ひじき の 戻し 方。 知っておきたい!ひじきの戻し方と、戻し終わりの見極め方!簡単「五目ひじき」のレシピ

知っておきたい!ひじきの戻し方と、戻し終わりの見極め方!簡単「五目ひじき」のレシピ

ひじき の 戻し 方

知っておきたい!ひじきの戻し方と、戻し終わりの見極め方!簡単「五目ひじき」のレシピ ひじきを戻す時の水の量は、どれくらいが良い? 乾物のひじきを水で戻すと、どのくらい増えるか知っていますか? なんと、 8. 5倍にもなるそうです。 例えば、5gのひじきを水で戻したら、42,5gに増えるんです。 そのため、ひじきを戻す時は、余裕を持って、 ひじきの10倍くらいの水の量が必要です。 私は、その都度グラムを測ったりせずに、「とにかくたっぷり水を入れる」ことを意識して水を入れています。 水が少ないと、ひじきが吸う水がなくなってきちんと戻りません。 そのため、 水はたっぷりと用意しましょう。 水煮のひじきよりも栄養価の高い、乾燥ひじき ひじきは、 水煮で売っているものもありますが、 せっかく食べるならミネラルを多く取りたいので、私は 乾燥ひじきを戻 すところから作ります。 慣れてしまえば簡単ですよ。 ひじきは水に浸すと、水が茶色っぽくなります。 これは、 ひじき特有の色素なので、品質には問題ありません。 なお、ひじきは海でとれた海藻なので、砂が混じることがあります。 そのため、水に浸す前に、 ざっと全体を軽く洗うようにしましょう。 今日は、具材をゴロゴロとたくさん入れた 「ひじきの五目煮」をご紹介します。 作り置きなので、多めの分量で設定しています。 2、ひじきを戻している間に、具材を切ります。 にんじんとこんにゃくは1㎝四方の角切りにし、 ちくわは5㎜幅の輪切りにします。 今回、こんにゃくは下ゆで不要(「アク抜き不要」の表示あり) のものを使っています。 アク抜きがされていないものは、 一度熱湯でさっと茹で、アク抜きをしてから使用してください。 3、大豆を用意する。 今回、大豆はあらかじめ煮ておきました。 もちろん水煮でも作れます。 (ただ、市販の水煮大豆は、自分で戻した大豆よりもミネラルが少ないです。 栄養価の面では劣りますが、時間のない時には便利です。 ) 4、水に浸けて15分ほどしたら、 ひじきに手の爪の先を入れてみます。 そのままスパッと切れたら、戻し終わりのサインです。 ひじき全体がつぶれるようなら、戻しすぎです。 これ、あまり聞いたことがなくて、私も驚きました。 このように、ざるにあけて水気を切ります。 5、鍋にごま油を引き、強火でひじきを炒め、 全体に油をなじませます。 今回のレシピでは、コクを加えるため、 ごま油を使いました。 ひじきは油との相性が良いので、味をつける前に油でよく炒めると、よりおいしくなります。 また、油で炒めることで、 カルシウムの吸収率がアップします。 ただし、 長時間炒めるとひじきの皮がむけるので、 強火で手早く炒めるのがポイントです。 6、ひじき全体に油が回ったら、他の具材を全て入れ、中火で全体を混ぜます。 7、水・みりん・醤油を加えて弱火にし、落し蓋をして7〜8分加熱します。 加熱し終えたら、そのまま10分ほど放置して冷まします。 冷ましていく過程で、味がよく染み込み、おいしくなります。 落し蓋がなければ、クッキングシートやアルミホイルでも大丈夫です。 8、完成しました!中央上が完成品です。 食べた感想 かなり!!おいしかったです。 自分で大豆を水で戻して煮たので、普段買っていた水煮大豆やドライパックの大豆よりも、 より大豆の味をしっかりと感じることができました。 大量に煮て余った大豆は、冷凍庫で保存してあります。 必要なときに出して、料理に使おうと思っています。 ひじきがつぶれたら戻しすぎ。 ************** いかがでしたか? 作り置きにも便利なので、ぜひ試してみてくださいね。 作り置き用のiwakiのタッパーはこちら。

次の

ひじきの戻し汁を使うのは良くない?ヒ素除去の有効な方法はコレ!

