外壁塗装 近隣挨拶文。 知っているようで知らない!外壁工事の近所挨拶3つのポイント

リフォーム塗装時の挨拶状での挨拶文テンプレートの使い方を紹介

外壁塗装 近隣挨拶文

このページの目次 CLOSE• よくある近隣トラブル事例 外壁塗装は外回りの工事のため、工事中はよく注意をしていなければ近隣に迷惑をかけてしまう可能性があります。 どのようなケースがトラブルになりやすいのでしょうか。 塗料がまわりに飛ぶ 外壁の塗料が、近隣の車や自転車、隣家の植栽などに飛び散ってしまうことがあります。 外壁塗装の施工方法として、ローラーやハケなどで塗るのではなく、吹き付けて塗装する場合にこういったケースが多くなります。 吹き付けの工法は、細かい粒子で散布されるため、近くにある車やバイク、自転車、植栽などは袋で包み、養生をしておかなければ、塗料の粒子が飛んでいき付着する可能性があり、トラブルの原因となります。 自分の住まいの車などはもちろんですが、近隣の車も心配な場合は養生をしておいた方が安心です。 また、隣に月極め駐車場などがある場合も気を付けなければなりません。 個人宅ではないからと、特に対処せずに塗料を飛ばしてしまった場合、不特定多数の相手に迷惑をかけてしまうことになり、賠償問題になる恐れがあります。 工事の音がうるさい 外壁塗装の多くは足場を組んで施工しますので、その足場を組むときや解体するときは、金属音がかなり響き音が気になりやすくなります。 春から秋にかけて、窓を開けている機会が多い季節は特に音が気になるかもしれません。 足場を組む前には、近隣挨拶で説明をしておかなければ工事の音がトラブルの原因となります。 また、住宅街では工事の時間帯も注意が必要です。 平日であっても早朝や夜遅くまで工事をしたり、休日でも通常通りの工事をしていたりすると、近隣から苦情がくる場合がありますので気を付けましょう。 工期の都合でどうしても夜間や休日に工事を行う場合は、ご近所に事前に話しておいた方が良いでしょう。 ゴミが散乱する 工事をしていれば、廃材などのゴミが必ず出るものですが、風で飛ばないようによく注意して管理しておかなければ、近所に散乱してしまい、それがトラブルの原因となることがあります。 また、道路前も砂などを広げてしまった場合は、水で流しておくなどの対処をしておいたほうが丁寧です。 特に、養生のビニールやダンボールの空箱、テープ、職人の食事のゴミなどが飛びやすく、廃材の専用ごみカゴがある場合は、しっかりとその中にいれておきましょう。 廃材のカゴに入れていても、強い風が吹くと上にあるものは飛ばされやすくなるため、重いもので蓋をするというような対応が必要です。 特に、週末に工事が休みになる前にはチェックをしておいた方が良いでしょう。 工事車両が邪魔になる 密集した住宅街ほど、工事車両でのトラブルは多くなります。 自分の家の敷地内に駐車出来る台数は限られていますので、どうしても敷地前の道路に駐車するケースが多くなってしまいます。 近隣の車が道路を通れなくなってしまったり、工事の車両が多くて、他の家の道路前に駐車することで苦情が来るケースはかなり多くあります。 工事の都合で、どうしても道路前の駐車をしなければならない場合は、必ず他の車が脇を通れるようなスペースを開けておく事や、他の家の道路前に駐車する場合は、一言声をかけるなどの対処が必要です。 また、業者さんがそれぞれ相乗りで出来るだけ少ない車両で来てもらったり、近くの駐車場を確保するなどの配慮をしましょう。 近隣住民への挨拶する際のポイント 外壁塗装の工事中は、出来るだけ近隣トラブルがなく、スムーズに進めていきたいですよね。 そのためには、ご近隣への事前の挨拶は欠かせません。 いつ、どんなふうに近隣挨拶をすればよいか、挨拶のポイントを紹介します。 挨拶するタイミング 近隣挨拶をするタイミングは、必ず工事に入る前に行いましょう。 1週間前程度から遅くとも前日までに完了するようにしてください。 工事日当日や工事期間中に挨拶にいっても、あまり良い印象は与えません。 むしろ、「遅すぎる」という印象を与えてしまいます。 外壁塗装での様々なトラブルを防ぐ意味でもタイミングは重要です。 また、工事前といっても、数週間前など、あまりにも前に挨拶をすると相手も忘れてしまいますので気を付けましょう。 範囲はどこまで 近隣の挨拶はどのくらいの範囲にすればよいかというと、基本的には、敷地に接しているお家には挨拶をしなければいけないと考えておいた方が良いでしょう。 つまり、自分の家の両隣と後ろに家がある場合は後ろの家も該当します。 敷地に接しているのが、3軒だけとは限りません。 また、昔から「向こう3軒、両となり」という言葉があるように、向かいに家がある場合は、向かいの家とその両隣の家にも挨拶をしておきましょう。 その他は、立地条件により対応したほうが良い家の数がかわりますが、他の家でも迷惑がかかりそうだと感じる場合は、多少多く挨拶をしても良いでしょう。 全部で8軒や12軒になる場合もありえます。 粗品とのし紙をつける際の注意点 近隣の挨拶に行く場合は、のし紙をつけた千円程度の粗品を持っていくのが一般的になっています。 日持ちのする菓子• タオル• 洗剤パックなど日用消耗品 高価なものを用意する必要はありません。 5百円から千円以内で準備できるようなもので、消費できるようなものが好ましいでしょう。 お菓子の場合なら日持ちできるような袋入りの煎餅やパイなどが良く使われています。 粗品につけるのし紙は「白赤の蝶結び」のもので、表には「御挨拶」と書き、下には「名前(苗字)」を書き入れます。 挨拶文の書き方(見本) 挨拶に伺っても留守だったり、保護者ではなく、子供に渡す場合など直接話が出来ない時は、挨拶文を添えると丁寧な対応ができます。 挨拶文の一例をあげておきます。 作業員、工事の車両、工事の音などでご迷惑をおかけすることもございますが、十分に注意しながら作業をいたします。 どうぞ、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。 相手方からすると、どんな業者が出入りするのかは確かめておきたいところですし、もしもの時の連絡先などを知っておきたいと思っています。 挨拶に伺う場合は、粗品は施主が渡し、業者は名刺を渡します。 とても丁寧な場合は、施主、業者それぞれが粗品を用意する場合もあります。 外壁の工事は、足場を掛けたり、シートを掛けたりと見た目には大掛かりな印象を与えることが多く、ご近所からも注目をされやすくなります。 お互い様とは思いながらも、よそのお家で行う工事の場合には厳しい目で見てしまうのが実際のようです。 ふだんから親しくしている間柄でも、きちんと工事の前に挨拶をし、工事内容を伝えることで、トラブルを失くす、また、もしトラブルがあったとしても円満に解決することができるということが期待できます。 また、万が一迷惑をかけてしまったときのために、保証できる保険内容についても工事の業者さんとよく相談しながら進めていくと良いでしょう。

