四日市 やかた。 レストラン やかた(四日市周辺/アジア・エスニック・カレー)

レストラン やかた(四日市周辺/アジア・エスニック・カレー)

四日市 やかた

三重県四日市市レストランやかたの400gステーキと食べ放題のカレー大盛 藤森さん: 「食べれるの、この人?」「美味しそうだけど、値段気になる」 場面は変わって男性客のテーブルを映し出す ナレーション:さらに・・・ 藤森さん:「まだつくの、何か?」「カレーだ!」 二人連れの男性客のテーブルには山盛りのカレーライスが・・・ 高田さん:「ワッ、ハッハッ」 藤森さん:「おいおい、ボリューム間違ってるよ」 二人連れの男性客の一人:「ライスおかわり自由。 高田さん:「俺もこれが家の近くにあったら、毎日行くなあ」 画面は変わって年配の男性のテーブルを映し出す。 スタッフ:このお店ってどんなお店ですか? 男性客:「食のテーマパークでしょう」 藤森さん:「ワッ、ハッ、ハッ、ハッ、ハッ」 今度は若い女性の二人客にスタッフが聞いてみる このお店の魅力って何ですか? 女性客:「やかたに入った瞬間に何のメニューにするか選ぶのに、めっちゃワクワクしてディズニーランドにいるみたい!」 高田さん:「ワッ、ハッ、ハッ、ハッ」 藤森さん:「出た!本当に言っていた!」 ナレーション:そんなお店の名前は ・・・ 高田さん:「なんだろう?なに館?ビックリ館、違うか?」 高田さん:「デブ館」 画面はカウンターの上のマスコット人形の胸元を大映しする。 すると、そこには「やかた」の文字が・・・ 高田さん:「あれ、ただのやかたかよ!」 藤森さん:「やかたのみ!」 画面はお店の外のレストランやかたの看板を大写し。 そこには「四日市市 ただでさえ安いランチがプラス牛すじカレーも食べ放題」のテロップも映し出されている。 藤森さん:「真っ向から勝負してきたな、この企画に。 レストランやかた、か・・・」 ナレーション: 科学館に水族館、私たちの身近にある楽しいテーマパーク、館」 藤森さん:「そうですね。 かんがつくところってやっぱり楽しい」 高田さん:「リニア鉄道館行ったね」 ナレーション:こちらの、その名も館さんも 四日市市民にとっては 夢の国。 藤森さん:「テーマパークですね。 夢テーマパークだ」 少しご年配の女性客:「四日市の人だったらみんな知ってるんじゃない?」 スタッフ:あっ、そうなんですね お店から出てきた男性客:「ついつい、食べすぎちゃいました」 藤森さん:「(食べ過ぎたら)仕事したくなくなるよ」 画面は変わり、店内のご夫婦らしきお客様を映し出す スタッフ:こちらにはよくいらっしゃるんですか? 男性客:「今日初めて」 スタッフ:初めて・・・ 男性客:「カレーがめちゃうまい」 スタッフ:あぁ、そうですか 藤森さん:「これは嬉しい」 別のテーブルの男性客はお椀いっぱいに盛ったカレーを「これですわ」と言いながら大口でほおばる。 そして「うまい!」の一言。 藤森さん:「すごいパワフル」 高田さん:「うまそうだなあ、でもなー」 藤森さん:「エネルギッシュ」 テレビ画面は二つ並んだ電気釜を映し出す 藤森さん:「ワッハッハッ、厨房から出てんだ」 それぞれの電気釜に「カレー」、「ライス」と説明テロップが張り付き、画面下段には「食べ放題」の文字が・・・ お客様が自分でライスを盛ってカレーをかけてながら「カレーちょっと辛いんです」 スタッフ:そうなんだ 藤森さん「あっ、おいしそう」 カレールーの画面に「牛すじ入りカレー」のテロップが 高田さん:「ちょっと、(カレールーを)かけすぎじゃないかい」 藤森さん:「でも、これ、かけ放題なんですよね」 たぶん、オーナーの声:「家へ食べに来る人はみんなこれが目当てで・・・」 スタッフ?:ヘー 藤森さん:「すっごい!」 高田さん:「俺もこれが家の近くにあったら、毎日行くな」 藤森さん:「行っちゃいますね」 ここで画面は「看板メニューはメイン料理」というテロップとともにステーキが映し出される 会社員風の男性の二人客に スタッフ:今日はちなみに何を頼まれたのですか? お客様:「グリルチキンで」 画面はグリルチキンを大写しして「グリルチキン950円とカレーライス食べ放題」のテロップが 藤森さん:「やつ、これ美味しそう」 別の男性客:「一番美味しいです」 スタッフ: 一番美味しいですか? 先ほどの男性格:「僕は一番好きです」 画面は変わってふたりづれ男性客のテーブルへ スタッフ:今日は何を頼まれたんですか? 二人声を揃えて:「スペシャル」 藤森さん:「何でもありだ」 高田さん:「学生はたまんないよな」 女性店員がジュウ、ジュウと音のする鉄板を運んでくる 藤森さん:「きた!」 画面にはエビフライ、ハンバーグ、唐揚げ2個と味噌汁とライスが乗った「スペシャルセット950円のテロップと共にカレー・ライス食べ放題」の文字も・・・ 藤森さん:「エビフライ、ハンバーグ、唐揚、うわー、スペシャルだなー」 画面は変わりジューシーハンバーグ950円を大写しに 高田さん:「これで950円だぜ」 藤森さん:「安いですね」 スパゲティも乗った鉄板からはジュージューと音と湯気が立っている 女店員さん:「大とり鉄板です」 と、出してきたのはチキンカツでした。 大とり鉄板の画面でも味噌汁とライスが乗って「900円のテロップと共にカレー・ライス食べ放題」の文字も・・・ 藤森さん:「安い!」 