ジェミニ マン 映画。 「ジェミニマン」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

ウィル・スミス主演映画『ジェミニマン』が約80億円の赤字になる模様

ジェミニ マン 映画

C 2019 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. 「ジェミニマン」科学の進歩への批判をはらむSF活劇が、映像技術の進化で実現する妙味 ウィル・スミスの長年のファンがもし予備知識ゼロで本作を観始めたら、彼が演じる主人公のヘンリーと同じくらい驚愕するだろう。 彼は政府に依頼された数々の狙撃を成功させてきた凄腕スナイパーだが、陰謀に巻き込まれ何者かに襲撃される。 したがって観客側に心構えができている分、ヘンリーほどその正体に驚けないのが少々残念とはいえ、パフォーマンスキャプチャーとCGで描画された若きウィル・スミスのリアリティーは圧巻だ。 アン・リー監督は、武侠活劇「グリーン・デスティニー」やヒューマンドラマ「ブロークバック・マウンテン」など多様なジャンルを手がけつつ、ストーリーテリングと詩的な映像美の融合が高く評価され、主要映画賞を数多く受賞してきた。 題名に含まれる「ジェミニ(Gemini)」は、ストーリー上は政府の極秘プロジェクトの名称だが、言葉としてはギリシア神話でゼウスが誘惑した女性に産ませた双子の兄弟に由来する。 脚本の意図には当然、神の領域を侵して一卵性双生児のようなクローンを作り出す生物工学など、科学技術の進歩の行き過ぎに対する批判と警鐘がある。 筋やテーマとしては、「私を離さないで」「LOOPER ルーパー」「月に囚われた男」「複製された男」などで語られてきた要素も含まれ、若干の既視感がなくもない。 とはいえ、そうした科学の進歩に警鐘を鳴らすメッセージを、最先端の映像技術を駆使して語るという行いにシニカルな含みを感じ取れるし、名匠と呼ばれるようになって久しい現在64歳のリー監督が、今なお新たな映像表現を求めて挑戦を続ける姿勢にはただただ感嘆するしかない。 (高森郁哉) (外部リンク) 2019年10月24日 更新.

