ゴールデン ハニー ドワーフ グラミー 繁殖。 ゴールデンハニードワーフグラミーの飼育法!餌や混泳の注意点は?

ゴールデンハニードワーフグラミーの繁殖期が一段落。|グラミー, 稚魚

ゴールデン ハニー ドワーフ グラミー 繁殖

ゴールデンハニードワーフグラミーってどんな魚? 出典: 黄色い花びらが舞っているようなかわいらしさが人気のゴールデンハニードワーフグラミー。 温和で丈夫で飼いやすく、繁殖も楽しめるので、特にアクアリウム初心者にはぴったりの一匹です。 特徴 ゴールデンハニードワーフグラミーはグラミーの仲間の中では小さいほうで、最大でも6センチ程度にしかなりません。 ゴールデンハニードワーフグラミーはグラミーは、目が覚めるようなレモンイエローの体色とぺったんこの薄い魚体、グラミーの仲間特有の細長い胸びれが特徴です。 性格はとても温和です。 分布 ゴールデンハニードワーフグラミーは東南アジアなどでの養殖が盛んですが、ふるさとはインドやネパールです。 ガンジス川の支流や、洪水でできた湿地帯などの止水域、流れの緩い小川などに生息しています。 寿命 ゴールデンハニードワーフグラミーの寿命は通常は3年から6年ほどです。 大型のグラミーに比べると短いですが、小型種としては比較的寿命は長いのが特徴です。 流通量と相場 ゴールデンハニードワーフグラミーは養殖が盛んなため、輸入は安定しています。 1匹あたり400円前後ですが、通常は複数飼いをするので、まとめて格安で売られていることもあります。 繁殖を想定してペアで売られているケースもあります。 ゴールデンハニードワーフグラミー の飼育の基本 ゴールデンハニードワーフ グラミーが生息する湿地は、ほとんど水流が無く、水草がたっぷり茂ったような環境です。 濾過の水流を弱め、水草を多用するのがコツです。 水温・水質 ゴールデンハニードワーフグラミーはある程度の水温の幅に適応できます。 理想は25度を軸に、下限は20度、上限は28度程度までとなります。 水質は弱酸性がよく、PHは6. 5から7程度です。 一般的な水道水ならば、あまり神経質に気を遣う必要はありません。 水槽サイズ・フィルター 2、3匹なら45センチ水槽でも飼育できます。 10円玉くらいの魚なので、60センチ、90センチなどの大きな水槽に飼うなら、少ない数だとかえって見た目が寂しくなりますので、まとまった数を混泳させると良いでしょう。 濾過フィルターは、水流をなるべく発生させないものを選びましょう。 最も適しているのはスポンジフィルターで、繁殖して稚魚が産まれた時に吸い込まないという理由でもおすすめです。 水流が強い濾過フィルターを使う場合は、ガラス面に水を当てたり、底砂の中をいったん通過させたりする工夫が必要です。 底床材 底床材はソイルがおすすめです。 理由は、ソイルには水を弱酸性に保つ役割を果たすものもあるからです。 貝殻などの石灰質を含まない大磯砂なども使用できます(ただし、大磯砂もはじめは水質をアルカリ性にしてしまうので、注意しましょう)。 ゴールデンハニードワーフグラミーは底生魚ではないので、コリドラスなどと混泳させる予定でなければ、植える水草に合わせて選ぶとよいでしょう。 ゴールデンハニードワーフグラミー の餌 ゴールデンハニードワーフグラミーは雑食です。 自然界では小さな昆虫やミジンコなどの水中の微生物などを食べています。 水草の表面の珪藻類などもついばみます。 