一 周忌 香典 親。 一周忌の香典相場【親族の場合】

一周忌を欠席する場合も香典は必要?連絡はどうしたらいい?

一 周忌 香典 親

見出し• 一周忌を迎えた義父への香典 離れて暮らしているとは言え旦那は長男なのでお呼ばれした時と同じように香典を持って行ってもいいものか?という疑問がでてきました。 長男だけど家を出ている夫は香典を包むべきか まず香典を持っていくべきか。 かなり悩みましたがやはり 持って行くことにしました。 でも夫の場合は家を離れずっと遠くで暮らしているので一般的な後取りの長男ではない。 だって持って行って「いらない」と言われるのと、持って行かないで「香典も持ってこなかった」と思われるのとどちらの方がいいかを考えたらやはり前者でしょう。 なので 香典は必要という判断をしました。 POINT悩んだ時・わからない時は香典は持っていくべし。 内訳としては大人ひとり10,000円、子供は5,000円でいいんだけど、さすがに25,000円を包むわけにはいかないので切り上げて三万円という感じですね。 ちなみに葬儀の時にはお義母さんに香典ではなく葬儀費用として20万円を渡したんですが 受け取らず。 新盆の時は香典として5万円を包んだけど3万円は 返されました。 そんな経緯もあって多すぎると受け取らないだろうけど、夫にとっては実の親の法事になるので気分的に出さないわけにもいかないので 3万円が適当だろうと判断しました。 POINT金額に迷った時は世の中の相場と言われている1人1万円を包むべし。 一周忌に来た人へのおもてなしにかかった費用 一周忌の法要はお坊さんが家に来てお経をあげ、その流れでお墓に行って終了です。 ただそのあとにみんなでお斎(おとき)という食事会をするので、それを考えるとざっと見てこのくらいかかっています。 菓子折り• 線香セット• 海苔 お菓子ならあとで参列してもらった人たちにお下がりとして配ることもできますね。 あとは生花をあげるような地域では、ちゃんと用意しておかないとないとお花を用意した親戚から「身内なのに花も出してない」なんて思われることもありますからね。 心配であればお義母さんに事前に確認をしておくといいでしょう。 お供え物の金額 一般的に 金額は2,000円~5,000円程度のもので十分です。 今回用意したのは純米大吟醸「金明」という 日本酒。 2,315円也。 そんなに高いものじゃないけど地元でしか売ってないお酒だからきっと喜んでくれるはず。 でも720mlじゃ天国であっと言う間に飲み干しちゃうかも(笑) まぁもうちょっとランクの高いお酒にしたり高級な菓子折りを選べば5,000円くらいになっちゃうし、お花であれば最低でも5,000円はかかるのでもう少し高くなるかもしれませんね。 注意仏様へのお供えは手土産とは別。 つい遠方からだと手土産=御供としてしまいがちだけどここは別物と考えて用意をしていきましょう。 一周忌の香典 嫁の親からはどうする? あとは私(妻側)の親からもご仏前を用意するかどうかも迷いましたが 香典は包みませんでした。 というのも一般的に法事は招待行事なので案内がなければ何もしないという認識が強いので ご招待がなければ香典もお供えもいらないと考えられています。 でも私たちが住む静岡では親族の法事には香典を包むのが一般的なので四十九日の時に預かってきた香典を出したんですが受け取ってくれなかったんですね。 そう、義母の住む地域ではやっぱり 招待していない人からの香典は頂かないんですって。 ところ変われば品変わるっていうことですね。 だから渋々ですが今回は旦那の家の流儀に従うということで母に納得してもらい 嫁側の親からの香典はなしにしました。 香典は出さないことにした嫁の親の心遣い 旦那のお父さんの一周忌の香典は出さないことにはしたけどそれでは母の気が済まないということで お供えだけは持っていくことにしました。 私たちはお酒を持っていくことにしたので母からは法要にぴったりの 「田子の月」のもなかにしました。 季節限定のもなかも販売されているのでスタンダードな最中と混ぜてもいいんですよ~。 ただこの最中の 欠点は賞味期限が短いこと。 買う日によるけど最長でも7日程度しかないから手土産や御遣い物にするならもうちょっと長い方が助かるんだけどな。 POINT 嫁の親からの香典はやめてお供えだけにしたのは結果的には大正解!義母も気を遣うことはなかったし私の母の気持ちも納まったので、風習の違う両母の気持ちを考えた最善の方法になりました。 だから考えてもわからないからその都度「うちではこう考えてるのですがそちらで失礼はないでしょうか?」と お義母さんに聞いてみるのが間違いないと感じています。 ただ聞けないこともあるし「気を遣わないでいい」とあっさり言われる場合もあるので、そういう時は 一般的な準備をしていくしかないんですよね。 あと 嫁側の親からは招待があった場合だけ香典やお供えを持っていけばいいんだけど、気になるようならお供えだけでも持っていくといいということもわかりました。 本当に冠婚葬祭ってコレっていう絶対的な決まりがないから悩んじゃうんだけど、実際に行ってみると長男の嫁としてお義母さんのお手伝いを一生懸命することが一番大事なことかも。

