いざ なみ ひふみ。 イザナギとイザナミの国造り 高天原、地上の世界、黄泉の国 <ひょうご伝説紀行

イザナギとイザナミの国造り 高天原、地上の世界、黄泉の国 <ひょうご伝説紀行

いざ なみ ひふみ

まずは景気拡大期間のランキングから掲載します。 景気拡大期間のランキング 景気拡大・景気後退の定義は各国によって異なります。 欧米では「2四半期連続のマイナス成長」となると景気後退とみなし、これを回避している間は景気拡大とみなされます。 日本では内閣府が景気動向指数をベースに景気の山と谷を判断しています。 下記が 日本の景気拡大期間のランキング上位です。 2012年12月からスタートした「アベノミクス景気」は2019年1月に過去最長のいざなみ景気を超えました。 ただし、景気の山と谷の判断は、景気動向指数研究会での有識者の議論を踏まえて、内閣府の経済社会総合研究所長が行うこととなっており、確定するまで1年~1年半程度かかります。 (よって、正確には2019年時点でアベノミクス景気がいざなみ景気を抜いたことは、まだ確定していません) ただ、いずれにしてもアベノミクス景気は戦後最長レベルの景気拡大期間となっていることは間違いありません。 しかし、世の中では「そうはいっても好景気を実感できない」という声も多く聞かれます。 ここからは、上記の景気拡大期間で株価やGDPがそのように推移したかを検証してみたいと思います。 景気拡大期間の株価とGDP 年次の古い順に株価とGDPの推移を掲載します。 いざなぎ景気の株価とGDP (1965年11月~1970年7月) 景気拡大期間は57ヶ月と過去3番目の長さとなりました。 日本の高度成長期であり実質GDP成長率は平均10%前後、名目では15%前後と極めて高い成長率となっています。 この時期はカラーテレビが普及し始めるなど、日本人の生活水準が目に見えて変化している時期です。 為替相場は固定相場制でこの間は全て1ドル=360円でした。 ちなみに、1970年の日本の1人当たりGDPはまだ約2,000ドルの水準です。 株価は約5年間の間にピーク時1. 8倍以上と大きく上昇しました。 バブル景気の株価とGDP(1986年12月~1991年2月) 景気拡大期間は51ヶ月と過去4番目の長さとなりました。 まさにバブル絶頂期です。 実質GDP成長率は概ね5%~6%前後で推移しました。 この間、名目GDPは拡大し続けましたが、株式市場は1989年12月にピークを打ち、長期下落相場へと突入しました。 1986年~1989年の3年間でTOPIXは約2倍となりました。 またそれ以前も1975年以降は右肩上がりで上昇しており、1986年~1989年はバブル相場の最終局面となりました。 内閣府が景気の山と判断した1991年2月よりも1年以上も前に株価はピークをつけて下落したことになります。 1990年~1991年頃は株価は大幅に下落していましたが、国民の感覚としては景気が悪化すると思っている人はほとんどおらず、株価の見通しについても近い将来に回復すると楽観的な見方が大半でした。 この時はこれから失われた30年が始まるとは、誰も想像できませんでした。 いざなみ景気の株価とGDP (2002年2月~2008年2月) 景気拡大期間は73ヶ月と2018年11月時点では過去最長の景気拡大期間となっています。 この時期の特徴として回復期間の初期は前年同月比ベースはGDP(名目・実質共に)がマイナスとなっています。 また、名目GDP成長率より実質GDP成長率が高い状態が続いていることからデフレ(物価のマイナス成長)が進んでいたことが分かります。 景気は拡大していたものの、まさに「デフレの時代」でした。 この期間はBRICsをはじめとする新興国ブームで、新興国の成長が米国や日本をはじめとする先進国にプラスの影響を与えていました。 株価(TOPIX)は2003年のボトムから2007年のピークまで2倍以上となりましたが、デフレの影響もあり名目GDPがそれ程拡大していないことから、一般の人が実体経済において好景気を実感することはあまりなかったと想定されます。 いざなみ景気は2008年2月まで景気拡大が続いていますが、金融市場では2007年頃から米国のサブプライムローンが問題視されはじめ、株式やリートは軟調な動きとなっていました。 この後、2008年9月のリーマンショックにより更なる景気悪化となりました。 アベノミクス景気の株価とGDP(2012年12月~) 2012年12月に始まったアベノミクス景気は2019年1月末には景気拡大期間が74ヶ月と「いざなみ景気」の記録を抜いて過去最長の景気拡大期間となっています。 (2019年時点でまだ確定はしていません) 上記のいざなみ景気と比較するとGDPの実数は拡大傾向であり、デフレも解消していることから、いざなぎ景気やバブル景気程ではないにしろ、ある程度好景気を実感することができると思われます。 アベノミクス景気が長期化できた理由として日銀の貢献も大きいと感じます。 2%のインフレ目標やマイナス金利の導入に加え、大規模金融緩和の一環で主要国の中央銀行では初の株式・REITの買入れまで行いました。 さらに、米国の好景気が続いたことも、アベノミクス景気が長期化できた要因として大きいと考えられます。 やはり、日本経済は米国をはじめとするグローバル経済の動向に大きく影響を受けます。 国民の感覚と一部違うかもしれませんが、マクロデータから判断すると アベノミクス景気は2000年代のいざなみ景気より実態の伴う景気拡大と言えそうです。

