浜松市 人口動態。 統計センターしずおか/平成29年静岡県人口動態統計(出生)

推計人口表、人口動態(自然動態、社会動態)/浜松市

浜松市 人口動態

概要 [編集 ] 平均年齢 [編集 ] 2015年(平成27年)10月1日時点における東区民の平均年齢は次のとおりである。 全体 - 43. 94 歳• 男性 - 42. 60 歳• 女性 - 45. 28 歳 地理 [編集 ] 地区構成 [編集 ] 和田地区、蒲地区 (神立町[こうだちちょう]、、、大蒲町、天龍川町など) と境界を接する地域で、中心部に隣接していることもあり、多くの住宅が密集する地域である。 和田地区は沿いにが密集していることから「自動車街」と呼ばれている。 沿いには工場や学校も存在する。 積志地区 (積志町、有玉北町・南町・西町、、半田町、、西ケ崎町、中郡町など) やの沿線に位置する積志地区は交通の便が良いこともあって古くからの大きな農家の屋敷だけでなく、新しくできた住宅も多く軒を連ねる。 特にやなどの新興住宅地は新しい住宅が密集している。 近年のや(飛龍街道)の開通に伴い飲食店が増加している。 長上地区 (市野町、小池町、天王町、上石田町、下石田町、原島町[ばらじまちょう]、流通元町、中田町[なかだちょう]) 市野・天王はかつての田園地帯。 戦後は繊維を中心とした工場が多く建てられたが、やがて衰退し、業態を変えて商業施設に転じた例が非常に多い。 特に2005年にオープンした(現イオンモール浜松市野)は浜松の東部地区の商業施設の核として、にぎわっている。 笠井地区 (、笠井新田町、笠井上町、豊町、豊西町など) 古くは綿花の集積地として知られ、商業地としてにぎわいを見せた笠井地区は今も昔の面影を残し、浜松中心部とを結ぶ沿いには古くからの商店や住宅が密集している。 中ノ町地区 (中野町、中里町、白鳥町[しろとりちょう]など) の西岸にあたるこの地域は古くからの住宅も多い。 古くには鉄道も走っていた歴史もある。 区内の町 [編集 ] 積志地区 この節のが望まれています。 沿革 [編集 ]• (19年) - 浜松市の政令指定都市移行に伴い、東区発足。 政治 [編集 ] 東区役所 [編集 ] 区役所は、隣に設置。 2007年4月、区の設置に伴い新設された。 協働センター [編集 ]• 蒲協働センター (子安町)• 天竜協働センター (薬新町)• 長上協働センター (市野町)• 笠井協働センター (笠井町)• 積志協働センター (積志町) 国家機関 [編集 ] 国土交通省 [編集 ]• (流通元町) 財務省 [編集 ]• 清水税関支署 浜松出張所(流通元町) 厚生労働省 [編集 ]• 浜松東年金事務所(天龍川町) 施設 [編集 ] 警察 [編集 ] 本部• (相生町) 交番• 笠井交番(東区恒武町)• 蒲交番(神立町)• 積志交番(積志町)• 長上交番(市野町)• 和田交番(篠ケ瀬町) 消防 [編集 ] 本部• 消防署• (篠ケ瀬町) 出張所• 上石田出張所(上石田町)• 有玉出張所(有玉南町) 医療施設 [編集 ]• 天王病院• (半田山一丁目)• 浜松労災病院 (将監町)• 浜松北病院 (大瀬町)• 有玉病院 (有玉南町) 郵便 [編集 ] 集配等を行うのみを掲載する。 (有玉北町)• (西塚町) 図書館 [編集 ]• 積志図書館 (積志町)• 東図書館 (子安町)• 流通元町図書館 (流通元町) 運動施設 [編集 ]• (和田町) 文化施設 [編集 ]• その他 [編集 ]• 常光浄水場(常光町)• 保健環境研究所(上西町)• 食肉衛生検査所(上西町)• 地場産業振興センター(流通元町)• 老人福祉センター竜西荘(中郡町) 経済 [編集 ] 農業 [編集 ] 主な特産品• 工業 [編集 ]• 本社工場• ヤマハファインテック• ローム浜松 商業 [編集 ] 主な商業施設• 笠井店、天王店• 浜松、浜松インター店• 浜松和田店• 浜松和田店 本社を置く企業 [編集 ] 上場企業• (産業廃棄物処理)• 非上場企業• (飲食)• (排気系・駆動系部品製造)• (ルアーなどの釣具製造)• (蓄電池製造) 教育機関 [編集 ] 有玉緑地公園 名所・旧跡 [編集 ] 主な城郭• 主な寺院• 榮泉寺• 圓通寺• 寿量寺• 惣持院• 大雄寺• 法盛院• 本誠寺• 龍梅寺• 霊珠寺 主な神社• 赤宮神社• 后土神社• 水晶六所神社• 天白神社• 西塚神社• 八保神社• 富士神社• 観光スポット [編集 ] 景勝• 文化施設• 安間川公園 (安新町)• 中田公園 (中田町)• 有玉緑地 (有玉西町) その他• 浜松温泉喜多の湯 祭事・催事 [編集 ] 主な祭事・催事• 天王花火大会(天王町大歳神社) - 8月上旬• 中野町花火大会(天竜川河川敷) - 8月中旬• 八坂神社祭典 奉納花火(大瀬町) 出身有名人 [編集 ]• (開発者)• () 脚注 [編集 ] [].