高田さん:「これでカレーも食べ放題だろう」 藤森さん:「そうですね」 画面をは若い女性客の二人連れを映し出す スタッフ:全然、食べれちゃう? ふたりづれ「余裕」 藤森さん:「わはは」と大笑い「いいね、遠くのディズニーより近場の食のテーマパーク」 またまた、画面は変わり貫禄のある男性客に スタッフ:よくいらっしゃるんですか? 男性客:「めちゃめちゃ来る。 これを食べるためだけに今日は」と言いながら「数量限定品ビフテキライス付き税込1600円」と書いた一枚パンフレットを見せる スタッフ:ビフテキ! 男性客:「仕事、忙しいのに・・・。 仕事ほっぽらかして、これを食べるためだけに来ました」 男性客:「ちなみにお店の名前や形ですけども オーナーさんはおそらく『たち』さんなんです」 スタッフ:あっ、そうなんですか 男性客:「たちというのを音読みか訓読みかどちらか知らないけれども館と ・・・。 で、私もたちなんで、向こうは私のことを知らないんですけども、勝手に親近感を覚えて来ている」 画面が変わってカウンターの向こうのオーナーさんを映し出す スタッフ:たちさんとおっしゃるんですか? ホーナー:「そう、だから『やかた』って」 スタッフ:そうなんですか 高田さん:「『たち』一族か」 スタッフ:漢字は? ホーナー:「あのー、舘ひろしの館。 山に土を書いて口」 スタッフ:舘をやかたって読むんですね。 ホーナー:「そうです。 いや、あの、無理やりかもしれんけど」 「わっはっは」と笑うオーナーにオーバーラップして「キング オブ舘・舘 俊峯さん」のテロップが・・・ 厨房で料理を作るオーナーにナレーションがかぶる ナレーション: 45年もの間 、その料理で四日市市民を楽しませてきた舘さん、 ホーナー:「がっつり今日は食べたいと思えば『やかた』、そういうことを言うお客様が多かったです。 その期待にずっと答えている」 スタッフ: そういうことなんですね。 ご主人ってどんな人なんですか? 奥様?:「優しい人ですよ。 心の広い人」 藤森さん:「心が広くなくちゃ、あのメニューは出せないよ、あの値段で」 場面は変わってレジ前のお客様を写す ナレーション:心があまり広すぎて スタッフ:今、何かもらったんですか? お客様:「次回に使える50円券」と、今もらった券を見せる。 スタッフ:ヘー 藤森さん:「心広い。 さらにここにも「カレー・ライス食べ放題」の文字が・・・ 高田さん:「いつの時代かって感じだよな」 しかも・・・オーナー:「でも、5人くらいで来て、1人の人が割引券を5枚一度に使っても OK!」 ナレーション:しかし、ボリュームや値段以上に舘さんが最もこだわっているのが・・・ 藤森さん:「このステーキうまそうだな」 ナレーション:湯気! 藤森さん:「湯気!」 画面はジュージューと湯気を立てる鉄板を大写しに・・・ 高田さん:「うまそうだな」 オーナー:「家庭では味わえない、うれしさというか、たのしさというか『わぁ!』っていう・・・」 藤森さん:「ワクワク感が増すよな」 若い二人連れの女性客:「鉄板でジュージューウ、ジュージューウ店員さんが運んでいるのを見るとエレクトリカルパレード!」 藤森さん:「なんだよ、四日市にエレクトリカルパレードがあるのか。 もう千葉まで行く必用無いじゃん」 店内のあちこちで鉄板のジュー、ジューゥパレードと共にバックグランドミュージックがディズニーランドのエレクトリカルパレードに・・・ ナレーション:味や値段だけでなく、見た目や音まで五感を最大限に刺激してくれるとあって、お客さんの食欲が止まらない 高田さん:「すっごいね!」 あるお客様はライスを大盛にして「(カレールーを)多めにすれば流せるでしょ」 別のお客様は「お昼をガッツリ食べようかな」 スタッフ:これ、ちなみに今何杯目ですか? お客様:「三杯目。 まずカツでご飯2杯食べて、カレーを2杯、もういっぱい食べると4杯。 4という数字は縁起が悪いんで、5杯か、今で止めるか迷うところですね」 藤森さん:「あら、楽しくて仕方がない」 スタッフが二日後に尋ねると、また、大食いの前記のお客様 が・・・ スタッフ:今日は何を頼まれたのですが? お客様:「今日は唐揚げ」 藤森さん:「来てるよ、また、このお客さん来てるよ」 お客さんはご飯をおかわりに・・・ 藤森さん:「体でかいもんこの人」 高田さん:「遠慮ってものをしないのが、すごいね」 高田さん:「(お客さんが)全部この人だったら3日で(店が)潰れてるな 」 お客さん:「今日は(ご飯)4杯です」 画面には楽しくて仕方がないのテロップが・・・ 鉄板のジュー、ジューゥパレードが食欲を刺激する様です。 家庭では味わえない、熱々の鉄板で料理が楽しめます。 四日市市レストランやかたの所在地、営業時間やアクセス、その他のメニュー レストランやかたの所在地、営業時間やアクセス方法や食べログでの評価をお知らせします。 41 です。 (2020年5月現在) 三重県四日市 レストランやかたの牛すじカレー食べ放題をPS純金が紹介のまとめ 三重県四日市にあるレストランやかたの少し辛めの牛すじカレー食べ放題が大人気でPS純金で紹介で紹介されました。 でも、レストランやかたがボリュームや値段以上にこだわっているのは、料理から立ち昇る湯気と音だと言います。 さらに、食事のお客様には、次回使える50円の割引券も・・・。 緊急事態宣言下ですが、近場の方はこんな時だからこその活用方法が有ると思いシェアいたします。 マサミ.

