お 団子 ヘア。 簡単!高めのお団子ヘアの作り方|ふわふわおだんごヘアアレンジのやり方

簡単!高めのお団子ヘアの作り方|ふわふわおだんごヘアアレンジのやり方

お 団子 ヘア

rakuten. スタイリング剤を使っていない 崩れないお団子ヘアを作るには、髪をアップする前の下準備がとても重要です。 まずはスタイリング剤を髪全体になじませてから、まとめるようにしましょう。 スタイリング剤は、ジェルやオイル、クリームタイプのものを使うと固まりすぎず程よくナチュラルに仕上がります。 原因2. ピンを有効活用できていない 一口に「ピン」と言っても、たくさんの種類があります。 髪の短い方は細かいところにも使いやすいスモールピンがおすすめ。 お団子をまとめた後に出っ張った髪を抑えたいならUピンを使う…という具合に、用途によってピンの種類を変化させると、より綺麗なお団子ヘアを保てます。 原因3. 髪がストレート過ぎる ストレートヘアのままお団子アレンジにしようとすると、髪がストレートに戻ろうとする反発力が働くため、うまくまとめきれなかったりすぐに崩れたりする原因に。 そんなときはコテで軽くウェーブをつけてまとめやすいように髪を整えましょう。

次の

簡単お団子ヘア24選!ゴムだけで作れるお団子やミディアム向けの大人お団子ヘアを厳選

お 団子 ヘア

クールに見えがちのオールアップの前髪は、お団子やアップスタイルにする際、華やかなヘアアクセサリーをつけるのがおすすめです。 \ヘアスタイルのポイント/ POINT1:ビジューやラインストーンのついたコームは一見派手だけど、頭の形に沿うようにつくので溶け込みやすく、髪表面から見える部分は意外と小さいからトライしやすい。 顔周りをタイトにしたアレンジの、女性らしいアクセントに最適。 POINT2:カジュアルなアップお団子をドレッシーな印象にチェンジ。 髪全部をアップにした、タイトなお団子アレンジ。 フレッシュでアクティブに見えがちだからこそ、キラキラコームでエレガントなエッセンスをIN。 大人にハマる爽やかさに見違えるはず! \How to/ 【1】全体の髪を高い位置でひとつに結ぶ。 【2】結んだ毛束は丸めてお団子にし、ピンで固定。 【3】下からかきあげるように、サイドにコームを飾る。 うねりもカバーする大胆前髪アップ高めお団子 長め流し前髪の人におすすめしたい、大人っぽい低めお団子ヘアアレンジ。 \ヘアスタイルのポイント/ POINT1:うねりを生かして大人の余裕が薫るゆるシニョンヘアに。 POINT2:湿気によるうねりがニュアンスとなり、事前に髪を巻かなくてもお団子ヘアがおしゃれにキマるのが、梅雨のいい所。 POINT3:低めの位置に作るのも、大人っぽくしとやかに仕上げるコツです。 \How to/ 【1】全体を縦に3分割し、中央の毛束を低い位置でゴムで結ぶ。 【2】その後、両サイドの毛束を同時にねじりながら、中央の毛束の結び目の上でまとめてハーフアップに。 【3】上下の毛束をゴムで束ねた後、その結び目に毛束を巻きつけ、お団子にして。 【4】ピン数本を使ってしっかり留め、最後にコームをオン。 \ヘアスタイルのポイント/ POINT1:アースカラーヘアバンドを使ってあかぬけヘアに!ざっくりハーフアップアレンジ。 POINT2:顔周りのおしゃれニュアンス出しは、ヘアバンドにお任せ!ひとつもっていたいのは、合わせやすいアースカラー。 POINT3:無造作なハーフアップお団子を、より小粋に見せてくれます。 \How to/ 【1】生え際より少し後ろにヘアバンドをつける。 【2】顔周りの髪を残して、手ぐしでハーフアップに。 