ゆうゆう 窓口。 ゆうゆう窓口では何ができるの?営業時間は何時から何時?

意外と知らない?ゆうゆう窓口と郵便窓口の違いとそれぞれの使い方

ゆうゆう 窓口

郵便窓口とは? 郵便窓口とは、郵便局の営業時間内に対応してくれる窓口になります。 特定郵便局にも設置してあり、一般的な「窓口」とは「郵便窓口」の事を言います。 もともと郵便局(株)の職員です。 主に郵便・荷物の引受、切手・葉書類の販売を行っています。 ゆうゆう窓口とは? ゆうゆう窓口とは、郵便窓口の営業時間外に対応してくれる窓口になります。 特定郵便局・簡易郵便局にはゆうゆう窓口はなく、 集配郵便局にしか設置されてません。 もともと郵便事業(株)の職員になります。 主に郵便・荷物の引受、切手・葉書類の販売、局留・留置の保管・管理・受け渡しを行っています。 大きい局であれば、不在票はゆうゆう窓口でしか対応してくれない局もあります。 注意現在、郵便窓口とゆうゆう窓口が併設されている局の一部では、窓口の統合が進んでいます。 今後は少しづつ業務体系・内容がシフトチェンジされていくと思われます。 もともと郵便窓口とゆうゆう窓口を管理してたのが別会社だったということもあり、1つの郵便局の中に2つの窓口が混在している状態となっています。 業務内容的にもゆうゆう窓口だけあれば問題ないので、いきなり郵便窓口がなくなるというより、最初はゆうゆう窓口を担当してる部署が郵便窓口を担当して、少しづつ全てをゆうゆう窓口にシフトチェンジしていく流れになっていくと思います。 郵便局の種類 郵便局と言っても普通郵便局や特定郵便局や簡易郵便局という種類があり、業務内容も少し異なります。 センターや支店、本局という呼び方もしますが、一般的に以下のようにまとめられています。 簡易郵便局 日本郵便から委託された事業所の事を「簡易郵便局」や「簡易局」と言います。 簡易郵便局は、受託者が事業主として郵便局の運営を行っていますので、見た目が普通の民家で「〇〇郵便局」と看板だけ掲げているケースも少なくなく、委託手数料を収益としてます。 概算ですが、簡易局は全国に約4,000局ほどあります。 特定郵便局 町によくある小さい郵便局の事で「特定郵便局」や「特定局」や「無集配郵便局」という呼び方をします。 主に窓口業務のみを行い、配達や集荷は行っていませんし、ゆうゆう窓口もありません。 集配郵便局 集配郵便局はその名の通り集荷・配達を行う局で「本局」や「配達局」「集配局」という呼び方をします。 集配局にも種類があり「区分局」や「センター」と言いますが、お客さまとして郵便局を利用する場合は全く気にする必要はありません。 「集配郵便局」には特例を除き基本的に「ゆうゆう窓口」が設置されていますし、全てではありませんが郵便番号の下4桁が8799になっている事が多いです。 特定局と集配局は日本郵便が運営していますので直営局といいます。 概算ですが、直営局は全国に約20,000局ほどあります。 参考 集配郵便局については、下記の記事を参考にしてください。 よくある質問と回答 「窓口」に関するよくある質問と回答です。 特約契約の荷物の引受は、どちらの窓口にいけばいいですか? 窓口を指定されてなければ営業してる窓口で問題ありませんが、引受窓口を指定されているケースや一部の特殊な契約者の引受入力がゆうゆう窓口でしか引受入力ができないケースもあります。 郵便窓口とゆうゆう窓口の制服が違うのはなぜ? もともと「郵便窓口」と「ゆうゆう窓口」の管理会社が異っていたというのが大きな理由です。 不在票はどちらの窓口に行けばいいですか? 原則としては営業している窓口で問題ありませんが、窓口が両方とも営業してる場合、不在票の対応窓口がゆうゆう窓口と指定されている場合、繁忙期に多い「〇月〇日~〇月〇日までの期間中、不在票はゆうゆう窓口へお願いします」等と張り紙が張られる場合などは、ゆうゆう窓口へ行ってください。 局留はどちらの窓口に行けばいいですか? 原則としては営業している窓口で問題ありませんが、窓口が両方とも営業してる場合はゆうゆう窓口へ行ってください。 追記情報• 24時間営業してる郵便局の一覧です。 ゆうプリタッチが設置されている郵便局の一覧です。 全国の集配郵便局の一覧です。

次の

ゆうゆう窓口でできることとできないこと一覧!営業時間や郵便窓口との違いは?

