オクラ なり 方。 ガッテン!超ネバネバオクラの作り方!痩せるダイエット&血糖値上昇を抑える!

オクラは密植栽培で収穫量アップできるよ|定時なので帰ります

オクラ なり 方

オクラの育成条件• 日当たり:日なた• 土壌酸度:弱酸性• 株間:25〜40cm オクラはどうやって育てるか? 上記の通りオクラを育てるには 株間が25〜40cm必要となり、また、それなりの高さに成長しますので、普通に庭先などで栽培する場合は、あまり多くの株数を植えるというわけにもいきません。 更に、後ほど、収穫に関する項目でも触れますが、収穫が遅れると育ち過ぎて固くなり食用に適さなくなってしまうため、それなりの株数に留めておく方が賢明かと思います。 となると、少し手間のかかる種からでは無く、園芸店などで 苗を購入して育てる方がロスが少ないかも知れません。 スポンサーリンク オクラの種類 野菜として市販されているオクラは サヤの形が五角で緑色の物が多いですが、丸や八角の物もあります。 丸サヤの代表例は沖縄を中心に栽培されている 島オクラで、比較的長くなってから収穫してもやわらかい特徴があります。 色も緑、赤、黄色の品種があります。 種苗会社により、様々な品種があるので、そこはお好みで。 【オクラグリーンジュエリー1000粒 トキタ種苗】 オクラの苗づくり 種まきから苗づくりの過程は、少しややこしいです。 オクラは、アフリカ原産なので暑さには強いのですが、 寒さにはかなり弱い植物です。 盛夏期に収穫をする事を考えると、 種まきは4〜5月には完了していなければなりません。 発芽した後も低温では苗立枯病を発症するので、冷涼地では露地での育苗はオススメしません。 種から栽培する場合、オクラの種は「硬実種子」と言って種皮が硬く給水に時間がかかるため、 播種の前日からぬるま湯に浸しておきます。 6cmのポリポットに、市販の「種まき培土」などを入れ、1鉢あたり4〜5粒をまき、発芽適温を確保できる場所で管理します。 発芽したら、本葉1枚の段階で1鉢あたり2本に間引きます。 育苗15〜20日程度、本葉2〜3枚の段階が定植の適期となります。 植えつけ 露地でもプランターでも大丈夫ですが、それなりの高さに育つのでプランターの場合は、弱い風でも転倒する…なんて事などが無いように深めの物を選んだ方が良いでしょう。 定植の2週間以上前までに、 1平方メートル当たり約150gの苦土石灰を散布して耕します。 1週間前に約3kg、 化成肥料約100gを施してよく耕します。 オクラは給肥力が強く、元肥が多いと草勢が強くなり過ぎて、「いぼ果」や「曲がり果」が発生しやすくなるので注意して下さい。 特に元肥のチッ素分が多いと、実つきが悪くなるので、成分バランスの適した肥料を適量施しましょう。 30cm程度の株間を確保して、ポット苗の根鉢を崩さないように定植します。 オクラの開花までの管理 オクラは基本的に高温と乾燥には猛烈に強い植物なので、露地植えの場合にはそれほど 潅水に気を使う必要はありません。 乾燥が激しい場合のみ、たっぷりと水やりします。 水やり回数の目安は 2〜3日1回程度でかまいません。 ただし、プランター植えの場合にはそれなりに水やりをして下さい。 強風などによる倒伏防止のため、支柱を立てるのを忘れないようにします。 なお、各種作業や収穫の際、茎や葉、莢の「毛じ(もうじ:毛ですな)」によって、かゆみやかぶれを起こす事があるので手袋は忘れずに着用しましょう。 ちょっとした作業だからと横着をすると、いつまでもかゆくて後悔する事になりますので気をつけて。 スポンサーリンク オクラの病気と害虫 病気について 病気としては、前記した様に低温時の「苗立枯病」をクリアすれば大丈夫です。 あとは「うどんこ病」程度ですが、これは、 風通し良く管理すれば、ほぼ発生を気にする事は無いレベルです。 害虫 アブラムシ 害虫は、 アブラムシが蔓延ると厄介ですので、予防と初期段階での迅速で徹底的な防除を心がけます。 他の品種の植物を栽培する際にもほとんどの場合、頭を悩ませるのがアブラムシ対策ですが、薬剤の散布の他に、バジルなどをコンパニオンプランツとして植える方法や、「トルシー」シリーズなどの粘着式の捕虫紙を用いるなど、さまざまな方法があります。 逆に「これをやっておけば万全!」なんて決定打は無いのだと捉えなくてはならないと言う事です。 例えば、特定の薬剤に耐性をもつアブラムシなんてのも出てくるわけで、そこら辺は様々な方法を組み合わせたり、薬剤の系統を変えてみたり、臨機応変に対処して行くしかありません。 ハスモンヨトウ 主に葉を食害する害虫に ハスモンヨトウが知られています。 ハスモンヨトウは、ヨトウガに似た蛾で、葉の裏に卵塊状に産卵し、幼虫が猛烈な勢いで葉を食べつくします。 漢字で「斜紋夜盗」と書く通り、夜間に活発に食害し昼間は土の中に潜む個体も多いので、「葉は虫食いになっているけれど、虫は鳥にでも食われたのだろう…」などと考えてはいけません。 また、老齢期の幼虫には、ほとんど薬品は効かなくなるので、早い段階で「 STゼンターリ顆粒水和剤」などを散布します。 「STゼンターリ顆粒水和剤」は、有機JAS規格(オーガニック栽培)対応の薬剤で、バチルス・チューリンゲンシス(BT)菌の持つ殺虫性たん白を鱗翅目(チョウ・ガの仲間)害虫の幼虫が食べると、消化管内で芽胞から発芽したBT菌が体腔の中へ侵入感染し死亡します。 BT菌自体は自然界でも広く存在し、特にカイコの病原細菌としても知られています。 ネコブセンチュウ ネコブセンチュウはいったん発生すると防除できませんので、連作を避ける事で対処します。 ネコブセンチュウが嫌う マリーゴールドをコンパニオンプランツとして植える方法もありますが、変に固執せずに来年はマリーゴールドの咲き乱れる花壇にしてしまうと言うのも良い選択肢かも知れません。 開花から収穫まで 定植後約1か月位から開花が始まります。 開花後収穫までの日数は、 6月で7日間、7月で4日間、8月で3日間を目安とする感じです。 品種により違いがありますが、莢の長さは五角オクラで7〜8cm、丸オクラで15cm程度が食べ頃です。 特に五角オクラの場合には、収穫が遅れると、莢が固くなりネバネバも失せ「勘弁してよ!」と言う食感になるので、若どりを心がけます。 逆に極端に若どりと言う事で、蕾の天ぷらもなかなか乙な味なのでチャンスがあったら試してみて下さい。 なお、果梗は硬いのでハサミを用いて収穫しましょう。 また、オクラは乾燥に強いと前記しましたが、 梅雨明け後からは積極的な潅水を心がけます。 これは、植物としては確かに乾燥に強いのですが、水分が不足すると莢の発育が遅くなり、固くなって食味が低下するためです。 1番果を収穫する頃から追肥を行い、 肥切れにならないように管理します。 7〜14日に1度を目安に速効性の肥料を与えます。 週に1度、潅水の際にかなり薄めの液肥をジャブジャブやると言う手もあります。 収穫と同時に摘葉を行います。 摘葉は、通常、収穫する莢の下1〜2枚の葉を残して、それから下の部分についた葉を取り除きます。 摘葉する事により水分の無駄な蒸散を防ぎ、養分を莢や新たな蕾に集中させます。 更に風通しも良くなるので、病害の発生も少なくなり、また、収穫時の作業性も向上します。 なお、摘葉の際、茎が細く葉色が薄いなど草勢が弱い場合には、少し多めに葉を残し、逆に、かなり逞しく育った草勢が強い株の場合には、収穫する莢のすぐ下まで葉を取り除くなど、適宜、判断して作業を行って下さい。 おわりに 寒さが残る時期の管理で失敗しなければ、後は一般的な害虫対策だけなので、比較的簡単に栽培できる部類に入ると思います。 花もキレイなので楽しんで下さいね。 以上、オクラの育て方をまとめてみました。

