インスタグラム タグ。 インスタグラムの検索方法を解説!友達・名前・ハッシュタグ複数検索の仕方

インスタグラムの「タグ付け」とは──やり方や通知の仕組み、削除方法などを解説

インスタグラム タグ

インスタグラムの投稿自体は写真や動画を選択、画面右上の「次へ」を2回タップして、最後に「シェア」とタップすれば投稿ができるシンプルな流れになっているが、投稿に関連する「フィルター機能」、「ハッシュタグ」や「タグ付け」、「位置情報」などについてを詳しくまとめてみた。 関連 目次• PCからの投稿 インスタグラムはリリース当初から基本的にスマホアプリでの利用を前提にしているが、WindowsやMacなどの PCの場合には基本的に投稿ができないが、ログインすれば下記のように利用することが可能だ。 いいね• コメント• フォロー、フォロワーの管理• アカウント設定 なので、基本的にはiPhone、またはAndroidアプリからの投稿のみとなる。 なお、iPhoneとAndroidでは微妙にボタンなどの位置が異なるが投稿の流れはほぼ一緒。 投稿方法 インスタグラムの通常投稿では下記の3つの方法があるが、今回はよく使うライブラリからの写真投稿方法について紹介。 ライブラリ 写真アルバムのライブラリから写真、又は動画を選択して投稿• 写真 スマホのカメラを使って写真を撮影して投稿• 動画 スマホのカメラを使って動画を撮影して投稿 写真の追加 ホーム画面で画面下部の 投稿ボタンをタップ。 初めての場合には、スマホ端末の写真アルバムや位置情報、マイクへのアクセス許可が求めらるので許可を出しておく。 投稿ボタンをタップしたら、下記の手順で写真を選択。 今回は 複数枚の投稿方法について見てみるが、一枚のみの投稿の場合には写真選択したら右上の「次へ」を選択してへ。 縦長と横長が混合の場合は最初に選んだ長方形の向きに揃えられる。 そしたら 複数を選択をタップ。 「複数を選択」をタップすると、10枚まで選択して投稿でき、選択した写真は右上に数字が表示される。 写真と動画を同時に投稿することも可能だ。 投稿する写真の選択が完了したら右上の 次へを選択。 フィルター適用 フィルター加工や写真編集に興味がない場合は、へ。 インスタグラムには写真を素敵に見せるフィルターが付いているので、タップして色々と試してみるといいだろう。 ちなみに、フィルターをタップすると複数の写真に一括で適用されるので、個別に適用&編集をしたい場合には写真をタップ。 上記の画面で写真をタップすると個別にフィルターの適用&編集ができる。 なお、既に適用しているフィルターをもう一度タップするとフィルターの詳細設定ができるのでタップ。 スライダードラッグでフィルター適用の強弱、スライダー右横のアイコンタップで写真に枠を設定できる。 終わったら 完了で戻ろう。 なお、フィルターだと現実離れしすぎだという場合は、編集機能を使って適度に調整するのもお薦めだ。 フィルターの非表示・並び替え・管理 フィルターは長押し&ドラッグで順番を並び替えたり、中央の「X」にドラッグで非表示にできる。 非表示にしたフィルターは、フィルターを左にスライドして一番右にある 管理メニューから変更できる。 フィルターの管理画面だが、左隅のアイコンドラッグで順番の並び替え、右のチェックで表示の切替ができる。 LUXの設定 前の画面に戻ったら今度は 画面上部のアイコンLUXを選択。 LUXは、コントラストという機能に凄く似ているが、LUXはコントラストよりも画面に重みや柔らかさをさらにもたせたい場合にスライダーで調整する。 ふんわり柔らかい写真の編集設定 続いては、 編集メニューを見ていきたいが結構な設定が項目があるので、紹介しきれないが、基本的にスライダーを動かすことで写真の角度を変更したり、写真の明るさ・コントラストなどを細かく設定できるので、色々と試してもらえれば。 なお、人物写真の重み減らして少しふんわり柔らかくさせたい場合の設定として、写真の状態にもよるが下記を参考にしてもらえれば。 LUXもコントラストと似ているので、合わせて使うといい。 