次の

一周忌の香典の金額相場はいくら?香典袋の書き方や入れ方も解説!|終活ねっとのお坊さん

一 周忌 香典 親

そもそも一周忌とは何なのでしょうか? ここでは、一周忌の意味と一周忌と合わせて行う法要の流れについて解説していきます。 一周忌とは 一周忌とは、 故人が亡くなられてから一年後の命日を指す言葉です。 一周忌には家族や親戚などを招いて法要を営みますが、この一周忌法要は年忌法要の中でも最も重要とされております。 本来は、亡くなられてから満一年の祥月命日と同じ日に一周忌法要を行うことが決まりですが、近年では、遺族や参列者の都合を考慮して、満一年目の命日の土日に行うことが一般的となっています。 一周忌法要の流れ 一周忌法要の大まかな流れは、以下のようになっています。 また、地域によって順序が異なる場合もあるので注意しましょう。 ご香典で包む金額は、 故人との関係性で決まってきます。 この法則は、故人が亡くなられてから期間が短い法事ほどより強く影響しますが、一周忌でもそれなりに幅があります。 基準となる考え方として、戸籍上親等の近い人ほど高くなるようにするというものがあります。 数え方としては、親子の世代つながりを1親等とみなします。 たとえば孫なら自分・子・孫なので2親等、兄弟ならば自分・親・兄弟と一旦親に行って戻ってくるので2親等です。 この親等の考え方を念頭に置くと、ご香典の金額も考えやすくなります。 なお、配偶者は自分と同格・同じものとみなされますので、配偶者側の故人である場合は、夫婦で出す前提で考えましょう。 故人が家族の場合 故人が祖父母だった場合 故人が祖父母だった場合、ご香典の相場は 1万円~3万円ほどとなります。 直接的に血縁のある親族ですので、よほど経済的事情が厳しくない限り、数千円で済ませることはまずありません。 下記の実親や兄弟・姉妹ほど実生活で近い間柄ではないので、1万円にお供え物を考えて調整することが多いようです。 ご香典には、身内の不幸により負担が増えたご遺族を支える側面がありますので、そのことを考えて多めに包んでも問題はありません。 自分たちが孫夫婦の場合 孫夫婦で出す場合は連名となるので、一人前の金額より多めに包んでおきましょう。 5割~7割増しにする場合が多いですが、端数調整が気になる方は二人分を入れてしまってもかまいません。 忌みの数字となるため、 4と9の数字が出ないようにだけは気をつけてください。 故人が実父・実母の場合 故人が実の両親である場合、1親等ともっとも近く、施主を務めないのであればご香典は一般的に一番高額となります。 具体的な金額は、 3万円~10万円ほどになるようです。 この金額は、出す人の年齢にも左右されます。 20代の方であれば、そもそもご香典を出す当人も大変ですので、3万円から考えることもあります。 40代以上の方となると施主を執り行っていてもおかしくなく、経済的・社会的にも支える立場にあることが多いので、10万円以上を包む場合も出てきます。 実の両親の一周忌ですと、概して施主と近しい立場と責任があると捉えられますので、他の親族より多めとなるよう、規模や施主の負担を考えて包むのがいいでしょう。 ご香典の金額だけでなく、一周忌の手筈についても協力するのが望ましいです。 故人が兄弟だった場合 兄弟・姉妹の一周忌でご香典を出す場合は、 3万円~5万円ほどが相場となるようです。 実父・実母よりかは少なくなりますが、この相場以上の金額を包むこともあります。 こちらも年齢や社会的立場に比例して、金額を上げる傾向があります。 戸籍の数え方としては祖父母と同じ2親等ではありますが、実生活ではより身近で大きい存在ですので、両親より低く祖父母より高いところで落ち着きます。 施主をしない場合にご香典を準備しますので、故人との関係性と影響力のバランスを考えた金額といえます。 故人が叔父・叔母だった場合 故人が叔父・叔母だった場合は、 1万円~3万円ほどになります。 