ドライいちじく。 ドライいちじくのおすすめ人気ランキング10選【栄養たっぷり!トルコ産や無添加タイプなど】

【美容食ドライフルーツの効果,効能,栄養は?】ドライいちじくがおすすめの理由

ドライいちじく

ドライいちじく1粒のカロリーは? ドライいちじく100gのカロリーは292Kcal です。 乾燥したものは、大きさも色々ですが、外国産の白いドライいちじくは15g位です。 カロリーは、 1粒15gだと約44kcalです。 ドライいちじくは、デーツより甘さは控えめですので、カロリーも低いかなと思いますが、デーツよりカロリーは高いです。 生のいちじくは100gで約49Kcalです。 1粒は約50gなので、生のいちじくのカロリーは約25Kcalです。 ドライの方がカロリーが高いのが分かります。 カロリーはドライいちじくの方が高いですが、ドライいちじくには生のいちじくよりも栄養が豊富に含まれているものが、たくさんあります。 どんな栄養が豊富なのか見ていきましょう。 ドライいちじくに豊富に含まれる栄養 いちじくは 「天然の 美容食」と呼ばれるほど栄養が豊富です。 どんな栄養が含まれているのか?生のいちじくとの違いを比べてみましょう。 ドライいちじくにはどんな栄養が含まれている? ドライいちじくに多く含まれている栄養素にはこのようなモノがあります。 ナトリウム• カリウム• カルシウム• マグネシウム• 銅 成分表示には出ていませんが、 エストロゲン、ポリフェノール、フィシンなども含まれています。 生のいちじくとドライいちじくの栄養価の違い ドバイいちじくは、栄養素を凝縮しており、生で食べるよりも栄養価が高いです。 生のいちじくより、2倍以上の栄養があるものがほとんどです。 成分名 いちじく(乾) いちじく(生) 単位 100gで何個分?(何粒分?) 6. 67 2 個 エネルギー(100g当たりのカロリー) 291 54 Kcal たんぱく質 3. 0 0. 6 g 脂質 1. 1 0. 1 g 炭水化物 75. 3 14. 3 g ナトリウム 93 2 mg カリウム 840 170 mg カルシウム 190 26 mg マグネシウム 67 14 mg リン 75 16 mg 鉄 1. 7 0. 3 mg 亜鉛 0. 6 0. 2 mg 銅 0. 31 0. 06 mg マンガン 0. 48 0. 1 0. 03 mg ビタミンB2 0. 06 0. 06 mg ビタミンC 0 2 mg ナイアシン 1. 2 0. 4 0. 7 g 食物繊維(不溶性) 7. 3 1. 2 g 食物繊維総量 10. 7 1. 9 g ビタミンCと葉酸以外は、生のいちじくよりもドライいちじくの方が栄養価が高いのです。 ドライいちじくの効能 便秘改善を強力サポート 水溶性と不溶性の両方の食物繊維を持っています。 腸内の有害な物質などを吸着し一緒に排出させる効果があります。 食物繊維がとっても豊富!どんな便秘にもきくと言うことです。 二日酔い予防や消化の促進 ドライいちじくに含まれているフィシンは、生のいちじくを切ると出てくる白い汁のようなモノです。 このフィシンという成分は、食べたものの消化を促進させてくれる効果があります。 二日酔いの予防にもなるので、飲み過ぎそうな飲み会の前などに食べるのもいいです! 女性に嬉しい!ホルモンのバランスを整える いちじくのつぶつぶには女性ホルモンと同じ働きをする「エストロゲン」がふくまれています。 エストロゲンは女性ホルモンのバランスを整えたり、PMS(月経前症候群)や生理痛を軽くしたり、更年期障害の症状を和らげる効果もあります。 欧米では不妊に効くとも言われています。 美肌を作る 「エストロゲン」は、コラーゲンの再生能力を高める効果もあるので、美肌つくりにもいいのです! ポリフェノールの一種である「ザクロエラグ酸」も含まれていて、シミやシワを予防して、美しい白い肌をキープできます。 貧血や冷え性の改善にもいい! 「鉄分」を多く含んでおり、貧血の改善にも役立ちます。 冷え性にも効果がある嬉しい食べ物です。 むくみも解消! 「カリウム」を多く含むドライいちじくです。 「カリウム」には体内の塩分を排出する働きをしますので、むくみや高血圧の予防になります。 骨や歯を丈夫にする! いちじくには「カルシウム」も多く含まれています。 「カルシウム」は骨や歯を生成し、丈夫にする働きがあります。 フルーツの中でも「カルシウム」を多く含んでいる「いちじく」ですが、乾燥したものは更に「カルシウム」をたっぷり含んでいます。 ドライいちじくを食べる時間と量 いつ食べるのがいい? 消化を助けてくれますので、食後に食べるのがオススメです!小腹減った時には、甘みもあるので、嬉しいおやつ代わりにもなります。 一日何個食べるか? 一日に食べるのは2個から3個位がいいです。 あまり食べ過ぎると、カロリーオーバーも心配ですし、食物繊維が多くなりすぎて、お腹が痛くなる事もありますので、注意しましょう。 女性にオススメのドライいちじくの食べ方 欧米の友人が教えてくれた女性にオススメのドライいちじくの食べ方は、ドライいちじくをオリーブオイルに漬けておくというもの。 カロリーアップはしますが、ドライいちじくの栄養と効果を最大限に活かせるのだと、オススメされました。 作り方は、簡単です。 上質なドライいちじく 40粒• オリーブオイル ドライいちじくを瓶などに入れ、オリーブオイルを瓶の上部まで注ぎます。 そのまま、ドライいちじくを40日ほど漬けます。 40日たったら、食事の前に1粒ずつ食べましょう!! 私はエキストラバージンオリーブオイルで作っていますが、更年期も軽々乗り切っています。 まだ、日本では知られていませんが、オススメの方法です! まとめ いちじくは、日本でも海外でも栄養価が高い事で知られている果物です。 生のいちじくは季節に関係しますが、ドライいちじくならいつでも食べる事ができて、たくさんの栄養と効果があります。 「天然の美容食」のいちじくは、積極的に生活に取り入れたいドライフルーツですね。 とくに女性には嬉しい効果がいっぱいあります。 甘いドライフルーツもいいですが、栄養を考えると、ドライいちじくを積極的に取り入れていきたいですね。 更年期の女性には、ご紹介したオリーブオイル漬けのドライいちじくはとってもオススメです。 最初に作る時には40日待つことになりますが、ぜひ作ってみてください!.

