マイ ナンバーカード メリット デメリット。 結局どうなの?マイナンバーカードのメリットとデメリットとは?

マイナンバー制度のデメリットを徹底解説

マイ ナンバーカード メリット デメリット

マイナンバーカードとはマイナンバー(個人番号)が記載されたカードのことです。 表面には本人の顔写真および氏名や住所、生年月日、性別が書かれています。 裏面にはICチップとマイナンバーが記載される形式です。 マイナンバーカードを作っておくと、住民票の取得や転入・転出手続きなどにおける身分証明書に活用できます。 運転免許証を持っていない人にとっては、顔写真付きの身分証明書としても重宝するでしょう。 マイナンバーの利用範囲は法令で定められた税・社会保障・災害対策の手続きに限定され、それ以外のことには使えません。 身分証明書としてマイナンバーが印字された書類などを提出する際は「マイナンバー部分の塗りつぶし」を指定されることもあります。 大切な個人情報ですから安易に漏洩しないように注意しましょう。 マイナンバーカードを使うと、住民票、印鑑登録証明書などの公的な証明書をコンビニで取得できます。 このコンビニ交付が利用できるのは、2018年10月22日時点で約550市区町村。 恩恵を受けられる人は限られていますが、将来的にはカバー範囲を広めていく公算です。 コンビニ交付を活用すれば、土日・祝日も含めた早朝6:30から深夜23:00まで公的書類の発行を受けられます。 また、マイナンバーカードはマイナポータルにログインするときにも使います。 マイナポータルとは、地方公共団体の子育てサービス検索や自己情報開示、行政からのお知らせなどを閲覧できる政府運営のオンラインサービスのこと。 2017年1月から運用が始まり、機能を拡大している最中です。 マイナポータルが本格運用されるようになったら、マイナンバーカードを持っている人・持っていない人で情報格差が広がるかもしれません。 たとえば、東京都新宿区在住・シングルマザー・派遣社員のAさんに対しては新宿区の母子家庭対象サービスや補助制度に関する情報、北海道札幌市中央区在住・共働き世帯のBさんに対しては児童手当の手続きや保育所の入所審査に関する情報というように、オーダーメイド型の情報発信がなされるようになるためです。 マイナンバーカードを作っておくと受けられる行政支援が適時わかり、オンライン手続きができる時代が来るとも考えられます。 マイナンバーカードには有効期限があります。 20歳以上なら10回目の誕生日、20歳未満なら5回目の誕生日までしか使えません。 期限が切れてしまうと身分証明書としての効力を失い、更新手続きをすることで引き続き身分証明書として利用できます。 更新自体は簡単にできるため、忘れずに手続きすることが大事です。 また、マイナンバーカードの利用が民間の金融サービスにも広がった場合、セキュリティに関する不安も出てきます。 なりすましによる口座開設や名義の悪用など、危惧される悪用例を理解して被害を防ぐ防衛策が不可欠です。 現段階でもすでに、マイナンバー制度を悪用した詐欺被害が起こっています。 マイナンバー関連の手続きに関して、地方自治体や国の機関が口座番号や暗証番号を聞き出したり、キャッシュカードを預かったりすることはありません。 まして、ATMの操作をお願いしたり、通知カードの配達員が金銭を要求したりといったことは皆無です。 総務省のホームページに実際に起こった相談事例が載っています。 悪質な手口に騙されないためにも、一度目を通しておきましょう。 詐欺被害に合わなくても紛失してしまうと大変です。 マイナンバーカードを紛失したことに気付いたら、すぐに利用停止申請を行います。 総務省のマイナンバー総合フリーダイヤル 0120-95-0178 では、24時間365日体制で利用停止手続きを受け付けてくれるので安心ください。 マイナンバーは原則として、一度指定されると生涯ずっと同じ番号です。 重要な個人情報として、取り扱いには十分に配慮しましょう。