コントラスト -5〜-30• とまあ、細かく設定について紹介したが、1つずつ設定するのは大変なので、基本的に1枚のみの投稿か、すべて同じフィルターを適用した方が楽。 また、写真を長押しで投稿の順番を変えたり、ゴミ箱にドラッグで削除ができるようになっている。 終わったら右上の 次へをタップ。 ハッシュタグ あとは投稿に関する文字を入力してシェアをタップすれば投稿が完了だが、ここではさらにハッシュタグというものに触れたい。 ハッシュタグとは簡単に言ってしまえば、投稿された世界中の写真をグルーピングする機能だ。 例えば、ディズニーに行ったとして、あなたは「ディズニー好きの人と感動を共有したい」と思うことがあるかもしれない。 そこで、投稿する写真や動画に「 ディズニー」などのようなハッシュタグと一緒に投稿することで、同じようにディズニーを投稿した他の人の写真と一緒にグルーピングされて、ハッシュタグページでそのグルーピングされた投稿の一覧を閲覧することができるようになっている。 実際にこののハッシュタグを見てもらうと分かりやすいだろう、ディズニーに関する写真が表示されるはずだ。 このハッシュタグを使うことで多くの人に見てもらえる機会が増えて、フォロワーを増やしたい人にはお薦めの機能となっている。 実際のやり方を見てみよう。 「キャプションを書く」をタップ。 入力画面が開いたら、文字投稿とは別に、「 キーワード」のように関連付けたいキーワードの頭に半角の「 」を入力すると、下記のように関連するハッシュタグが表示されるので、それを選択するだけ。 サンプルの夕焼けのハッシュタグは「投稿3. 7M件」とあるが、これは370万件以上の投稿がある人気のハッシュタグだということになる。 ハッシュタグ投稿の際には下記のようなルールがあるので、これらに注意して入力したい。 半角のシャープをキーワードの頭に入れる• ハッシュタグの前後にはスペースを入れる• ハッシュタグは30個まで• キーワードの間にスペースを入れない• 特殊記号は使えない ハッシュタグについて更に詳しく知りたい人はこちら。 タグ付け タグ付けとは、写真に友達が移っている場合に友達を写真に関連付けることで下記の効果が得られるが、人によってはタグ付けを嫌がったりタグ付けを禁止している人もいるので、配慮も必要だったりする。 友達に通知して気づいてもらえる• 関連付けた友達へのリンクが貼られる• 友達のプロフィールページのタグ項目に表示される• 他の人にも友達を知ってもらえる• 友達以外の、例えば好きなアーティストをタグ付けすることも可能 やり方を見てみよう。 タグ付けするをタップ。 表示された写真か、スワイプして他の写真を表示して写真をタップ。 するとタグ付け候補のアカウントが表示されるが、タグ付けしたい人がいなければ検索欄から検索して表示されたアカウントを選択。 ちなみにタグ付けは、一枚の写真に対して複数人に対して行うことができる。 タグ付けの削除 タグ付けすると下記のように表示されるが、タグはドラッグして位置を変更ができる。 登録したタグの削除だが、まずは タグをタップ。 そしたら Xが表示されるので、それをタップすればOK。 位置情報の追加 次は位置情報の追加。 これはどこそこに行った、というような情報を追加するものだ。 これによってハッシュタグと似たような効果が見込める。 つまりは行った場所を追記することでそこに関心を持つ人に見てもらえる可能性が増えるということだ。 やり方だが、 位置情報を追加をタップ。 後は、候補に場所が表示されていればそれを選択し、なければ検索して探すといいだろう。 投稿 これで一通りの投稿準備は整ったが、Facebookやツイッターなどと連携して投稿したい場合には、スイッチをオンに。 詳細設定ではコメントのオフ機能や投稿する地域を設定できるが、よっぽどの理由がない限りは設定は不要。 そんなわけで、あとは右上の シェアをタップすれば投稿は完了。 インスタグラム使い方ガイド 初心者向け基本ガイド• ストーリー使い方ガイド• 裏技・便利な活用方法• その他のエラー・退会など•

