります。 自分の生活スタイル中でできる範囲内のことから取り組み、ホルモンバランスの乱れに繋がる要因を徐々に取り除くようにしてくださいね。 こうした生活習慣の改善は、ホルモンバランスの乱れの予防から生理後痛のみならず生理に関係する諸症状の緩和、そして健康維持にもとても役立ちますよ。 少しずつ健やかな毎日を送られるように改善していきたいですね。 PMS・生理痛のためのサプリメントを紹介 ホルモンバランスの乱れを整えるには、普段の生活習慣を見直すことが大切になってきますが、それに合わせてサプリメントを摂取することもおすすめの方法の一つです。 サプリメントといえば、栄養機能食品としてビタミンや鉄分などの不足した栄養素を補うイメージが強いと思います。 しかし、サプリの中には生理痛やPMSといった女性特有の悩みに合わせたものがあるのです。 今回はその中から、おすすめの商品を紹介します。 ムーンラック ムーンラックは漢方生薬研究所から販売されている、生理痛・PMS対策サプリメントです。 女性にうれしい効果のある、3種のハーブである「カチプファティマ」、「チェストベリー」、「ペパーミント」、3種の生薬である「冬葵(トウキ)」、「黄花黄耆(キバナオウギ)」、「桂皮(ケイヒ)」が含まれています。 また、「テアニン」、「クエン酸第一ナトリウム」といった2種の優良成分も配合されています。 特に、「カチプファティマ」と「チェストベリー」は古くから毎月の女性の症状に用いられてきており、PMSや月経困難症の対策ハーブとして有名な成分です。 サプリメント仕様なので毎日飲みやすい• 古くから女性特有の悩みに用いられてきたチェストベリーを豊富に配合• マレーシアの伝統のハーブ「カチプファティマ」配合• 8つの厳選成分が女性特有のつらい期間をサポートしてくれる• また、ムーンラックは定期コースになっていますが、どのコースでも休止・解約することができます。 お届け日の10日前まで なので、初めて申し込む方でも安心して試してみることができる点もおすすめポイントです。 生理に関わる症状に毎月悩まされている人は、試しにムーンラックを生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。 最後に 生理中のみならず生理が終わった後にも痛みが生じる生理後痛は、本当に辛いものですよね。 生理後痛の多くは、ホルモンバランスの乱れから引き起こされています。 排卵痛から生じていることもあれば、時には妊娠初期症状や何らかの病気が原因となっていることもあります。 どの原因から生理後痛が引き起こされているかどうかは、痛む部位やその痛み方そして痛む期間からある程度確認することができます。 病気の早期発見・早期治療や原因に応じた対処を行えるよう、生理後痛と向き合ってみましょう。 毎日の生活の中でご紹介しました対処法をコツコツと続けることも大切ですが、専門の医療機関を利用する姿勢も時には必要となります。 また、あまりにも痛みの程度が酷い場合には、速やかに婦人科を受診するようにしてくださいね。

次の

生理痛だと思って安心するのはNG!更年期に起こる腹痛の原因

生理 痛 の よう な 腹痛

[目次]• 頭痛・胃痛・吐き気の原因はホルモン 生理が始まるときは、役目を終えた子宮内膜と経血を排出するために「プロスタグランジン」というホルモンが分泌され、子宮が収縮します。 プロスタグランジンの分泌量が多いと収縮が激しくなり、さまざまな臓器の平滑筋にも影響を与えるため、下腹部だけでなく胃にも強い痛みを感じることがあります。 生理のたびにひどい胃痛に悩まされたり、吐き気を感じる人は、プロスタグランジンの分泌量が過剰である可能性があります。 また、自律神経の乱れも胃痛の原因のひとつといわれます。 生理時は女性ホルモンのバランスが大きく変化します。 これによって自律神経が乱れると、胃痛や頭痛などの症状が起こることがあります。 生理のときのひどい痛みを抑える薬 痛みを軽減するには、プロスタグランジンの過剰分泌を抑える必要があります。 プロスタグランジンの分泌を抑制するには、低用量ピルの使用が効果的です。 低用量ピルには子宮内膜の増殖を抑える作用があるため、プロスタグランジンの分泌量も減らすことができます。 胃痛がひどい場合は、一度婦人科に相談してみましょう。 また、プロスタグランジンの働きを抑える非ステロイド性抗炎症薬(代表的な薬:イブプロフェン、アスピリン)を使うことで、痛みをコントロールすることもできます。 ただし、15歳未満の使用は不可です。 代わりにアセトアミノフェン(代表的な薬:カロナール)を使用してください。 生理痛の症状を和らげるには カフェインやアルコール、塩分、脂肪分の多い食品は、生理痛の症状を悪化させる原因になるといわれます。 特に、体内に蓄積された脂肪はプロスタグランジンの原料になります。 生理痛による胃痛がひどいときには、脂肪分の多い食品は控えるか、摂取量を減らすようにしましょう。 ストレスも自律神経を乱す要因となるので、痛みの悪化につながる可能性があります。 痛みがあるときは無理をせず、安静にしましょう。 また、生理中は子宮のまわりがうっ血するため、血行も悪くなりがちです。 身体を冷やさないように注意し、特に腰回りやおなかを温かく保つようにしましょう。 ホッカイロやブランケットなどで直に温めるのも有効ですし、身体を温める食材や飲み物で内側から冷えを緩和させるのも効果的です。

次の