ニンゲン です が 魔王 に 嫁ぐ こと に なり まし た ネタバレ。 みんなのレビューと感想「ニンゲンですが魔王に嫁ぐことになりました。」(ネタバレ非表示)

エボニー

ニンゲン です が 魔王 に 嫁ぐ こと に なり まし た ネタバレ

1巻のあとがき部分にて、原作・徒々野雫さんは「ねねね」は、「ねんね」という単語が由来のようです。 「ねんね」とは、世間知らずで幼稚ということ。 結婚しているというのに恋愛の初心者マークが剥がれない2人にピッタリな言葉ですね。 素敵なタイトルでした。 「ねねね」の魅力 この漫画「ねねね」の面白い部分は、なにより 「夫婦」なのに「キスさえしていない」清い仲という所ですね。 お互い恋愛感情を抱いているのに、なかなか前へと進めないもどかしさ。 とてもかわいらしい夫婦です。 妻は16歳ですが、夫は40代手前の年齢です。 おっさんです。 なのにも関わらず、 かわいらしいという言葉がとてつもなく似合う夫婦です。 また、さりげなく物語に含まれるファンタジーな要素から 旦那・清さんが仮面をつけている、さらにはその仮面の下の素顔を知らないというのも、この漫画の不思議な魅力になっています。 そうです。 ちょっと不思議な世界観、清さんの謎である職業、そしてその仮面の下…!と、 気になる謎がまだまだたくさんあるので、私のように続編を期待している人が多いのではないでしょうか。 「ねねね」続編が「出ない」理由は… この漫画「ねねね」は、原作と作画で2人の作家さんがいます。 そして作画担当・萩原ダイスケさんは、 「」にて漫画「」を連載中なのです。 現在11巻まで発売中。 「」といえば、もとはHEROさんによるWEB漫画「堀さんと宮村くん」が原作となっています。 有名なので、知っている人も多いのではないでしょうか。 「ねねね」は連載誌は「ガンガン」。 「」は「」です。 雑誌が違いますが、出版社は同じく「・」です。 おそらくその繋がりで「ガンガン」にて「ねねね」を連載することになったんでしょうね。 「ねねね」は連載時、隔月連載だったようです。 ですが、いくら隔月と言っても 2作も漫画の連載を抱えるのは大変なことです。 あくまで私の推測なのでこれが原因とは完全に言い切ることはできませんが、「ねねね」の続編が出ない原因の一端を担っているのではないでしょうか。 ただし、「ねねね」はいろんなレビューで高評価です。 続編を待ちわびる人も多いです。 まだまだ決まってはいませんが、 「」が完結する日が来るのであれば、また「ねねね」の続編が始まる可能性があるかもしれません! また、やっぱり読者の意見は大事なので「ガンガン」に 「ねねねの続きが読みたい」とお便りを送るのもいいかもしれませんね!私も送ってみようと思います。 原作・作画の2人について 作画担当・萩原ダイスケさんは、先ほども言ったように「」にて「」を連載されています。 単行本は「」と「ねねね」のみのようです。 とにかく女子はかわいい、男子はかっこいい。 かつイラストは安定して上手で、線は細く綺麗な絵柄をしています。 カラーイラストも華やかで綺麗です。 イマドキの女性向けな絵柄ですね。 すごく魅力的で素敵な絵柄です。 原作担当・徒々野雫さんは、別名・おとうさんで漫画作品を数作出しておられました。 原作のみの時と名前を変えておられるようです。 絵も描かれるようですが、まだまだ拙い印象ですね。 でもストーリーはすごく魅力的なものを生み出しているようなので、「ねねね」のように原作者として作品を生み出されるのにも向いているんだなと感じました。 「美味しい妖」では妖怪料理。 「うちの魔王かみませんよ」ではペットの魔王…。 とんでもない設定を生み出しています。 すごい発想…! 終わりに… 今回色々と調べてみて、「ねねね」の続編を期待する言葉がたくさん見ることができました。 ここまで期待されているということは、 続編・2巻も発売する日が来るのではないでしょうか…! 原作者・徒々野雫さんもにて 「いつでも続きを書きたい」と話していました。 私はこれからも続きを楽しみに待ってみようと思います…!.

