ハイセンス 65u7e。 ハイセンスの65U7Eが安い!レグザエンジン搭載でコスパ最強!

ハイセンスの65U7Eと65S6Eの違いは?性能や仕様は?

ハイセンス 65u7e

ハイセンスの4K液晶テレビ『65U7E』と『65S6E』! 今日はハイセンスの4K液晶テレビ『65U7E』と『65S6E』の違いについてお話していきたいと思います。 超大画面にも関わらず、お値段が安くコスパに優れているのでかなり気になる商品ですので詳しく紹介していきたいと思います。 ハイセンスってどんなメーカー? 始めに『ハイセンス』というメーカーについて紹介してみたいと思います。 『ハイセンス』は中国の家電メーカーです。 前身となる会社は1969年に創業していて、かなりしっかりとした歴史のある企業です。 1970年にはブラウン管のテレビを手掛け始める等テレビ事業も50年近く前からやっているメーカーです。 長年テレビを生産販売しているというところはハイセンスのテレビを買うのに非常に好感が持てますね。 2015年には 世界の企業別のテレビシェアで『LG』・『SAMSUNG』・『SONY』に次ぐ世界4位になっていますし、世界的に見てもハイセンスのテレビは売れていると言って良いですね。 2017年には 日本の東芝のテレビ部門を買収したため、現在東芝のテレビとハイセンスのテレビは同じグループの商品ということになります。 これまでのハイセンスというと簡単な機能で非常に安価な冷蔵庫や洗濯機、テレビを発売しているメーカーというイメージを持っている人が多いと思います。 馬山もその一人でした。 ただ2017年に東芝のテレビ部門を傘下に収めたことで急激に日本でのテレビ事業に力を入れている感じを受けます。 買収から約3年で徐々に東芝の技術を吸収して、品質を上げている様な気もしますし、ハイセンスのテレビには大注目だと思いますね。 実際に2019年に発売したハイセンスの『E6800』シリーズや『U7E』シリーズは低価格でコスパが良いとかなり人気になっているようです。 今回比較する『U7E』と『S6E』シリーズについては過去に記事にしていますので良かったら見てください。 Amazon公式販売ページより引用。 では本題となる『65U7E』と『65S6E』の違いについて説明していきます。 『65U7E』と『65S6E』はどちらもハイセンスから発売されている4K液晶テレビです。 『65U7E』は 4KULED液晶テレビというカテゴリーに分類されていて、ハイセンスの4K液晶テレビの最上級グレードに位置付けられているテレビです。 対する『65S6E』は 4KSMART液晶テレビというカテゴリーに分類されていて、4K液晶テレビのスタンダードモデルとなっています。 つまりグレードでいうと『65U7E』の方が上位グレードということになります。 ただ『65U7E』は2019年2月に発売されたモデルですが、『65S6E』は2020年2月に発売されたモデルになるので『65S6E』の方が最新のモデルということになります。 ちなみに『65S6E』の2019年モデルと言える 4KSMART液晶テレビには2019年5月に発売された 『E6800』シリーズがありますが、こちらは43インチと50インチというパネルサイズのラインナップとなります。 さらにややこしいことにハイセンスは2020年2月に『65E6000』という『65S6E』と同じ 4KSMART液晶テレビを発売しています。 非常に『65S6E』と『65E6000』は似ていますので、ここからは『65U7E』と『65S6E』に加えて『65E6000』も比較していきたいと思います。 映像エンジンの違い! 『65U7E』と『65S6E』と『65E6000』の1番の違いは映像エンジンの違いが挙げられると思います。 『65U7E』は上位グレードになるので、最上位映像エンジンの『NEOエンジンplus』が搭載されています。

