左利き 遺伝。 右利き・左利きの判断基準って?利き手診断ってあるの?右利きが多い理由や矯正方法の総まとめ

左利きが生まれる理由に「遺伝子と脳」は関係ないことが判明!謎多き利き手のメカニズムとは? (最新研究)

左利き 遺伝

CONTENTS• 世界中で右利きが9割占めています 今では左利きの人を強制的に右利きに矯正(言葉がダブった)することは少ないと思いますが、私が子供の時はなぜか左利きの人は右利きになおされていました。 私自身がなぜ人類は右利きが多いのか?という素朴な疑問を長年持っていて、多くの理系オッサンに質問した来ましたが、納得のいく回答が得られかったのです。 例えば字を書くとき日本や中国では右から左に書きますよね、となると昔は墨を使って書いていたので当然右利きの場合、せっかく書いた文字は左に進んで行く右手によって汚れてしまいます。 その点、左から右に書いていく西洋の文字の書き方は右利きに適していて、東洋の文字の書き方は右利き不利なように思えます。 人類の歴史は戦いの歴史でもあるので、心臓が左にあるんで、敵に対して武器をより近づけるために右手に槍や剣を持った方が致命傷を負わない、という考え方もあります。 という具合に人類の進化においてなぜ右利きが有利なのか、具体的な答えを見つけることが出来ませんでした。 世界中でも圧倒的に右利きが多いのです。 今回、なぜ人間は右利きが多いのか?ということを単純明快に説明した記事を見つけたのでご紹介します。 利き手に強く関連している遺伝子の同定 このネタ元はNew Scientistという面白い科学記事を集めたサイトです。 newscientist. この遺伝子は体の左右非対称に関わっているようで、心臓は左、肝臓は右、というような指令を出していて、この遺伝子を壊したマウスの実験では右側に心臓が出来てしまうことが起こるのです。 動物にも右利き、左利きがあるか? 実は動物でも利き手があるのですが、人間のように9:1の割合ではなく5:5の半々になっています。 となると当然、人間と動物の違いである「言語の使用」と「利き手」の間に関連性があるのではないか?と考えてしまいますよね。 それについても彼らは研究をしていて「失読症」とPCSK6の関係を調べていました。 plos. pgen. 1003751より この論文は専門用語が多すぎるので、元ネタのNew Scientistに話を戻します。 人間の言語中枢は脳の左、左脳が中心となっていますので、左の脳が他の動物と比較して発達したと考えられます。 脳神経は右半身は左の脳が、左半身は右の脳が支配しているので、言葉を使用することによって有利に生存してきた 人類は左脳が発達することにより、右半身、つまり右手の機能も発達してきた可能性が大になります。 左利きに天才が多いという都市伝説 ダビンチ、モーツァルト、アインシュタイン、ピカソらが左利きであったことが有名なために「左利き天才説」的な解釈がされています。 しかし、オバマ大統領を天才とは呼びませんし、エミネムも天才とは呼ばないと思います。 この都市伝説を証明するためには歴史上の天才を全てピックアップして、利き手を調べないと証明には至りません(こんな理屈を振り回すのでオッサンは嫌われる)。 でもね、日本だけでなく世界的にも左利きって子供の時に右利きに矯正されることが多いので、統計学的に「左利き天才多い説」を明らかにすることはまず不可能なんです、残念でしたサウスポーの皆様。

次の

はっきりしないメカニズム

左利き 遺伝

我が家は50%が左利き 私自身は左利き評論家を名乗っている以上もちろん左利きなのですが、私の妻も左利きです。 別に左利きの女性を選んで結婚したわけではありませんが、左利き同士引き合うものがあったのかもしれません(まあそれは偶然だと思いますw)。 そして我が家には二人の子どもがいます。 「左利きの夫婦から生まれた子どもなのだから左利きになる確率はたかいだろうなあ」と、少し楽しみにしていたのですが、予想・期待に反してふたりとも右利きでした。 左利きは遺伝?環境?どっち? 二人の子どもにおいて、右利きになるよう教育したことは一度もありません。 むしろ左利きになってほしかったくらいです。 先にも書きましたが、父親も母親も左利きです。 遺伝と考えるならば我が家からも左利きが産まれて当然と思われますが実際はそうではありませんでした。 (サンプル数が「1」なので世界中を調査すれば結果は違うかもしれませんが) 遺伝と言うならば私の両親はどうかというと、ふたりとも右利きです。 妻の両親も右利きです。 私の兄も右利きで、妻の姉も右利きです。 更にさかのぼり祖父母も右利き、血縁の親戚も右利きがほとんどです(一人だけ従兄弟に左利きがいます)。 このサイトを御覧頂いている左利きの方もどうでしょうか?ご家族や親戚に左利きはどれくらいいるでしょうか? 世界の人口の約10%が左利きと言われています。 私の血縁の家族・親戚での左利きの確率もおよそこれくらいなのではないでしょうか。 (これもサンプル数が少ないので統計学的に無意味と言われればそうなんですが) 実際に世界の10%、日本においては約11%が左利きと言う事実から、「種」としての人間には 10人に一人の確率で発生する突然変異のようなものかもしれません。 最新の研究では、英オックスフォード大学の研究チームが、 人の左右を決定する遺伝子を発見したそうです。 この人の左右を決定する遺伝子が人の利き手へも影響していると考えられるという話です。 後天的な左利きの存在 それとは別に、後天的に左利きになった人を数人知っています。 右手を怪我してしまいギプスで固定などして使えない期間に左手を使うようになり左利きになった人や、「左利きかっこいい」という理由で左利きの練習をしてマスターした人など様々です。 つまり、本人の意志で左利き(結果的に両利き)になることは可能ということは証明されています。 逆に昭和生まれの左利きの人などは小学校で右利きに矯正されてしまった人もいるのではないでしょうか。 後天的に右利きになることも昔は当然のようにあったため、「お箸は左利き、字は右利き」という人も少なくないと思います。 まとめ 左利きが生まれる理由ははっきりしていませんが、遺伝で左利きになる可能性は低いが、環境によって左利きになるものでもないとも言えます。 人の左右を決定する遺伝子を発見され、この遺伝子が人の利き手へも影響している可能性。 また、あとから訓練して左利きになることも可能。 左利きに憧れる人がいましたら、一生懸命練習すれば左利きになれますよ!頑張ってください!.

