日本 コロナ 終息。 【注意】新型コロナは、やはり夏までに終息すると考える、その理由。

【注意】新型コロナは、やはり夏までに終息すると考える、その理由。

日本 コロナ 終息

そもそも終息の目処が未だに立っていなく、休業している事業への救済案も難航しています (2020年4月現在)。 そんな中で資金繰りを何ヶ月も維持できるような企業はあり得ません。 オフィスの賃貸料、人件費、その他関連設備費など会社を経営するということは何もしないでもお金がかかるのです。 僕も今回の件で、事業というのはいかに〝固定費〟が重要になってくるかを実感しました。 そしてこれから事業を行なっていく際は、この〝固定費〟をどれだけ抑えた状態で始められるかを常に考えています。 ほかの事業者たちもそうでしょう。 今回のコロナウィルスのような騒動がまた起きないとも限りません。 ここから世間のビジネスに対する考え方が大きく変わっていくはずです。 実際、僕の近隣の飲食界隈ではいくつも飲食店が潰れていまい次の事業の目処がたっていない店長たちが溢れています。 このまま今の状態がまだ数ヶ月も続くようであれば、ますますサービス業の商売は経営難になることが目に見えています。 飲食店の半数近くが、このままだと3ヶ月ほどで資金繰りが回らなくなり資金が底を尽きてしまう。 とも言われています。 思っていた以上に深刻な事態になってきているコロナウィルス騒動。 これからのビジネスもスタイルを変えて考えていかなくてはいけません。 考えるべきビジネススタイル 今回の件があってから、飲食店やライブハウスのように店舗という『固定費』や売上のための『集客』を必要とするビジネススタイルは考えていくべき課題かもしれません。 緊急事態宣言発令のように、政府から休業補償のような政策が出される前に外出禁止を要請されてしまっては、多くの商売は店をたたむしかありません。 先ほども言ったように事業はそれだけで毎月お金がかかるからです。 いかに『固定費』をかけず、継続的な事業収入を得ることが出来るか、これを考えていかなくてはなりません。 どんな状況にも対応できるような商売でなければ生活することもままならないのですから。 しかもこのような騒動は今回限りというわけではありません。 パンデミック(感染の世界的大流行)は定期的に訪れる コロナウィルスに限らず、こうしたパンデミック(感染の世界的大流行)は数年間に一度、定期的に訪れているのです。 参考:大幸薬品 ここには記載されていないですが、中東呼吸器症候群(MERS)も平成24年に中東地域で大流行。 未だに終息していないこちらもコロナウィルス型の病原体です。 まだ記憶に新しい方もいるかと思います。 このように、パンデミックというのは人類が定期的に戦っていかなくてはいけない相手なのです。 しかしここまでの世界的に大規模な大流行となるのは初めてではないでしょうか。 時代の変化が重なる時期 2020年、今の時代は 『第4次産業革命』なんてことも言われていたります。 ここ数年のITの進化は凄まじいものがあります。 スマホが世に発売されたのはほんの10年前の出来事です。 さらにこれから次世代通信『5G』サービスの導入により、AI産業やIOT産業がますます普及していくと言われています。 こうした時代の変化の節目から、今回のコロナウィルス騒動をきっかけに新しいビジネススタイルへとどんどん移り変わっていくはずです。 最新のトレンド情報も常にチェックしていきましょう。 在宅で何をするべきなのか 現在、多くの国民が在宅での仕事 【テレワーク】を実施しています。 これにより今後の働き方というのが確実に変化していきます。 しかしいきなり在宅で仕事をやれと言われても、それに対し対応できない人が多くいます。 ただ「対応できない」と言っているだけではなく、「どうしたら対応できるか」を考えていかなくてはいけません。 記事の後半では在宅での働き方についてお話します。 将来のための〝資産構築〟を! みなさんは自分の将来のための 【資産構築】を行なっていますか。 いま僕が書いているこのブログ記事や、YouTubeといった積み上げれば積み上げるほど自分の〝事業資産〟といった事業収入の自動化を作るシステムのことです。 せっかく在宅で仕事をしているのであれば、こうした資産構築を手がけてみるのもおすすめしています。 毎月、不労所得のような収入源があれば生活はそれだけ余裕が持てるようになります。 〝3密〟を避けたビジネススタイルが主流に!? 今回の騒動で廃業に追いやられた事業者たちの中で、もう一度同業ビジネスをやる人はどのくらいいるでしょうか。 おそらくほとんどの人がビジネススタイルを変更すると思っています。 また同じような状況になってしまったら、また同じ結果を繰り返すことになってしまいますからね。 大きなリスクのない〝3密〟を避けた働き方が主流になっていってもおかしくないでしょうね。 【まとめ】 いかがでしたか。 今回は 『 【コロナウィルス騒動】の終息後、今後の日本経済は元に戻るのか?』をテーマにお話させていただきました。 まだまだ終息の目処がたたない状況ですが、これからの日本経済の先を読みこれからの働き方について考えていきましょう。 ひらき( )•

