プルダックポックンミョン 辛い順。 激辛!「ブルダックソース」の感想とレシピを紹介

もっともっと激辛ペヤングとブルダック炒め麺はどちらが辛い? 日韓激辛グルメバトル

プルダックポックンミョン 辛い順

チーズプルタックポックンミョン 辛いことで有名なインスタントラーメンの ブルダックポックンミョン。 ブルダックポックンミョンは、辛さや風味の違いでいろんな商品が販売されていますが、今回はチーズ風味の チーズプルタックポックンミョンです。 日本語に訳すと「チーズ風味の辛い鶏風味炒め麺(焼きそば)」のような感じでしょうか。 パッケージのトリさんは、チーズを持って 幸せそうな表情をしているように見えますね。 チーズで辛さもまろやかになるので、辛いといってもおいしく食べられるという期待を高めてくれます。 辛いのが得意ではない僕でも完食できるでしょうか? 袋に入っている麺と付属品はこんな感じです。 液体スープと最後にかける チーズパウダーが入っています。 辛い液体スープは好みに合わせて量を調節できますので、僕のように激辛が苦手な方でも安心して食べられそうですね。 チーズプルタックポックンミョンの作り方 基本的には通常のプルタックポックンミョンの作り方と同様です。 1.沸騰したお湯600ml(3カップ)程度に麺を入れ、約5分間茹でます。 2.お湯8スプーン程度を残して、ほかのお湯を捨てます。 3.液体スープを入れて弱火で約30秒間炒めます。 4.火を消し、モッツァレラチーズ粉末をふりかけて、よく混ぜてお召し上がりください。 袋にはハングルで書いてあります。 一応少しだけ読めるので、Google翻訳も使いながら日本語訳しました。 僕の説明と袋の番号とは合っていませんが、説明をわかりやすくするために分けてあります。 さあ!食べてみよう 今回はチーズのまろやかさを期待して、 液体スープは全量入れましたよ! 大丈夫かな? 見た目はこんな感じです。 よく混ぜてから食べます。 チーズの匂いが漂ってきて、とてもおいしそうに感じます。 へッブルダックのときは、湯気だけでむせ返ってしまいましたが、こちらはいい匂いです。 数口食べてみた感想としては、「 おいしい」ということです。 辛いには辛いのでしょうけれど、チーズの旨味と麺自体の甘味もあるのでおいしく食べられます。 うま辛、ぴり辛というイメージでしょうか。 念のため、冷たいお茶や水をすぐ飲めるようにたくさん準備していたのですが、ほとんど飲まずに完食することができました。 辛さは後からやってくる 突き抜けるような辛さを恐れていましたが、まったくそんなことはなく、おいしくいただくことができました(個人の感想です)。 しかし、最後に冷たいお茶を飲んだところ、そのあとが辛くて辛くて、お茶、牛乳、牛乳、水と水分をたくさん摂ってしましました。 食べているときから、唇のヒリヒリが気になっていたので辛いのだろうなとは思っていたのですが、感覚が麻痺してしまっていたようです。 やっぱり辛かったです。 気が付けば、鼻の頭に汗をかき、頭皮も心なしか毛穴が開いたような感覚がありました。 辛さに自信のない方は、液体スープの量を調節した方がよさそうですね。