アカムシは好みますが、小さな個体は大きすぎて食べられないことがあります。 人口餌もよく食べますが、口が小さいので、ペレットなどは砕いて与えなくてはなりません。 指でつまんで小さく砕けるフレークが適していますが、粉状になるほど水が汚れますので、食べ残しには注意が必要です。 ゴールデンハニードワーフグラミー の混泳 出典: 美しいレモンイエローの体色なので、他の色をした魚と一緒に泳がせてみたくなりますが、ゴールデンハニードワーフ グラミーは温和で、泳ぎもおっとりとしているので、いじめられてしまうこともあります。 相性相性についても確認しておきましょう。 同種・近縁種との混泳 グラミーの仲間は基本的にテリトリーを主張する性質を持っているので、他のグラミーとはあまり相性がよくありません。 ゴールデンハニードワーフグラミー自体は温和ですが、小型なので他種に追い回されてしまう恐れがあります。 魚体の大きさがあまりない「ドワーフ」と名の付く近縁種なら力の差が少ないので、混泳も可能な場合が多いです。 ただし水草を多く植え、逃げ込んだり隠れたりできる場所を多く作ってあげるようにしましょう。 他種との混泳 ゴールデンハニードワーフグラミーは水面や水槽の中層で餌をよく探してまわります。 食べ残した粉状の餌などが沈殿すると水質を悪化させますので、水底をうろうろしながら餌を探し回るコリドラスの仲間を入れると良いでしょう。 両者は互いにほとんど干渉しませんし、水槽もきれいになります。 ネオンテトラ、カージナルテトラなどの魚との混泳も可能ですが、カラシン科はものをかじる習性があります。 ゴールデンハニードワーフグラミーの長く伸びた胸びれの先端をかじってしまうことがあるので、注意が必要です。 ゴールデンハニードワーフグラミー の繁殖 ゴールデンハニードワーフグラミーなどのグラミーは、小さな泡を吐いて巣を作り、そこに産卵するという特殊な繁殖をします。 メスよりもオスの飼育匹数を 3倍ほどにすると、繁殖しやすくなります。 オスは水面近くの浮草や温度計などに泡の巣を作り、陣取ります。 ここにメスがやってきて産卵、放精が行われ、卵が泡の間に包まれます。 メスは自分の卵を食べてしまうので、オスはメスを追い払って卵を守ります。 早いものは24時間程度で孵化します。 稚魚は非常に小さいので、「インフゾリア」という微生物を発生させて与えます。 インフゾリアの素が販売されているので、それを用いるのがおすすめです。 卵の黄身を溶いたものを1滴ずつ与える方法もありますが、水を汚す欠点があります。 稚魚が一定の大きさになったら、ブラインシュリンプなどを与えましょう。 ゴールデンハニードワーフグラミーの病気 ゴールデンハニードワーフグラミーは白点病などの寄生虫による病気や、エロモナス菌の感染による病気が発生します。 症状に応じた魚病薬を使った薬浴で治療します。 水流が弱く、水草が茂った飼育環境では水が淀む部分ができやすく、そこに雑菌などが繁殖して水質を悪化させます。 定期的に水草をトリミングし、水通しが良い環境をキープしましょう。 また、定期的な水換えはとても重要です。 泳ぎ方がかわいいゴールデンハニードワーフグラミー ゴールデンハニードワーフグラミーは好奇心が旺盛で、興味があるものを見つけると水中にぴたりと静止して観察するような行動をとります。 とても個性的な魚なので飽きることが無く、癒やし効果も絶大です。 皆さんもこの記事を参考に、ゴールデンハニードワーフグラミーを飼育してみてはいかがでしょうか。