ひじき の 戻し 方

ひじきは日本人に昔から食されてきており、縄文、弥生時代の遺跡からもひじきらしい海藻が発掘されているそうです。 また、最古の記録では、平安時代、延喜式へ朝廷への貢納品として選ばれたことが記させているそうです。 ひじきは昔の時代の人々からずっと食べ続けられてきた食材なんですね。 ひじきの種類 ひじきの種類はおもに3種類に分かれて販売されています。 ・芽ひじき (米ひじき、姫ひじき)ひじきの葉っぱの部分です。 ・長ひじき (茎ひじき)ひじきの茎の部分です。 ・寒ひじき 早どれひじきとも呼ばれ、冬の寒い時期に若いひじきを収穫したものです。 さらに、これらのひじきを乾燥させたもの、生のものと分類されています。 ひじきの製造方法 ひじきは3月から4月にかけて取れ、おもな産地は、房総半島、紀伊半島、瀬戸内海沿岸、九州地方です。 満潮時に水没し、干潮時に岩にへばりつくように生えます。 ひじきは岩場に草が生えるようにはえ、収穫するときは、草を刈るように鎌で刈って収穫します。 また、現在国内で流通しているひじきの約9割は韓国産と中国産で、残りの1割が国内産です。 海外はほとんどが養殖を行っています。 ひじきの栄養 ひじきには、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、ヨウ素、食物繊維が含まれています。 特に骨や歯を作るカルシウムは牛乳の約12倍、お腹の調子を整える食物繊維がごぼうの約7倍、血液循環を良くするマグネシウムはアーモンドの約2倍も含まれており、非常に栄養価が高い食材です。 生ひじきの下処理方法 生のひじきは、とても固くそのままでは食べられません。 また、有毒性があるヒ素が多く含まれているので、そのままでは体に良くありません。 ヒ素は水溶性なので、水に溶けますので、水につけたり、茹でこぼしたりして、ヒ素を抜きましょう。 まず、生ひじきを水洗いし、ゴミなどを取り除いて、水につけておきましょう。 次に、水を切りお湯で茹でます。 5分くらいで色が緑色に変わります。 一度,鍋からひじきを取り出し、ザルに上げて水を切り、新たにお湯を沸かし鍋の中に再度入れて、1時間ほど茹でて下さい。 暗褐色になったら、ザルに上げ3~4日天日干しすれば、乾燥ひじきの出来上がりです。 乾燥させる前のひじきもお料理につかえます。 乾燥ひじきの戻し方 乾燥ひじきを水で戻すときはたっぷりの水に30分くらい浸しておきましょう。 また、急いでいる場合はお湯でも約10分で戻ります。 ただ、戻しに使用した水分にはヒ素が含まれておりますので、使用せず捨てて下さい。 ひじきを使った料理 生のひじきを短めに茹で、食感を楽しむサラダ、和え物などにも使えます。 長い時間茹でたひじき、乾燥ひじきは煮物、炊き込みご飯、パスタなど幅広く使用することが出来ます。 また、ひじきは油との相性も良いので、天ぷらや炒め物にしても美味しいかと思います。 ビタミンDが多い食材、卵やしいたけと組み合わせると、ひじきに含まれるカルシウムの吸収を助けてくれます。 卵焼きに芽ひじきを入れて焼くだけでも、いつもと違った栄養価の高い食事ができますよ。 そして、タンパク質やビタミンCが多い食材との組み合わせは鉄分の吸収を助けます。 特に肉料理を消化するには生野菜よりひじきの方がビタミン、ミネラル。 食物繊維ともに多く、粘性を持った水溶性ペクチンのため、胃や腸を刺激することなく、消化吸収を助けてくれます。 付け合わせや野菜炒めなどにひじきを入れてみても良いかもしれませんね。 このほかにも様々な組み合わせのお料理を考えたり、楽しみながらお料理してみて下さい。 ひじきの日 ひじきに記念日があることをご承知ですか? 「ひじきをもっと食べて健康に長生きしてください」という願いを込めて、昭和59年に三重県ひじき協同組合が9月15日をひじきの日として設定し、毎年、お祭りが伊勢のおかげ横丁で開催されているそうです。 お祭りではひじきの無料配布や、ひじき料理コンテストなど様々なイベントが開催されているようです。 興味があるからは一度行ってみても良いかと思います。 まとめ ひじきについて調べてみましたがいかがだったでしょうか?ひじきはとても栄養が高く、赤ちゃんからお年寄りまで幅広い世代で食べられ、おおくのお料理に使える万能食材です。 気になるヒ素ですが、ヒ素は水に溶けるので、水洗い、茹でこぼしをすれば、ほぼ除去できると思います。 生ひじきから乾燥ひじき、また、葉っぱの部分の芽ひじきや茎部分の茎ひじき、それぞれの特徴を生かして毎日の食事の中へ生かしてみてはいかがでしょうか。 関連記事:.

次の

ひじきを水戻し、茹でると栄養分は減る?

ひじき の 戻し 方

ザルにへばりつく"ひじき"よ、さらば! 乾燥したひじきは、水でもどしてから煮物などに使いますね。 ただ水を切る時にザルを使うと、小さな網目にひじきが詰まってしまうので、掃除に困っていた人も多かったはず。 そこで今回はザルを目詰まりさせることなく、もどした乾燥ひじきをしっかり水切りする方法をご紹介。 台所にあるアレを使うだけなので、簡単ですよ。 準備するのは、3つだけ。 乾燥ひじき、水、アク取りを準備します。 まずはボウルの中に水を入れて乾燥ひじきを戻したら、いよいよアク取りの出番です。 ボウルをかたむけながら、アク取りの網目で水気を切っていきます。 アク取りの網目は細かいので、ひじきを流すことなくしっかり水切りできますよ。 水分をしっかり切りたい時のコツは、こちらを!.

次の