次の

【マイナンバーカードは作るべき?】25%分のポイントがもらえる【マイナポイント】

マイ ナンバーカード メリット デメリット

住民票など様々な証明書がコンビニでも取得できるようになるほか、身分証明書としても使える「マイナンバーカード」。 このカードを持っている人しか受けられない還元キャンペーン「マイナポイント」が、9月から始まる。 還元率は25%で最大で5000円分のポイントを還元。 破格のキャンペーンだが、マイナンバーの発行はメリットとデメリットをよく理解したうえで申し込みをしたほうがよさそうだ。 マイナンバーカードの普及を目指す国は9月から、ポイント還元キャンペーン「マイナポイント」を始める。 マイナンバーカードを持っていれば7月から申し込みができ、電子マネーやQRコードといったキャッシュレス決済で買い物やチャージをすると、最大5000円分のポイントが還元される。 還元率はなんと25%。 街の男性A: 結構でかいと思います 街の女性: ちょっとびっくりしました。 (カードを)作りたいですね 大前提として必要なマイナンバーカード。 スマホでID取得 しかし、そもそもマイナンバーカードを持っていないという方もいる。 マイナポイントが欲しいという方は、カードの発行手続きを進める必要がある。 名古屋市内の区役所。 職員: 顔写真と見比べます。 マスクを軽くずらしてください。 大変お待たせいたしました。 こちらがマイナンバーカードになっております マイナンバーカードの窓口に、市民が次々と訪れていた。 マイナンバーカードは、顔写真や氏名、住所のほか、12桁の個人番号などが記載されていて、身分証明書としてはもちろん確定申告などでも使えるが、今 別の理由で発行数が増えている。 マイナンバーカードを取得した人 A: 特定給付金ですね、きっかけは マイナンバーカードを取得した人 B: 身分証としても使えるのと給付金がもらえるという話になって、申請書が届くよりこっちの方が早かったので、オンラインで(申請)しようかどうしようかなと思って 新型コロナウイルスの緊急経済対策の1つ、1人10万円の給付金。 書類での給付金の申請に先駆けて始まったオンライン申請には、マイナンバーカードが必要だったことから発行数が急増。 名古屋でも4月と5月の2か月間で、約14000人がカードを取得した。 これは2019年度の年間約48000人を大きく上回るペースで、現在発行に時間がかかっているとのこと。 北区役所の担当者: 1年前だと、だいたい1か月でお手元に通知のハガキを出せるという状態でしたけれども、現在だいたい1か月半とか2か月ぐらいかかるといわれております 「マイナポイント」の原資として国が用意したのは、約2000億円。 1人あたりの上限は5000円なので、ポイント還元を受けられるのは4000万人までとなる。 マイナポイントは、国民全員が受け取れるわけではなく先着順だが、北区役所では今申し込めば、サービス開始に間に合うと思うと話している。 マイナンバーカードを取得したら初めに予約が必要。 アプリをダウンロードしたスマートフォンなどでカードを読み取ると「マイキーID」というものが発行される。 この「マイキーID」は本人認証の際に必要で、すでにカードをお持ちの方は今でも発行できる。 次に電子マネーやクレジットカードなど、ポイント還元を受けるキャッシュレス決済を選ぶ「申し込み」。 7月からできるようになり、これを済ませれば9月からポイント還元を受けられる。 メリットは? デメリットは?利用は課題を理解した上で… マイナンバーカードについては、「身分証明書として使える」「オンラインでの確定申告に便利」「来年3月からは健康保険証としても利用できる」などメリットも多い一方で、課題もある。 個人情報の扱われ方や漏洩の危険だ。 名古屋市の河村市長は「人生不変のパスワードを持ってくださいというもの。 時代遅れも甚だしい」と制度自体を批判している。 また、政府はマイナンバーと金融機関の口座との紐づけを義務化する検討を始めていて、将来 国に資産を把握されるのではないかなどといった懸念の声もある。 メリットとデメリットをよく理解したうえで、カードを発行する必要がある。 (東海テレビ).

