不能犯 ネタバレ。 不能犯最新刊11巻の発売日はいつ?話数で先読みする方法も!|漫画ウォッチ

『不能犯』第64話のネタバレ&最新話!南条の暴走と正の決意

不能犯 ネタバレ

あらすじ [ ] 宇相吹正は、とあるに依頼人が殺して欲しい相手の連絡先と理由を書いた手紙を貼ると、完璧に始末してくれる事から、上では「電話ボックスの男」と呼ばれていた。 彼の犯行は、によって精神的に追い詰め、自殺を実行させるものであり、警察では実証出来ない事から「不能犯」と呼ばれていた。 ある事件で刑事・多田友樹は宇相吹の身柄を確保し、事情聴取を実行するも逮捕に至らず、多田と宇相吹の行動は平行線を辿り、様々な事件を引き起こすようになる。 登場人物 [ ] 主要人物 [ ] 宇相吹 正(うそぶき ただし) 本作の兼。 常に黒いスーツを着た経歴不詳の男。 人からの依頼を受け、人を心理テクニックなどを使い殺害していく。 ただし依頼者の思惑通りになることはほとんどなく、大抵は依頼者の破滅という結末を迎えることになる。 決して自身は手を染めず、証拠も出ないため「不能犯」と呼ばれる。 大量の猫を飼っており、住んでいるマンションでは「宇田川」などの偽名を名乗って借りている。 決め台詞は「愚かだね…人間は」。 多田 友樹(ただ ともき) 本作のもう一人の主人公。 ノンキャリアの刑事で、階級は巡査部長。 宇相吹のマインドコントロールが効かない数少ない人物。 片想いの相手であった美冬の死を通じて宇相吹の能力に気付き、宇相吹による連続殺人事件を阻止するため奔走する。 夜目 美冬(やめ みふゆ) 本作における。 多田の上司。 階級は警部補。 とある事件で高校生を誤認逮捕し、その高校生が自殺したという過去を持つ。 宇相吹に接触し亡くなっている。 百々瀬 麻子(ももせ あさこ) 本作における。 多田の後輩。 階級は巡査。 多田同様、宇相吹による連続殺人事件を阻止するため奔走する。 保坂 篤史(ほさか あつし) 宇相吹に接触した探偵。 後に「宇相吹」を名乗り、殺人に手を染める。 夜目 結夏(やめ ゆいか) 美冬の姉。 心理カウンセラー。 妹の死を巡り、宇相吹を殺害するために命をかける。 この節のが望まれています。 河津村(かつむら) 夢川 理沙(ゆめかわ りさ) 川端 タケル(かわばた タケル) 書誌情報 [ ]• (原作)、(漫画)『不能犯』 〈〉、既刊10巻(2019年10月18日現在)• 2014年1月 09日発売 、• 2014年9月19日発売 、• 2015年4月17日発売 、• 2016年2月19日発売 、• 2016年11月18日発売 、• 2017年9月19日発売 、• 2018年1月19日発売 、• 2018年6月19日発売 、• 2019年2月19日発売 、• 2019年10月18日発売 、 スピンオフ [ ]• 原案:宮月新、著:ひずき優、原作:宮月新・神崎裕也、• 小説 不能犯 女子高生と電話ボックスの殺し屋 2018年2月20日発売 、• 7億円 同名タイトルの映画が、2018年2月1日に公開。 あらすじ(映画) [ ] この節のが望まれています。 スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 - 、白石晃士• 音楽 -• 主題歌 - 「愚か者たち」()• 製作 - 岡田美穂、村田嘉邦、勝股英夫、水野英明、木下暢起、三宅容介、• エグゼクティブプロデューサー -• 企画・プロデュース - 中畠義之、森川真行• プロデューサー - 大畑利久、石塚清和• 共同プロデューサー - 宮城希、清家優輝• ラインプロデューサー - 小泉朋• 撮影 - 高木風太• 照明 - 豊見山明長• 録音 -• 美術 - 中川理仁• 装飾 - 藤田徹• VFXスーパーバイザー -• スタイリスト - 中井綾子、長瀬哲朗(沢尻エリカ担当)• ヘアメイク - 村木アケミ• 編集 -• 音響効果 -• スクリプター - 阿保知香子• 助監督 - 吉村達矢• 制作担当 - 鍋島章浩• 配給 -• 制作プロダクション -• 製作 - 「不能犯」製作委員会(、、、BigFace、、、ファインエンターテイメント) 関連商品 [ ] ノベライズ• 映画ノベライズ 不能犯(著:希多美咲、原作:宮月新・神崎裕也、、2018年1月19日発売、 ) CD• 映画「不能犯」オリジナル・サウンドトラック(音楽:、、2018年1月31日発売、AVCL-25955) DVD• 不能犯【DVD通常版】(エイベックス・ピクチャーズ、2018年7月13日発売、EYBF-12003) Blu-ray• 全5話。 地上波ではにて、1話から4話までが2018年1月17日から4週にわたって放送された。 あらすじ(ドラマ) [ ] この作品記事はが望まれています。 ください。 登場人物(ドラマ) [ ]• 宇相吹正 - : 殺し屋。 思い込みの力(マインドコントロール)だけで人を殺す。 多田友子 - : 刑事。 不可解な事件を追う。 荒川晋平 - : 多田友子の部下の刑事。 木島功 - : 木島ファイナンス代表。 上野琢巳 - : 木島ファイナンス社員。 箕輪修 - : 木島ファイナンス社員。 第1話「隠したい過去」• 加島夏美 - : 風間の婚約者。 過去のAV出演をネタに矢崎から脅される。 風間雅之 - : 丸和グループ御曹司。 加島夏美の婚約者。 矢崎太一 - : 風間の後輩。 高級和食店の板前。 第2話「賭ける男」• 桜井康一 - : サラリーマン。 息子が難病で入院中。 桜井恵美 - : 康一の妻。 迫田学 - : 康一の同僚。 康一と共同で宝くじを購入。 第3-4話「神待ちサイトの悪魔」• 安藤貴哉 - : 四ノ宮女子高校教諭。 正義感が強く不正を見逃せない。 教頭 - : 四ノ宮女子高校教頭。 別所麻美 - : 四ノ宮女子高校教諭。 香月塔子 - : 四ノ宮女子高校教諭。 教材費で不正を行う。 今井春香 - : 四ノ宮女子高校生徒。 千野智美の友人。 千野智美 - : 今井春香の友人。 万引が原因で中退。 内藤大輔 - : 刑事。 塚原亮太 - : 刑事。 アナウンサー - 第5話「騙す女」• 宮前香苗 - : 迫田学の婚約者。 この節のが望まれています。 スタッフ [ ]• 監督 -• 脚本 -• 音楽 -• プロデュース - 、• プロデューサー - 、• 制作 - 、• 製作著作 - 放送日程 [ ]• 第1話「隠したい過去」 2018年1月17日• 第2話「賭ける男」 2018年1月24日• 第3話「神待ちサイトの悪魔」(前編) 2018年1月31日• 第4話「神待ちサイトの悪魔」(後編) 2018年2月7日• dTVオリジナルドラマ「不能犯」(DVD、エイベックス・ピクチャーズ、2018年7月13日発売、EYBB-12004) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 映画ナタリー. 2016年10月31日. 2016年10月31日閲覧。 2016年10月31日閲覧。 2016年10月31日閲覧。 2016年10月31日閲覧。 2016年11月18日閲覧。 2017年9月19日閲覧。 2018年1月21日閲覧。 2018年6月19日閲覧。 2019年2月19日閲覧。 2019年10月18日閲覧。 2019年11月29日閲覧。 2019年11月29日閲覧。 『キネマ旬報』2019年3月下旬特別号 p. 映画ナタリー. 2017年2月24日. 映画ナタリー. 2017年7月25日. CINRA. NET. 2017年7月25日. 外部リンク [ ]•

