ザマゼンタ 育成。 色違いのザシアン、ザマゼンタ入手方法

ザマゼンタ/対戦

ザマゼンタ 育成

概要 れきせんのゆうしゃ の英雄の伝説に登場する、「盾」と表されている狼型のポケモン。 ブラックナイトにおける激戦を物語るような傷だらけのマゼンタと白の体色と欠けた右耳が特徴。 たてがみと首周りの一部、前足の脚甲と尻尾が深い青色。 相方のとはきょうだい、あるいはライバル関係であると思われるが詳細は不明。 また、性別もザシアンと違い明確な部分が記されていない。 たてのおう の力によって変化した姿。 頭部を金色の仮面が覆い、首周りを巨大な炎を象ったような金とマゼンタの装飾の盾が覆う。 更に後頭部から金の混ざった青いたてがみが背中全体を覆うマントのようにたなびかせている。 盾は縁の一部が肩部を覆うように展開されており、を放つときに稼働し、巨大な盾に変形する。 首の盾は「格闘王の盾」とも呼ばれ、ダイマックスポケモンによる攻撃でも容易に受け止められるほどの頑強さを誇ると言われる。 この盾を使って突撃するは相方のザシアンのにも決して引けを取らない威力を持つ。 シールド版のパッケージはこちらの姿で描かれている。 進化・フォルムチェンジ• ザマゼンタ 通常時: れきせんのゆうしゃ• を持たせると たてのおうにフォルムチェンジ ポケモンずかんの説明文 れきせんのゆうしゃ ひとのおうと ちからを あわせ ガラルを すくった ポケモン。 きんぞくを とりこみ たたかう。 漢字 人の王と力をあわせガラルを救ったポケモン。 金属を取り込み戦う。 たてのおう いかなる こうげきも はじきかえす すがたは かくとうおうのたて と よばれ おそれ あがめられた。 漢字 いかなる 攻撃も 弾き返す 姿は 格闘王の盾 と 呼ばれ 恐れ 崇められた。 れきせんのゆうしゃ せきぞうの ような すがたで わすれさられるほどの あいだ ねむりに ついていた ポケモン。 漢字 石像の ような 姿で 忘れ去られるほどの あいだ 眠りに ついていた ポケモン。 たてのおう ダイマックスポケモンの いちげきも いとも たやすく うけとめる かんぜんぶそうした すがた。 漢字 ダイマックスポケモンの 一撃も いとも たやすく 受け止める 完全武装した 姿。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP このポケモンにタマゴわざはありません。 太字のわざはタイプ一致です。 - - シールド Lv. 70 タワートップ 備考• と同じく、はできない。 も使えず、ダイマックスレベルを上げる事ができない。 ダイマックス中のがザマゼンタに変身しようとした場合、失敗する。 れきせんのゆうしゃの姿の種族値はザシアンのそれと全く同じである。 ザマゼンタのたてのおうの姿の合計種族値720は、ザシアンのけんのおうの姿と共にや、を除けば歴代の伝説ポケモンの中でも最高数値である。 また幻のポケモン、とも同数値である。 は10と禁止伝説ポケモンの中ではやや高めに設定されている(他の地方の伝説ポケモンは最低値の3がほとんど)。 の代わりにが捕まえるソード版では、1個であっさり捕まえている。 アニメにおけるザマゼンタ• のOPでと共に出演している。 マンガにおけるザマゼンタ ポケモンカードにおけるザマゼンタ• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -.

次の

ザマゼンタ (たてのおう)|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ザマゼンタ 育成

5倍をその相手に与える。 第8世代からは、音系の技。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 地中にいる間は『じしん』『マグニチュード』以外の技を受けない。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 必ず後攻になる 優先度:-4。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 威力は20〜200 レコ. そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 『まもる』などで技が防がれた場合も、自分のHPは減る。

