キャンプ場行方意不明事件 霊視。 小1女児不明から11日...母が公開した“あの日の行動メモ”から浮かび上がることは?

山梨の女児不明 「事件だと断定できるような情報ない」:朝日新聞デジタル

キャンプ場行方意不明事件 霊視

今回紹介するネタの答えは下村まなみちゃん! それは、今から7年前に 発生された行方不明未解決 事件として記録に残されているとか。 一体、当時小学5年生で 10歳に何が起きたのか迫ります。 この子は、2009年7月24日時点まで 「愛知県常滑市」で生活されていた 小学5年生でした! 学校名は常滑西小学校であります。 当時の年齢は10歳となります。 場所は西方向に位置して降り 地多半島という島の一部の 中央部に存在する地域です。 西側には海が面しており 三重県で有名な伊勢湾と繋がっており ここは海上埋立地で中部国際空港が存在する あの有名な近くである。 果たして、こんな綺麗な海沿いで どんな悲惨な事件が 彼女に待ち受けていたのか? 行方不明未解決事件の真相とは! この下村まなみちゃんの真相の発端は 2009年7月24日金曜日の午前7時30分頃に 岐阜県郡上市 高鷲. たかす 町の 「ひるがの高原キャンプ場」付近で 発生した事件が原点となっているみたいです! 実際にキャンプ場へ着いた 小学5年の全児童85名と下村まなみちゃん 当時10歳 は 校長と教員数名らと 23日から3日間の予定の泊まる という日程が決定していました。 そして最大のテーマは4人1グループで 決められた範囲内の遊歩道を散策され 植物や生き物など自然と触れ合う事が 最大のテーマでありました。 しかし、突然 全学年と教員の先生ら全員に 不安の悲劇が襲い掛かってしまいました! それが「 行方不明」!? どうやら、まなみちゃんは 3人の同級生らと、肝試しコースを 下見途中に謝って 他の子供たちが、見守っていなかった 影響で、勝手に決められていない コースへ迷い込んでしまったのでしょうか。 そして、その後はグループの 児童が教員らに助けを求めた事で この日は予定を変更され 数時間は全児童で捜索活動となり 夜までに見つからなかったことで 警察や消防など大規模な捜索となりました。 しかし、この日も見つからなかった事で 正式に行方不明事件を視野に 25日時点で5年生の野外活動は中止が発表されたとか。 その後、警察や消防は 最後に目撃された証拠人の証言として 当時49歳の「澤田広彰校長」から聞く事になります。 その発言された理由は 午前8時過ぎ直前に3人と本人は指定された 遊歩道の林道カーブが実際にあり そこで校長が立っていたら、しっかり前を通過して 歩いたが、直後にグループから一番最後に 見えなくなるほど遅れて歩いていた と証言した。 すると、心配になった 校長が危険と判断すると 数分後に、このグループの後ろを 見守ることを決めて歩いたそうです。 しかし、この時点で最後になります。 それは、3人の女の子たちが 存在していない事を思いだすと 直後に同じルートを探すために 引き返したが、どこにも 「まなみちゃんの姿が見えなくなった」 という言葉だった! その後、この場所のキャンプ場コースは 林道で誰でも気軽に立ち寄れる 遊歩道で出発地点からスタートして この通りに辿ると最終的に 自分たちが野外で生活している 広場に戻ることが可能な初心者向けの コースであることが確認されています。 また最後に目撃された カーブ周辺のコースは アスファルトで作られた林道で そこまで悪い道ではなく 東側には、大人や上級者でも 無理に近い急斜面な、がけが存在しているそうです。 西側を見ると チョロチョロ流れるような 足首当たりまでの、水が流れているが 事故になる深さではなかったようだ。 あの時には、捜索で続きがあり その通り、1日全力で探したが 見つからない事で、最終的な判断は 地元の警察へ通報され 行方不明事件として最終的に 数百名の人数体制で広範囲で捜索しました。 2日以降には、7日間までに 市消防、自衛隊、ボランティアなど 倍の1700名以上で周辺だけでなく 半径以外のコースまで広げることに。 しかし、時間切れとなり 最後には、周辺を分かれた ローラー作戦で、「やぶ、林道や奥 建物内、川の中、がけの土の中」まで 探したがジャッジの成果は1700名で 捜索されたが1つの手がかりも 発見されないまま遂に「未解決事件」となったのです。 これは、熊による事故や 誰も見ていない事で 誘拐などの説が浮上されたが これでは理由が見つかることで 違う事が判明されています。 スポンサーリンク 真相は霊視でダウン症だった? 