【3】毛先を輪っか状にしたお団子風にまとめて。 垂れた前髪がアンニュイなパーティーお団子ヘア 女性らしい印象を与えてくれる垂れた前髪には、ゆるめのお団子がおすすめです。 \How to/ 【1】全体の毛を手ぐしで集めて、襟足の位置でゴムで結び、毛先を抜き切らずに、折り返した輪っかの形で留める。 【2】残った毛先を、結び目にぐるっとなめらかに巻きつけて結び目を隠し、ピンで留めると、自然にゆるっとしたお団子ができる。 【3】お団子がくずれないように結び目を押さえる。 後頭部とサイド~襟足の表面の毛を少しずつ引き出しニュアンスをつける。 【4】結び目を押さえる。 お団子の毛束も少し引き出してほぐして、ふんわり丸い形に整える。 【5】顔周りの後れ毛をほぐした後、柔らかめのワックスを中間~毛先に少量つけて、束感を出す。 あえてボサッと感を出すことでこなれ度UP。 \How to/ 【STEP1】 ・前髪と両サイドの毛束を前に残し、髪を後ろでひとつにまとめる ・位置は耳下ラインを目安にする 【STEP2】 ・毛先を逃がした輪っか結ぶ。 ・結び目はタイトにしたいので、キュッとキツめに縛る。 【STEP3】 ・余った毛先はお団子に巻きつけて、ゴムの間に挟む。 ・これをすると、ただの手抜き結びからニュアンスのあるざっくり感が出る。 【STEP4】 ・結び目を手で押さえながらお団子から毛束を少しずつ引き出す。 ・脱力感のあるゆるシルエットに仕上げる。 【STEP5】 ・前髪を持ち上げながら手のひらでこすってエアリー感を出す。 ・少し顔にかかるウザめ前髪が色っぽい感じに。 こなれ感とかわいさが両立する、コロンとしたミニマムシニヨン。 \SIDE/ \How to/ 【1】前髪を少しだけ前に下ろし、残りの髪は手ぐしでひとつにまとめる。 低めの位置にするのがポイント。 【2】ゴムを髪に引っかけて、輪っか結びをする途中の所でストップ。 POINT:このときゴムは最後まで通し切らないように! 【3】毛先側の髪を輪っかの上に折り返したら、それごとゴムで縛る。 【4】余った毛先は結び目に巻きつけゴムに挟む。 これによって、ゴム1本で作ったとは思えない手の込んだ仕上がりに。 【5】前髪を手のひらでこすりながらくしゅくしゅもみこむ。 ふんわり軽いニュアンスを与えてシースルー前髪に仕上げる。 \ヘアスタイルのポイント/ POINT1:1歩間違うと、キリッとしすぎたり老けて見えてしまうシニヨン。 POINT2:曲線のついた後れ毛やアクセでちょい盛りして、レディなアクセントを。 POINT3:オフィスでも女性らしさを忘れずに。 ・トップでポニーテールにし、中間から根元に向かってコームを入れて逆毛を立てる。 【STEP2】 ・結び目を中心に毛束を1周させて毛先をピンで固定。 ・形が丸くなるように調整しながら部分的にピンを留める。 【美人ポイント】 ・ボリューミーなアレンジヘアには、大き目のヘアアクセが好相性。 ・サイドにつけてアンバランスにするとおしゃれに。 \SIDE/ \BACK/ 自宅で作業デーは思いっきりアップしたお団子で気合 \ヘアスタイルのポイント/ ・自宅で執筆デーなら高めお団子ヘアでカジュアルに。 家で一日中執筆作業なら、髪は潔く全部アップに。 ・髪も気分もすっきりテンション上げて、仕事の効率もアップ! \How to/ 【STEP1】 ・後頭部の高い位置で髪を手ぐしでざっくりひとまとめにして、ゴムで留める。 ・まとめた毛束に、お団子ベースを通す。 お団子ヘアの際に便利な、ドーナツ状のスポンジのようなツール。 100円ショップで購入可。 