次の

ジェミニマン | 無料映画倶楽部

ジェミニ マン 映画

この作品記事はが望まれています。 ください。 に雇われる世界一の腕を持つスナイパー ヘンリー・ブローガンは、多くのターゲットの頭を撃ち抜き葬ってきた。 だが、あるターゲットを狙っていたとき、少女がいたため狙いが逸れ、殺害には成功するも首を撃ち抜いたことに落胆し、引退を決める。 引退生活を送っていたヘンリーは、レンタルボート屋でダニー・ザカレウスキーと知り合い、旧友のジャック・ウィリスと海上で落ち合う。 そこでヘンリーはジャックから、ヘンリーが最後に殺害したターゲットは生物兵器を用いたテロリストではなく、正体は分子生物学者であるという情報がユーリと名乗る人物からあったことを伝えられ、ヘンリーはユーリと会い詳細を聞くことにする。 DIAのジャネット・ラシターが、内情を知るヘンリーを消そうと計画を練るなか、極秘特殊部隊「ジェミニ」の指揮官クレイ・ヴェリスは彼を始末する許可を得ようとするも拒否される。 ダニーが自分を監視するエージェントだと気づいたヘンリーは、彼女と夕食を共にし帰宅する。 深夜、ヘンリーの自宅に暗殺者が襲撃し、彼は逃げながらDIA時代の仲間に警告の連絡をするが、直後に彼らは始末されてしまう。 ダニーの自宅に来たヘンリーは、彼女に経緯を話し、直後に彼女を消しにきた暗殺者らを2人で一掃する。 そして、2人はヘンリーの元同僚 バロンを頼ってコロンビアに向かう。 ヘンリー・ブローガン: ( )• ジュニア: ウィル・スミス( ) - 若い頃のヘンリーのクローン。 暗殺者。 ダニー・ザカレウスキー: ( ) - アメリカ国防情報局DIAの女性潜入捜査官• クレイ・ヴェリス: ()• バロン: ()• ジャック・ウィリス: ()()• デル・パターソン: ()• ジャネット・ラシター: ()• ユーリ・コヴァッチ: ()()• マリーノ: ()()• キティ: セオドラ・ミラン()• ヘンリーの父: ディエゴ・アドナイ()• ヘンリーの母: リッラ・バナク()• アニコ: アレクサンドラ・スーク()• エージェント1: ティム・コンロイ()• パターソンの息子: ダニエル・サライヤーズ()• ボート・オーナー: ジェフ・JJ・オーサーズ() 製作 [ ] 当初ジェミニマンはダーレン・レムケの構想を基に、ドン・マーフィプロデュース、トニー・スコット監督によりが製作し、1997年に公開する予定だった。 スコット、そしてが監督候補に挙げられていた。 、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、が主演級の役に候補として挙がっていた。 しかし当時は映画製作に必要な技術が十分に開発されていなかったため、ディズニーでは製作が進展することはなかった。 レムケの脚本は、 、 、 、 、そしてスティーヴン・J・ライベルと ()の執筆チームによって書き直された。 2016年、はディズニーから権利を獲得し、と、スカイダンスの、デイナ・ゴールドバーグ、 ()がプロデューサーとなった。 マーフィー、マイク・ステンソン、チャド・オマン、ブライアン・ベルと、フォスン・ピクチャーズのグォ・グワンチャンが製作総指揮を務めた。 2017年4月、パラマウント映画とスカイダンスから、が監督に選ばれ 、直ちにフォスン・ピクチャーズが資金調達に参加した。 が主役に決定し、あわせて公開日も2019年10月11日に決まった。 2018年1月、との参加が決まった。 ウィンステッドはとのヒロイン選考で役を勝ち取った。 2018年2月、映画撮影の開始とともにがキャストに加えられた。 主要な製作は2018年2月27日にジョージア州 とで開始された。 ので2018年5月まで撮影が続けられた。 リーの前作品『』と同様に、本作品も120fpsのハイフレームレート、3Dデジタル撮影され、STEREOTEC 3D リグを装着した ARRI Alexaカメラが使用された。 VFXはが提供し、がスーパーバイザーを担当した。 撮影 [ ] この節のが望まれています。 公開 [ ] 2019年10月11日に全米公開され、初週の週末興行収入は2050万ドル(約22億2500万円)を下回り3位でデビュー。 続いて公開された中国での初週の週末興行収入も、わずか2100万ドル(約23億円)と振るわず。 制作費1億4000万ドル(約152億円)に加え、1億ドル(約109億円)以上の広告宣伝費をかけており、本作の興行的失敗により、配給元のパラマウント映画は1億1110万ドルの赤字を計上すると見込まれている。 65点を得ている。 によれば、48件の評論のうち、高評価は10件、賛否混在は21件、低評価は17件で、平均して100点満点中38点を得ている。 出典 [ ]• Screen Rant. 2019年4月26日閲覧。 com. 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2019年4月26日. 2019年4月26日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 ふきカエル大作戦!!. 2019年10月25日. 2019年10月25日閲覧。 ナターシャ. 2019年8月24日. 2019年8月24日閲覧。 映画ナタリー. 2019年9月10日閲覧。 Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Fischer, Russ 2012年10月10日. 2019年11月3日閲覧。 2019年11月3日閲覧。 Gilyadov, alex 2017年4月25日. IGN. 2019年11月3日閲覧。 Giroux, Jack 2017年7月7日. 2019年11月3日閲覧。 Kaye, Don 2017年7月9日. SyfyWire. 2019年4月22日閲覧。 Chitwood, Adam 2018年2月28日. Collider. 2019年11月3日閲覧。 Hughes, William 2019年4月22日. The AV Club. 2019年11月3日閲覧。 D'Alessandro, Anthony 2017年7月6日. Deadline Hollywood. 2019年11月3日閲覧。 Billington, Alex 2009年2月13日. FirstShowing. 2019年11月3日閲覧。 Stax 2000年11月2日. IGN. 2019年11月3日閲覧。 Kit, Borys 2017年4月21日. The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Brzeski, Patrick 2019年4月2日. The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Kroll, Justin 2018年1月12日. Variety. 2019年11月3日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 N'Duka, Amanda 2018年2月28日. Deadline. 2019年11月3日閲覧。 WSAV-TV. 2018年2月28日. 2019年11月3日閲覧。 スペイン語. El Heraldo. 2018年3月16日. 2019年11月3日閲覧。 スペイン語. El Universal. 2018年3月16日. 2019年11月3日閲覧。 Pennington, Adrian 2018年12月21日. 2019年11月3日閲覧。 2019年11月3日閲覧。 The Hollywood Reporter. 2019年11月3日閲覧。 Desowitz, Bill 2018年4月13日. IndieWire. 2019年11月3日閲覧。 com. 2019年11月7日閲覧。 DEADLINE 2020年4月27日. 2020年4月29日閲覧。 IGN Japan 2019年10月24日. 2019年11月6日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 2019年10月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (日本語)• - (英語)• - (英語).

次の

「ジェミニマン」ネタバレ!あらすじや最後ラストの結末と見どころ!