傍系にあたりますが、親族の中では比較的身近でお世話にもなりやすい方なので、実際には祖父母と同じ額を包むことが多くなります。 家庭によってはあてはまる人が多かったり、接点があまりなかったりする場合もあります。 そのようなときは、自分より近かったり親密な方より控えめになるように包んでも大丈夫です。 父系・母系で特に区別をつけることはありません。 故人が上記以外の親族・身内の場合 いとこ・配偶者の甥姪など、遠い親戚である場合の相場は 3千円~1万円ほどとなります。 特に親しくしていた場合はここから増額することもありますが、それでも3万円ほどが上限となってくるでしょう。 知っていただけで全く付き合いがないような場合は、ご香典を出さないこともあります。 遠方ですと適切なご香典の額より赴くための費用がかさむなど、施主のほうから断りを入れたいような状況も出てきます。 そのような場合は弔電で供養の気持ちを伝えるなど、互いに負担にならない応対を考える必要が出てくるでしょう。 故人が友人の場合 故人が友人・知人だった場合は、 5千円~1万円ほどに収めることがほとんどです。 血縁関係がありませんので、どれほど親しくとも親族の方の額を超えないようにするのがマナーです。 直接的に金額を上げてしまうとご遺族の方も気を遣われてしまうので、物足りなさを感じるならお供え物を持っていくといいでしょう。 故人の喜びそうなものを考えられたら、お気持ちを丁寧に示せると思います。 故人が近所の方の場合 故人が隣近所、もしくは仕事関係の方の場合は、 3千円~1万円ほどが相場となります。 一周忌のご香典の中ではもっとも低い額にあたるので、場合によってはお返しをしなくていいよう断りを入れておくのもいいでしょう。 立場的に冠婚葬祭の顔合わせの側面が強くなりますので、相場から離れた非常識な額でなければ大丈夫です。 もちろん、故人に対する供養はその人の品が問われますので、気を引き締めてできる限り丁重に臨みましょう。 地域ごとの一周忌の香典相場 故人との関係性 ご香典の目安 祖父母 1万円 実父・実母 5万円 兄弟・姉妹 3万円 叔父・叔母 1万円 その他の親族 1万円 友人・知人 5千円 隣近所・仕事関係 3千円 北海道はいわゆる「香典返し」をせず、当日の斎場で配られる品物の即日返しで済ませることがほとんどです。 また、香典袋には必ず名前を書き、その場で金額確認を行って領収書が出る、という風習も本州の大部分と異なる点です。 法事のご香典は、今でいうところの生命保険の機能を果たしていたものでもあります。 北海道は、異なる文化を持った人同士が共存し、厳しい自然を協力して乗り越え、社会生活を営まなければなりませんでした。 こういった北海道のご香典の慣習には、「困ったときはお互い様精神」と「合理主義」がよくあらわれています。 広い距離を何度も行き来させる手間を省き、根本となる助け合いを重視するという、ご遺族への気遣いを感じとることができます。 沖縄の場合 沖縄の場合は、ご香典の額が他と比べると低くなりますが、さらに異なった事情があります。 まず、ご香典の金額に対して特徴的な考え方をもっています。 「お金を重ねる」ことは「不幸が重なる」ことを連想させると考えるため、 多額のご香典は避けるべきとされています。 次に、一口に沖縄といっても様々で、地域によっては自治会でご香典の額が決められている場合もあります。 そのときは自治会で聞くのが一番ですが、大体の目安をこちらも表にして示しておきます。 故人との関係性 ご香典の目安 祖父母 5千円 実父・実母 1万円以上 兄弟・姉妹 5千円 叔父・叔母 5千円 その他の親族 3千円~5千円 友人・知人 年忌法要には参加しない 隣近所・仕事関係 年忌法要には参加しない 四十九日までは知人も多く呼び、何度も「訪れる」ことを大事にしますが、四十九日までのご香典は通う回数と合計額を目安に考えます。 そして年忌法要は基本的に親族のみで行い、その中でもご香典の額が1万円を超えるのは両親や子供などの1親等に限られてきます。 