一体、あの時の キャンプ場で起きた不思議な 下村まなみちゃんの事件ですが その後は、どうだったのか? その後の真相も理由や新証言の 目撃で見つかっていないのが現実だったが 実は、あの時の後日の25日に 緊急で地域のTV番組に出演した時 母親の「益代」さんがインタビューの中で 特徴を「 まなみは、ダウン症の疾患を患っています」 そのように告白していました。 可能性は見えてきますね。 また、一部ネットで 霊視というワードが出現しているが これは実際には鑑定されておらず もしかすると、今後このような 方法でTV番組で見つからない 最終手段で依頼があれば使用するかもしれませんね。 以外に、海外には霊視判定で事件を 解決する仕事で人物がいるので またもやTV番組企画で 新たな証言や真相がここから見つかる可能性も! ちなみにネットでは以下の 特徴が公開されていたので 少しでも役に立つ中身が含まれているので 今後は衣類関係で怪しいと感じたら 警察署へ通報する方法が第一です。 <特徴>! ・身長120cm ・体重20kg ・体型は痩せ型 ・白に袖が水色の長袖Tシャツ ・ウサギの絵が含まれている ・薄ピンクの長ズボン ・水色の運動靴 ・ヘアスタイルはゴムで2ヶ所止め ・自分の名前が入った赤色の ストラップを首に掛けている 犯人は親だったの? そうですよね。 これは、実際には かなり困難で警察や自衛隊が あの当時でも1700名を導入しても 見つからないのでハードルが高い 捜索となっている事が 世界の捜索スペシャリストを呼んだ TVで証拠が判明されています。 一番怪しいのは、 当時下見で歩いて散策されていた コースや周辺のキャンプ場から 10分後には既に姿を全方向から 消されていた所が最大のポイントですね。 2日後には、警察や消防 さらには自衛隊、そして 最終的に7日間までに延べ1700名を 導入された活動でも普通なら 近くで、この時点で不審者がいないのであれば 敷地内で高い確率で発見されるのがこのパターンに見えます。 そうなると、既に総作人数状況から ここのキャンプ場には既に2日後辺りから、 一般道路に状況が子供や知的から 考えれば一番あり得そうな行動に見えます。 もうここまで 出てくると、当時は野外活動で 責任は全て担当の先生に入り ここ以外では、状況が理解出来ていない 一般人の方で先生陣も諦めるのであれば 「 誘拐犯? 」による犯行が考えられます。 ちなみに、ネットで親という ワードが出ていますが、ただの 下村まなみちゃんの母という意味で 全く「犯人」とは関係が絶対にあり得ませんね。 でも、一点不思議なのが 野外活動であり、 行方不明となった日は 地元やまなみちゃんを知っている 怪しい人物などは、この行動からは 犯行でも難しいのではないでしょうか。 事故であれば、海沿いの 可能性は岐阜が山間地なのでないですし 川の可能性であれば、一般道路に 出れば、周辺に大や中が流れていれば 体質からあるかも? とにかく事件や事故全ての 証拠を考えて捜査しなければ 一生解決が難しいかもしれません。 今後の捜査はどうなるのか。 おそらく、今後は番組では 14日金曜日に未解決事件で 世界で活躍する捜索スペシャリスト2名と 捜索犬1匹が協力して特別に探すことになったので これで結果的に少しのヒントが新たに浮上されると 協力して地元の警察、消防、周辺の 自衛隊が探すことを限定で決定する可能性も。 でも、実際は多分ですが この企画で捜索する前には 当時の事件が2009年で およそ7年もの年月が過ぎているので 国内ではストップしている行動は高かったでしょうね。 どうやら、その後 関係する下村まなみちゃんの母が 2013年の特別インタビューで 今でも 切実な思いで娘の帰りを待つ そのように心境を告白されました。 また、娘に語りかけるような 一言で「家はそのままだよ」と告白。 感想&まとめ どうやら、母親もまだ 未解決から解決する事件 事故 で 解明するまで、諦めていない事が インタビューの思いから伝わるので 絶対に母や家族が諦めるまで そして見つかるまで一つの遺留物が 見つかるだけでも良いので どんな方法でもいいので探してもらいたいですね。 果たして、14日のFBI緊急捜索で どのような事実が新たに 世界のスペシャリストたちの腕と 能力から結果が出されたのか 未解決だけに目が離せませんね。 この未解決事件が本当にスペシャリストの 判断でも結果が未解決となるのなら 最後の答えは何だったのか? もし、犯人が浮上されるのであれば もしかすると国内か海外で 潜伏生活している可能性が高いかも? 最後までご視聴ありがとうございございました! 以上で全ての説明を閉じます。 次回はどんなネタを予想する?