次の

辛さの頂点のラーメン。韓国のブルダックポックンミョンを食べたよ。

プルダックポックンミョン 辛い順

韓国語は基本的に清音と濁音の使い分けがないので、日本では「ブルダック炒め麺」「プルダックポックンミョン」などと訳されているのですが、ブル(プル)は火(불)、ダック(タッ)は鶏(닭)、ポックンは炒める(볶음)、ミョンは麺(면)を意味しているため、ポックンミョン(炒め麺)=焼きそば。 つまり正式名称は「火鶏炒め麺(火鶏焼きそば)」「ブルダック炒め麺(ブルダック焼きそば)」「プルダック炒め麺(プルダック焼きそば)」など、いずれの訳し方でも間違いではありません(ちなみに英語表記だと「Buldak Bokkeum Myun」)。 以前、ネット通販で韓国食品の直輸入サイトから大盛の「ブルダック炒め麺カップ ビッグ(105g)」を購入してレビューしたことがあるのですが、そちらのパッケージはハングル文字だったのに対し、今回のタテ型カップめん版は日本人向けにパッケージがアレンジ(刷新)された状態で販売されていて、調理方法や原材料名、栄養成分表示、本品に含まれるアレルギー物質、注意事項など、気になる項目や必要な情報はすべて日本語に翻訳されていました。 パッケージの日本語訳は黄色い文字で「韓国風焼きそば」、赤い文字で「激旨辛・汁なし」と商品の特徴が紹介されているのですが、もっとも目立つ赤い文字のハングル「불닭볶음면」は製品名の「ブルダック炒め麺(プルダックポックンミョン)」、その横にある小さな白いハングル「컵」は「カップ」、黄色いハングルは「화끈한(ホットな)매운맛(辛さ)」を意味しています。 今回の「ブルダック炒め麺(プルダックポックンミョン)」がオーソドックスな辛さで、他にも変わり種の「チーズブルダック」や辛さ弱めの「カルボブルダック」、スープありの「ブルダック湯麺」、辛さ2倍の「ヘッブルダック(ヘクプルダック)」、辛さ4倍の「超激辛マラブルダック」など、様々な種類のカップ麺や袋麺が販売されているのですが、共通してパッケージに描かれているのが「ホチ(호치)」という名前の刈り上げヘアーで憎たらしいけど愛嬌がある鶏のマスコットキャラクター。 ホチが何を言っているのかセリフを翻訳してみたところ、フタの上では「죽을만큼(死ぬほど)매워서(辛くて)꼴까닭(コルカダック? )」と叫んでいて、容器側面では「너무너무(めちゃくちゃ)맛있어서(おいしくて)후다닭(フダダック? 性別はメス、この商品が辛くて美味しいことをアピールしているのは間違いありません。 HALAL認証マークの横にあるのはHACCA(ハサップ)認証マークで、「HACCP」とは1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の衛生管理の方式(Hazard Analysis Critical Control Point)です。 日本語では「危害分析重要管理点」「危害要因分析必須管理点」などと訳されるのですが、この製品は安全で清潔ですよー、という安心感を裏付けしているマークですね。 開封 カップ麺に別添されている小袋は、写真の向かって左側にあるのが「液体ソース(액상스프・液状ソース)」、右側にあるのが「かやく(후레이크・フレーク)」で合計2袋。 これは大盛カップ麺と同じ構成で、かなり小袋のデザインも似ています。 右側の小袋は調理方法でも「かやく」と書いてあるのですが、中身は煎り胡麻と海苔なので、かやくというよりも「ふりかけ」です。 わりと麺は太めの油揚げ麺が採用されていて、湯戻し時間は熱湯4分と大盛カップのブルダック炒め麺と同じような仕様となっています。 しかし、原材料名を比較してみると麺やソースの原料(特にソースの原材料では砂糖の位置など)が大幅に異なっていたので、もしかすると体感的な印象もガラッと変わってくるかもしれません。 今回の縦型ブルダック炒め麺カップ(70g)は友人から貰ったのですが、「どこで買える」のか調べてみたところ、総合ディスカウントストアの「ドンキホーテ」やキワモノ食品に強い「ヴィレッジヴァンガード」、また送料と支払手数料が別途必要になりますがネット通販サイトでも購入できますし、品揃えのいいドラッグストアやスーパーマーケット、輸入食品が豊富な「カルディーコーヒーファーム」や「ジュピターコーヒー」などでも取り扱いがあるようですね。 