次の

【ネタバレ有】映画「不能犯」感想・考察と7つの疑問点を徹底解説!/松坂桃李が熱演するホラータッチのサスペンス不条理劇!

不能犯 ネタバレ

未遂犯さえ罰せれない様な行為の事を不能犯と呼ぶ。 一一犯罪が実現する可能性が極端に低い状況における容疑者。 不能犯《8巻》55話ネタバレ『過去から来た男』 宇相吹は多田を守るだけのために自分のルールを曲げ、多田に壊されていく結末を望んでいるのか自分でも分からなくなっている。 それでも多田に地獄を見せていく、2人の行き着く果てを見届けるまでと決意は変わらず。 杉並北署に多田と百々瀬が戻ると、 金髪の南条警部補が江戸川署から転属で来て挨拶を交わす。 江戸川署は伊達が以前いた署。 南条は見た目通りチャラく百々瀬をディナーに誘っている。 屋上で多田は正義なんてどこにもないと黄昏れていると、コーヒーを持った南条が話しかける。 南条は正義なんかないというのが宇相吹との戦いで見つけた答えか? と聞き、警察官が守らなきゃいけないのは正義ではなく法だと言う。 まだ迷いがある多田に南条は宇相吹から距離を置いたらどうだ?と提案し、赤井にも宇相吹関連以外の事件は多田を相棒にしてくれと伝えていた。 それから1ヶ月、多田は南条と共に行動をする。 そんな姿を見て百々瀬はやきもちを焼いている。 百々瀬は南条をどうも好きになれないようで、ふと資料室に入るとそこには宇相吹関連資料を見ている南条の姿があった。 そんな中、夜目と同じ亡くなり方をしている事件が起きた。 多田も宇相吹が自分の心を揺さぶろうと挑発していることに気付くが、この事件には関わろうとはしない。 百々瀬が迫るが、宇相吹を逮捕する思いは全然変わってないから少しだけオレを放っておいてからと言う。 その時多田は伊達がなくなる寸前に渡していたペンダントを落とす。 そのペンダントの裏にはSDカードが隠れていた。 一一南条は多田の覚悟が完全には定まっていないことをわかっている。 それに対してそれでいいと思っている。 南条は宇相吹の情報は様々なルートから常に収集していて、最近は多田をお気に入りになっていることも知り、多田を守る為に依頼もない人を倒すことに驚いていた。 あの頃のお前ならこんな事絶対にかんがえらなかった。 お前を壊す方法があるとして震えたよ。 それから多田に接触する為に杉並北署にきて、宝物のように大切にしている多田がオレの誘導でお前を避けているうちにお前への興味を完全に失ったらどうする? どんな風に壊れていくかな? 「面白いだろ…正…!」 じっくりといこうか…10年前に壊れたオレ達の思い出を噛み締めながら…! 一一百々瀬がSDカードを読み込むと、 「要注意人物 南条」のファイルが…!! スポンサーリンク 不能犯《8巻》55話感想『要注意人物 南条』 不能犯《8巻》55話 過去から来た男 の感想ですが、 宇相吹も自分自身でも多田を守るためだけに伊達の妻を倒した行動を理解できていなかったですね。 少しずつですが宇相吹が壊れていく形が見えて来ましたね。 そして、新たな登場人物の南条! 見た目は金髪でチャラチャラしている感じでしたが、かなりの重要人物になってきそうな感じがしますね。 多田もすっかり南条にはまっていますし、 恐らく宇相吹とは友達だったんですかね? 宇相吹との関係性も気になるし10年前に何があったのか、そして伊達のペンダントの裏のSDカードには要注意人物南条のファイルがありましたし、只者ではなさそうですね! そして、あのSDカードの存在に多田は気づいているんですかね? 伊達からもらったペンダントの裏に隠されているように入っていたので、恐らくあのSDカードの持ち主は伊達でしょうね。 江戸川署で伊達と南条は一緒だった事から、伊達がこっそり南条の行動を見ていて要注意人物のファイルを作ってそこに何らかの証拠の重要なものが入っているんでしょうね。