次の

ハイセンス65V型 65U7Eの評判について

ハイセンス 65u7e

65U7Eの画質は満足できるのか? ハイセンスとは中国の電子機器、家電メーカーです。 いまだ日本では中国製の製品について 「価格は安いけど、品質に問題がある」との印象を持たれている人は多いと思います。 かく言う私も、「中国製品は安いけど、やはり値段相応だな」と思っていました。 しかしそれは、メーカーによっては当てはまらず、しっかりとした品質の製品を供給するメーカーもあるんだと今回認識を改めました。 少なくとも ハイセンスの65U7Eについては、価格を考慮すると文句の付け所のない製品と言ってもいいでしょう。 特に、テレビについては、2018年2月に東芝の子会社である東芝映像ソリューションの発行済み株式の95%を取得して子会社化することにより、東芝のレグザ|REGZAの技術はハイセンスのものになっています。 つまりハイセンスの薄型テレビのエンジンはレグザそのもの、或いはそれ以上と言って良い状況になっていると考えてよいでしょう。 特に2019年に発売開始された65U7Eの中身は日本の技術であり、それを更に改良したものということになります。 簡単な機能は下記の通り。 4K ULED液晶テレビ• レグザエンジンNEO plus搭載• 倍速駆動対応 ハイセンスのULEDは買いなのか? 日本勢をはじめとする多くのメーカーは有機ELに力を入れています。 確かにバックライトが必要なく、発色がよく薄くて省電力という魅力があります。 ですが、高い! 安いと言われるLG製でも23万円程度。 では有機ELに力を入れているソニーはと言うと、、、 古くから有機ELを開発しているソニーの廉価版では42万円超です。 なかなかの値段です。 なのでなかなか普及が進んでいませんね。 一方のULEDというのは、ハイセンスの独自技術らしいです。 通常の液晶とは違い、バックライトをエリアごとにコントロール、さらにそのバックライトに特殊な素材を使用することで、 有機ELに匹敵する画質や薄さを達成するともに、コストも大幅にダウン! 通常の液晶テレビと変わらない価格で提供されています。 実際に購入して鑑賞してみると、これなら有機ELなんて要らないって思わせる出来ばえです。 もちろんHDR規格のHDR10とHLGに対応 HDRとは「High Dynamic Range」(ハイ・ダイナミック・レンジ)の略。 色深度はHDRが10bit(明暗差を1024段階で表現できる)で、SDRの8bit(同256段階で表現)の4倍もの明暗差の表現ができることになります。 つまり、黒い部分は黒く、画像が潰れずにくっきりと見えるということです。 HLGは放送用の規格で、HDR画質のプログラムをSDR(従来のテレビ)で受信しても問題なく見られるようにしたもので、もちろんHLG対応テレビで視聴すれば、高画質の映像を楽しむことができます。 今からテレビを買うのであればHDRは必須です。 できればHLG対応であれば言うことなし。 私がこれまで使っていた55LA9650はSDRで擬似HDR対応機器でした。 そんなに違うのかって思われるかもしれませんが、全くと言っていいほど画質が違います。 特に4Kのプログラムで差が出ます。 例えて言うのなら、55LA9650は、大きな画面でもそこそこ綺麗に見えるけれどちょっとピントが甘いという感じ。 決して悪いわけではない。 一方、65U7Eで4K HDRの映像を観ると、まるで写真が動いているように見えます。 ざらざら感が全くなく、高精細で奥行きがあるため、まさにそこに人が居るような錯覚にとらわれます。 これなら3Dなんて必要ないですね。 3Dは放送もソフトもほぼ無いし。 これだけでも、65U7Eを買って良かったと思えます。 レグザエンジンNEO plus搭載 仕組みはよくわかりませんが、にて詳しく説明されています。 簡単に言えば東芝のレグザチームと共同で開発された画質向上プログラムということになると思います。 で、何がすごいのかって言うと、地上波やBS放送など、通常の2K放送番組がまるで4K放送レベルの画質で鑑賞できるんです。 半信半疑だと思いますが、よく見ればわかると言うレベルではなく、パッと見ればすぐにわかるレベルです。 4K放送はまだ番組少ないし、Netflixなんて契約してないよ!というあなたへ! この機能だけでも65U7Eに買い換える価値ありです。 通常の地上波やBSの番組を観ていても、あれ?これ4Kかな?って思うくらいといえば伝わるでしょうか。 4Kチューナーは必要か? 家電量販店では4Kチューナーがついていない液晶テレビも販売されています。 これらは価格も安く、4K対応番組がまだまだ少ないという理由で食指が動いてしまいます。 しかし4系放送はすでに始まっています。 NHKのみならず各社民法も4Kの番組をいくつか放送しています。 地上波で4系放送が流されることはありませんが、 BS放送は順次4K化していくのではないでしょうか。 いくらテレビが安くなったとはいえ価格は10万円は越えます。 2年や3年に1回買い換えるものでもないでしょう。 また別売チューナーは数万円の価格であり、いちいち外部入力にして視聴する必要が出てきます。。。。 面倒! 更に、チューナー内蔵であればハードディスクをテレビに接続すれば、4K番組を録画出来ます。 そう考えれば4型チューナー付きテレビを買っておくことは、賢い選択ではないでしょうか? おまけ|NetflixやYoutubeなどが観れます。 65U7Eは、いわゆるスマートテレビと言われる機種です。 つまり、テレビそのもので下記が楽しめるのです。 Netflix Youtube U-NEXT dTV ひかりTV 4K acTVila 4K TSUTAYA TV スカパーオンデマンド DMM. com 残念ながらPrime videoやApple TVには対応していません。 Huluもありませんので、完璧ではありませんが 、最近は民放が面白くなくて、Youtubeを楽しむ方も増えているようですので、ワンタッチでこれらを視聴できるのは嬉しいおまけですね。 音声の質は満足できるレベル 最近のテレビは薄型になったためにどうしても音声が薄っぺらになりがちです。 特に重低音に期待するのは酷というものです。 では65U7Eはというと、確かに重低音は大満足ではないと思います。 なので迫力ある映画を観たいという時にはサウンドバーやAVアンプを併用した方がいいと思います。 しかし、普通にテレビドラマやニュースを見る場合では十分な音質だと思います。 バラエティー番組やニュース番組などでは音声はむしろ聞き取りやすく明瞭です。 仕様書には、 DOLBY AUDIOによる最大7. 1ディスクリートチャンエンルによる高品位サウンドを搭載と書かれています。 また、Hi-Soud Proによる高品位なイコライザー、そしてClear Soundにより人の声を強調する機能が搭載されています。 さらにBASS BOOSTにおいて80Hzの重低音の再現を可能にしています。 なので、すでにAVアンプにより高いレベルの音場環境を構築してそれに慣れているのでなければ、特に不満なく使用できるレベルであるともいえます。 もっとも、65インチのテレビを購入したら、どうしても音もよくして映画館並の環境で視聴したくなるのは仕方がないことだと思います。 私はMarantzのNR-1710で天井スピーカーも配してDolby Atmos環境を構築していますが、映画の迫力が違いますね。 まとめ 今回65U7Eを導入したのでその視聴感想をアップしました。 我が家では、LGの55LA9650にApple TV 4Kを接続してNetflixやプライムビデオ、YouTube を楽しんでいました。 しかし55LA9650は4K対応であるもののHDRに対応しておらず、 今となってはいまいち感がありました。 そんな中、たまたま家電量販店で4Kテレビを視聴してみたところ、自宅の画質とは全く違ったので思い切って買い換えることにしたのです。 最初はソニーやパナソニックなど国産メーカーから機種選定していました。 しかしよく調べてみると ハイセンスというメーカーはすでに東芝の映像部門を買収しており、その技術は東芝の技術そのものであるということがわかりました。 と言うことで選択した機種は65U7E。 有機ELではないものの、それに匹敵するULEDという独自技術で、コストダウンを可能にし、当然HDR10対応。 他の販売会社では二階への搬入には別途配送料がかかるところ、Amazonでは二階のリビングへの配送料も無料であったので、思わずポチりと、ご購入。 買って損はありません。 思わずにやけるほどの画質です。 それまで、.