次の

オクラの育て方・栽培方法|失敗しない栽培レッスン(野菜の育て方)|サカタのタネ 家庭菜園・園芸情報サイト 園芸通信

オクラ なり 方

オクラの茎部分の下処理と塩もみ オクラの下ごしらえを順に紹介するのですが、ひとまず【丁寧にやるやり方】から紹介します。 まず、オクラは切る前にさっと洗ってください。 次に、オクラの茎の部分を切り落とします。 オクラは育ちすぎたものでなければ、 ガクから茎につながる部分も美味しく食べることができるので、ひとまず、茎の先端を少し切り落としてください(茎の先端はたいてい乾いてしまっているため)。 続けて、ヘタの近くの筋が入った部分(ガク)をむき取ります。 このガクをくるりとむき取ることで、オクラの頭の部分を口あたりよく美味しく食べることができます。 これで【丁寧にやるオクラの下処理】の出来上がりです。 オクラをゆでて加熱調理する場合は特に、 水っぽくしないために、この下処理をした状態で丸ごとゆで、冷やした後に目的の大きさに切るという手順がおすすめです。 もし時間がある時や、オクラを色よくゆでたい時は、 オクラの表面を塩でこすり、この後に塩がついたそのままでゆでるとよいです。 オクラのゆで時間は1分45秒から2分が目安です。 鍋にオクラを入れたら、落とし蓋をしてゆでるか、落し蓋がなければ箸で上下を返すように混ぜながらゆでて、ゆで終えたらざる上げします。 ざる上げしたら氷水か冷水に取ってください。 最後の最後にようやく、 料理に適した大きさに切るようにしてください。 この手順で行うことで料理が水っぽくならないと思います。 冷蔵庫で保存する場合は、ゆでた翌日くらいまでに食べましょう。