ジェミニ マン 映画

この強敵の正体は、なんと若いころの自身のクローン。 やがてヘンリーはクローン技術の巨大な陰謀に巻き込まれていくのでした・・・ 「ジェミニマン」ネタバレ ヘンリー・ブローガン(ウィル・スミス)は政府に従事する凄腕の殺し屋。 テロリストであるヴァレリー・ドルモフ暗殺のミッションのため狙撃地点で待機していました。 ヘンリーが狙撃をしようとした瞬間、標的の前に少女が見えたことから狙撃のタイミングを変えます。 数秒後に少女は立ち去り、列車がトンネルに入る手前で引き金を引き、標的の首に着弾させます。 その後、あと数センチずれていたら少女を殺していた事がずっと心から消えませんでした。 以前のような自信が無くなり、また、国家の脅威排除の為とは言え人を殺すことに以前から疑問を抱えていたことからヘンリーは引退を決意します。 引退を伝えるため、上司のデル・パターソン(ラルフ・ブラウン)と旧友で今はレンタルボートの経営をしているジャック・ウィリス(ダグラス・ホッジ)に会います。 船舶暮らしをしているジャックの元へ向かうため、レンタルボート店で働いている海洋生物学の大学院生ダニー・ザカウスキー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)にボートの鍵を借ります。 久々に旧友あったヘンリーは、ジャックからヘンリーが暗殺したヴァレリーは実はテロリストではなく分子生物学の科学者であったこと、与えられた資料は改ざんされていたこと、そしてブダペストにいるユーリという情報屋と会うことを伝えられます。 ジャックの元からボート小屋へ帰る途中、発信器がボートに仕込まれていたことに気づきます。 ボート小屋へ帰った後、ダニーを尋問します。 その結果、ダニーはDIAの手の者で、引退後のヘンリーを調査していました。 その夜、ジャックとヘンリーの相方だったマリーノが殺されてしまいます。 異変に気付いたヘンリーは暗殺部隊を倒し、ダニーの元へ向かいます。 そして、ダニーと共に追手をかわしてボートで逃亡し、無人島に辿り着きます。 そこで思案に暮れていると、ヘンリーの旧友で凄腕パイロットのバロン(ベネディクト・ウォン)が迎えにきます。 ひとまず、コロンビアのバロンの自宅で身を隠しますが、そこにも追手がやってきます。 ヘンリーはバロンとダニーを逃すため、囮として追手と戦います。 ヘンリーは追手と戦闘を繰り広げているうちに、その追手の攻撃パターンが自分に似ていることに気づきます。 そして市街戦、バイクでのカーチェイスを繰り広げ、バイクを使ったアクロバットのような攻撃まで受けたものの、殺される寸前で駆けつけた警察に身柄を確保されます。 ダニーのおかげで解放されたヘンリーはブダペストに向かいユーリと会うことを決めます。 その一方で、ダニーは暗殺者の攻撃パターンのみならず容姿までもがヘンリーに似ていた事が心に引っかかっていました。 「もしかして二人の間には親子、もしくは何らかの血縁関係があるのではないか。 」 そう考えたダニーは、ブダペストの知り合いに無理を言って、ダニーはヘンリーの血液と追手が落とした帽子についている髪の毛をDNA鑑定にかけてもらいました。 結果はダニーの予想を上回っていました。 二人のDNAは全く同一だったのです。 その結果から推測される結論はたった一つ、追手はヘンリーのクローンという事です。 ダニーは思い悩んだ末、この事を告げますが、当然のことながらヘンリーは受け入れる事が出来ずに困惑するばかりでした。 そのことを知ったヘンリーは、再びブダペストで襲撃があると考え、自分のクローンであるジュニアとコンタクトを取ります。 会ってすぐにヘンリーとジュニアは殴り合いになってしまいます。 しかし、それではいつまでたっても疑問が解決しない事に気付き、ヘンリーは「お前は俺のクローンだ。 ジュニア、その事はお前も気付いているだろう。 だから、お前の行動や考えが俺には読める。 今、人を殺すことに疑問を持っているだろう?」と、説得を試みます。 ヘンリーの言う通り、ジュニアは自分の存在の意義、なぜ普通と違うのか、など様々なことに疑問を抱いていました。 そこで、育ての親であるクレイに自分がクローンだと知ってしまったと告げ、今まで自分の気持ちを殺して道具として利用されていたことに耐えてきたが、こうなった以上は組織から抜ける事を告げます。 そのあとすぐ、ヘンリーとダニーはジュニアに呼び出されます。 