次の

インスタグラムの検索方法を解説!友達・名前・ハッシュタグ複数検索の仕方

インスタグラム タグ

インスタグラムの「タグ付け」とは? インスタグラムの「タグ付け」機能について、その仕組みや特徴などを解説します。 フィード投稿に付けるのが「タグ」、ストーリーに付けるのが「メンション」 インスタグラム においてタグ付けもメンションも、その用途や効果はほぼ同じ。 写真に写っている人や、投稿に関係ある人を紹介するための機能です。 一般的に、フィード投稿に写っている人物につけるのが「タグ」、ストーリーに写っている人物につけるのが「メンション」だと認識してもらえればいいでしょう。 メンションのやり方や仕組みについては、以下の記事で詳しく解説しています。 気になる人は参照してください。 画面下部のハート型アイコン(アクティビティ)に通知が入るほか、オンにしている場合はバナー通知も届きます。 これは、投稿と同時に自動的に届いてしまうものなので、回避はできません。 誰かをタグ付けすると、確実にバレてしまうことになります。 タグ付けされた投稿はプロフィール画面でまとめて見られる 自分がタグ付けされた投稿は、自身のプロフィール上にまとめて表示されるのが特徴です。 プロフィールを開いて、「吹き出し+人型アイコン」をタップするとタグ付けされた投稿がまとめて確認できます。 なお、この一覧は自分をフォローしている人も閲覧できます。 見られたくない投稿などは、にしておくといいでしょう(後述)。 appllio. com インスタグラム投稿で「タグ付け」する方法 1回の投稿で最大で30人、タグ付けできます。 なお、人物以外でもタグ付けは可能で、画像内のどこにでも付けることができます。 フィード投稿にタグ付けする 新規投稿画面で[タグ付けする]を選択して、タグ付けしたい人物のユーザーネームを入力、該当するユーザーを選んでください。 ドラッグしてタグの位置を調節したら、[完了]ボタンをタップ。 最後に、任意でキャプションや撮影場所などを入力したら[シェア]ボタンを押せば、フィード投稿へのタグ付けは完了です。 なお、[ビジネスパートナーをタグ付け]できるのは、ビジネスプロフィールを持ったクリエイター、著名人、パブリッシャーなどに限られます。 過去の投稿にタグ付けする 過去にフィードへ投稿した画像に、後からタグを付けることもできます。 基本データを編集の画面に推移したら、[タグ付けする]をタップ。 あとは通常のタグ付けと同様、検索ウィンドウにユーザーネームを入力し、該当するユーザーを選べばOKです。 付けられたタグを削除・非表示にする方法 写真うつりが悪かったり、他人に見せてはまずい内容だったりして、タグ付けされて困ることもあるでしょう。 そんなときインスタグラムでは、自分のタグに限って投稿者の許可なく削除したり、非表示にしたりできます。 付けられたタグを削除する方法 削除の方法はかんたん。 タグを削除したい投稿で自分のアカウント名が書かれたタグをタップします。 展開したメニューから[投稿から自分を削除]を選択し、確認メッセージで[削除]をタップすればOKです。 なお、 タグを削除しても投稿者に通知はされません。 ただし、投稿者が後から画像を見返し、タグが削除されたことに気づく可能性はあります。 できれば、理由と合わせてあらかじめ相手に伝えておきたいところです。 タグ付けされた投稿を非表示にする タグ付けされた投稿を自分のプロフィール上に限って非表示にするという方法もあります。 依然として相手の投稿にはタグが表示されるので、相手に気づかれる可能性は低いでしょう。 自分のアカウント名が書かれたタグをタップし、展開したメニューで[プロフィールに表示しない]を押したら、完了です。 プロフィールのタグ付けされた投稿一覧の中から、投稿が消えているはずです。 消えない場合は時間を置くか、端末やInstagramアプリを再起動してみてください。 非表示は、あくまで自分のプロフィール上からタグ付けされた写真を非表示にできるだけなので、相手の投稿にはタグが残り続けます。 再度自分のプロフィールに表示させたい場合は、タグをタップして[プロフィールに表示]をタップしてください。 相手をブロックすればタグ付けされない タグ付けは、フォロー・フォロワー関係でなくても一方的にできてしまう仕組みになっています。 まったく知らない人からタグ付けをされたり、悪意のあるタグ付けをされたりといったトラブルも考えられるでしょう。 その場合、タグを削除した上でブロックすれば、その相手からは二度とタグ付けされなくなります。 また「報告する」機能を使って、違反行為などをInstagramへ通報するのも1つの手です。