次の

オクラの育て方!種まき時期・苗作り・わき芽・支柱・水やりのコツと密植栽培の仕方を紹介

オクラ なり 方

もくじ• オクラは夏バテ防止に効果的な野菜 オクラは花が咲いた後に発生する実が食べられる部分です。 オクラの食感は独特の歯ごたえがあり、内部に独特のねばり成分があります。 オクラのねばり成分は整腸作用があり、胃を元気にしてくれます。 また、オクラは豊富なカリウムを含み、疲労回復効果が期待できます。 以上のことからオクラは夏バテの防止に最適な夏野菜です。 オクラの栽培方法 オクラはアフリカ原産のため、暑さに強いのですが、逆に寒さには弱い特性があります。 育成の適温は20〜30度くらいで、 10度以下では生育できません。 オクラを育てる環境は、日当たりがよく、出来るだけ水はけのいい肥沃な土が適しています。 酸性土壌とは相性が悪く、 ベストな土質はpH6くらいです。 しかし酸性土壌でも育たないわけはありません。 そのため土質はさほど気にする必要はありません。 土は常に少し湿っている程度が適切なので、特に夏場は、 こまめな水やりが大切。 オクラの種蒔きは春先 種まきの時期は春が適切なのですが、日本でも寒冷地の場合は4月が過ぎてから、逆に暖かい地域ならば4月前に種まきをしてもOKです。 地域によって種まきの時期が異なりますが、基本的には本格的に春っぽくなり、 ポカポカ陽気になってきたら適切な時期でしょう。 種まきはポリポットでも、直蒔きでも、深さが1センチ程度、直径5センチ程度の穴を開け、 一つの穴に4、5粒の種をまくのが適当です。 オクラは基本的に寒さに弱いため、種まき直後は保温にも気を配るべきです。 ポリポットの場合は室内に、直蒔きの場合はできることなら、ビニールトンネルで保温することが推奨されます。 外気温が20度近くまで上がれば保温の必要は無くなります。 種蒔きから発芽までの日数 オクラは春先に種をまき、発芽するのは初夏になってからです。 理想的なのは気温が20度近くになってからの種蒔きです。 しかし15度前後で種蒔きをしても発育はします。 10度を下回る外気温では高確率で発育不良を起こします。 以上のことから、オクラの種蒔きは、最低でも外気温が15度を上回ってからにしましょう。 オクラの種まきから発芽までの日数目安は以下のような感じです。 15度前後で種蒔きした場合 20日くらいで発芽• 20度前後で種蒔きした場合 10日くらいで発芽• 25度(初夏)で種蒔きした場合 4、5日くらいで発芽 オクラの発芽後、蔓(つる)が伸びるため、支柱を立てましょう オクラは発芽して成長すると蔓(つる)が伸びて背が高くなり、風で倒れやすくなります。 そのため転倒防止として 一本一本に支柱を立てましょう。 また、葉が多くなり過ぎて、一枚一枚の葉に日光が当たらなくなると生育が悪くなるため、葉の間引きをするのも生育のコツです。 オクラの種蒔きから、約2ヶ月後が追肥のタイミング 種蒔きから2ヶ月くらいで開花することが予想されます。 開花の直前くらいが追肥のタイミングです。 追肥の量は1平方メートル当たり、100gを目安に、オクラが生えている周囲に蒔きましょう。 追肥は 化成肥料が最適です。 追肥の 化成肥料 はプランターなどで育てている場合、1株当たりに10gが目安です。 土壌作りをする場合の適切な日数は? オクラ本来の栄養豊富な野菜に育てるためにも、肥沃な土で生育することが重要です。 そのため野外に直蒔きする場合は種まきの 2週間くらい前から土壌作りをすることをおすすめします。 土壌作りは 苦土石灰(くどせっかい) や元肥の散布を行い、土を耕すといいでしょう。 苦土石灰の量の目安は、1平方メートルあたりに約150g、元肥は約100gが適当です。 オクラの花が開花から収穫まで オクラは「アオイ科トロロアオイ属」の植物ですが、一般的にオクラと呼ばれる、食べる部分は、オクラの実の部分です。 オクラは開花した後に花が落ち、実が生えてきます。 春先にオクラの種を蒔き、すくすくと育ち、約2ヶ月後(おそらく7月中)、連日25度を超える陽気になるとオクラは開花します。 オクラの花が開花の後、実が成長し、収穫 オクラの花は早朝に開花し、午後になると早くもしぼみ始め、夕方にはポロリと落ちてしまいます。 