次の

やかた(地図/写真/四日市/パスタ)

四日市 やかた

周辺スポットから探す• おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の

やかたカヨー店(四日市市日永)|エキテン

四日市 やかた

2015. 10月の訪問記録 久々に家飯など小ネタでUPしようかと。 我が家の「主食」であり私の「つまみ」であり 色々作ってくれる嫁さんに感謝ですな。 嫁さんの事を「うちのカミさんが」と言う言い方される方がいますが 「神」?「上」・・・。 「女将」の「カミ」だけ取った・・・??? 正解は「日身」と書いて「カミ」と呼んだそうです。 カミの「カ」=「日」=太陽の事 カミの「ミ」=「身」=からだの事 つまり「太陽のように明るくて暖かく、子供を産み育ててくれる人」という意味だそうです。 とても「神々しい」存在なのですね^^ その「カミ」さんが作ったある日の家飯^^ まずはパスタ三連発。 「ミートソース」 「バジルソース」 「トマトとニンニク」 パスタ大好きな我が家では晩御飯がパスタ率結構高い^^ くるりんとなっているチーズは「グラナパダーノ」 パルミジャーノレッジャーノとよく似たテイスト。 塩分が少な目なのでいろんな料理にヘルシーに合わせられますね。 トロリと溶けて独特の風味を出してくれます。 合鴨のロースト 鴨も好物でして、たまに出てきます^^ 残り物のご飯がたまるとチキンライスにタマゴをとろ~りと オムライスに仕上げてくれます(つまみにはチトきついですが) しょうが焼きも、こんな風だととても食欲そそります^^ 今、一番嫁さんが嵌っている「秋刀魚のコンフィ」 作り出すと「骨抜き」で丁寧に一本ずつ骨を抜いております^^ 他にもたくさんあるのですがキリが無いので本編へ 皆さまの暖かい応援クリックで このブログは継続出来ております。 最近思い出したシリーズで書いておりますが このお店もその一部。 「レストランやかた 本店」さんです。 洋館の趣きで、ひらがなで「やかた」という面白い屋号。 支店はどこだ?って感じですが今は無いみたいですね。 メニューはどっちかと言うとど~でもええんです。 どちらかと言うと、その日のランチばかり食べていましたので。 この日はミックスフライでした。 恐らく10年以上ぶりと思いますので当時の事をあまり覚えていないのですが 全席喫煙可。 今時ですな。 この日も通された両隣の席で至福のひと時を味わってらっしゃる方がいらっしゃいましたが 正直、オーダーする前に出ようかと思いました。 最近では「喫煙可」のお店がめっきり少なくなってしまったので かえって、「愛煙家」の方々が寄ってしまっている感が強かった。 事実、着席のお客さん全員が喫煙・・・orz 懐かしさに負けて事前調査もせずにアカンですな>< 白身魚、海老、唐揚げ、串カツ と揚げ物三昧のミックスフライ^^ ええでしょ^^タルタルではなく「マヨネーズ」 このお店のすごい所は他にあるんですね 画像も撮っていませんし、食べてもいませんが (この量で、おかわり食べたら完璧アウトっしょ) 「ご飯+カレー」がおかわり出来るのです。 初めの一杯は普通に食べて、おかわりで「カレー+ご飯」にする方が多い。 そりゃもう間違いなく「ガッツリ」ですよ! どのメニューでもご飯が付いているメニューは 「カレー+ご飯」がおかわりできます。 皆さんもガッツリ洋食を食したい方は一度は行ってみてくださいね~~~^^ (食べログです)四日市新正 皆さまの暖かい応援クリックで このブログは継続出来ております。

次の