デリケート ゾーン ただれ。 女のたしなみ♡デリケートゾーンの洗い方&お手入れ方法

デリケートゾーンの悩みは皮膚科?産婦人科?

デリケート ゾーン ただれ

デリケートゾーンの平均的な色が知りたい デリケートゾーンの平均的な色とはどのようなものになるのでしょうか。 答えから言えば「人によって異なる」という事が言えるのです。 そう聞くと、答えになっていないという方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、視点を変えてくると分かりやすいと思います。 例えば、地肌について考えてみましょう。 生まれつき色が白いという方から、黒味がかかっているという方や茶色身が強いという方までいろいろでしょう。 このことは、肌色ばかりではなく女性器の色においても言えることなのです。 ですから 「普通」の基準が違うという事になります。 とはいえ、はっきりとした色を知りたいという声もまたあるかもしれません。 判断方法としましては 「自分の肌より少し茶色い程度」が普通と考えて良いでしょう。 なぜかというと、女性器の場合、月経時に使用をするナプキンさらには日々着用をしている下着の摩擦などで若干黒ずみが出てしまう。 これが一般的なのです。 このことから「少し茶色い程度」がその普通のガイドラインといえるでしょう。 年代別!デリケートゾーンの色に関する悩み度合い 女性のデリケートゾーンに関する悩みは20代から年を追うごとに悩みの色が濃くなっていきます。 特に多いのはニオイに関する不満ですが、その次に多いのが色についての悩みです。 各年代におけるデリケートゾーンの色についてのお悩みを見ると、各年齢における体の事情が見えてきました。 20代 自分のアソコが嫌いと答えた割合が10代に比べ倍になってしまう20代。 この原因は20代から増えてくる「おりもの」にあります。 10代の成長期を抜けて成熟した体となった証拠でもあるおりものですが、デリケートゾーンの悩みの種になっているのも事実。 ニオイの他に「かぶれ」や「かゆみ」を引き起こします。 かぶれをケアせずに放って置いたり、かゆみのある箇所を掻くと肌にダメージを与え、結果として肌が黒ずんできます。 ある日チェックすると、以前よりもデリケートゾーンが黒ずんでいてショックを受ける20代女性も少なくありません。 「腕の内側」の色とデリケートゾーンの色を比較する 腕の内側の色を見ていただき、その後にデリケートゾーンの気になる部分を見てみましょう。 もし、ケアを全くしていないという方においては比較をすると明らかに「真っ黒である」ということがいえるでしょう。 「多少の差程度だ」という場合には、大きな黒ずみもしくは黒住ではないと判断をしていただくことが出来るでしょう。 非常に簡単な方法となっておりますので、黒ずみで悩む前にまずはセルフチェックをしていただけたらと思います。 デリケートゾーンの色を明るくするための黒ずみケア方法 セルフチェックをしたうえで「黒ずみがやはり気になる」「黒ずんでいる」という場合、ケアをする方法についてここでは見ていくことにしましょう。 医療的な黒ずみ治療 まず最初に掲げるのが「医療的な措置」です。 いわゆる美容皮膚科を受診していただき医師の指導によって治療を進めていくという形になります。 即効性が期待できる黒ずみケア方法ともいうことが出来るでしょう。 施術内容につきましては、 レーザー治療・処方薬での治療となります。 特に、レーザー治療は即効性があるものも多く1回の施術で黒ずみが改善されたという方もいらっしゃるのです。 そして、処方薬に関しましては、トラネキサム酸を処方されることが多いでしょう。 これを粘膜以外の黒ずみ部分に塗布していただくという形になります。 これら医学的な治療法は確実性と即効性が高いものとは言えるのですが、実費診療となるために医療費としては高額なものになること。 そしてある程度の時間が必要であるという事。 そして、副作用やダウンタイムなどが必要となるという事が考えられます。 カウンセリングなどをしっかり受けたうえで判断をしていただくがおすすめです。 専用のクリームや石鹸類を使用する 今では、デリケートゾーン黒ずみケア専用のクリームや美容液・石鹸などが販売されています。 それらを使用していただくのも良いでしょう。 デリケートゾーンの黒ずみ専用ですので、敏感な部位でも安心して使用をしていただくことが出来るでしょう。 コスパという部分においても比較的に負担は少ないかとも思います。 継続的に使用をすることが大切になってきますので、即効性を求めるというよりも日々のケアによって徐々に改善させていくという事が大切です。 また、基本的には安心して使用ができる商品ではありますが、すべての方に対してというわけではありません。 肌そのものが敏感であるなどという方におきましては、使用前にパッチテストを実施していただくことをおすすめしたいと思います。 なお、 粘膜部分には使用できないものもありますので注意が必要です。 粘膜部分の場合には石鹸が安全であるともいわれています。 日々の心がけ 日々の生活からのケアを心がけていただくのも良いでしょう。 下着やナプキンの摩擦を極力抑える• かみそりでの剃毛を避ける• 栄養バランスを考えた食事や睡眠・ストレス発散を行う (ターンオーバーを正常化させるため) 代謝率を高めるために適度な運動をするなどと言うのも体内からのアプローチとなりますので、時間はかかるものの効果も期待できますし安全で健康的なケア方法ともいえるでしょう。 デリケートゾーンの色を可視化?!「日本アソコ地図」ってなに? 女性が口にしにくいアソコの不安ごとを気軽に話せるようにというコンセプトのもと作られたWebサービスが「日本アソコ地図」です。 おそよ1,600人のアクティブユーザーが登録していて、 自身のアソコの色を投稿することで様々なデータ構築に貢献できます。 投稿されたアソコの色データは都道府県別に分類されます。 これをもとに各都道府県別にアソコの色の平均を調べたり、ランキングを閲覧するコンテンツを提供しています。 色以外にも各エリアで女性が自分のアソコが好きかどうかを調べることができるなど、他では見られない内容が満載になっています。 掲載されるデータを見ると各県民のアソコ事情が見えてきます。 例えば、アソコの色が最も薄いのは海外のユーザーとなっています。 第2位が岩手県です。 逆にアソコの色が濃いのは島根県民です。 第2位は山口県ですから、山陰地方の食文化、性文化、環境などの要素にアソコを濃くする何かがあるのかもしれません。 ユーザーの本音が分かるデータとしては自分のアソコの色が嫌いな県民ランキングがあります。 具体的に何が嫌いなのかは分かりませんが、自分のアソコを一番嫌っている県民は佐賀県です。 第2位は大分県、そして第3位は香川県です。 意外にも、アソコの色が薄い傾向のあった西日本勢が表彰台を独占する形になりました。 もしかしたら西日本の男性はデリケートなアソコに関する話も臆せず口にするのかもしれませんね。 大ぴらに話ことはできないけれど、誰もが興味を持っているアソコの話題をタップリ楽しめる日本アソコ地図。 一度は目にしたいサイトですよ。