これを 「一日花」と呼び、オクラの花を間近で見ることができるのはなかなか貴重な体験です。 そして花が落ちた後に、いよいよオクラの実が生えてきます。 オクラの実が生え始め、食べられるくらいまで成長するのには 大体4、5日くらいです。 つまりオクラの花が開花したら、4、5日後にはオクラの収穫ができると考えてOKです。 オクラの食べられる部分は蕾ではなく、実 オクラの花は、開花する前の蕾の状態がオクラの実と良く似ています。 オクラで食べられるのは蕾ではなく、実の部分なので、注意。 オクラは開花してすぐに花が落ち、その直後に実が育ち、数日後に収穫、と覚えておきましょう。 オクラ栽培で病気にかからないコツ オクラは出来るだけ暖かく、成長に適した環境で育てることで、病害虫の被害を受けにくくなります。 オクラの成長に適した環境は以下のような条件です。 土は弱酸性• 水はけの良い土壌• 多湿にならないような日当たりのいい場所• 土は常に少し湿った状態を保つ、つまり水やりが重要 オクラは日光をたくさん浴びることで病気に強くなる オクラは日光をふんだんに浴びることですくすくと成長するため、葉が多くなってきたら間引きし、全体に日光が当たるようにしましょう。 特に蔓(つる)の下の部分の、 株元にも日光がしっかり当たるように葉を少なめにすると尚良しです。 オクラは基本的に暖かい気候を好みます。 気温が15度前後の寒い時期に種蒔きをしても育ちますが、20度を超える暖かい時期に種蒔きをしたほうが元気に育ち、病気にも強くなります。 オクラのアブラムシの被害について オクラの場合、5月〜7月はアブラムシがつきやすい時期です。 アブラムシによる被害とは、厳密には アブラムシが媒介となり、オクラがウィルス性の病気に罹ってしまうことです。 アブラムシによる病気の特徴は、 葉が濃淡のあるまだら模様に変色する、または 葉が縮んだり丸まったりします。 害虫のアブラムシの被害は薬で解決する? もしもアブラムシによる感染が出てきた場合、薬剤によって進行を遅くすることは可能ですが、 根本的な解決にはなりません。 異常な葉が見つかった場合はその部分を切除し、それ以上の進行を食い止め、自然治癒を期待するのが基本です。 一部分が感染した場合は切除で食い止めることができるかもしれませんが、例えば8割以上が感染した場合は全滅を覚悟するしかありません。 アブラムシを防ぐには、事前に アブラム シ除けの農薬を使う方法があります。 薬に頼らず、アブラムシ予防は可能? 農薬に頼らない場合は、アブラムシを見つけたら、 薄めた牛乳や 石鹸水を吹きかけるとアブラムシは窒息します。 オクラの栽培に限らずですが、野菜の苗はマメに状態をチェックして、アブラムシをこまめに除去することが大切です。 余談ですが、 アブラムシの天敵はてんとう虫です。 もしもてんとう虫をたくさん入手できる場合は、オクラの苗に放つことで駆除が期待できます。 オクラの苗立枯病(なえたちかれびょう) オクラは茎が伸びて背が高くなるため、 「苗立枯病(なえたちかれびょう)」になりやすい植物です。 苗立枯病になると茎の根元が茶色く変質し、その部分から枯れ始め、茎が倒れてしまいます。 苗立枯病(なえだちかれびょう)の原因はカビ 苗立枯病の原因は 土中に発生するカビです。 カビは多湿な環境で繁殖しやすいため、特に梅雨に時期に発生しやすくなります。 上記の解説でオクラは日光を好み、多湿を避けるべきと解説しましたが、多湿を避けるのは苗立枯病のリスクの軽減にもつながります。 しかし苗立枯病は 専用の薬剤で原因となるカビの駆除が可能で、カビの駆除をすればよほど進行していない限り治ります。 オクラの栽培方法・ まとめ オクラを育てるためのポイントは以下です。 土質はできれば弱酸性で、肥沃な土壌が好ましい• 直蒔きの場合は事前に土壌作りをするのが有効• 日当たりのいい場所が推奨• 土は常に少し湿っている状態がベスト(特に夏場はマメな水やりが重要) オクラは順調に育つと7月ごろ(種蒔きからおよそ2ヶ月)に開花し、その4、5日後に実が成長して、収穫できるので、あなたもぜひ挑戦してみてください。

次の