次の

ドライいちじくの栄養・効果・効能は?生との違いと摂取量について

ドライいちじく

地中海世界でも古くから知られ、古代ローマでは最もありふれたフルーツのひとつで、重要な甘味源でした。 最近の研究では、ヨルダン渓谷に位置する新石器時代の遺跡から、1万1千年以上前の炭化した実が出土し、イチジクが世界最古の栽培品種化された植物の可能性が出てきています。 当初は薬樹としてもたらされたそうですが、やがて果実を生食して甘味を楽しむようになり、挿し木で容易にふやせることも手伝って、手間のかからない果樹として家庭の庭などにもひろく植えられるになったそうです。 太陽がよく当たる高地栽培なので、美味しさ凝縮 高地は太陽に近いので、強い日差しを浴びる事と、急な山の斜面に木が立っているので、実にしっかりと日が当たる事により、糖度が高くなる特徴があります。 平地だと、隣り合った木や葉っぱの影で果実への日当たりが悪くなるんです。 ちょっとした違いに感じるかもしれませんが、美味しさは格段に違います。 フルーツに適した水はけのいい土地で育っています フルーツの栽培は水はけの良い土地が向いています。 必要最低限の水で育つことで、果実の甘みが濃縮されて甘くなるので、美味しさがちがいます 一般的なドライいちじくは、低地栽培 一般的に売られている多くのドライいちじくは低地栽培です。 高地栽培に比べて水はけは良くなく、果実への日当たりも良い環境とは言えない土地で育ったいちじくは、同じ国、同じ産地のドライフルーツであっても美味しさが大きく異なります。 小島屋は特徴が異なる、各地のいちじくを取り揃えています• ギリシャの果物は、強い太陽の光を浴びて育っている為、味が濃くて濃厚です。 このイチジクもフレッシュの状態ですと、糖度が30度を超えるロードス品種という、 高級ないちじくの品種になります。 トルコはイチジクの祖国ともいっても過言ではありません。 トルコ南西部のエーゲ海地方、イズミール市近郊が主な産地となります。 イランの乾燥した気候、照りつける太陽は、イチジクの成育に最適です。 イラン中南部にある国内有数のイチジク産地エスターバーナード地区で育まれたAAランク(最上級)のイチジクのみを仕入販売しております。 夏は高温で乾燥、冬にも降霜や多雨の心配がなく、カルフォルニア州はイチジクの栽培に非常に適した土地です。 またカリフォルニア州は自然のイチジクに関する厳しい規格が定められており、安全性の高い商品を送り出しております。 いちじくを仕入れているメーカーの社長ムレティンさんと先代社長のお父さんと一枚。 代々農家さんなので、いちじくを一番知り尽くしています。 左はムレティンさんのお母さん。 60歳近いですが、お母さんは今でもまだ現役で畑で収穫、選別、乾燥をしています。 いつも山の上の畑にいます。 まだフレッシュ感が少し残ってます• 外でも食べやすいので小袋に入れていつも持ち歩いています。 家ではいつも食卓にあり,ドライフルーツの苦手な子供も,このイチジクは良く食べています。 いちじく.

次の

いちじくのカロリーや糖質はどれくらい?ドライいちじくだと?

ドライいちじく

厳選の無添加ドライフルーツいちじく(イラン産・天日干し)です フルーティヤのいちじくには一切添加物が使用されておりません。 いちじくならではのおいしさを存分に味わって頂けると思います。 いちじくは栄養価の高い果物で、食物繊維、ビタミンB1、B2、C、カ ルシウム、鉄などといった優れた栄養素を含んでいます。 新鮮さにこだわったフルーティヤのドライフルーツいちじくはこれまでに召し上がったものとは一味も二味も違うものになるでしょう。 やや黒くなったり(商品が熟すためです)、やや白くなったり(糖分が結晶化するためです)、表面が緑がかった色になったり(熟度が足りず表皮の緑色が残った状態)しますが、商品の品質には問題ありませんので予めご了承願います。 また乾燥度が低いため品質が安定しにくくご注文時期や生産ロットによっては違いがでる事がございますのであらかじめご了承願います。 熟度が低いとやや白めで甘みはやや弱くなりがちで、熟度が高いとやや黒くなり酸味が出る場合もあります。 [表面に白い粉のようなものが浮き出るケース] 上記にも記載しておりますが、いちじくの持つ糖分が結晶化し表面に白い粉のようなものとして浮き上がる場合がございます。 [いちじくの中が黒変・褐色化するケース] いちじくの果肉等の黒変については、いちじくに含まれるアントシアニンという赤色色素が酸化することによって発生致します。 いちじくに含まれるアントシアニンの一種ペラルゴニジンは酸化すると黒く変色致します(またいちじくには鉄分が多く含まれているため酸化を促しやすい状態になっております) 通常、こういった酸化による変色を防止するために酸化防止剤を使用するのですが、当店のいちじくは無添加でございますので黒変化が起こる場合がございます。 食品表示法に基づく表記.

次の