次の

フェミニーナ®軟膏|ジェル|ミスト|製品情報|小林製薬

デリケート ゾーン ただれ

仕事や人間関係の悩みは相談できても、自分のカラダの悩みとなると人には打ち明けにくいもの。 言葉の通り、それが デリケートゾーン問題となればなおさらです。 一度ひとりで考えこんでしまうと、モヤモヤモード突入で気もそぞろ……ってことありませんか。 そこで今回は、 美容婦人科を専門とする、みつゆき みどり先生に、よくあるデリケートゾーンのトラブルについてうかがうことに。 日常生活で心がけたいケアのポイントを教えていただきました。 悩みの内容はさまざま。 モヤモヤを解消できる対処法とは? みつゆき先生によると、 デリケートゾーンのお悩みの代表格はニオイ、黒ずみ、ムレ、かゆみ・かぶれといった症状。 不快感は大きいのに、このくらいなら大丈夫、そのうち治るはず……と放置してしまう人が多いといいます。 image via shutterstock おりものは、 膣内で作られる粘膜を保護するための分泌液。 膣内は弱酸性なので、通常はすこし酸っぱいニオイがします。 おりものから生臭いようなニオイがするときは、膣内の常在菌のはたらきが弱まっている可能性があります。 常在菌は膣への雑菌の侵入を防ぐなど、膣の自浄作用をつかさどる大切なもの。 疲れやストレスでバランスが乱れるので、健康的な生活を心がけてください。 ニオイを気にしすぎるあまり、頻繁にビデを使ったり、膣の内部まで石けんで洗ったりしていると、 膣内の常在菌を洗い流してしまい、かえってニオイが強くなります。 デリケートゾーン専用ソープを使うか、石けんでさっと外陰部を洗うくらいで十分です。 2.デリケートゾーンの黒ずみが気になる 黒ずみ自体は、じつは肌を守る正常な反応。 ですが、乳首や脇の下、とくにデリケートゾーンなどは肌が敏感なため、服とこすれるなどの刺激を受けただけで、肌を守るためにメラニン色素が生成されて、肌の表面に出てきてしまいます。 デリケートゾーンの黒ずみを気にして、 顔用の美容液やシミ取り剤を塗り、真っ赤になってしまったという方もいます。 美白コスメにはトレチノインなど、肌のターンオーバーを早める成分が含まれるものがあり、デリケートゾーンには強すぎることも。 顔用の処方のものをデリケートゾーンに使うのは禁物です。 黒ずみから肌を守るためには、デリケートゾーン専用ソープなどで優しく洗い、 保湿をしてうるおいを与えることが大切。 顔の肌と同じようにやさしくケアすることで、肌状態は変わってきます。 美白したい場合はデリケートゾーン専用のアイテムを使って。 クリニックではレーザー治療や黒ずみのホワイトニングなども提案しています。 3.アンダーヘアがムレて不快 アンダーヘアが生える部分には、脇の下と同じように アポクリン汗腺があり、意外と汗をかきやすい場所。 下着やガードル、タイトなボトムスでしめつけていると、汗やおりものの湿気がアンダーヘアにこもりやすく、不快なムレなニオイにつながります。 ムレの原因を減らすためにも、下着はできるだけ通気性がよく、しめつけないものを選びましょう。 アンダーヘアの毛量が多い場合は、 カットするか医療脱毛するとムレを抑えることができます。 アンダーヘアを薄くしたいけれど、ツルツルにはしたくないというときは、 2~3回だけ脱毛して毛の密度を調整するのがおすすめです。 家庭用の脱毛器を強いパワーで使ってしまうと、やけどのような状態になってしまうことがあるので注意してください。 モヤモヤ度No. 1!