ミミッキュ剣盾。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

【ポケモン剣盾】基本型ミミッキュの対策を解説!

ミミッキュ剣盾

ミミッキュの強さの秘密 一番の秘密は特性「ばけのかわ」 ミミッキュがこれだけ使われるのには理由があります。 それは特性の「 ばけのかわ」です。 体を被うばけのかわで1回攻撃を防ぐことができる。 という強特性で、1回の行動が保証されています。 相手のダイマックスを受けることもできたり、つるぎのまいを積むことができたりと1ターン確実に動けることでアドバンテージを得ることができます。 積み技も先制技も覚える ミミッキュは2段階攻撃力をアップさせる積み技の「つるぎのまい」、タイプ一致のゴースト先制技の「かげうち」を覚えます。 ばけのかわで行動が1回保証されているので、つるぎのまいは簡単に積めますし、かげうちの火力もあげることができます。 素早さもS96とガラル地方の中では速い方に入るので、先制技でなくても比較的先制することができます。 おにび・のろい・トリックルームも覚える つるぎのまいを積んで普通に殴るミミッキュが多いのですが、サポート系のミミッキュも存在します。 トリックルームを覚え、のろいも覚えるので自主退場に近いこともできます。 ミミッキュの種族値 ミミッキュは合計種族値476と高くないです。 Aの種族値が90しかなく、普通に使ってると火力不足を感じますがそこは積み技で補強してきます。 H A B C D S 種族値合計 55 90 80 50 105 96 476 ミミッキュの型とその対策 ミミッキュには基本型とサポート型が存在するので、基本型の対策を記載します。 基本型がほとんどです。 ミミッキュ基本型の対策ポケモン ドリュウズ 「ドリュウズ」は特性 かたやぶりでばけのかわを無視して攻撃できます。 さらに「ミミッキュ」の弱点であるはがね技「アイアンヘッド」をタイプ一致で打てるため、ミミッキュ対策としては最もオススメです。 素早さはミミッキュの方が速いのでその点は注意が必要ですが、一撃でやられることはありません。 持ち物は きあいのタスキか こだわりスカーフだと活躍できます。 ミミッキュだけを考えると、こだわりスカーフが最も効果的ですが、ドリュウズを見るとミミッキュは大体逃げるのでその後の行動が縛られて逆に不利になりかねません。 きあいのタスキだとミミッキュ以外のポケモンにも幅広く対応できます。 ヌオー 「ヌオー」は特性 てんねんでつるぎのまいを無視して受けることができます。 元々の火力はミミッキュはないので、HBヌオーを対面させるだけで受けきることが可能です。 ヌオーの耐久だと後出しからの受けも可能となります。 意地っ張り珠持ちじゃれつく:37. 鉄壁アーマーガア てっぺきを覚えていれば、ミミッキュをてっぺきの積みの起点にできます。 ビルドアップだとつるぎの舞の速度に間に合わない可能性もあります。 ミミッキュには通りませんが、B6段階アップのボディプレスは強力です。 スカーフ持ち(ミミッキュより速い)ポケモン スカーフ持ちで単に殴るというよりは、初手などうまく対面させてボルチェンやとんぼ返りで逃げてばけのかわを剥ぐという戦法です。 そのあとにミミッキュに強いポケモンやミミッキュより速いポケモンを投げることで簡単に倒すことができます。 ロトムやヒヒダルマ、ドラパルトなどがその動きができます。 ミミッキュ対策まとめ ミミッキュの対策は以上で可能となっています。 速いポケモンかミミッキュに強い特性を持ったポケモン、積まれても大丈夫な物理受けだとミミッキュの対策が可能です。 ミミッキュが多いこともあり、その対策としてドリュウズが環境にとても多くなっています。 なんとシーズン1の最後には、ドリュウズが最もパーティに入っているという事態にもなりました。 そんなはこちらにまとめていますのでこちらもぜひ参考にしてください。

次の

【ポケモン剣盾】基本型ミミッキュの対策を解説!