次の

マイナンバーカードとは?わかりやすくメリットとデメリットを解説

マイ ナンバーカード メリット デメリット

マイナンバー制度のデメリットを徹底解説 マイナンバー制度のデメリットを徹底解説 平成27年10月にマイナンバーの通知が始まり、制度の本格運用が順次開始されます。 社会制度の大きな変化が予想される今回のマイナンバー制度。 その デメリットを徹底解説します。 デメリット1:情報流出の可能性 マイナンバーでは社会保障、税、災害対策の分野での効率的な情報管理を目的としています。 したがって、マイナンバーには、個人のさまざまな情報が詰まっているといえます。 最初のデメリットはその 情報が流出してしまう可能性です。 このマイナンバーが人に知られてしまった場合、どういうことが起こるのでしょうか?マイナンバーに詰まった情報が他人に知られてしまうのでしょうか? マイナンバー制度では、制度とシステムの両面から特定個人情報(マイナンバーを含む個人情報)流出の予防のため、次のような措置が取られています。 【システム面における保護措置】 1. 個人情報の分散管理 2. 個人番号を直接用いずに、符号を用いた情報連係 3. アクセス制御による閲覧者の制限・管理 4. 通信の暗号化 特に今回のマイナンバー制度では、特定個人情報を特定の機関に集約する「一元管理」方法が採用されず、 それぞれの機関がそれぞれの個人情報を管理し必要なときに情報の連係を行う「分散管理」方法が採用されたことで、万が一、いずれかの機関で特定個人情報等が漏洩した場合でも、その被害が限定される可能性が高くなり、デメリットの低減化が図られていると考えられています。 デメリット2:なりすまし被害の可能性 アメリカのマイナンバーともいえる「社会保障番号」 テレビや映画などでその単語を耳にしたことも多いと思います。 アメリカでは社会保障番号が多くのIDなどと関連付けられ、社会保障番号自体が身分証明書としても用いられていますが、そのために「 なりすまし」の被害も少なくありません。 これが第2のデメリットです。 実際、今年の5月下旬、アメリカで最大1万3千人分、3900万ドル(約47億円)の税金還付金詐欺が発覚し、「なりすまし」は大きな社会問題となっています。 このデメリットの大きな元凶としてあげられているのが、社会保障番号が「本人認証」の手段として用いられていることにあるといわれています。 日本のマイナンバー制度においては、社会保障番号のデメリットの反省を活かし、 マイナンバーを口頭で伝えるだけでの本人認証は行わない予定です。 本人認証が必要な場合には、個人番号カードや運転免許証等の顔写真付きの身分証明書によって本人確認を行うことが法律に厳格に規定され、行政の関係各機関に義務付けられています。 一般企業等の民間事業者においても、番号法の規定以外でのマイナンバーの収集・保管が禁止されているため、マイナンバーのみが本人認証として用いられることはありません。 このため、日本のマイナンバー制度では、なりすまし被害のデメリットが発生する可能性は低いと考えられています。 アメリカのマイナンバー「社会保障番号」の歴史と、日本のマイナンバーの今後 社会保障番号は、その名が示す通り、社会保障分野において個人を特定するための番号制度として1936年に始まりました。 9桁の番号で構成されており、国民はもちろん、労働許可を持つ在留外国人などにも発行されています。 かつては14歳前後まで社会保障番号を持つことは珍しかったのですが、1986年以降、実質的な年齢制限が引き下げとなり、現在では出生と同時に社会保障番号発行の手続きが行われるようになりました。 この社会保障番号がアメリカに深く根付いた理由の一つとして、社会保障番号だけで本人認証として成立してしまったということが大きいでしょう。 例えば、アメリカでは子どもの頃から社会保障番号を利用しています。 病院にかかるとき、サマーキャンプのとき、様々な場面で社会保障番号を使いますが、このとき、他の証明書を見せることはほとんどありません。 ただ口頭で社会保障番号を伝えることのみで本人認証として成立してしまうのです。 これは大人になっても変わりません。 銀行口座の開設や、クレジットカードの発行などで、社会保障番号を口頭で伝えるのみで本人認証できてしまうのです。 そのため、アメリカでは、社会保障番号を用いたなりすまし被害が横行し、また、近年では官公庁や大手企業、銀行などへのハッキング等により、社会保障番号が大量に流出する事件が発生して、大きな問題となっています。 一方、日本のマイナンバー制度では、このような 複数分野にわたる使用を禁止しています。 官公庁ではマイナンバーを用いた手続きをする際には、個人番号カードや運転免許証等の他の証明書も併用した本人認証を行うことが義務付けられ、民間事業者にはマイナンバーの法律の規定外での使用を禁止しています。 日本のマイナンバー制度は、社会保障、税、災害対策の分野に限っての利用となっていますので、アメリカの社会保障番号のような問題が起こる可能性は少ないでしょう。 ですが、一点、注意すべき点があります。 それは、アメリカでも、社会保障番号の始まりは、社会保障分野のための制度だったものが、利用目的が拡大されていった点です。 実際、1980年代以前の社会保障証には「本人認証のためではない」という一文が添えられていました。 日本のマイナンバー制度も、来年1月1日から本格始動します。 その役割についても順次拡大されていく予定です。 それにつれ、デメリットがあるかないかがはっきりしてきます。 私たちは第三者機関である特定個人情報保護委員会がしっかりとマイナンバー制度の監視監督がしているか、そしてマイナンバーが目的外の利用がされていないかをチェックしていかなければならないと思います。 今回はマイナンバーのデメリットをまとめましたが、マイナンバーには多くのメリットも存在ます。 マイナンバーのメリットについてはこちらの記事をご確認ください。 photo by.

次の