次の

【ネタバレ注意】漫画『ねねね』の続編が出ない理由は?いろいろ調べてみました。

ニンゲン です が 魔王 に 嫁ぐ こと に なり まし た ネタバレ

1巻のあとがき部分にて、原作・徒々野雫さんは「ねねね」は、「ねんね」という単語が由来のようです。 「ねんね」とは、世間知らずで幼稚ということ。 結婚しているというのに恋愛の初心者マークが剥がれない2人にピッタリな言葉ですね。 素敵なタイトルでした。 「ねねね」の魅力 この漫画「ねねね」の面白い部分は、なにより 「夫婦」なのに「キスさえしていない」清い仲という所ですね。 お互い恋愛感情を抱いているのに、なかなか前へと進めないもどかしさ。 とてもかわいらしい夫婦です。 妻は16歳ですが、夫は40代手前の年齢です。 おっさんです。 なのにも関わらず、 かわいらしいという言葉がとてつもなく似合う夫婦です。 また、さりげなく物語に含まれるファンタジーな要素から 旦那・清さんが仮面をつけている、さらにはその仮面の下の素顔を知らないというのも、この漫画の不思議な魅力になっています。 そうです。 ちょっと不思議な世界観、清さんの謎である職業、そしてその仮面の下…!と、 気になる謎がまだまだたくさんあるので、私のように続編を期待している人が多いのではないでしょうか。 「ねねね」続編が「出ない」理由は… この漫画「ねねね」は、原作と作画で2人の作家さんがいます。 そして作画担当・萩原ダイスケさんは、 「」にて漫画「」を連載中なのです。 現在11巻まで発売中。 「」といえば、もとはHEROさんによるWEB漫画「堀さんと宮村くん」が原作となっています。 有名なので、知っている人も多いのではないでしょうか。 「ねねね」は連載誌は「ガンガン」。 「」は「」です。 雑誌が違いますが、出版社は同じく「・」です。 おそらくその繋がりで「ガンガン」にて「ねねね」を連載することになったんでしょうね。 「ねねね」は連載時、隔月連載だったようです。 ですが、いくら隔月と言っても 2作も漫画の連載を抱えるのは大変なことです。 あくまで私の推測なのでこれが原因とは完全に言い切ることはできませんが、「ねねね」の続編が出ない原因の一端を担っているのではないでしょうか。 ただし、「ねねね」はいろんなレビューで高評価です。 続編を待ちわびる人も多いです。 まだまだ決まってはいませんが、 「」が完結する日が来るのであれば、また「ねねね」の続編が始まる可能性があるかもしれません! また、やっぱり読者の意見は大事なので「ガンガン」に 「ねねねの続きが読みたい」とお便りを送るのもいいかもしれませんね!私も送ってみようと思います。 原作・作画の2人について 作画担当・萩原ダイスケさんは、先ほども言ったように「」にて「」を連載されています。 単行本は「」と「ねねね」のみのようです。 とにかく女子はかわいい、男子はかっこいい。 かつイラストは安定して上手で、線は細く綺麗な絵柄をしています。 カラーイラストも華やかで綺麗です。 イマドキの女性向けな絵柄ですね。 すごく魅力的で素敵な絵柄です。 原作担当・徒々野雫さんは、別名・おとうさんで漫画作品を数作出しておられました。 原作のみの時と名前を変えておられるようです。 絵も描かれるようですが、まだまだ拙い印象ですね。 でもストーリーはすごく魅力的なものを生み出しているようなので、「ねねね」のように原作者として作品を生み出されるのにも向いているんだなと感じました。 「美味しい妖」では妖怪料理。 「うちの魔王かみませんよ」ではペットの魔王…。 とんでもない設定を生み出しています。 すごい発想…! 終わりに… 今回色々と調べてみて、「ねねね」の続編を期待する言葉がたくさん見ることができました。 ここまで期待されているということは、 続編・2巻も発売する日が来るのではないでしょうか…! 原作者・徒々野雫さんもにて 「いつでも続きを書きたい」と話していました。 私はこれからも続きを楽しみに待ってみようと思います…!.