次の

ハイセンス(Hisense)の4Kテレビおすすめ7選【特徴・比較・口コミ・レビュー】

ハイセンス 65u7e

Contents• ハイセンス65V型65U7Eの特徴について チューナーは当然4K対応に決まっていますよね。 チューナーは当然、新4K衛星放送に対応しているので、衛星放送の高精細な4K番組を手軽に楽しむことができます。 ハイセンステレビで定番のレグザエンジンNEOplus搭載 レグザとの共同開発で生まれた、高性能映像エンジン。 ノイズ処理と高画質処理により、放送映像をより美しく、素材の質感まで伝わります。 独自のハイセンス独自ULED ディスプレイの輝度が高く、明るいところでも見やすいULED。 バックライトのエリア別制御によりコントラストが際立ち、美しさとよりリアルな色合いを表現できます。 「ウルトラ スリム」 ウルトラスリムボディ、8. 5mm ベゼルレス、2. 92mm ゲーム 倍速駆動パネル sound sound2 「ゲームモード」 「ゲームモード」は約0. 83msで、ボタンを押してから表示されるまでの遅延が少なく、 特にFPSや格闘ゲームなどに最適な機能です。 2msec。 映像処理による信号遅延です。 パネルによる遅延を除く 「120Hz 倍速駆動パネル」 倍速駆動パネルにより、毎秒120枚もの映像を映し出すことができます。 速い動きによる映像の残像感を軽減し、滑らかな動きを再現。 スポーツシーンなどリアリティ溢れる躍動感のある映像を楽しめます。 「サウンド」 液晶テレビで失われがちな低音部分を補い、重厚感を増したサウンドです。 また、その場に居るかのような臨場感と一体感を体験させてくれるサラウンドが魅力的です。 「サウンド機能」 豊富な音声機能、お家でライブ、薄型テレビの音質は、もうここまで来ました。 VIDAA VGP受賞 ハイセンス 1969年に創業 2018年度 売上高約2. 1兆円 企業へと発展 2018年FIFAロシアワールドカップ公式スポンサー 2020年UEFAユーロカップ公式パートナー キャンペーン 「プラットフォーム VIDAA」 なめらかな動きと自在の操作感。 メニューも自分好みに合わせてカスタマイズ。 主催:株式会社音元出版 受賞:2019年9月 「ハイセンス 」とは ハイセンスは1969年に創業し、2018年度で売上高約2. 1兆円を超える企業へと発展しています。 また、2016年UEFAユーロカップ、2018年FIFAロシアワールドカップの公式スポンサーとなり、2020年UEFAユーロカップの公式パートナーも務めます。 キャンペーン実施中 ハイセンスでは、50周年スペシャルプレゼント企画第二弾として超豪華商品が当たるキャンペーン実施中。

次の