ミミッキュ剣盾

ミミッキュの基本データ HP 55 タイプ ゴースト こうげき 90 フェアリー ぼうぎょ 80 特性 ばけのかわ とくこう 50 とくぼう 105 夢特性 ー すばやさ 96 ミミッキュ 特性「ばけのかわ」でダメージを無効化 「ばけのかわ」は1試合につき1度だけ、受けるダメージを無効化することが出来るとくせいです。 ) どんな攻撃が飛んできても一発は耐えられるため、 殆どの場面で確実に1回は動けるのが特徴です。 特性を活かした豊富な型 ミミッキュは前述のとくせいと豊富なわざによって型が読みづらいのが特徴です。 何でも耐える=生存しやすいと考えて「トリックルーム」要因に 何でも耐える+「かげうち」=殴り合いに強いと解釈してアタッカーに といったように、180度違った配分・構成を取ることが出来ます。 その他にも攻撃技・補助技ともに実戦レベルのわざを大量に覚えるため、パーティによって様々な構成を取ることが出来ます。 ミミッキュの技 有用な攻撃技 じゃれつく タイプ一致技。 外しが負けに直結するので注意。 ゴーストダイブ タイプ一致技。 まもる貫通で絶対に当たる溜め技で、ターン稼ぎにも有効。 シャドークロー タイプ一致技。 威力は低いが即時打点を出せる。 かげうち タイプ一致の先制技。 射程を広げられる優秀なわざ。 ウッドハンマー 命中安定・高火力の草打点。 タイプ一致の「シャドークロー」よりも火力がある。 ドレインパンチ バンギラス、ドリュウズ、キリキザン等との殴り合いに有用。 有用な変化技 つるぎのまい こうげきランクを上昇させる。 まもる 大事に扱いたい場合に。 トリックルーム 特性のお陰で発動しやすい。 ちょうはつ サポート系ポケモンへの妨害に。 おにび 素早さを活かして上から物理ポケモンを妨害できる。 でんじは トリックルームに次ぐ素早さ操作。 みちづれ 集中攻撃されやすい性質を活かして相手を道連れに。 のろい ミミッキュが腐ってしまう盤面で有用なわざ。 広い攻撃範囲を活かして様々なポケモンと打ち合うことが出来ます。 「ウッドハンマー」の枠はパーティに応じて「ドレインパンチ」「つるぎのまい」などを使い分けると良いでしょう。 この型のミミッキュを採用したパーティ 集計期間 順位 10位 6位 13位 14位 16位 17位 13位 21位 22位 21位 23位 23位 24位 15位 16位 18位 19位 9位 9位 8位 7位 9位 7位 8位 6位 7位 12位 ミミッキュとの主な組み合わせ ドラパルト ダイマックスドラパルトの「ダイホロウ」の防御低下と合わせて一気にビートダウンできる組み合わせです。 先発に並べても強いのですが、ゲーム中盤~終盤に真価を発揮します。 バンギラス ミミッキュの攻撃がやや通りにくい炎タイプに対して強く、逆にバンギラスの苦手なかくとうタイプにはミミッキュが強いという組み合わせ。 トリックルーム型、アタッカー型のどちらでも相性が良いです。 ミミッキュの対策 ナットレイ 高いぼうぎょと耐性、てつのトゲによって非常に有利なポケモンです。 しかし、 上を取れるポケモンでは無いので隣に縛られないように立ち回る必要があります。 トリックルームを展開して縛るのが最もポピュラーな形です。 アーマーガア ナットレイ同様、攻撃を受け切れるポケモンです。 自身のぼうぎょが上がっていない状態のアーマーガアでは隣と合わせて押し切られる可能性もあるため、「てっぺき」「ダイスチル」等を積んでおくとなお安心でしょう。 ドリュウズ 特性「かたやぶり」によってミミッキュの「ばけのかわ」を貫通することができます。 ただし素のすばやさでは負けているため、アタッカー型の「ゴーストダイブ」に翻弄されないように型を見極める必要があります。 さいごに ダブルバトルにおけるミミッキュの育成論と対策について紹介しました! みなさんのパーティ考察や育成の参考になれば幸いです。 記事内容は追加され次第更新していく予定です。 5世代を愛する男。 2020年も近いというのにBW2オフを主催している。 ダブルバトル、おえかき、冷静なツッコミを担当するイキリオタク。 アイコンはゆずとさんから。 <主な実績> PJCS(全国大会)2016,2018,2019出場(ゲーム部門)、WCS(世界大会)2016,2018 Day1出場(ゲーム部門)、世界大会の配信中に「Right guy looks cute. 」と言われる(ゲイ部門) 関連する記事• 2020. 04 レンタルチームID:0000 0006 H6D5 DX 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 16 レンタルチームID: 0000 0000 KGVT JF 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 個 […][…]• 2020. 11 レンタルチームID: 0000 0003 3N9N P8 目次 1. はじめに2. 構築経緯2. […][…]• 2019. 12 レンタルチームID:0000 0000 1HW3 M3 目次 1. はじめに2. 構築経緯3. 構成 […][…]• 2020. 13 目次 1. はじめに2. 概要3. 大会結果3. 上位入賞者3. KP3. KP所感4. […][…].