次の

新型コロナ1年で収束せず 専門家は厳しい見方、五輪にも影響|医療ニュース トピックス|時事メディカル

日本 コロナ 終息

4月7日、ついに発令された緊急事態宣言。 記者会見の席で安倍首相は「かつての日常は失われた」と発言した。 その言葉通り、新型コロナウイルス感染拡大のため、日常生活ががらりと変わってしまった人は多いに違いないだろうが、実際のところ、どのような変化が生じたのだろうか? そこで今回、 niftyニュース「何でも調査団」により、「新型コロナウイルス」に関するアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。 4人に3人が「不安を感じている」と回答 はじめに、新型コロナウイルス感染症について、不安を感じているかどうか尋ねる調査が行われたところ、「とても不安を感じている」が25. 5%、「やや不安を感じている」が50. 3%で、計76%、4人に3人が何らかの不安を感じている結果とった。 Q:新型コロナウイルス感染症について、不安を感じていますか? 続いて、「新型コロナウイルスの蔓延で、普段の生活より多く買ったものは何ですか?(複数選択可)」と尋ねる調査が行われたところ、約67%が「多く買ったものは特にない」と回答した。 普段より多く買ったものとして多かったのは、「マスク」「アルコール消毒液・シート(除菌・抗菌商品)」「トイレットペーパー」 の順。 この回答から大多数の人が冷静に判断し普段通りの生活を送っていたことがわかり、買いだめや買い占めなどの状態は一部の方による行動で起こっていたものと推察される。 Q:新型コロナウイルスの蔓延で、普段の生活より多く買ったものは何ですか?(複数選択可) 「終息することはないと思う」と悲観的意見も1割以上…… 次に、新型コロナウイルス感染症がきっかけで、控えたことについて調査が行われた。 トップは「外出自体」で44. 8%、2位は「飲み会・宴会」で32. 3%、3位は「外食(飲食店、フードコートなど)」で29. 7%、という結果となった。 「その他」の回答としては、「ボランティア活動」「スーパー銭湯やサウナなどの温泉施設」などの回答も複数見られた。 Q:新型コロナウイルス感染症がきっかけで、控えたことは何ですか?(複数選択可) 最後に、日本国内の終息時期の予測を尋ねる調査が行われたところ、一番多かったのは「2021年以降」だった。 半数が2020年8月までに終息すると予測している反面、「終息することはないと思う」と回答した人も1割以上いた。 なお、世界的な流行の終息時期については半数以上が今年中は終息しないと予測しており、日本より4カ月~半年程度遅い結果となっていた。 Q:新型コロナウイルス感染症の「日本国内での流行」「世界的な流行」は、いつ頃終息すると思いますか? <調査概要> アンケート実施期間:2020年3月20日(金)~3月26日(木) 有効回答数:2,760件 出典元:ニフティ株式会社 構成/こじへい.

次の

新型コロナ“第2波”はいつ来る? 歴史家・磯田道史が見通す「終息までのロードマップ」

日本 コロナ 終息

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の