「かゆみ」の傾向と対策 デリケートゾーンの悩みのなかでも、打ち明けにくく、 とくにモヤモヤするものといえば「かゆみ」。 最近よくある4つの原因がこちらです。 かゆみの原因1:生理用ナプキン image via Shutterstock 吸水性のよさを重視したナプキンは、肌の水分まで吸い取ってしまい、肌に張り付いてかゆくなることがあります。 最近は肌への優しさを重視したものが増えてきているので、いろいろ試して自分に合ったものを探してください。 布ナプキンやタンポンを試してみるのもおすすめです。 かゆみの原因 2:おりもの おりものが下着やおりものシートについた状態で、長時間そのままにしておくと、 雑菌が繁殖しやすくなり、皮ふがかぶれてしまうことがあります。 おりものシートはつけっぱなしにせず、日中3回くらいは交換しましょう。 かゆみの原因 3:デリケートゾーンの抵抗力低下 膣内の常在菌は、25歳をピークにだんだん減ってきて、早い人だと 30代から膣まわりの抵抗力が弱くなってきます。 そのため、ちょっとした疲れやストレスでバリア機能が弱まり、デリケートゾーンが乾燥しやすくなったり傷つきやすくなったりして、かゆみの原因になることがあります。 傷つきやすくなった皮ふは、ちょっとした汗や尿の刺激にもいままで以上に弱くなっています。 また、皮ふの乾燥はかゆみのもとなので、デリケートゾーン専用の保湿剤か、アレルギー症状の出ない(使い慣れている)ボディ用の保湿剤を使って肌をしっとりさせ、バリア機能を高めましょう。 ただし粘膜には保湿剤をつけないように注意してください。 かゆみの原因 4:こすりすぎ、洗いすぎ かゆみの原因で最近増えているのが 「こすりすぎと洗いすぎ」。 外陰部はとても皮ふが薄いので、トイレットペーパーでゴシゴシこすったり、トイレの洗浄機能を使いすぎたりすると赤くただれてしまうことがあります。 トイレットペーパーを使うときは、基本動かさずに、 紙で押さえるようにして。 下着はできるだけ化繊素材を避け、しめつけないものを選びましょう。 (左から) 販売名:フェミニーナミスト[第2類医薬品] 効能・効果:かゆみ、かぶれ/フェミニーナ軟膏S[第2類医薬品] 効能・効果:かゆみ、かぶれ/フェミニーナJ[第2類医薬品]効能・効果:かゆみ、かぶれ つらくてもがまんしがちなデリケートゾーンのかゆみ。 無意識にかいてしまって皮ふを傷つけないためにも、 を用意しておくのはいいアイデア。 デリケートゾーンのかゆみ・かぶれに使える小林製薬のは、ほとんどのドラッグストアで購入することができるので、 忙しくて婦人科に行けないときもサポートしてくれます。 メントールや香料は使っておらず、 低刺激で肌にやさしい処方で、非ステロイドであることも気軽に使える理由のひとつ。 肌が敏感になる生理中に使っても大丈夫です。 販売名:フェミニーナ軟膏S[第2類医薬品]効能・効果:かゆみ、かぶれ 使い方は簡単で、指やティッシュにとって、かゆみを感じるところにサッと塗るだけ。 は ベタつかないクリームタイプで、つらいかゆみをすばやくしずめてくれます。 外出先のトイレで使うなら、 シュッとひと吹きするだけのも便利です。 パッケージをリニューアルし、 ポーチやお部屋に常備しやすい英字ロゴになったのもうれしいニュース。 デリケートゾーンのかゆみは、がまんせず早めに治すのがケアの基本。 やさしさと素早い効きめを兼ね備えたがあれば、モヤモヤを吹き飛ばして快適な毎日が過ごせるはずです。 [] sponsored by 小林製薬株式会社.