次の

山梨行方不明事件、母親が疑われる理由は?インスタ?参加者証言無し|話題の口コミ福めぐり

キャンプ場行方意不明事件 霊視

山梨県道志村のキャンプ場で小学一年生の女児が行方不明になった9月21日から、霊視や透視で女児の居場所を特定しようとする自称霊能者が続出しています。 ネットやSNS上には「南側の山の中にいる」「西側の水辺にいる」「〇〇日に見つかる」など自称霊能者たちが様々な霊視内容や透視内容を発言していますが、すべてハズレています。 ではなぜ、行方不明事件があるとこのように霊視や透視で行方不明者を探そうとする霊能者が増えるのかというと、 一発当てたいからです。 1度でも行方不明事件を霊視で言い当てることができれば、たちまち有名になり、世間から「本物の霊能者」の称号がもらえます。 「あの、女児行方不明事件の真相を霊視で言い当てた!」「霊視で行方不明の女児の居場所を突き止めた本物の霊能者!」など、偽物の霊能者は「本物の霊能者」というこの称号が、喉から手が出るほど欲しくてたまらないのです。 偽物の霊能者の特徴として彼らは本物の霊視や透視ができず、憶測でものを言い過ぎです。 霊視は憶測で見るものではありません。 「南側の山奥に何かを感じる」「お母さんを呼ぶ声が聞こえる」「嫌な感じがしてならない」など、適当なことばっかり言っています。 「感じる」とか、「視える」とか言っておけば、簡単に信憑性が高いものと感じさせることができるからです。 中には、行方不明になっている子供のことが心配で 「自分の霊能力を使って手助けしたい」と言う思いから霊視捜査をしていると言う霊能者もいると思いますが、しかし、本当に心配だったら曖昧なことや適当なことをネット上で広く発言しようとは思えないはずです。 中には、「心配でならない」「一日でも早く見つかることを祈ってる」だとか言っておきながら、「もう死んでいる」などと、人としての道徳を失っている発言を堂々としています。 彼らは、自分の霊視が外れるかもしれないというリスクを背負ってまでして目立ちたくて仕方がないのです。 本当に霊視や透視ができる本物の霊能者は、人の生死に関わることや事件の内容に関する発言を控えます。 また、偽物の霊能者の霊視では、ちょっと推理小説が好きな人であれば誰しもが考えられる範疇であることを、いかにも霊視で視たかのように話します。 自衛隊や警察や消防が捜査して見つからなかったというニュースが出てから霊能者は「事件の可能性が高い」と言い出し、それまでは「生きてる」「〇〇日に見つかる」などと言っていたのに、現実の状況が変わってくると霊視内容も変わるのが偽物の霊能者の特徴でもあります。 真実を見極める目を持ち、偽物の霊能者に踊らされないように気をつけましょう。

次の

石井舞ちゃん行方不明事件の真相!犯人や関連人物・失踪したその後

キャンプ場行方意不明事件 霊視

千葉県成田市の小学1年、小倉美咲さん(7)が行方不明になった山梨県道志村のキャンプ場が、台風19号で壊滅的被害を受けた。 現場周辺にとどまっていた美咲さんの母、とも子さん(36)は山を下りて同市に帰った。 とも子さんは18日、産経新聞の取材に応じ、「美咲は山にいると信じていたが、惨状を見たら、いてほしくないと思った」とジレンマを語った。 (渡辺浩) 美咲さんが行方不明になった「椿荘オートキャンプ場」は、12日の豪雨でキャンプ場内を流れる椿沢が氾濫。 斜面の崩落も起き、大量の岩や土砂、倒木などが流れ込んだ。 18日に記者が取材に向かったところ、国道413号から最短距離でキャンプ場につながる林道は舗装がめくれ上がり、通れなかった。 別ルートでたどり着いたが、キャンプ場は大きく姿を変えていた。 同日午後3時40分ごろ、小川へ先に遊びに行った子供たちを1人で追い掛けた後、行方が分からなくなった。 とも子さんら家族はそれから1週間ほど、テントを張ったまま美咲さんを捜し、その後は近くの旅館に滞在して捜索活動を見守ってきた。 県警などは今月6日、大規模な捜索を打ち切り、ボランティアが捜し続けてきた。 台風19号の接近でいったん成田に帰っていたとも子さんは、14日朝に現場に戻って、あまりの被害の大きさに驚いた。

次の