【STEP2】 ・よりふわっとリラックス感のあるヘアに仕上げたいので、髪はコームで逆毛を立て、ボリュームを。 【STEP3】 ・お団子ベースに毛をくるくる巻きつけるようにして、お団子を作っていく。 ・毛先は落ちてこないよう、何か所かピンで留めて。 【POINT】 ・ボリューム感と高さが決め手! ・カジュアルな印象を狙うなら、お団子は高め位置でボリューミーに作るのが正解。 前髪も後れ毛もすっきり!ヘアバンドお団子 \ヘアスタイルのポイント/ ・ヘアアクセを活用すれば大胆なアップもOK! ・アウトドアシーン。 そんなときにハマるのが、高めお団子。 ・ヘアバンドを使えば、落ちてくる襟足の毛も気にならない。 \How to/ 【STEP1】 ・フロントは生え際よりやや後ろ、サイドは耳の上がほんの少し隠れる位置に合わせてヘアバンドをつけておく。 【STEP2】 ・2. 後ろの髪を高い位置でひとつに結んでから、毛束をねじって丸めてピン留め。 ・表面の髪を部分的につまみ出してくずす。 髪を作る前にカチュームを首に通しておく。 ・手ぐしで上半分の髪を集めてハーフアップに。 ・ゴムで結ぶとき毛先を通し切らず輪っかにした状態で結ぶ。 【STEP2】 ・大きく広げてお団子に。 ・輪っかの毛束を360度に広げて、お団子状に丸くして、ピンで留める。 ・ピンは見えないように内側に固定して、大きめのお団子をキープ。 【STEP3】 ・下の毛束をねじってお団子に巻きつけて留める。 ・下半分の毛束を取り、左側に毛先を持って、外側にねじる。 ・カチュームをつけ完成。 ・前髪以外の髪を手グシで集めて、ゴムでひとつに結ぶ。 【STEP2】 ・前髪をセンターでふたつに分けて、緩めにねじる。 ・トップに毛先をピンで留める。 【STEP3】 ・後ろの結んだ毛束を、緩くねじりながら結び目に、1回転巻きつける。 ・ふんわり感をキープしつつ、写真の位置にピンを留める。 \SIDE/ \TOP/ \How to/ 【STEP1】 ・手ぐしで全体の髪をひとつにまとめ、あごと耳の延長線上で輪を作って留める。 ・残りの毛先は襟足の方に逃がした状態で。 【STEP2】 ・結び目を手で押さえながら、輪になった髪を少しずつランダムに引き出して、ラフな乱れ感を作る。 ・ここがおだんごの土台に。 【STEP3】 ・トップと後頭部の毛を引き出し、わざとたるませて緩く結っているような感じを演出。 ・立体的で形のいい頭に見せる効果も。 【STEP4】 ・プロセス02で作ったおだんごの土台に、輪の先に残った毛束をぐるっと巻きつける。 ・柔らかく巻くのがポイント。 【STEP5】 ・巻きつけた毛束をピンで数ヶ所留める。 ・落ちてきた毛先はそのまま遊ばせニュアンスを出して。 後れ毛を引き出して、完成。 \How to/ 【STEP1】 ・お団子を作りたい位置でポニーテールにしてから、3つ編みをスタート。 ・ざっくりだけどきつめに編むのがコツ。 【STEP2】 ・3つ編みにした毛束の毛先をゴムで結ぶ。 ・毛先をつかんだまま、3つ編みをつまみ出してほぐし、ラフにする。 【STEP3】 ・結び目に 巻きつけて お団子に。 ・ポニーテールの結び目を中心に毛束をくるっと1回転させ、毛先をピンで留める。 ・バレッタでピンを隠して完成。 髪をすべて後ろに流すように、手ぐしを通す。 ・カチューシャでオールバックにしたら、そのまま少し前に戻して前髪をたるませる。 【STEP2】 ・ひとつにまとめて サイドで結ぶ。 ・手ぐしをよく通しながら、髪全体をサイドに寄せて手で束ねる。 ・そのまま耳下周辺の低い位置で、ゴムでひとつ結びにする。 