エクセル フッター ページ 番号 途中 から。 Excelでのページ番号を、途中の数字から始めたい

【エクセル2013】ページ番号を途中から開始する方法

エクセル フッター ページ 番号 途中 から

エクセル2010基本講座:ページ番号の挿入 ヘッダーとフッター ||ページ番号の挿入 ヘッダーとフッター• Excelの通常の画面ではページ番号は表示されません。 ページ番号はヘッダーやフッターという余白の領域に印刷します。 Excel2007からはページレイアウトモードができましたので分かりやすくなったと思います。 スポンサードリンク• 操作手順• [挿入]タブの[テキスト]グループにある[ヘッダーとフッター]を実行します。 画面が[ページレイアウト]モードになりヘッダー部にカーソルが表示されます。 左、中、右の3ブロックに分かれているのでいずれかの箇所をクリックして選択します。 例では左ブロックを選択しています• セルを選択すると[ページレイアウト]モードでの編集状態になります。 ステータスバーの右端にある画面表示モードで[標準]を選択すると、[ページレイアウト]モードから「標準」の表示モードに戻ります。 なお、標準モードではヘッダーやフッターは表示されませんので、[ページレイアウト]モードや印刷プレビューなどで確認します。 フッターへページ番号を挿入するときは画面をスクロールして、フッター部分が表示されるようにします。 挿入したい箇所 左、中央、右のいずれか をクリックします。 操作手順• [ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループでダイアログボックスランチャーをクリックします。 [ヘッダーの編集]ボタンをクリックして実行します。 表示する位置を左側、中央部、右側の欄内をクリックして選択します。 [OK][OK]をクリックしてダイアログを閉じます。 シート上にはヘッダーやフッターの状況は表示されないので、印刷プレビューなどで確認します。 中央部へ表示するのなら、ヘッダーのドロップダウンリストから選択する方法もあります。 ページ設定で行う方法• ダイアログを表示するには[ページレイアウト]タブの[ページ設定]グループでダイアログボックス アクセスランチャーをクリックします。 [ページ設定]ダイアログの[ページ]タブを選択します。 [先頭ページ番号]に「10」と入力します。 ヘッダーやフッターで行う方法• [挿入]タブの[テキスト]グループにある[ヘッダーとフッター]を実行します。 先頭から10,11・・となりました。 【参考資料】• microsoft. ページ設定ダイアログでの設定方法• [ヘッダーの編集]ボタンをクリックします。 [先頭ページのヘッダー]タブが表示されますので、ここで設定します。 ヘッダータブを選択して、2ページ目以降の設定を修正します。 「-1 」の部分は 1の後ろに半角スペースが2個入っています。 半角2個が正しいのかはわかりません。 1個ではできなかったのですが、2個ならできたということです。 このように、ここのような書式で計算はできたのですが、上に書いたようにちゃんと計算しないことがありるかもしれません。 [ページレイアウト]モードで設定する• ページレイアウトモードにします。 ヘッダー部分を選択します。 先頭ページとその他のページのヘッダーの設定をします。 ヘッダー・フッターのフォントの色などを変えることができるようになりました。 ヘッダーにシート名を設定します。 フォントの色を赤、ついでに「太文字」の設定をしてみました。 ヘッダーに書式の設定が反映されました。 スポンサードリンク ||エクセル2010基本講座:ページ番号の挿入 ヘッダーとフッター.

次の

【Word】途中からページ番号を付けたい~セクション区切りを活用│働くオンナのパソコン教科書

エクセル フッター ページ 番号 途中 から

フッターのページ番号の設定方法 ヘッダーやフッターの設定は、メニューの「挿入」タブ中の [テキスト] セクションの中にある「ヘッダーとフッター」というアイコンをクリックして開始します。 フッターの表示位置を選ぶ 「ヘッダーとフッター」アイコンをクリックすると、エクセルのビューが「レイアウトビュー」というスタイルに変わり、ヘッダーの中央にカーソルがある状態になります。 今回はフッターを編集したいので、メニューに表示されている「フッターに移動」をクリックして フッターに移動します。 今回はそのまま中央にページ番号を表示させます。 メニューの「フッター」をクリックすると、サブメニューが展開されて書式の一覧が表示されます。 ここまでの状態で印刷プレビューすると、先頭ページのフッターには普通に「1」が表示されています。 ページ番号を任意の番号から開始する メニューの「ページレイアウト」タブにある [ページ設定] セクションの右隅にある小さな四角をクリックします。 ページ設定のフォームが表示されるので、[ページ] タブの下の方に目をやると「先頭ページ番号 R 」というフィールドがあります。 デフォルトではここが「自動」に設定されているので「6」に上書きして [OK] をクリックして設定完了です。 プレビューしてみると、先頭ページが任意で設定した「6」から始まっていることが確認できます。 他の関連記事とあわせて仕事や趣味に役立ててください。 関連記事 併せて読んでおくとさらに便利 ページ設定・タイトル行 エクセルで件数の多いデータを扱っていると、1行あるいは複数行の「タイトル行」を固定して印刷したいときがあります。 タイトル行の設定により解決する方法について解説! コメント・印刷 エクセルのコメントを印刷する方法について解説。 デフォルトでは印刷されないコメントを印刷する手順です。 『コメントとは?』という方のために、コメントの基本的な使い方にも触れています。 印刷 「印刷範囲」の設定・解除・変更・表示などで、ユーザーが「できない」と悩みがちな点に着目。 印刷範囲を表す青線・点線を消せない、移動できない、など。 印刷・枠線 エクセルの 枠線を消す・枠線が表示されない・枠線を印刷したい、という場合の対処法を解説。 枠線の表示設定や印刷設定など、枠線に関するテクニックを図を入れながらわかりやすく解説します。

次の

2枚目のシートからページ番号1を印刷したい : 初心者のためのOffice講座

エクセル フッター ページ 番号 途中 から

はじめに 最初に表紙ページ、次に目次ページで構成すると、本文は少なくとも3ページ目以降になります。 ただし、表紙だけではなく、目次ページにもページ番号を挿入したくない場合は、この方法では対処することはできません。 かといって、表紙と目次部分を本文とは別ファイルにしようとすると、目次フィールドで「エラー! ブックマークが定義されていません」というエラーが発生してしまいます。 なぜなら、対象とする本文と同じファイルに目次を挿入する必要があるからです。 一旦同じファイルで目次を挿入したら、そのあと決して別ファイルに目次部分を切り離さないでください。 この問題は、表紙・目次ページと、それ以降の本文ページの間でセクションを区切り、ヘッダーとフッターの設定を分けると解決できます。 ページ番号を挿入するのはそのあとに行うのがポイントです。 操作方法• 本文ページの先頭にカーソルを移動して、[レイアウト]タブを開きます。

次の