次の

ゴールデンハニードワーフグラミーの飼育方法!水流や繁殖の話まで!

ゴールデン ハニー ドワーフ グラミー 繁殖

臭すぎるので要注意! オスとメスの見分け方 産卵は、当たり前ですがオスとメスがいなければはじまりません。 GHDグラミーの雄雌の判別は簡単で、成熟体ならオスは喉元が真っ黒になり、対してメスは全体的に色が薄く、体はオスより大きめです。 オスの喉元が黒くなり、泡巣を作るようになると、繁殖のサイン。 まったりな性格から一転、威嚇行動が見られたり、気性が荒くなってしまいます。 オスが多くいる水槽内は結構殺伐としてます。 ペアがいるのに浮気者のメス ペアですが、オスが多いほど繁殖確率がグッと上がります。 我が家ではオス3匹、メス1匹が居るのですが、1ペアが繁殖を終えてオスが子育てをしている最中に、メスが他のオスと繁殖をしていたことがありました・・・。 結構浮気者なんですね(笑) ちなみにGHDグラミーの子育てはオスがします。 メスは子育てどころか、卵を食べてしまのです。 ゴールデンハニードワーフグラミーの水槽環境は?? よく水質気にしないといけないと言われますが、私は気にしたことありません。 (笑) ですが繁殖が行われた日に共通して言えるのは、前日に水替えを行っていること。 グラミーも、キレイな環境で繁殖したいと思っているのでしょうね。 最初の繁殖行動では、卵を出さないことが多く、繰り返すことによって卵を出やすくするようなのですが、初めて産卵を見た時は1日に50回もクルクルしていました!すごいですよね!最後の方はお互い疲れてるっぽかったです。 (笑) 産卵は全体で時間にしておよそ4時間。 卵の数は100個以上あったと思います。 産卵~孵化、混泳かサテライトか 産卵が終わると、オスは子育てモードに突入します。 メスは卵を産んだらしらんぷり。 (笑) オスは自身から無数の泡を出して卵にエアレーションします。 おそらくカビないようにだと思います。 孵化までおよそ24時間~30時間。 孵化した後もしばらくオスによるエアレーションは続きます。 サテライトですが、卵のみを取り出すか、オスも一緒に取り出すか、二通りですが、もし分けるのであれば卵のみでいいと思います。 下手に違う環境にオスを入れてしまうと、弱る可能性もあるのでおすすめしません。 卵のみを取り出す場合は、しばらくはプラケに入れるだけでもOKです。 ただしこの場合、エアレーションをしてないとカビた卵が出てくることがあるので、それはスポイトで取り除きましょう。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 混泳水槽の注意点 オスが子育てを頑張ってくれているので、基本放置で大丈夫です。 うっかり稚魚が水面から落ちてしまっても、オスがあわてて拾いに行きます。 その姿は勇ましく、なんだか応援したくなるほど。 しかし注意したいのが、夜間に暗くなってしまうと、その間にカラシン群やメスに食べられてしまうので、ほんの少しささやかな明かりをつけるとか、浮き草を増やすと、オスも卵も守りやすいでしょう。 孵化までの流れを書かせていただきました。 次に稚魚水槽づくりと素朴な疑問にについてお話したいと思います。 本水槽と違い、小さい稚魚ゆえの水槽づくりが大切! 混泳水槽だと、他の魚たちに狙われないか心配という方や、日中水槽を見守れない!というかたは、稚魚水槽でじっくり育てるのがいいと思います。 稚魚水槽の作り方 用意するもの ・25cm程度の小型水槽 ・フィルター(できればスポンジタイプのものを) ・ライト ・ヒーター ・アマゾンフロッグピット(本水槽からのものでOK) 小型の水槽を用意しましょう。 25cmのキューブ水槽は容量が約14リットルなので、置き場所もそこまで困りません。 うちではカウンターの上に置いています。 高さがあるので、メンテナンスもしやすいのがメリット。 水槽セットでの購入でもいいですが、ろ過フィルターは外掛けが入っている場合が多いので、単品がいいと思います。 一番はスポンジタイプです。 ただしそうでない場合も、対処法を合わせて後に説明していきたいと思います。 【次のページに続きます】.

次の

ネオン・ドワーフグラミーの飼い方・餌・繁殖・寿命は!?【観賞魚におすすめ】

ゴールデン ハニー ドワーフ グラミー 繁殖

ゴールデンハニードワーフグラミー稚魚、孵化から17日目。 親のグラミーの繁殖期が終わり水槽内に平和が訪れ 親のゴールデンハニードワーフグラミーの発情が終わり、修羅と化した雄グラミーは温厚ないつもの姿に。 まだ顔面が黒くてちょっと心配ですが、雌や他の雄達とも仲良く泳いでいます。 最近ガラス掃除をサボっていまして写りが悪いですね…。 ゴールデンハニードワーフグラミーの稚魚はアレから落ちずに育っています。 一ヶ月くらいすればブラインシュリンプ食べれそうなサイズに育ちそう。 しかし現状まだ30匹以上いると思われます。 流石にもう友人に押し付けれない…。 今度「ねえ友人、グラミー好きっていってたよね?ゴールデンハニードワーフグラミーいるでしょ?うーん、ある程度数が居た方が良いから20匹くらいどお?」っと駄目もとで言ってみるか…。 水槽2個空いてるって言ってたし…。 最近は餌の食いつきも良くなってきた、実はここ3日前くらいからPSBを使用するのをやめました。 餌をシッカリ食べてるみたいなので必要ないかなと…。 しかし人口餌はサテライトが汚れるから面倒です。 明日掃除しよう…。 ブログランキングに参加してみました!よかったら応援宜しくお願いします。

次の