次の

インスタグラム「タグ付け」コメント欄での「メンション」スパムの対処法・解決方法

インスタグラム タグ

インスタグラムの「タグ付け」とは? インスタグラムの「タグ付け」機能について、その仕組みや特徴などを解説します。 フィード投稿に付けるのが「タグ」、ストーリーに付けるのが「メンション」 インスタグラム においてタグ付けもメンションも、その用途や効果はほぼ同じ。 写真に写っている人や、投稿に関係ある人を紹介するための機能です。 一般的に、フィード投稿に写っている人物につけるのが「タグ」、ストーリーに写っている人物につけるのが「メンション」だと認識してもらえればいいでしょう。 メンションのやり方や仕組みについては、以下の記事で詳しく解説しています。 気になる人は参照してください。 画面下部のハート型アイコン(アクティビティ)に通知が入るほか、オンにしている場合はバナー通知も届きます。 これは、投稿と同時に自動的に届いてしまうものなので、回避はできません。 誰かをタグ付けすると、確実にバレてしまうことになります。 タグ付けされた投稿はプロフィール画面でまとめて見られる 自分がタグ付けされた投稿は、自身のプロフィール上にまとめて表示されるのが特徴です。 プロフィールを開いて、「吹き出し+人型アイコン」をタップするとタグ付けされた投稿がまとめて確認できます。 なお、この一覧は自分をフォローしている人も閲覧できます。 見られたくない投稿などは、にしておくといいでしょう(後述)。 appllio. com インスタグラム投稿で「タグ付け」する方法 1回の投稿で最大で30人、タグ付けできます。 なお、人物以外でもタグ付けは可能で、画像内のどこにでも付けることができます。 フィード投稿にタグ付けする 新規投稿画面で[タグ付けする]を選択して、タグ付けしたい人物のユーザーネームを入力、該当するユーザーを選んでください。 ドラッグしてタグの位置を調節したら、[完了]ボタンをタップ。 最後に、任意でキャプションや撮影場所などを入力したら[シェア]ボタンを押せば、フィード投稿へのタグ付けは完了です。 なお、[ビジネスパートナーをタグ付け]できるのは、ビジネスプロフィールを持ったクリエイター、著名人、パブリッシャーなどに限られます。 過去の投稿にタグ付けする 過去にフィードへ投稿した画像に、後からタグを付けることもできます。 基本データを編集の画面に推移したら、[タグ付けする]をタップ。 あとは通常のタグ付けと同様、検索ウィンドウにユーザーネームを入力し、該当するユーザーを選べばOKです。 付けられたタグを削除・非表示にする方法 写真うつりが悪かったり、他人に見せてはまずい内容だったりして、タグ付けされて困ることもあるでしょう。 そんなときインスタグラムでは、自分のタグに限って投稿者の許可なく削除したり、非表示にしたりできます。 付けられたタグを削除する方法 削除の方法はかんたん。 タグを削除したい投稿で自分のアカウント名が書かれたタグをタップします。 展開したメニューから[投稿から自分を削除]を選択し、確認メッセージで[削除]をタップすればOKです。 なお、 タグを削除しても投稿者に通知はされません。 ただし、投稿者が後から画像を見返し、タグが削除されたことに気づく可能性はあります。 できれば、理由と合わせてあらかじめ相手に伝えておきたいところです。 タグ付けされた投稿を非表示にする タグ付けされた投稿を自分のプロフィール上に限って非表示にするという方法もあります。 依然として相手の投稿にはタグが表示されるので、相手に気づかれる可能性は低いでしょう。 自分のアカウント名が書かれたタグをタップし、展開したメニューで[プロフィールに表示しない]を押したら、完了です。 プロフィールのタグ付けされた投稿一覧の中から、投稿が消えているはずです。 消えない場合は時間を置くか、端末やInstagramアプリを再起動してみてください。 非表示は、あくまで自分のプロフィール上からタグ付けされた写真を非表示にできるだけなので、相手の投稿にはタグが残り続けます。 再度自分のプロフィールに表示させたい場合は、タグをタップして[プロフィールに表示]をタップしてください。 相手をブロックすればタグ付けされない タグ付けは、フォロー・フォロワー関係でなくても一方的にできてしまう仕組みになっています。 まったく知らない人からタグ付けをされたり、悪意のあるタグ付けをされたりといったトラブルも考えられるでしょう。 その場合、タグを削除した上でブロックすれば、その相手からは二度とタグ付けされなくなります。 また「報告する」機能を使って、違反行為などをInstagramへ通報するのも1つの手です。

次の