次の

【ポケモン剣盾】オシャボ ザシアン・ザマゼンタ厳選方法【超簡単】

ザマゼンタ 育成

ザシアン(ソード)の厳選 ザシアンは くちたけんを持たせることでフォルムチェンジします。 基本的にこの姿で戦うことになると思われるので、考察もフォルムチェンジ時のものとなります。 ザシアンの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 170 115 80 115 148 攻撃と素早さが高く、特攻が低いのがわかると思います。 特殊技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り特攻を落とす性格を選ぶこととなります。 意地っ張りと陽気どっちがいい? ザシアンの素早さ148というのは絶妙な数字で、 Lv50でのバトルでは準速の素早さが200となり最速130族と同速になってしまいます。 なので、200より上の素早さがほしいかどうかという視点で考えるといいかもしれません。 攻撃の種族値が170もあるため、できることなら攻撃に補正をかけた意地っ張りを採用したいところです。 ザシアンの努力値振り 2つの例を紹介します。 配分は理想個体である6V前提のものとなっています。 80族のスカーフや142族のドラパルトも抜けるのでほとんど上を取られる心配はないでしょう。 攻撃は最大の防御なので、残りは攻撃に割り振り倒せる範囲を広げています。 端数の4はダウンロード対策で特防に振りました。 タイプも優秀ですし、HPに努力値を振ることでかなり堅くすることができます。 HP252を確定とし、余りは5箇所振りで効率よく振ります。 素早さは 最速ガブリアス抜き最速100族抜き抜き抜きまであげ、残りを攻撃に割り振ったら11nで美しくなりました。 堅くて火力もあり、最低限の素早さも備えているのでとても強いと思います。 ザマゼンタ(シールド)の厳選 ザマゼンタは くちたたてを持たせることでフォルムチェンジします。 ザマゼンタは普通に育てるとザシアンとの差別化が難しいため、フォルムチェンジなしで戦うことも考えられます。 ザマゼンタの種族値 それぞれの状態での種族値を見ていきます。 通常時 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 115 80 115 138 フォルムチェンジ時 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 92 130 145 80 145 128 どちらを使うにせよ、よほどのことがない限り特攻を落とす性格を選ぶこととなるでしょう。 性格は何がいい? ザマゼンタは耐久の高いポケモンであるため、防御や特防に補正をかけたくなります。 しかし、HPが低くサポート性能も高くないため、あまりおすすめはできません。 素直に 攻撃か素早さに補正をかけると良いでしょう。 ザマゼンタはHPに努力値を振り切るポケモンであること、フォルムチェンジ時は素早さに補正をかけても130族を抜けないことを考えると、素早さを大きく伸ばすことは考えにくいです。 そのため、陽気より意地っ張りのほうが応用がきくと思われます。 高速帯の壁貼り役としての運用を考えているなら陽気もありかもしれません。 ザマゼンタの努力値振り HPと防御と特防が全て同程度のポケモンとして、フォルムチェンジしたロトムが挙げられます。 ロトムを育てるとき、大半の人はHPに努力値を振りますよね? ザマゼンタも種族値の並び的にはロトムのようなものなので、HPを振った上で、火力と素早さを調整するといった形になるかと思われます。 一例として、通常時とフォルムチェンジ時のどちらでも使える万能な配分を紹介します。 配分は理想個体である6V前提のものとなっています。 フォルムチェンジ時に110族より上を抜きたい場合には、陽気のほうが努力値配分が良くなってくるので、そこも考慮しながら性格を選ぶと良いでしょう。 オシャボ厳選するなら性格はミントを使おう! これは好みの問題になってくるのですが、マスターボール以外のボールで捕まえるならミントを使ったほうがいいケースもあります。 せっかくガンテツボールで捕まえたのに、性格が合っていないというだけで諦めてしまうのはもったいないですからね。 イメージ的には、 ザシアンならルアーボール、クイックボール、ドリームボール ザマゼンタはレベルボール、ゴージャスボール、ドリームボール あたりが良いのではないでしょうか? 私は高貴なイメージからザマゼンタをゴージャスボールで捕まえました。 今作の伝説には シンクロが効かないという噂もありますが、一発で意地っ張りを引いてしまったため真偽を確かめることはできませんでした… まとめ ザシアンもザマゼンタも意地っ張りか陽気を選ぶのがおすすめです。 どちらにするかは、努力値振りまで考えて選ぶ必要がありますね。 ですが、今作ではミントで性格補正を変えられるので、あまり深く考えずに捕まえてしまっても良いでしょう。 やっぱり、ザシアンは強いですね。 ザマゼンタも強いポケモンではあるのですが、ザシアンと比べると見劣りしてしまいます。 ザシアンの特攻にもう少し無駄があればバランスとれたのかもしれません。 そういった意味では、ラティアスとラティオスはいい調整だったなぁと思います。 とはいえ、ザマゼンタはワイドガードや両壁が使えたり、ザシアンとは違った芸当ができるので可能性は感じますね。 どちらも強いポケモンなので、是非ゲットして活躍させてくださいね!•

次の