【STEP3】 ・サイドでお団子を 作ってほぐす。 ・束ねた髪の毛先を持って、内側にねじりながら、結び目に反時計回りに巻きつけお団子に。 ・ピン4~5本で留めて固定し、お団子をくずす。 ・さらに毛の中間をゴムで留め、くるりんぱを作る。 【STEP2】 ・くるりんぱから毛束を引き出し適宜くずす。 ・ポニーの結び目に毛をグルグル巻きつけてお団子に。 【STEP3】 ・毛が短い人や後れ毛が出てくる人は、お団子の下にコームを挿すとべター。 ・フェスでは手首にアクセ代わりにシュシュをつけておいて、髪が邪魔 になってきたら髪留めに。 ・このラフなノリもフェスっぽい! \BACK/ 手ぐしでざくっとまとめておだんごにしただけなのに、シュシュのかわいさと相まっておしゃれな雰囲気に。 \How to/ ・髪を後ろで一まとめにし、毛先を内側に折り込んで、シュシュで結んで。 ・淡いピンクのシフォン素材を重ねたシュシュ。 ボリューミーなのに軽やか。 ストレートアイロンを使用。 ・トップの表面の髪を挟んだら、山を作るように手首を返し、くせがついたら下にずらして谷を作る。 ・左右どちらもこれを毛先まで繰り返す。 表面だけにこの波がつけばOK! 【STEP2】 ・ひとつに結びクリップで固定。 ・前髪をセンターに分けたら、全体を下の方でまとめてゴムで結ぶ。 ・3か所クリップで固定すると、ギブソンタックが簡単に、キレイにできる! 【STEP3】 ・ゴムを下げる。 ・ゴムを毛先の方までスライドさせてストップ。 ・このときゴムが緩くなりすぎないよう、あらかじめきつめに結んでおくと失敗がない。 【STEP4】 ・ゴムを巻き込みながら丸める。 ・ゴムが見えなくなるように、くるくる丸めてロール状に。 毛先もきちんと収納する。 ・クリップがあることでキレイにまとまり仕上がりに差が! 【STEP5】 ・ピンで固定し、クリップを外す。 ・巻き込み部分のロール状の髪を拾いながら、地肌に沿わせてピンを挿す。 ・ピンは3か所程留めればOK。 最後に仕込みのクリップを外して完成! カチューシャでタイトにまとめたリラックスお団子 \FRONT/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・カチューシャをつける。 ・トップを手でつかみ空気を入れながら、頭の低い位置でひとつにまとめてゴムで結ぶ。 【STEP2】 ・結び目を押さえ、片方の手で毛先を持つ。 ・ねじりながら内側にふんわりふたつに折る。 【STEP3】 ・ねじって折った髪を、1の結び目あたりに別のゴムでざっくり留める。 ・カチューシャでフェースラインをタイトに見せることで、トップのボリューム感がより強調される。 ・髪をすべてサイドに寄せ、寄せた方の襟足に後れ毛を一束残す。 ・後の髪を片手で持ったら、そのまま耳上まで内側にねじり上げる。 【STEP2】 ・毛先までねじり そのままお団子に。 Step1でねじり上げた髪を、そのまま毛先までねじり切る。 ・それを反時計回りに丸めてお団子に。 外側から結び目に向けて、ピン5本で固定。 【STEP3】 ・前髪をカチューシ ャでまとめ、ほぐす。 カチューシャでオールバックに。 ・タイトになった前髪を少しずつつまみ出し、ゆるさを加える。 トップの髪も同様にほぐして。 低めのお団子ハーフアップで横顔美人 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・シニョンの中間を引っ張ってほぐす。 両サイドの耳上から髪をすくって中央でまとめる。 ・ゴムで結ぶ際に毛束をふたつに折り、小さめのシニョンを縦に作る。 ・その後、シニョンの中間を指でつまんで左右に引っ張り、程よくくずす。 【STEP2】 ・コームを対角線状に入れて留める。 ・1のシニョンの左斜め下から毛束をつまんで頭皮に当てた後、頭皮に対して垂直にコームを挿し、横に倒して結び目に向かって奥まで入れる。 ・反対側も同様に対角線状に挿して固定します。 \How to/ 【STEP1】 ・前髪を内側にねじり ながら編み込み風に。 ・9:1のサイドパートに。 右耳の上に毛束を取り、内側方向へ前髪をねじり込む。 ・隣り合う毛束を少しずつ合わせていき、編み込み風に。 【STEP2】 ・後ろの髪と合わせ 左サイドでお団子を。 ・ねじって左耳まで来たら上半分の髪と合わせ、左耳後ろで毛束で輪っかを作ってシュシュでお団子に。 ・毛先は逃してリラックス感を。 【STEP3】 ・前髪のねじりをほぐし 柔らかさを出す。 ・手のひらでシュシュの結び目を押さえながら、前髪のねじりを部分的に引っ張り、ニュアンスを。 ・ほどけそうな柔らかさと抜け感を出す。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・ばさっと巻いてから。 耳上の髪を後ろでまとめてゴムで結ぶ。 ・前髪はシースルーになるよう少なめに残すと、リラックス感が出る。 【STEP2】 ・残った髪をひとつに集める。 ・毛先を抜き切らないよう途中までゴムを通し、お団子の丸い部分を作る。 【STEP3】 ・毛先がお団子の上に来るよう、折り返す。 ・このときお団子がくずれてしまわないようにしっかりと手で固定して。 【STEP4】 ・引き出して完成。 最後にお団子と折り畳んだ毛先をひとまとめにゴムできつく縛る。 ・余った毛先はゴムの間に挟んで収める。 はらりと顔にかかる前髪と低めお団子で大人ヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・たるみ感が色っぽいくずし3つ編みシニヨン。 ・大人っぽいローシニヨンをゆるっと3つ編みベースで作ることで、さらに重点を下に置いたのがポイント。 ・たるんとした重めシルエットとすぐにでもほつれてしまいそうな緩さがどこかはかなげで浴衣にも合わせたくなる、360度色っぽいアレンジ! \How to/ 【STEP1】 ・髪を後ろでひとまとめにし、3つ編みにする。 ・毛先をゴムで結んだら所々つまみ出して緩める。 【STEP2】 ・3つ編みをねじりながら丸めてお団子にしていく。 ・このとき位置は低めを意識して。 【STEP3】 ・丸めた3つ編みにピンを4か所程挿して固定する。 ・最後に毛束を引き出してお団子を軽くくずす。 前髪からサイドに流れる後れ毛でフェミニンお団子 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・左耳の後ろに3つおだんごを作る。 ・毛先は軽くミックス巻きにし、顔周りを少し残します。 ・髪全体を左に寄せ、耳後ろ下で3か所結び、それぞれを丸めておだんごにしピンで留めます。 【STEP2】 ・表面の毛を少しずつ引き出す。 ・作ったおだんごの表面や、トップ付近の毛を少しずつ引き出します。 ・所々後れ毛をこぼしてこなれ感を出します。 はらっと落ちた前髪と無造作な高めお団子で大人の余裕 \ヘアスタイルのポイント/ ・パパッと仕上げたようでいて、抜け感テク満載のお団子。 \How to/ 【STEP1】 ・ざっくりとまとめ上げる。 ・前髪を左右一筋残したら、ざっくりと高い位置にまとめる。 ・下はゆるっとたるませるように意識して。 