最初となる一周忌であってもそれは同じであり、全国的に見ても一番少額のご香典となります。 親族以外は年忌法要にはほぼ参加しませんが、もし参加するとしても、1千円~3千円のご香典で十分です。 沖縄では、四十九日までの数回にわたるご香典で1千円ずつ包むこともあります。 また、地域によっては「不幸を分ける」ことになるとして、頭の数字を分けられない奇数にすることがあります。 このことも含め、実際の沖縄では1千円や3千円のご香典がよく取り扱われています。 一周忌の香典袋の書き方 一周忌の香典袋の書き方について、簡単に触れておきます。 まず、香典袋は無地の白封筒がもっとも安全に使うことができます。 蓮の花のあるものは仏教にのみ、十字架や白百合のあるものはキリスト教にのみ使えます。 特にこだわる必要がないなら、無地のものを選んでおくのが無難です。 香典袋の質も、自分の立場やご香典の金額を鑑みて選んでおきましょう。 血縁関係がなかったり、ご香典が1万円以下で収まるような場合は、水引が印刷された市販の香典袋でかまいません。 故人が両親や兄弟・姉妹であったり、5万円以上包むような場合には、高級なものがふさわしくなります。 表書きには宗教に合わせて、仏教の場合は「御仏前」、神道の場合は「御神前」、キリスト教の場合は「御花料」などと書きます。 基本的にどの宗教でも、中央下部に自分の名前をフルネームで書くのは変わりません。 詳しい香典袋の書き方については、ぜひ下記の記事を参考になさってください。 一周忌でご香典を渡すときにも、少し注意しておきたい点があります。 一周忌で香典を渡すタイミング 一周忌でのご香典は、基本的に伺った後、 なるべくすぐに施主に直接渡します。 施主の方が大丈夫なようであれば、挨拶の後にそのままの流れで渡しておきましょう。 斎場を広く構えて受付を用意しているような場合は、受付で渡すこともあります。 挨拶もこちらが先となりますので、不明ならばここで渡すのか伺ってもかまいません。 決して自己判断で仏前に供えることなどはないようにしましょう。 袱紗に包んで渡しましょう 通常、香典袋は裸では持っていきません。 正式な形としては、袱紗に包んで持っていき、 そこから取り出して渡すことになります。 袱紗は慶事・弔事の両方で使われる、贈り物や金品などを包むための風呂敷です。 実際のところ、用途によって包み方や色にも細かい差があります。 袱紗について詳細を知りたい方は、下記の記事を参考になさってください。 一周忌のご香典の相場は、故人との関係性や、出す側の年齢・社会的立場などで決まる。 4と9は避けること。 北海道は平均的な相場と比べると少額だが、品物の即日返しのみで香典返しはなし、金額をその場で確認して領収書を出すなどの特徴がある。 助け合いと合理性が、ご香典のやりとりに色濃く現出している。 沖縄は四十九日までの法要の参加回数が重視されるため、全国的に見てももっとも少額。 年忌法要は基本親族のみで、一周忌のご香典でも数千円が多い。 額の多さを避けたり、偶数を避けたりと忌みとするものが他の地域とまた異なる。 香典袋の書き方、渡し方についてもあらかじめ把握しておくこと。 一周忌の施主となる場合は、ご香典はないが香典返しと僧の方へのお布施を用意すること。 一周忌のご香典は、故人との関係性や自分の年齢・社会的立場、これまでの法要で出したご香典の額を参考にすると決めやすくなります。 マナーとして忌み数字を避け、金額の序列を成り立たせることも大事ですが、ご香典はご遺族への援助としての性格の強いものでもあります。 礼節をほどほどに保ちつつ、香典返しはいらない旨などを伝えてお気持ちをお渡しするのも、故人の心配を慮った供養となることでしょう。 「終活ねっと」では、一周忌の他の事項についても詳しくまとめてあります。 その他の法事の記事も揃えておりますので、よりよい終活のために参考にしてくだされば幸いです。 最後までよんでくださり、ありがとうございました。