次の

外壁塗装での近所トラブルを避ける近隣住民への挨拶

外壁塗装 近隣挨拶文

この記事の所要時間: 約 1分 59秒 外壁塗装を行う際には、ある程度の施工期間が必要になります。 そのため、近隣の方に迷惑をかける事になります。 例えば、施工中の騒音の問題、塗料の臭い、施工業者の車の出入りなどがあげられます。 また、どんなトラブルになるか分かりません。 実例としては、塗料が飛び散って、隣の家の物に付着してしまったという場合もあります。 挨拶はした方が良い? 冒頭でも記載した通り、近隣の方とトラブルになる可能性があります。 そのため、施工を行う際には挨拶は必ず行う必要があるのです。 ほとんどの業者が代行して挨拶を行ってくれます。 業者の方が挨拶をする事で、詳しい施工内容を話す事ができます。 業者の方からは、業者が全て代行するため、自分で挨拶に行かなくても良いと言われる場合もあります。 しかし、やはり少なくとも仲の良い近所の方には自分でも粗品を持って挨拶にいきましょう。 挨拶を行う範囲は? 挨拶は、両隣3軒分は行っておきましょう。 また、向かいの家の方も挨拶を行っておく事をオススメします。 集合住宅の場合には、管理人さんなどに知らせておけば問題ありません。 妊婦さんなどがいる場合には、塗料の臭いでストレスが溜まる可能性もありますので、必ず施工内容を伝えて下さい。 挨拶で持って行くものは? 挨拶で持っていく粗品は何にしたら良いの?と疑問に思う方もいると思います。 あまり高価なものをあげても気を遣わせてしまいますので、500円程度のものを推奨しています。 例えば、下記のようなものでも問題ありません。 洗剤、フェイスタオル、キッチンペーパー、アルミホイル、お菓子などです。 いつ頃いけば良いの? 施工が始まる1週間から10日前後で挨拶をすれば問題ありません。 こちらに関しては、業者の方が詳しいので、指示をもらうのが一番確実です。 不在でどうしても挨拶ができないという場合には、郵便受けに挨拶文を入れておくのが有効な手段と言えます。 挨拶で伝える事 挨拶は単に、外壁塗装の施工を行いますというだけではダメです。 しっかりと詳細の内容を伝える必要があります。 例えば、施工期間、業者の名前・連絡先、施工内容、自分自身の連絡先です。 他にも特別伝えなければある時には、業者に確認をしておきましょう。