【STEP2】 ・お団子結びにする。 ・頭頂部よりもやや下の位置で、きつめにしっかり結ぶ。 ・このとき毛先は抜き切らず、お団子状に。 【STEP3】 ・余った毛束をゴムに巻きつける。 ・余った毛先を結び目にくるっと巻きつけてゴムを隠す。 ・くずれないようピンでしっかりと固定して。 【STEP4】 ・お団子を立たせるようにピンを挿す。 お団子の前側を起こしてピンを挿す。 ・お団子に高さを出しつつ、ランダムな動きをつけるのが狙い。 \SIDE/ \BACK/ 前髪を流したお団子アレンジ ゆるりと流した前髪とサイドお団子でおしゃれ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・髪を右サイドでひとつにまとめる。 ・中間から毛先を太めのヘアアイロンでミックス巻きに。 ・右の耳下辺りで髪をひとつに結び、トップを少し引き出しゆるさを出します。 【STEP2】 ・毛束をぐるんと丸めておだんごに。 ・1でまとめた毛束を、根元からぐるっと低い位置で丸めます。 ・最初はしっかり丸めるとくずれにくくなります。 【STEP3】 ・ピンで毛束を固定し表面を引き出す。 ・生え際の毛と丸めた毛束を合わせるように、数か所をピンで留めておだんごを固定。 ・表面の毛を軽く引き出してラフに。 無造作アップヘアで時短に。 計算なしの無造作感が魅力。 ・アレンジ夫&娘と出かける休日は、自分のことに構っている暇はナシ。 ・コテで巻かなくても、寝起きのままアレンジしても、それなりに見えるカジュアルなまとめが頼りになります! \How to/ 【STEP1】 ・前髪は9:1くらいの深めのサイド分けに。 ・髪全体をざっくりまとめ、毛先を通さず中間部分でお団子状にゴムで固定。 ・後頭部の毛は引き出して無造作感を。 【STEP2】 ・ゴムで結んでできた(1)のお団子部分の毛を適宜引き出してふんわりほぐす。 ・その後、毛先側の毛束をねじりながらゴムの結び目に巻きつけてピンで留める。 【STEP3】 ・お団子部分の毛を、(2)で毛先を巻きつけた土台側にほぐしつつ引っ張ってピンで固定。 ・ランダムに毛を引っ張って留める、を4回程繰り返せば無造作ヘアの完成。 【POINT】 ・毎回作る度に表情の異なる、ランダムな無造作アレンジ。 ・(3)で毛を引っ張って留める際に、花びらを広げるような気持ちでお団子をくずしていくのがポイント。 ・カジュアルなお団子とはイメージが180度異なる、しっとり大人なまとめ髪。 ・きちんと知的な印象に見せてくれるので、規則が厳しい会社に勤める人にもおすすめです! \YU-Uさんのヘアアレンジのコツ/ ・ランダム巻きをべースに! ・鉢下を全体的に緩く巻き、後ろの表面には3毛束くらい縦巻きのくるっと立体的なカールをプラス。 ・柔らかい毛流れが出て、こなれ感アップ。 \How to/ 【STEP1】 ・後ろ髪はトップ部分の毛を斜めに取りブロッキング。 ・それ以外の毛をまとめて襟足辺りで毛先を抜かずにゴムで留める。 【STEP2】 ・毛先の毛を結び目に巻きつけてゴムで固定する。 ・さらにブロッキングしておいた毛を巻きつけてゴムで留めてシニヨンに。 \完成/ 教えてくれたのは・・・YU-Uさん nyan22u22nyan 東京恵比寿にあるヘアサロン『N. Mist』にてスタイリストとして活躍。 リアリティのある簡単こなれアレンジのエキスパート。 『Hair Arrange Lesson』(主婦の友社)、『ヘアゴム1本のゆるアレンジ』(セブン&アイ出版)も話題。 ・高い位置でまとめるとカジュアルになるので、ポニーテールは後頭部に作るのが正解。 ・その後、毛先まで3つ編みにし、ゴムで結ぶ。 【STEP2】 ・結び目に毛束を巻き、お団子にする。 ・ポニーテールの結び目に3つ編みにした毛束を巻きつけ、毛束の中間で1回、毛先で1回、結び目に向かってピンを挿して固定。 綺麗に流した前髪にきっちりうなじを出したすっきりお団子 ちょいセクシーなうなじで、女度アップ! \How to/ 【STEP1】 ・上半分の髪をざっくり取って結ぶ。 ・内側にくるりと丸めて結び目を隠すように丸くランダムにUピンで留め無造作なお団子をつくる。 【STEP2】 ・下に残った半分の髪も、1同様に結び、内側に丸めてランダムにピンで留めてお団子に。 ・上のお団子に近い高めの位置に結ぶのがコツ. 【STEP3】 ・右サイドにクリップを留める。 ・上のお団子と下のお団子の髪をまとめて留めるとより一体感が出るトップの髪をつまみ出しラフ感を。 ・トップの毛束をつまみ出し、さらにラフ感を出す。 【STEP2】 ・1の毛束を3つに分け、それぞれの毛束を毛先までねじる。 ・毛束を指でつまんでほぐしてから、ゴムで結ぶ。 【STEP3】 ・毛束を丸めて、結び目付近でピンを挿して固定する。 ・結び目が隠れるよう、3つの毛束をコームに留めて。 \SIDE/ \BACK/ ツヤ黒髪をサッとまとめたお団子に軽く流した前髪でいい女系 凜々しく髪をアップに! 長い打ち合わせも苦じゃない。 \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・前髪は横分けにして大人っぽく。 ・おしゃれ感は残しつつ、より大人っぽく知的な印象に見せるために、前髪を8:2くらいサイドパートに。 【STEP2】 ・ややサイドめでひとつ結びに。 後ろの髪は手ぐしで、低めのやや横位置でひとまとめに。 ・前髪を深めに取って流した側に寄せると好バランス。 【STEP3】 ・ねじりながらシニョンを作る。 ・ひとつ結びにした後ろ髪の毛先を持ち、反時計回りにくるくるとねじりながら、結び目に巻きつけてシニョンに。 【STEP4】 ・シニョンをピンで留めて。 3で作ったシニョンを、3~4か所アメピンでしっかりと留めます。 ・後れ毛や毛先はワックスをつけ動きを出して。 ・ぐるんと巻きつけた毛先を垂らしながら留めるだけだから、意識せずとも絶妙なこなれ感が加わり、大人かわいいイメージを演出。 うなじを全開にして、涼感アップ! \How to/ ・セミロングの髪全体を緩巻きに。 ・前髪と耳前、耳後ろの毛束を残し、手ぐしでゴールデンポイント(あごと耳のつけ根を結んだ延長上)で毛先を引き抜かない輪結びに。 ・毛先はねじりながら結び目に1回巻きつけてピン留め。 毛先は垂らしたままに。 透け感前髪と手ぐしざっくりお団子で無造作感 \BEFORE/ \How to/ 【STEP1】 ・38㎜のアイロンで巻きながらほぐし、ジェル系のスタイリング剤をつける。 ・手ぐしを使い、表面を大胆に逆毛を立てる。 ・ピタッとしたお団子アレンジは、老けて見られないように空気を仕込んでおく所が重要。 【STEP2】 ・顔周りや襟足に後れ毛を残す。 ・たるみをもたせながら後頭部の中央でクシャッとお団子にし輪っかのゴムで結ぶ。 【STEP3】 ・サイドの毛束を引き出し、耳の上部を隠すようにする。 ・この後れ毛が、こなれ感と上品さを演出するポイント。 ・左サイドの髪をふたつに分け、それぞれをねじった後に絡み合わせて毛先をゴムで結ぶ。 ・残りも同様にねじり、交差させて。 【STEP2】 ・お団子にするように毛束を丸めて固定。 ・太い毛束を左に寄せながら丸め、ピンで固定する。 ・もう片方の毛束はふたつ折りにし、耳後ろでピンで留める。 【STEP3】 ・程よくくずしてさらに色っぽく! ・最後にくずれ落ちないように部分的に手で押さえながら、指で毛束をランダムにつまんでほぐし、ルーズに仕上げる。 ・仕上げに飾りピンを左耳の上につけて完成。 ・耳の高さで髪全体をひとつにまとめてシュシュで結んだ後、トップの髪を指で軽くつまんで高さを出す。 【STEP2】 ・逆毛を立ててボリュームアップ。 ・結び目の下に小さいクリップをつけた後、毛束をランダムにつまんで逆毛を立てていく。 ・この一手間で、ぐっとかわいく! 【STEP3】 ・クリップで毛先を留めてお団子状に。 ・事前に手ぐしをよく通して毛束感を不ぞろいにしておく。 ・全体を高い位置でひとつにまとめ、ゴムで結んでポニーテールに。 【STEP2】 ・毛束の裏側から手ぐしを通して逆毛を立てる。 ・ポニーテールを持ち上げ、毛束の裏側から手ぐしを入れる。 ・毛束の中間から根元に向かって手ぐしを下ろし、逆毛を立てる。 【STEP3】 ・結び目を中心に毛束をふわっと巻きつける。 ・1回転半を目安に、毛束をぐるっと巻きつける。 ・多方向からピンを挿し、ふんわり感をキープしたまましっかり固定して。 前髪も毛先もそのままラフにおろしたカジュアルお団子 \How to/ 【STEP1】 ・高い位置でポニーテールを作ってから毛束を折り返し、ゴムで結んでお団子を作る。 ・お団子は好きな大きさでOK。 【STEP2】 ・お団子の毛先を持ち、結び目を中心に1 回転させてバレッタで留める。 ・毛先をランダムに散らして完成。 \SIDE/ \BACK/ \How to/ 【STEP1】 ・サイドに寄せてひとつにまとめる。 ・手グシで髪全体を片側に集め、低い位置でゴムで結びます。 ・両サイドの顔周りの髪は、後れ毛として残して。 【STEP2】 ・結び目を中心に毛束を1回転。 ・毛束を軽くねじってから、結び目を中心に反時計回りにぐるっと1回転させ、お団子を作ります。 【STEP3】 ・お団子にシュシュをかぶせて完成! ・お団子にシュシュをかぶせるように結び、緩めに固定します。 ・顔周りに毛先が広がり、表情もぐっと華やかに。 【ココがおしゃれ】 ・首筋に寄り添うように流れる毛先が、程よくセクシー。 ・毛束を反時計回りにねじってお団子にして、毛先をクリップで固定するだけ。 ・ねじって適当に留めるだけ、なのにフレッシュでかわいい印象に! \SIDE/.

次の

お団子に合う前髪ヘアアレンジ24選|なし/アップ/あり/長い

お 団子 ヘア

rakuten. スタイリング剤を使っていない 崩れないお団子ヘアを作るには、髪をアップする前の下準備がとても重要です。 まずはスタイリング剤を髪全体になじませてから、まとめるようにしましょう。 スタイリング剤は、ジェルやオイル、クリームタイプのものを使うと固まりすぎず程よくナチュラルに仕上がります。 原因2. ピンを有効活用できていない 一口に「ピン」と言っても、たくさんの種類があります。 髪の短い方は細かいところにも使いやすいスモールピンがおすすめ。 お団子をまとめた後に出っ張った髪を抑えたいならUピンを使う…という具合に、用途によってピンの種類を変化させると、より綺麗なお団子ヘアを保てます。 原因3. 髪がストレート過ぎる ストレートヘアのままお団子アレンジにしようとすると、髪がストレートに戻ろうとする反発力が働くため、うまくまとめきれなかったりすぐに崩れたりする原因に。 そんなときはコテで軽くウェーブをつけてまとめやすいように髪を整えましょう。

次の