ゆうゆう 窓口

もくじ• 郵便局の夜間、土日祝日窓口である「ゆうゆう窓口」。 便利ですよね。 でも行ったことがないと、どんな窓口なのかピンとこないはず。 そこで実際にゆうゆう窓口まで足を運び、実際の様子を記録してきましたのでレポートしていきます! なお、ゆうゆう窓口でできることやできないことは、以下の記事にまとめています。 関連記事> ゆうゆう窓口に行ってみた この訪問記事を作成した時期は年末近くの祝日。 目当ては年賀はがき(年賀状)です。 「ゆうゆう窓口」とは言うものの、ふつうに正面のドアが開いており、そこから中に入りました。 郵便局によっては別途窓口が用意されている場合がありますが、その場に行けばわかるようになっています。 中に入ると、普段の営業時と同じように番号札を受け取り、自分の順番が来るのを待ちます。 郵便などの窓口も普段と同じ場所で対応していました。 私が訪れた時は午前11時くらいで12人待ち。 結構な人数ですね。 なお、番号札のない「ゆうゆう窓口」もあります。 その場合は行列を作って並びます。 番号札を受け取ったものの、年賀はがきについては特設販売ワゴンが設置されていました。 私が行った郵便局は、ゆうゆう窓口では閉まっている保険の窓口前で売っていました。 こちらは番号に関係なく買えるとのことでしたので、順番が来るのを待たずに札を渡して購入しました。 無事に年賀はがきを入手できました! 「ゆうゆう窓口」という名称ですが、基本的には通常時の窓口が時間外も対応しているというイメージでOKです。 通常どおりの感覚で行けば問題ないです。 ゆうゆう窓口の入り口が違う場合 通常の入り口が閉まっており、別の場所に専用の窓口が設置されている場合もあります。 その場合は案内板が出ているので、それに従って窓口を探しましょう。 上記の写真のように「ゆうゆう窓口」という看板が出ているので、迷うことはないでしょう。 また、24時間営業のゆうゆう窓口は、深夜帯等はブザーで局員を呼び出す場合もあるので、そちらも窓口でご確認くださいね。 ゆうゆう窓口が閉まっていた場合 先日、別の郵便局のゆうゆう窓口を訪れたら、写真のようにシャッターが下りてました。 どうしたんだろう? と思って近づいてみると… 別の窓口で営業をしていました! このように、一見閉まっているように見えて、じつは営業している場合もありますので、注意書きをよく確認しましょう。 この時は2階の通常窓口がゆうゆう窓口になっていました。 閉まっていても必ず案内がありますので確認してくださいね。 まとめ 地域によって差はあるかと思いますが、.

次の

ゆうゆう窓口とは?できること【くわしく】営業時間や場所・土日は

ゆうゆう 窓口

もくじ• 郵便局の夜間、土日祝日窓口である「ゆうゆう窓口」。 便利ですよね。 でも行ったことがないと、どんな窓口なのかピンとこないはず。 そこで実際にゆうゆう窓口まで足を運び、実際の様子を記録してきましたのでレポートしていきます! なお、ゆうゆう窓口でできることやできないことは、以下の記事にまとめています。 関連記事> ゆうゆう窓口に行ってみた この訪問記事を作成した時期は年末近くの祝日。 目当ては年賀はがき(年賀状)です。 「ゆうゆう窓口」とは言うものの、ふつうに正面のドアが開いており、そこから中に入りました。 郵便局によっては別途窓口が用意されている場合がありますが、その場に行けばわかるようになっています。 中に入ると、普段の営業時と同じように番号札を受け取り、自分の順番が来るのを待ちます。 郵便などの窓口も普段と同じ場所で対応していました。 私が訪れた時は午前11時くらいで12人待ち。 結構な人数ですね。 なお、番号札のない「ゆうゆう窓口」もあります。 その場合は行列を作って並びます。 番号札を受け取ったものの、年賀はがきについては特設販売ワゴンが設置されていました。 私が行った郵便局は、ゆうゆう窓口では閉まっている保険の窓口前で売っていました。 こちらは番号に関係なく買えるとのことでしたので、順番が来るのを待たずに札を渡して購入しました。 無事に年賀はがきを入手できました! 「ゆうゆう窓口」という名称ですが、基本的には通常時の窓口が時間外も対応しているというイメージでOKです。 通常どおりの感覚で行けば問題ないです。 ゆうゆう窓口の入り口が違う場合 通常の入り口が閉まっており、別の場所に専用の窓口が設置されている場合もあります。 その場合は案内板が出ているので、それに従って窓口を探しましょう。 上記の写真のように「ゆうゆう窓口」という看板が出ているので、迷うことはないでしょう。 また、24時間営業のゆうゆう窓口は、深夜帯等はブザーで局員を呼び出す場合もあるので、そちらも窓口でご確認くださいね。 ゆうゆう窓口が閉まっていた場合 先日、別の郵便局のゆうゆう窓口を訪れたら、写真のようにシャッターが下りてました。 どうしたんだろう? と思って近づいてみると… 別の窓口で営業をしていました! このように、一見閉まっているように見えて、じつは営業している場合もありますので、注意書きをよく確認しましょう。 この時は2階の通常窓口がゆうゆう窓口になっていました。 閉まっていても必ず案内がありますので確認してくださいね。 まとめ 地域によって差はあるかと思いますが、.

次の