次の

ピッコマやcomico等で人気のある漫画、『ニンゲンですが魔王に嫁ぐことになり...

ニンゲン です が 魔王 に 嫁ぐ こと に なり まし た ネタバレ

1巻のあとがき部分にて、原作・徒々野雫さんは「ねねね」は、「ねんね」という単語が由来のようです。 「ねんね」とは、世間知らずで幼稚ということ。 結婚しているというのに恋愛の初心者マークが剥がれない2人にピッタリな言葉ですね。 素敵なタイトルでした。 「ねねね」の魅力 この漫画「ねねね」の面白い部分は、なにより 「夫婦」なのに「キスさえしていない」清い仲という所ですね。 お互い恋愛感情を抱いているのに、なかなか前へと進めないもどかしさ。 とてもかわいらしい夫婦です。 妻は16歳ですが、夫は40代手前の年齢です。 おっさんです。 なのにも関わらず、 かわいらしいという言葉がとてつもなく似合う夫婦です。 また、さりげなく物語に含まれるファンタジーな要素から 旦那・清さんが仮面をつけている、さらにはその仮面の下の素顔を知らないというのも、この漫画の不思議な魅力になっています。 そうです。 ちょっと不思議な世界観、清さんの謎である職業、そしてその仮面の下…!と、 気になる謎がまだまだたくさんあるので、私のように続編を期待している人が多いのではないでしょうか。 「ねねね」続編が「出ない」理由は… この漫画「ねねね」は、原作と作画で2人の作家さんがいます。 そして作画担当・萩原ダイスケさんは、 「」にて漫画「」を連載中なのです。 現在11巻まで発売中。 「」といえば、もとはHEROさんによるWEB漫画「堀さんと宮村くん」が原作となっています。 有名なので、知っている人も多いのではないでしょうか。 「ねねね」は連載誌は「ガンガン」。 「」は「」です。 雑誌が違いますが、出版社は同じく「・」です。 おそらくその繋がりで「ガンガン」にて「ねねね」を連載することになったんでしょうね。 「ねねね」は連載時、隔月連載だったようです。 ですが、いくら隔月と言っても 2作も漫画の連載を抱えるのは大変なことです。 あくまで私の推測なのでこれが原因とは完全に言い切ることはできませんが、「ねねね」の続編が出ない原因の一端を担っているのではないでしょうか。 ただし、「ねねね」はいろんなレビューで高評価です。 続編を待ちわびる人も多いです。 まだまだ決まってはいませんが、 「」が完結する日が来るのであれば、また「ねねね」の続編が始まる可能性があるかもしれません! また、やっぱり読者の意見は大事なので「ガンガン」に 「ねねねの続きが読みたい」とお便りを送るのもいいかもしれませんね!私も送ってみようと思います。 原作・作画の2人について 作画担当・萩原ダイスケさんは、先ほども言ったように「」にて「」を連載されています。 単行本は「」と「ねねね」のみのようです。 とにかく女子はかわいい、男子はかっこいい。 かつイラストは安定して上手で、線は細く綺麗な絵柄をしています。 カラーイラストも華やかで綺麗です。 イマドキの女性向けな絵柄ですね。 すごく魅力的で素敵な絵柄です。 原作担当・徒々野雫さんは、別名・おとうさんで漫画作品を数作出しておられました。 原作のみの時と名前を変えておられるようです。 絵も描かれるようですが、まだまだ拙い印象ですね。 でもストーリーはすごく魅力的なものを生み出しているようなので、「ねねね」のように原作者として作品を生み出されるのにも向いているんだなと感じました。 「美味しい妖」では妖怪料理。 「うちの魔王かみませんよ」ではペットの魔王…。 とんでもない設定を生み出しています。 すごい発想…! 終わりに… 今回色々と調べてみて、「ねねね」の続編を期待する言葉がたくさん見ることができました。 ここまで期待されているということは、 続編・2巻も発売する日が来るのではないでしょうか…! 原作者・徒々野雫さんもにて 「いつでも続きを書きたい」と話していました。 私はこれからも続きを楽しみに待ってみようと思います…!.

次の