次の

伊弉冉一二三の過去と女性恐怖症の理由?ひふみの月収は?

いざ なみ ひふみ

マイルーム パターン1 今日という日は、残りの人生の最初の日なんだ。 覚えておいて。 パターン2 先生のことは敬愛している。 でも一緒にお酒は遠慮したいな。 パターン3 今日も一日お疲れ様。 疲れを残さないようゆっくり休むんだよ? パターン4 聞こえる・・・・・・子猫ちゃんたちが僕を呼ぶ声が・・・・・・! パターン5 おや、僕の顔に見とれてどうしたんだい? パターン6 子猫ちゃんからの贈り物が部屋から溢れて大変だよ。 幸せな悩みだね。 パターン7 外から帰ってきたら、手洗いうがい。 それが健康を守るための基本だよ? パターン8 先生が世界を変えるというなら、僕は全力でサポートするまでさ。 それが恩に報いることになるからね。 パターン9 今度一緒に釣りでもどうかな?釣り友の先生も一緒にね。 パターン10 僕の作る食事はシンジュクでも10本の指に入るくらいおいしいのさ!。 パターン11 独歩君には、いつも世話になりっぱなしで頭が上がらないよ。

次の

ヒプノ●スマイクのシンジュク・ディビジョンが怖い。

いざ なみ ひふみ

一二三がやばい。 読み方は、いざなみひふみ。 マイクのキャターだ。 シンジュク・ディビジョンの代表MCグループ「麻天狼」の一二三、a. a がやばすぎる。 まず、彼は ほとんど 公式で、である。 つまり多重人格者なのだ。 ファンの間では、主人格が一二三で、別人格がという暗黙の認識がある。 マイクには、ほかにも突然豹変するキャターがいる。 例えば、「いつも女の子みたいに可愛いのに、過去のことにふれるとドスの効いた地声で怒る人」とか、「いつもは聖母のように静かで穏やかなのに、酒を飲むとべらんめえになる人」など。 でも、一二三はその誰とも違う、ガチガチの多重人格者なのである 個人的な意見です。 その理由は以下の通り。 一二三には「女性恐怖症」と「No. 1 ホスト」という2つの設定がある。 おかしいとは思いませんか。 女性恐怖症の人間に、ホストができるだろうか。 主格の一二三は、女性恐怖症である。 公式サイトには、 「それ 女性恐怖症 を克服するためにホストになり、努力の末、『スーツを着ると女好き』へと変貌するようになった」 とある。 つまり、なんらかの原因により女性恐怖症になり、それを克服するために第二人格の「女好きホスト」を生み出した、ということなのである。 原因により関してはなんの公式情報もないが、恐らくマイクの世界が「女尊男卑」の世界ということと多少は関係があるとの考察が有力である ここまで読んで、「シンジュク・ディヴィジョンやべえな…」と思った人は、実はそこまでいないのではないだろうか。 多重人格のキャターくらい他にもいるっしょ、と。 しかし、もう一人「やばい人」がいるのだ。 同シンジュク・ディビジョンの麻天狼メンバー、観音坂独歩 かんのんざかどっぽ である。 観音坂独歩は、麻天狼のメンバーということを除けば、普通のサラリーマンだ。 医療系機材会社の営業という、女性向けコンテンツに出てくる男性キャターにしてはなんとも生々しい設定がある。 ちなみに、一二三と観音坂独歩はどちらも29歳だ。 これもまた生々しい。 彼には「超絶者」という設定がある。 なんでもかんでも自分のせいだと思い込み、口癖は「ごめんなさい」、「俺のせい」。 