次の

遺伝的要因説

左利き 遺伝

右利きか、左利きかと問われたら、大半の人が右利きと答えるでしょう。 なぜなら左利きになる確率は10パーセント、たったの1割しか左利きの人は存在しないと言われているからです。 利き手はだいたい3歳から4歳頃に決まるとされています。 左利きは遺伝なのでしょうか。 確率から見ると、左利きの親から左利きの子供は生まれやすいという数字は出ているので、多少は遺伝も関係するのかもしれません。 しかしなぜ左利きになるのかは、いまだにはっきりとした答えが出ていないと言うのが実状です。 あくまでも確率で見た場合の話であり、科学的根拠はまだ実証されていないのです。 左利きの人について言われている特徴についても同じことが言えます。 左利きの人は右利きの人より寿命が短いという特徴があるとされています。 世の中の多くのものが右利き用に作られている為、左利きの人はストレスを感じやすく結果寿命が短くなるということだそうです。 しかしこれも遺伝と同じで科学的根拠は実証されていないのです。 【スポンサードリンク】 左利きって遺伝なの?左利きの遺伝の確率 一卵性双生児でも、右利きと左利きの子供が生まれることもあるため、遺伝とは言い切れないのが実状です。 両親が二人とも右利きの場合、10パーセントの子供が左利きになる可能性があります。 父親のみが左利きの場合、10パーセントの子供が左利きになる可能性があります。 母親のみが左利きの場合、20パーセントの子供が左利きになる可能性があります。 両親が二人とも左利きの場合、40パーセントの子供が左利きになる可能性があります。 これは遺伝の法則には当てはまらないそうです。 ということは遺伝ではないということになりますが、正確には、遺伝が関係している可能性はあるが解明されていないということでしょうか。 このように左利き発生のメカニズムがはっきりと解明されていないために、左利きの人にまつわる様々な説が存在しています。 もっとも一般的な説は「胎児が受ける脳の損傷」と言われています。 それは出生する前かもしれない、産道を通った時かもしれない、細菌性の髄膜炎によるものかもしれない、脳を損傷する可能性は意外と多いようです。 これらは病理的原因による左利き説で、左利きは後天的なものだと裏付けるものだとされています。 【スポンサードリンク】 左利きの人に見られる特徴 一番よく知られている特徴は「左利きの人は短命だ」という特徴ではないでしょうか。 カナダの学者の研究発表を週刊誌が取り上げたことから話題になり、その時の名残が今も残っているのでしょう。 左利きは女性より男性の割合の方が多いということは分かっていますので、平均寿命が短い男性の方が多いのですから、短命という統計になったのだということが推測されます。 この考えでいくと、短命なことと左利きは関係ないようにも思えます。 そして、右利き中心の世界の中で生きる左利きの人はストレスを受けやすいということもこの時発表されました。 そのストレスをため込むことで短命になるのだと。 しかし証明はされていませんし、別の学者が異議を唱える研究結果を発表しています。 インパクトが強かったことと、世の中の人たちが理解しやすい内容だったことから、今もこのような特徴があると思われているのです。 他にも ・数字が得意 ・芸術家肌が多い ・スポーツ選手には有利 ・アレルギー体質 ・睡眠障害 など様々なことが言われています。 しかしどれに関しても、「言われている」「割合が高い」「考えられている」というような言い方をされるものが多く、はっきりとした根拠がないものが多いのです。 いずれにせよ、利き手というのはその人の個性ですので無理に矯正したりする必要はないとされています。

次の