フィレット。 フィレット・面取りの基本

面取り・フィレットで図形のコーナー(角)を編集しよう【AutoCAD】

フィレット

圆角;倒角;填角料;凸缘;角焊缝;整流片(带)• 大音阶的第二音,来• G调,G音• 嵌缝性• 金刚砂布带• 嵌缝性• (填)角焊;角焊缝• 钎焊(接头)角焊缝• 侧面填角焊(缝)• 深熔角焊• (贴)角焊;填角焊• 正面角焊(缝)• 小填角焊(缝)• 旋转滤色器• 驻极体滤波器;驻极体过滤器• 图形输入板• 樟烯;莰烯• 女子名;意大利都市名• プレフィレターprefilter粗滤器。 英 dilettante 业余艺术爱好者• let〈乒乓、网球〉重发球。 四柱木科• 石竹烯• 佛罗伦斯省• (3) フィレット処理などの内部処理を単純化できる可能性がある。 (3)有将圆角处理等内部处理变简单化的可能性。 そして,その重ね合わせる部分を大きくすることにより, フィレットを容易に表現できる。 然后,通过将重合部分放大,就可以很容易地得到圆角。 図19の稜線に フィレット処理を加えたものが図20である。 将图19的棱线加上圆角处理就是图20。 このような操作は一般的に フィレット操作と呼ばれている. 这样的操作一般叫做圆角操作。 たとえば図5は,3本の稜線に対してそれぞれ異なる フィレット半径で生成した3角形領域を示す. 例如图5就表示的是对于3根的棱线在各自不同圆角半径上生成的三角形领域。 また,uspan3の部分の重なりを徐々にBのように変えることにより,徐変 フィレットが表現できる。 另外,uspan3的部分的重合处慢慢地变成B的样子,也能渐渐得到圆角。 図17のuspan2の部分の重なりをAのように増やすことで3重の重なりを作り容易に フィレットが形成できる。 图17的uspan2的部分的重合像A那样增加一层就能很容易地形成3层重合的圆角。 Gr =( フィレット;半径r1 = 0;半径r2 = r;図形G)(13)定理2閉図形Gに関して,下記が成立する. 关于Gr=(园角;半径rl=0;半径r2=r;图形G)(13)定理2封闭图形G,成立下述证明。 頂点に接続する複数の稜線のそれぞれに フィレット操作を行うと,複数のフィレット曲面が頂点の近傍で交差し,N角形領域を構成する. 连接顶点的复数棱线如果各自进行圆角操作,复数的圆角曲面在顶点附近交叉,构成N角形领域。 更多例句: 1.

次の

フィレット中文_フィレット是什么意思

フィレット

「フィレット」もしくは「角丸め」と言います。 オートキャド(AutoCAD)を使って図面を作図する場合、線と線を丸める作業は結構たくさんやることになります。 そうした場合、このフィレットコマンドを使用することになる訳ですが、それ以外にも角を丸めないで線をつなげる場合にも使います。 使用頻度の高いコマンドですから、短縮コマンドとして「F」を割り当てることをお勧めします。 先程もお話ししましたが、短縮コマンド「F+Enter」を使いましょう。 ここで注目したいのが「フィレット半径」です。 上記の表示では半径が0になっています。 角を丸めるのであれば、丸めたい半径を指定してあげる必要がありますので、ここで「R+Enter」と入力します。 今回は試しに角丸めを1mmにすることにして、「1」と入力して「Enter」を押します。 丸め半径が変更されていることを確認し、角を丸めたいオブジェクトを選択しましょう。 これは実際にオートキャド(AutoCAD)を操作してみるとよく分かります。 「角を丸める」というだけではあまり使いどころが多くないコマンドではありますが、「線をつなげる」と考えると全く違ってきますので、ぜひとも一度試してみてください。

次の

ダム事典[用語・解説](ページ:17)

フィレット

フィレット、基本の流れ 1. のアイコンをクリック(またはコマンドラインから「fillet」を実行) 2. 丸めに使う円の半径を指定 3. 丸めたい角を構成する2本のラインをクリック ええ、基本はこれだけでOK。 では、詳しくやり方を見ていきましょう。 まず、 のアイコンをクリックすると、上のようなメッセージがコマンドラインに現れます。 ご覧の様に、 デフォルトでは半径=0. 0000になっていますので、 さっそく「または〜 」の中から、「半径(R)」の 「r」を選択し、Enterキーで実行します。 「フィレット半径を指定」と出てきますので、今回は「50」にしてみましょう。 クリックし終わると同時に、丸めは完了します。 フィレットコマンドは オプションを選ばない限りは単独コマンドなので、コマンドの終了処理を特にしなくても、これでOKです。 こんな感じですね。 アイコンは コマンドラインからなら「chamfer」です。 フィレットと違うところは、さっき「半径」を入力するために「r」をコマンドラインから入力したところを、 「距離(D)」の 「d」 を入力することです。 まぁ、円で落とす訳でないですから・・・当然、「半径」でなく「距離」になるんです。 それぞれのラインを「50」づつ切り取る? 「d」を使って入力する距離は「それぞれのラインの切り取り距離」なので、例えばこんな斜めの線を切り取れば、こんな具合に切り取れます。 ちなみに 1本目の面取り距離=最初にクリックしたラインの切取り距離 2本目の面取り距離=次にクリックしたラインの切取り距離 となっています。 距離「0」が一番使える! この、面取りもフィレットも、距離、半径、それぞれ「0」の場合が、実は一番、実務の中で「使えます」。 まず、こんな風に離れているライン同士でも・・・ 難なく実行可能な面取り(またはフィレット)ですが あえて 距離「0」 でこれを実行すれば、このように 間のあいている2本のラインを、 ちょっきり 角でぶつけることが出来るんです! これ、実際の作業の中でものすご〜く使えます!同じことを別のコマンドでやろうと思ったら、それこそ「延長」で2本をそれぞれ延長しなければなりません。 それより、この面取りの距離「0」を使う方が、特に 心理的に楽なんです。 「距離0」で使う場合の、 AutoCADのバージョンによる微妙な違い。 Ver2000までは、このフィレットと面取りのデフォルトでの「距離」は「10」です。 Ver2004以降は最初から「0」になりました。 Ver2006からは、最初から「0」ですし、途中で自分で距離を変えていても、 Siftキー を押しながら実行すれば 「0」 でフィレット、面取りができます。 面取りとフィレットに関しては、基本の使い方と、この「距離=0」で使うやり方さえ押さえていれば、後は知らなくてもいいくらいです!ここだけはしっかり押えて下さいね。 「え〜、できない!」そんな場合は・・・ フィレットも面取りも、指定するオブジェクトの片方にだけZ方向に高さが入っていたりするとできません。 で確認できますので、高さが入っている場合は、ここを「0」にして、直して下さい。 また、 距離を0にして使いたい場合は、非トリムモードになっている場合も上手くいきません。 非トリムモードについて詳しくは、次のページからも解説しております。

次の