次の

統計センターしずおか/平成29年静岡県人口動態統計(出生)

浜松市 人口動態

山田です。 このページでは、浜松市に暮らす外国人人口の 大まかな推移を見ていきます。 やなどより詳しい情報は他のページに分けたので、 そちらもご覧ください。 浜松市では2005年7月1日に周辺市町との大合併が行われ、 面積が大幅に拡大しました。 人口も増えたわけです。 このグラフでは合併前の旧浜松市(グラフの緑色の部分)に 周辺市町(グラフの黄色の部分)の外国人統計も 遡って加えたことを表しています。 毎年4月1日時点の数値を使っているので、 合併後のデータは2006年以降ということになります。 ネット検索で見つかる浜松市の外国人人口のグラフの中には、 2006年(平成18年)から飛び抜けて人口が増えているように見えるものがあります。 「浜松市 外国人 人口 -どんぐり」で画像検索すると見つかります。 そういうグラフは、旧浜松市と現在の浜松市という 領域の違う統計を単純につなげたものなので、気をつけてください。 折れ線グラフの方が変化はわかりやすいですね。 その他の情報も少し加えてみました。 年を表す横軸を1985年からにしたのは、 外国人が日本へ働きに来る大きな要因となった「円高」の影響を見るためです。 1985年9月の「プラザ合意」の前、1985年4月からにしてみました。 東京都や愛知県ではそこから緩やかな上昇が始まっているのですが、 浜松市では1990年6月の改正入管法の施行までは、ほとんど変化はありません。 でも、改正前なのに1990年4月の値がやや上がっているのは、なぜでしょう? 1990年の入管法の改正では、日系3世までの外国人が 就労に制限なく日本に滞在できるようになりました。 ちなみに、このグラフは毎年4月1日の数値を使っているので、 入管法改正の影響は1991年の値以降に反映されています。 日系人が来日し始めた頃は、 単身で「デカセギ」のつもりで来ていた人が多かったのですが、 家族の呼び寄せや家族での来日も増えていきました。 浜松市では1993年から「浜松市外国人児童生徒適応指導教室」が始まっています。 入管法改正の1991年からリーマンショックによる外国人の帰国が始まる直前の 2008年までの17年で外国人は24,383人増えています。 これは、毎年だいたい1,434人ずつ増えた計算になります。 ブラジル人など、国籍別に見た人口推移は、 次のページでご紹介します。 市民100人のうちの何人が外国人かということです。 これは外国人だけの人数で決まるものではなく、 当然、日本人の人口も関わってきます。 全国的にもそうですが、浜松市も日本人の人口は少しずつ減っています。 浜松市の外国人の割合は、2020年現在は3. 23%ですが、 これは他の市町と比べるとどうでしょうか。 静岡県内の統計を調べたかったのですが、 県のサイトから市町の外国人統計を発表していたページが 2018年末を最後に情報を更新しなくなってしまったので、 少し古い情報ですが、参考までにご紹介します。 割合で言えば、浜松市は平均は超えているものの、 特に多いわけではないことがわかります。 ただし、広い政令指定都市なので、区ごとにも見る必要はありそうです。 それはあとのページで見ていきます。 静岡県内では、全体の人口が少ない小さな市町の方が 外国人割合が高いことが分かります。 国籍や在留資格の内訳は浜松と違いがあるのでしょうか。 それにしても、菊川市の突出ぶりは興味深いですね。 (あとでグラフを追加します) 次の記事「国籍別に見た人口と割合の変化」 次のページでは、国籍別の内訳などを見てみましょう。 リンクか下の図をクリックして次のページに進んでください。