指定された牧場にやって来た二人は、いきなり襲撃を受けます。 弾丸が命中した途端、ヘンリーは呼吸困難に陥ってしまいます。 実は弾丸にはハチ毒が仕込まれおり、ハチアレルギーを持っているヘンリーはアナフェラキシー・ショックを引き起こしてしまったのです。 弾丸を打ったのはジュニアで、自分と同じアレルギーを持っているかどうかで、ヘンリーが本当に自分のオリジナルであることを確認しようとしたのです。 自分がヘンリーのクローンであり、育ての親と思っていたクレイが真の敵であることを知ったジュニアは、すぐにヘンリーを手当てすると彼らと共闘することを決意します。 しかし、クレイも彼らの動きを把握していました。 ヘンリーとジュニアたちが車で移動中、GEMINIとクレイが放った暗殺部隊の襲撃を受けます。 その上、車にロケット弾が撃ち込まれ、ヘンリー、ダニー、ジュニアは危機一髪で脱出できたものの、バロンは逃げ遅れて爆死してしまいました。 そしてダニーとヘンリーは互いをカバーしながら暗殺部隊の掃討を、ジュニアはクレイを倒すために二手に分かれました。 ジュニアはクレイの元に行き銃を突きつけますが、育ての親である事が心をよぎり撃つことを躊躇します。 その状態で計画を止めるよう頼みますが、クレイは「撃てないお前は兵士失格だ。 俺のクローンだったらよかった」と言い放ちます。 頭にきたものの、非情になれないジュニアはクレイを殴り、気絶させます。 「ジェミニマン」ラスト最後の結末 一方、ヘンリーとダニーは残りの銃弾もなくなり、暗殺部隊に包囲され絶体絶命の状況でした。 敵が逃げ込んだ家屋に入ってきて、死を覚悟したその時、ジュニアが助けにやってきます。 暗殺部隊を掃討したものの、すぐに別の凄腕の暗殺者がやってきます。 身体能力はジュニアより上で、攻撃を受けてもすぐに立ち上がって襲い掛かってきます。 ヘンリー、ダニー、ジュニア3人の共闘の末、なんとか暗殺者を倒しました。 動かなくなった暗殺者のヘルメットをとると、ジュニアよりもさらに若いヘンリーのクローンで、感情や痛覚を取り除いた正真正銘の生物兵器だったのです。 身体能力に優れ、感情や痛覚、恐怖もなく、家族もいないクローン兵士を使うことでPTSDのような戦争の後遺症にかかる人や戦死によって悲しむ遺族や政府への批判も少なくなるといったものでした。 そこで湾岸戦争での作戦中にずば抜けて優秀な戦績をあげたヘンリーのDNAを抽出し、当時確立したばかりだったクローン技術を用いて優秀な兵士たちを生み出してきたのでした。 自分を人殺しの道具としか思っていなかったと知って激怒したジュニアは、思わずクレイを殺そうとしますがヘンリーに止められ「親を殺したら一生の後悔に付き纏われる」と説得されて、持っていた銃を取り上げられます。 クレイがほっとした表情をした瞬間「お前に代わって、俺がやる」とヘンリーが引き金を引き、クレイは射殺されました。 6ヶ月後、ジュニアは大学に通っていました。 様子を見にダニーとヘンリーがやって来ます。 ジュニアは同級生たちとすっかり打ち解けて自分自身に最適な人生を探し始めており、ダニーは今回の功績で昇進し、ヘンリーは引退後の余生を楽しんでいました。 3人は、お互いがそれぞれ自分の人生を満喫していると確認して別れたのでした。 「ジェミニマン」見どころ 優秀な兵士にして一流の暗殺者・ヘンリーを倒す為に送り込まれたのは、何と彼のクローンだったーー近未来的な展開に驚かされる作品です。 同じ頃に「アラジン」で陽気なランプの魔人を演じていたウィル・スミスが、本作品ではコミカルさを封印して本格的なアクションを見せてくれています。 世界中を舞台にしながら、格闘・銃撃・カーチェイスがこれでもかと盛り込まれています。 一人だけでなく、時には2人や3人で手を組んでの共闘もあり、アクションが好きな人にはお勧めの内容です。 ただ戦うだけでなく、ヘンリーの人を殺し続ける事への罪悪感や体の衰えに対する戸惑い、ジュニアの自分がクローンだと知った時の驚き、ジェミニ計画が表ざたになる事を恐れるクレイの焦りなど、人間臭い感情も描かれている事がストーリーに厚みやリアリティを与え、別の魅力を添えてくれています。 巨大な陰謀に巻き込まれ、自分のクローンが襲ってくるという突拍子もない運命を背負わされたスゴ腕暗殺者に加え、襲い掛かって来る若いクローン暗殺者までも見事に演じたウィル・スミスの演技力に驚かされる一作です。

次の