次の

デリケートゾーンが乾燥してかゆい、ヒリヒリ痛い…更年期の膣トラブルの原因と対策‐ILACY(アイラシイ)働く女性の医療メディア

デリケート ゾーン ただれ

陰部(膣)の乾燥 更年期には 膣が乾燥しやすくなるために、同時にかゆみもおきやすくなります。 更年期に膣が乾燥しやすくなる原因は、膣の潤いを保ってくれている 「エストロゲンの減少」と、 「膣の炎症(膣炎)」があげられます。 「私は膣炎になったことがないし、あんまり関係なさそう」と思うかもしれませんね。 ですが、エストロゲンの減少により更年期女性は誰でも膣が乾燥しやすくなっているため、膣の中に細菌が入りやすい状態なのです。 つまり、更年期の女性であれば、誰でも膣炎を発症しやすい状態である・・・ということを覚えておいてくださいね。 更年期の膣の乾燥については、の記事をご覧ください。 陰部(膣)のかぶれ 陰部のかぶれによって、かゆみがおきることもあります。 デリケートゾーンは、下着で常に覆われているため、蒸れやすい状態にあります。 また、キツめのパンツを履いて締め付けられたり、ナプキンやおりものシートなどで汚れがたまりやすい場所でもあります。 皮膚にはバリア機能があり、外敵や刺激などから守ってくれているため、かぶれや炎症は起きにくいようになっています。 しかし、陰部はつねに刺激を受けやすいためバリア機能がうまく働かず、かぶれてしまうのです。 性感染症 性感染症にかかっている場合、デリケートゾーンに強いかゆみがおきる原因になります。 最近、避妊をせずに性行為をしたという方は、性感染症の可能性もあると疑っておいてください。 陰部にかゆみがでやすい性感染症には、「性器ヘルペス」「性器クラミジア」「膣トリコモナス症」「性器カンジタ症」などがあげられます。 これらの性感染症にかかると、かゆみだけでなく、痛み、ただれ、おりものの増加、色の付いたおりものなどがでることがあります。 陰部を清潔にする デリケートゾーンのかゆみを予防するためには、 清潔にすることが何よりも重要です。 特に陰部が蒸れやすい夏場には、さらに気を付けるようにしましょう。 陰部を清潔にする方法としては、 ・生理用ナプキンやおりものシートなどをこまめに取り替える ・下着が湿るほど汗をかいたときは、下着を履き替える ・キツすぎるパンツやズボンを履くのは控える ・毎日お風呂に入り陰部を洗う などがあげられます。 「清潔にしないといけない」と聞くと、どうしてもお風呂でゴシゴシ洗ってしまう方がいらっしゃいます。 ですが、これはしないようにしてください。 というのも、陰部を清潔にしようとして強く洗いすぎると、せっかくバリア機能を持っている皮膚を傷付けてしまい、刺激に弱くなってしまいます。 「毎日洗う」と言っても、その名の通りデリケートな部分ですので、優しく労わるように洗うようにしてくださいね。 市販薬を使う かゆみが気になっているときには、 市販薬を使うのも一つの方法です。 薬局で、「フェミニーナ軟膏」や「デリケア」など、陰部のかゆみを治すお薬を気軽に買うことができます。 比較的お値段もお安く、かゆみも治まりやすいのでおすすめですよ。 店頭で買うのが恥ずかしいという方は、Amazonや楽天などインターネット通販を利用するようにしてください。 避妊をする 不要な陰部のかゆみを予防するために、性行為をするときは 避妊をするようにしましょう。 避妊をすることで圧倒的に性感染症に感染するリスクを抑えることができます。 更年期には、生理が止まったと勘違いをして、避妊をせずにセックスをする人が増えています。 その証拠に、厚生労働省のデータでは、「更年期に入ってからの中絶率は依然として下がっていない」ことが分かっています。 そのほとんどが意図しない妊娠である、という考察もあるようです。 陰部のかゆみだけでなく、意図しない妊娠をしないためにも、しっかりと避妊をするようにしてください。 更年期の確実な避妊方法については、をご覧ください。

次の