次の

推計人口表、人口動態(自然動態、社会動態)/浜松市

浜松市 人口動態

概要 [編集 ] 平均年齢 [編集 ] 2015年(平成27年)10月1日時点における東区民の平均年齢は次のとおりである。 全体 - 43. 94 歳• 男性 - 42. 60 歳• 女性 - 45. 28 歳 地理 [編集 ] 地区構成 [編集 ] 和田地区、蒲地区 (神立町[こうだちちょう]、、、大蒲町、天龍川町など) と境界を接する地域で、中心部に隣接していることもあり、多くの住宅が密集する地域である。 和田地区は沿いにが密集していることから「自動車街」と呼ばれている。 沿いには工場や学校も存在する。 積志地区 (積志町、有玉北町・南町・西町、、半田町、、西ケ崎町、中郡町など) やの沿線に位置する積志地区は交通の便が良いこともあって古くからの大きな農家の屋敷だけでなく、新しくできた住宅も多く軒を連ねる。 特にやなどの新興住宅地は新しい住宅が密集している。 近年のや(飛龍街道)の開通に伴い飲食店が増加している。 長上地区 (市野町、小池町、天王町、上石田町、下石田町、原島町[ばらじまちょう]、流通元町、中田町[なかだちょう]) 市野・天王はかつての田園地帯。 戦後は繊維を中心とした工場が多く建てられたが、やがて衰退し、業態を変えて商業施設に転じた例が非常に多い。 特に2005年にオープンした(現イオンモール浜松市野)は浜松の東部地区の商業施設の核として、にぎわっている。 笠井地区 (、笠井新田町、笠井上町、豊町、豊西町など) 古くは綿花の集積地として知られ、商業地としてにぎわいを見せた笠井地区は今も昔の面影を残し、浜松中心部とを結ぶ沿いには古くからの商店や住宅が密集している。 中ノ町地区 (中野町、中里町、白鳥町[しろとりちょう]など) の西岸にあたるこの地域は古くからの住宅も多い。 古くには鉄道も走っていた歴史もある。 区内の町 [編集 ] 積志地区 この節のが望まれています。 沿革 [編集 ]• (19年) - 浜松市の政令指定都市移行に伴い、東区発足。 政治 [編集 ] 東区役所 [編集 ] 区役所は、隣に設置。 2007年4月、区の設置に伴い新設された。 協働センター [編集 ]• 蒲協働センター (子安町)• 天竜協働センター (薬新町)• 長上協働センター (市野町)• 笠井協働センター (笠井町)• 積志協働センター (積志町) 国家機関 [編集 ] 国土交通省 [編集 ]• (流通元町) 財務省 [編集 ]• 清水税関支署 浜松出張所(流通元町) 厚生労働省 [編集 ]• 浜松東年金事務所(天龍川町) 施設 [編集 ] 警察 [編集 ] 本部• (相生町) 交番• 笠井交番(東区恒武町)• 蒲交番(神立町)• 積志交番(積志町)• 長上交番(市野町)• 和田交番(篠ケ瀬町) 消防 [編集 ] 本部• 消防署• (篠ケ瀬町) 出張所• 上石田出張所(上石田町)• 有玉出張所(有玉南町) 医療施設 [編集 ]• 天王病院• (半田山一丁目)• 浜松労災病院 (将監町)• 浜松北病院 (大瀬町)• 有玉病院 (有玉南町) 郵便 [編集 ] 集配等を行うのみを掲載する。 (有玉北町)• (西塚町) 図書館 [編集 ]• 積志図書館 (積志町)• 東図書館 (子安町)• 流通元町図書館 (流通元町) 運動施設 [編集 ]• (和田町) 文化施設 [編集 ]• その他 [編集 ]• 常光浄水場(常光町)• 保健環境研究所(上西町)• 食肉衛生検査所(上西町)• 地場産業振興センター(流通元町)• 老人福祉センター竜西荘(中郡町) 経済 [編集 ] 農業 [編集 ] 主な特産品• 工業 [編集 ]• 本社工場• ヤマハファインテック• ローム浜松 商業 [編集 ] 主な商業施設• 笠井店、天王店• 浜松、浜松インター店• 浜松和田店• 浜松和田店 本社を置く企業 [編集 ] 上場企業• (産業廃棄物処理)• 非上場企業• (飲食)• (排気系・駆動系部品製造)• (ルアーなどの釣具製造)• (蓄電池製造) 教育機関 [編集 ] 有玉緑地公園 名所・旧跡 [編集 ] 主な城郭• 主な寺院• 榮泉寺• 圓通寺• 寿量寺• 惣持院• 大雄寺• 法盛院• 本誠寺• 龍梅寺• 霊珠寺 主な神社• 赤宮神社• 后土神社• 水晶六所神社• 天白神社• 西塚神社• 八保神社• 富士神社• 観光スポット [編集 ] 景勝• 文化施設• 安間川公園 (安新町)• 中田公園 (中田町)• 有玉緑地 (有玉西町) その他• 浜松温泉喜多の湯 祭事・催事 [編集 ] 主な祭事・催事• 天王花火大会(天王町大歳神社) - 8月上旬• 中野町花火大会(天竜川河川敷) - 8月中旬• 八坂神社祭典 奉納花火(大瀬町) 出身有名人 [編集 ]• (開発者)• () 脚注 [編集 ] [].

次の