次の

【ダブル】ミミッキュの育成論と対策【ポケモン剣盾】

ミミッキュ剣盾

ミミッキュの強力な点• 特性「ばけのかわ」による行動保証• 「つるぎのまい」を使用し、並以上の素早さから強力な攻撃を仕掛けてくる• 一致先制技も持つ• ダイマックス技によって火力を底上げしつつ防御を下げたり状態異常を無効にする手段もある• 一致技によるタイプの補完もよい• 構成によっては受け潰しも可能 前作では鬼火などの状態異常よって火力を落とす事が出来たミミッキュですが、ダイマックス技の「ダイフェアリー」によってミストフィールドを展開し、状態異常を完全に防ぐ手段を得ました。 更にダイマックス技の「ダイホロウ」の追加効果で防御ダウン行うも出来るので単純な数値受けもしづらくなり、 アタッカーとして非常に強力にまとまっています。 更に「のろい」「いたみわけ」などを利用して大きく削りを入れてきたり、「トリックルーム」を使用してダイジェットを逆手にとる型なども存在します。 アタッカー型に関してはこちらも積み前提のタイプ受け、ミミッキュの攻撃を下げながらの数値受け、ミミッキュ全般においては特性「かたやぶり」によって「ばけのかわ」を貫通して落とす、連続技で「ばけのかわ」を貫通して落とす、相手の「ばけのかわ」を発動させた後にこちらのミミッキュで「ばけのかわ」を利用して倒すなどが主な対処法として挙げられます。 また、 先制して「ちょうはつ」を使用する事で「つるぎのまい」「のろい」「いたみわけ」などミミッキュに採用されやすい技を何れか無効にする事が出来ますが、変化技を使用せずに攻撃された場合もしっかりと考慮して技を選択していきましょう。 環境毎にどんな型が流行っているかを分析して対応していくとより安定した対策が可能になります。 具体的な対処例 特性「かたやぶり」 ミミッキュの代名詞とも言える「ばけのかわ」の 『攻撃を一度無効化する』という効果を無効にしてダメージを与えられます。 ミミッキュは素の耐久が高いわけではないので、特に物理技であれば弱点を突く、高火力のポケモンを使うなどで落とせる可能性が高くなります。 特性「かたやぶり」を持つポケモンの中でも、鋼タイプによってフェアリー技を受ける事が出来、且つ火力も高い「ドリュウズ」が特にオススメです。 素早さはミミッキュよりも低いので「link こだわりスカーフ」などを持たせる必要はありますが、「つるぎのまい」を使用するターンに後出しからでもミミッキュに大きな圧をかける事が可能です。 その他「オノノクス」はフェアリータイプで抜群を取られてしまうので後出しこそ厳しいものの素早さがミミッキュより早く、高い物理攻撃から圧力をかけられます。 タイプによって後出しもしやすく、特性の「ミラーアーマー」によって「ダイホロウ」の防御ダウンも跳ね返せる「アーマーガア」や、相手のランク補正を無効化出来る特性「てんねん」を持つヌオーなどが有力な候補となります。 どちらも防御を上昇させる技とHPを回復する為の技を持っている為、受けとして安定した仕事が見込めます。 攻撃側 防御側 ダメージ結果 命の珠持ち特化ミミッキュ(ダイフェアリー) HB特化ヌオー 24. 連続技は威力が低い場合が多いのでこれのみで倒すのは難しい事がほとんどですが、一切ダメージを与えられなかったという事が無くなるのでミミッキュに対しては通常の攻撃よりもバリューが高い行動と言えます。 パルシェンは特性の「スキルリンク」によって連続技が確定で5回出る上に防御が高く、対面からであれば「からをやぶる」による火力上昇で「ばけのかわ」が未発動の状態からでもHPを大きく削る事が出来ます。 「ばけのかわ」が残っている状態vs「ばけのかわ」を消費している状態であれば「つるぎのまい」による攻撃上昇問わず消費していない方が圧倒的に有利となるので どのタイミングでミミッキュを出すか、相手の「ばけのかわ」を消費させるか、というのをしっかりと考えつつターンを進めていくのが重要になります。 メインメニュー•

次の