次の

映画【不能犯】沢尻エリカの演技がヤバイ!キャスト微妙・ネタバレ感想&評価

不能犯 ネタバレ

〝犯罪を意図した行為でも その実現が不可能であれば、 罪に問われない。 これを【不能犯】という〟 2017年10月。 東京では、ある都市伝説が噂になっていました。 「電話ボックスの男」というものです。 どこかの公園の電話ボックス(公衆電話)のところに、殺したい相手の名前と理由、自分の連絡先を残しておくと、願いが聞き届けられるのだそうです。 しかし殺意の動機が純粋でない場合には、自分の身にも返ってきてしまうのでした…。 多田友子は、杉並北警察署の女性刑事です。 新人刑事の百々瀬麻雄・巡査長と相棒を組んで、捜査をしています。 百々瀬は名前を呼んでもらいたがりますが、多田は「新人」と呼んでいました。 多田と百々瀬は、先日から起きている「借金を回収するために、保険金を担保に押さえて自殺においやり、保険金で借金を回収」している業者・木島ファイナンスの事件を捜査していました。 高円寺の自宅で若い女性・加島夏美の自殺死体が見つかり、木島に金を借りていたことが判明します。 (この「若い女性の自殺」に関しては、前日譚として描かれたdTVドラマ『不能犯』シリーズに、詳細が描かれている) 同じ頃。 木島ファイナンスの社長・木島功のいる飲食店に、宇相吹正(うそぶき ただし)という若い男が現れます。 宇相吹は木島に水をかけると、「あなたは、人生が終わる時のことを想像したことがありますか」と問いかけると、目線を合わせました。 すると、宇相吹の目が赤く光ります。 宇相吹は「スズメバチの猛毒は、ご存知ですよね。 その匂い、スズメバチが好むんです」と、木島にかけた液体のことを話します。 宇相吹が懐から出したビンには、大量のスズメバチが入っていました。 宇相吹がビンの蓋を開けると、スズメバチが木島に襲いかかり、死亡します…。 (先にネタバレ。 宇相吹が赤い目で見つめると、相手はマインドコントロールにかかり、他者には見えないものが見えるようになる。 そのため、思い込みによって死にいたる。 宇相吹は赤い目で相手に術をかけ、犯行を重ねていく) 木島の捜査をしていた多田と百々瀬は、ほかならぬ木島が遺体となって発見されたと聞いて、現場へ急行しました。 飲食店には監視カメラがあり、死ぬ時の一部始終がおさめられていました。 黒い背広の若い男が木島に近寄り、コップの水をかけられます。 しばらくすると、木島は苦しみ始めました。 カメラには何も映っていません。 若い男が、監視カメラを振り返って不敵に微笑むのが、多田と百々瀬には強く印象に残ります。 木島の死因は、心筋梗塞でした。 しかし木島の顔には、ハチに刺されたような痕が無数に残っていました。 心筋梗塞という言葉を聞いた百々瀬は、3か月前にも似たような事件があったことを思い出します。 それは港区の住宅街で起きたもので、女性・宮前香苗が「男に刺された」と言って死んだ事件でした。 (これもdTV版に詳細がある) 女性の死因は心筋梗塞で、その現場にも黒い背広の男性が目撃されています。 女性は複数の結婚詐欺の容疑者として、あちこちに恨みを持たれていました。 新人の百々瀬は多田に、「プラシーボ効果」について話します。 要は「思い込み」によるもので、一種の洗脳、マインドコントロールでした。 プラシーボ効果で黒い背広の若い男は、木島にハチを連想させ、殺させたのではないかと、多田と百々瀬は想像します。 ただし、この場合だと実現が不可能だとみなされ、「不能犯」でした。 立証ができないかぎり、罪に問えないだろうと、先輩刑事の赤井芳樹が指摘します。 …羽根田健と妻・桃香の新婚夫妻は、町内会の会長、鳥森の行動に悩んでいました。 最初は他愛もないことです。 抱き合う桃香が夫・健に、鳥森が窓から覗いていたと言いました。 しかし健はにわかには信じられません。 ところが翌日、鳥森が羽根田宅のゴミをチェックしている現場を見て、妻の言うことが正しいように感じ始めました。 鳥森に対する疑念が芽生えます。 さらにその日帰宅すると、桃香が痣を作ってソファでぐったりしていました。 部屋には泥の足跡が残っています。 桃香が言うには、鳥森が部屋に侵入し、乱暴をして去ったそうでした。 それを聞いて怒った健は、鳥森に苦情を言いに行きます。 健が鳥森に「警察に通報しますよ」と注意すると、鳥森は「そんなことをしたら、私は奥さんのことを全部話さなければならない、それでもいいんですか?」と聞き返しました。 鳥森の発言を「乱暴した内容を触れまわる」という意味に受け取った健は、桃香の気持ちを考えると通報もできず、鳥森への憎しみだけを募らせます。 その矢先、都市伝説BBS(電子掲示板)で「電話ボックスの男」という存在を知った健は、噂の公衆電話に行き、メモを張ります。 すると健のところに宇相吹が接触し、「必要なのはあなたの純粋な殺意です」と言いました。 健は宇相吹に、鳥森殺害を依頼します。 鳥森が公園のベンチに座ってたばこを吸っていると、宇相吹が「おいしいですか、そのタバコ」と聞きました。 「たった一吸いでぶっとべる。 一緒ですからね」と聞いた鳥森は、思わず宇相吹の目を見つめました。 宇相吹の目が赤く光ります。 (宇相吹の発言の意味は、後に判明する) タバコに薬物を混ぜられたのかと心配になった鳥森は、ペットボトルの水を思わず一気飲みしました。 「まさかお前、奴らの…」と言いかけた鳥森に、宇相吹は「大丈夫ですか、そんな水飲んで」と畳みかけます。 手元を見ると、鳥森が持っているペットボトルには、タバコのニコチンが大量に混ざった水に変わっていました。 鳥森は苦しんで、ベンチに倒れます。 出張で外泊予定の健に報告した宇相吹は、「今日は出張を取りやめて、帰宅した方がいいですよ」と言いました。 宇相吹に渡された封筒を見た健は、驚いて帰宅します。 家には男性1人、女性2人と妻・桃香が下着姿でいました。 薬物を吸引し、もうろうとしています。

次の