次の

一周忌法要の御香典の相場金額夫婦では?香典袋の書き方や服装マナー

一 周忌 香典 親

一周忌の準備 日程を決める 祥月命日(亡くなった同月同日)が平日にあたる場合は直前の土日に行われるのが一般的です。 一周忌だけは満1年目におこないますが、それ以降の一年ごとの年忌法要は年数-1年(年数マイナス1年)で行います。 (例:三回忌は満2年) 場所を決める 自宅、お寺、ホテルなどのいずれの場所で行なうのかを決めます。 読経の場所と、法事の後の会食の場所を変える場合もあります。 おとき(食事)の手配 僧侶による読経のあと食事がふるまわれます。 この食事をおとき(御斎・お斎とも書く)と呼びます。 僧侶や参列者へのお礼の気持ちをこめたお膳であると同時に、一同で故人を偲ぶための行事です。 必要に応じて仕出し料理やお店などの予約をします。 おめでたい伊勢海老や、鯛などの献立は避けた方がよいので、予約の際には「法事で利用します」と、利用目的を告げましょう。 また、食事の席を設けない場合には、折詰めの料理と酒の小壜を用意し、引き出物と一緒にお渡しします。 お寺への連絡 場所、日時が決まったら、なるべく早く菩提寺に連絡をします。 菩提寺とは、先祖代々の墓をお願いしているお寺のことです。 霊園、墓地などを利用している御家庭では、葬儀の際に世話になったお寺に依頼すると良いでしょう。 案内状の手配 少人数の親族だけで行う場合には電話での連絡でも良いでしょう。 故人の知人など人数が多い場合は、往復ハガキや返信用のハガキを同封した封書などで、案内状を用意し、出欠確認を行います。 引き出物・引き菓子の手配 当日、出席者にお持ち帰りいただく引き出物を準備します。 予算は~程度で持ち帰りに適した品を用意します。 消耗品で好き嫌いが少ないや、実用品ではなどが人気です。 また、引き出物と一緒にを用意することがあります。 引き菓子とはお膳のお裾分けの意味があり、列席者が帰宅後、家族と分かち合うためのお土産的な意味合いがあります。 法事に参列して頂けなかった方でも、お供えやお香料などを届けてくださった方にもお返しをお渡しするようにします。 お布施・御経料の用意 お布施・御経料の相場は、3万円程度で、お車代は、5千円~1万円くらい、御膳料は、5千円~2万円くらいです。

次の