次の

リフォーム塗装時の挨拶状での挨拶文テンプレートの使い方を紹介

外壁塗装 近隣挨拶文

足場を組む必要があるなど、どうしても大掛かりになってしまうのが外壁や屋根の塗装工事です。 外壁や屋根の塗装を行う際の、騒音や塗料の臭気などをめぐるご近所トラブルを防ぐために、施工前のご近所への挨拶まわりが必要不可欠です。 塗装前に挨拶まわりが必要な理由 それでは具体的になぜ、ご近所へ挨拶まわりをする必要があるのかを説明します。 道端に車を駐車する必要があるから 足場を運び込む車や、私たちの使う道具を詰んだ車は、近くに駐車するスペースがなければ、塗装を行うお家のすぐ横の道に寄せて、駐車をします。 塗装を行っている間は、車を停めっぱなしにするので、道幅が狭くなってしまいます。 やはり、付近の住民の方にとっては少なからずご迷惑になりますので、安全面も考慮した上で、「ご迷惑をおかけすることになりますが……」とひと声かけておくのがマナーです。 塗料の臭気が発生するから また、塗装を行う上で避けて通れないのが、塗料の臭気の問題です。 塗料の種類によって、ニオイのきつさに差はありますが、外壁塗装の場合も屋根塗装の場合も、広い範囲に塗料を使うことには間違いないので、どうしてもシンナーっぽいニオイが発生してしまいます。 もし、近所で塗装工事を行っていることを知らずに、いきなりシンナーのようなニオイが発生したら、「どこからか変なニオイがする! 」と不安になってしまいますよね。 ですので、塗料の臭気が影響すると思われるお家には、事前にニオイが発生することを伝えておかなくてはならないのです。 足場を組む時・解体する時に騒音が発生するから 足場は金属なので、組み立てるときや解体する時に足場同士がぶつかりあうと、ガンガンと音が鳴ってしまいます。 もちろん、夜間に組み立てることはありませんが、昼間でも在宅していれば騒音は気になってしまうもの。 近所で足場を組み立てている 解体している ことを知らなければ、「いったい何の音なの? 」とイライラしてしまいます。 高圧洗浄の水が飛ぶ可能性があるから 家と家の間が狭い住宅地などでは、高圧洗浄を行う際、洗浄機械から噴き出して外壁に跳ね返った水が、両隣や裏のお家に飛ぶ可能性があります。 ブルーシートで家全体をカバーし、その中で高圧洗浄を行うので、びしょびしょになってしまうというような可能性は少ないですが、何も知らされずに水が飛んできたら、イヤな気持ちを持ってしまいかねません。 道端に車を駐車するので、道幅が狭くなる• 臭気が発生する• 足場を組む時・解体する時に騒音がする• 水が飛んでくる可能性がある これらは、外壁塗装・屋根塗装を行う際には、どうしても起きてしまう仕方のないことです。 でも、仕方ないからといって、ご近所さんに何も言わずに塗装工事を行うと、「配慮がないのでは? 」と思われたり、最悪、深刻なご近所トラブルに発展してしまう可能性があります。 ですので日栄企画ぬり太郎は、お客様が大変な目に合わないよう、塗装前にあらかじめ近隣住民の方へのご挨拶をさせていただいているのです。 外壁塗装・屋根塗装前の近隣挨拶の流れ 日栄企画ぬり太郎では、 両隣のお家、お向かいのお家、裏のお家、その他にお客様が希望されるお家など、大体6~7件回って、ご迷惑をかける旨の挨拶と、工事に関する簡単な説明を行っています。 近隣挨拶の当日には、粗品と、挨拶文と塗装作業の工程が書かれたチラシを持って、1件1件お家をまわっていきます。 ご不在の場合は、ポストなどにチラシだけ投函させていただいています。 特に、• 足場を組み立て・解体する日にち• 狭い場所の場合、水洗いをする日にち を、しっかりお伝えしています。 こうして1件1件、近隣の方へご挨拶をしていくことで、塗装作業の内容やご迷惑をかけてしまう部分について、ご理解をいただいております。 また、近隣へのご挨拶ですが、もちろん私たちだけで行うこともできるのですが、 出来れば立ち会っていただきたいと思っています。 なぜなら、やはり当人であるお客様が、直接挨拶に来てくれることで、かなり印象が良くなるからです。 私たちにとっても、塗装のご依頼を下さったお客様が、塗装がきっかけで近隣トラブルに巻き込まれてしまうのは、心が痛いです。 近隣の方はもちろん、お客様自身の安心のために挨拶は欠かさず行わせていただきます! 日栄企画ぬり太郎まで!

次の