仕事でも頭を下げ、MCバトル前も敵に頭を下げる……。 そんな暗い彼の唯一の友達が、一二三なのだ。 一二三、観音坂独歩。 実は、この二人は幼馴染なのだ。 前述の通り、二人とも29歳である。 ここが一番大切なのだが、 二人は、公式で、同居している。 29歳のおっさん二人が同居するのは、どういう状況だろうか。 しかも片方は、かなりの収入があると思われる、ナンバーワンホスト。 二人が恋人なら、何らおかしいことではない。 しかし、もし恋人でなければ……何なのだろうか。 私がこの二人を「やばい」と思うのは、二人の依存関係だ。 この2人の同居は、ただのではない。 互い以外を諦めた男たちの、ドロドロのだ。 一二三は少しでも女性が近くにいると、すぐに怖がって独歩の後ろに隠れる。 時にはパニック状態になってしまうこともある。 一二三モードの時は、一人で出歩くことすら困難なのだ。 女性恐怖症だから、ずっとでいない限り、女性との恋愛はできない 彼が同性愛者なら大した問題ではないが。 女性のいない所では明るい性格だから友達は少なくなさそうだが、女性恐怖症でパニックになった時助けてくれるのは、必然的に幼馴染の独歩だ。 一二三には、独歩しかいないのである。 対して独歩は、会社でのストレスが積もり積もる毎日を過ごしている。 しかし、家に帰れば主婦のように掃除洗濯をこなしてくれる一二三がいるのだ。 「一二三は手先が器用で、独歩の破れたスーツを縫う」「朝は一二三が朝食を作り、独歩を起こす」などというBL漫画のような公式設定もある。 更に、前述した「彼はネガティブな性格のせいで友達が少ない」というのも公式だ。 つまり、独歩にもまた、一二三しかいないのである。 いつか一二三が女性恐怖症を完全に克服して、という人格に頼らなくても生きていけるようになったら、どうなるんだろう。 いつか独歩が、悲観的な性格を受け入れてくれる職場の女性なんかとお付き合いを始めたら、どうなるんだろう。 どちらか一方が欠点を克服するだけで、簡単に崩れそうなこの関係。 20年以上の仲だから大丈夫? いや、「大丈夫」という点が、大丈夫じゃないのだ。 一向に崩れ去る気配のない、29歳おっさん二人のこの奇妙な依存関係が、どこか恐ろしい。 作中では、この二人が精神干渉できる特殊なマイク「マイク」を使い、シンジュク・ディビジョンの代表として他の区画の猛者と命を懸けた戦いをする。 ちなみに、他のディビジョンには、元軍人、ヤクザ、警官、命知らずのギャンブラーなんかがごろごろいる。 現実的にそんな奴らと戦うには、二人はあまりに弱すぎる存在だ。 でも、二人だから強いのかもしれない。 最後に、シンジュク・ディビジョン代表チーム「麻天狼」にはもう一人メンバーがいるので紹介しておこう。 リーダーの、神宮寺寂雷 じんぐうじじゃくらい だ。 彼は35歳の医者である。 公式通りに言えば「天才医師」。 彼のフローは相手を回復させることができる。 麻天狼は、ボロボロになった一二三や独歩を、寂雷先生が何度も回復させる、ゾンビのような戦い方をするチームだ。 ちなみに彼は、変人を好むという傾向があり、彼が一二三と独歩を見つけ出して、麻天狼に誘ったのだ。 相互依存関係にある、陽気な多重人格ホストと、超絶ネガティブサラリーマン。 二人を「面白い」と、微笑みながら観察する天才医師。 麻天狼は、それらから成っているのである。 あまりに、やばすぎやしないか。 NataSeifriet.

次の