袋麺の輸入者は1999年(平成11年)創業の「株式会社シン・インターナショナル」(埼玉県八潮市緑町1-32-6)、カップ麺の輸入者は2001年(平成13年)創業の「有限会社シャイン・オリエンタル・トレーディング」と製品を取り扱っている輸入会社が異なっていて、今回の商品コードは最初の2桁が日本製を意味する「45」(JANコード)になっていますが、これはパッケージが日本仕様に刷新されているのが理由で中身は韓国製です。 前述したように製造者は「三養食品(さむやんしょくひん)」という韓国の老舗インスタント食品メーカーなのですが、実は創業者の全仲潤(チョン・ジュンユン)会長が日本の「明星食品」から無償で技術供与を受け、それをきっかけに即席めん類の生産を開始しました。 もし明星食品の技術供与がなかったら、現在の韓国における即席麺事情や勢力図は大きく変わっていたかもしれませんね。 概要(製品情報・購入価格等) 製品名: ブルダック炒め麺(プルダックポックンミョン)カップ 製造者:三養食品(삼양 — SAM YANG FOODS) 原産国:大韓民国 輸入者:有限会社シャイン・オリエンタル・トレーディング 内容量:70g(めん51. B2、カラメル)、かんすい、増粘剤(グァーガム)、香辛料抽出物、香料、乳化剤、微粒二酸化ケイ素、甘味料(ステビア)、V. 単純に三角部分を上から中に押し込んでもいいのですが、湯切りの際に爪が戻って湯切りをブロックしてくるので、箸などで上から押し込んだ後、面倒でも写真のように爪を上に起こしておいたほうがスマートにお湯を捨てることができるので、ご参考ください。 ええ、ちょっと左は失敗しましたw お湯を捨てたら添付の液状ソースを馴染ませて、仕上げにフレークをトッピングしたら完成です。 レビュー済みの大盛サイズは日本のカップ麺でいうところのペヤング(まるか食品)「激辛やきそば」より辛い、でも同社の「激辛MAX END」よりは下と評価しているのですが、ソースの辛さだけでなく甘さも強烈でした。 というわけで大盛サイズのBIGカップ版と縦型カップ版の違いや辛さレベルに注目しつつ、「めん」「ソース」「かやく(ふりかけ)」の順に解説し、カップ麺としての総合力を判定します。 1食(70g)当たり 熱 量:280kcal(カロリー) たん白質:6g 脂 質:10g 炭水化物:42g 食塩相当量1. ご購入・お召し上がりの前には、お手元の製品パッケージに記載されている情報を必ずご確認ください。 めん もっちもちタイプ ビッグカップ版の原材料名は「小麦粉、パーム油、小麦グルテン、食塩、緑茶風調味油」となっていたのですが、縦型カップのフライ麺には味付けに調味玉ねぎエキスが追加されています。 また、サイズも太麺で存在感があり、小麦グルテンの効果かモッチリとした弾力は両者ともに共通している特徴ですね。 後述するソースが辛いので、実食中に調味玉ねぎエキスの味までは判別できませんでしたが、ソースを絡める前に1本だけ味見してみると玉ねぎ味ではないものの芳ばしい風味を感じました。 緑茶風味オイルという成分も使用されているのですが、お茶の味がするわけではありません。 韓国の即席麺には緑茶抽出物などが積極的に採用されているため、おそらく酸化防止剤の役割を担っているのでしょう。 縦型容器ですが熱湯4分でムラなく戻り、酸化臭も気にならず、もちもちの弾力で辛いソースを相手にしても存在感が埋没することはありません。 麺の量は51. 5gなので、日本の汁なしカップ麺(焼そばスタイル)のレギュラーサイズで平均的な麺重量90〜100gと比較して少なめですが、ある意味このくらいが食べやすい適量かもしれませんね。 しかし、体感的な辛さレベルは市販品として確実に「激辛」クラスなのは間違いないでしょう。 ビッグは甘さも強烈だったと書きましたが、それと比較して縦型カップ麺はだいぶ甘さが控えめで、わりとファーストアタックからガツンと激辛。 辛味のタイプは瞬発力のある即効性で、なおかつハバネロを使用しているためジリジリと食べ進めるごとに蓄積されていく尻上がりの辛さも備えています。 最初は激辛よりも甘さを先に感じるので、そこは共通のポイントでしたが、より縦型のほうがタイムラグなくストレートに攻めてきますね。 ちょっとずつ食べたら大したことありませんが、油断して口いっぱいに頬張るとヤバイ。 しかしながら大盛と比較して控えめとはいえ甘さと激辛の兼ね合いには強い中毒性があり、基本軸は「鶏」「激辛」「甘味」の3本が柱になっていて、味付けは醤油ですが塩気は強くありません。 かやく(ふりかけ) 必要最低限だがソースとの相性バッチリ 日本のカップ焼そばのように定番のキャベツは入っておらず、もうシンプルに煎り胡麻と刻み海苔という構成なんですけど、鶏の旨味が効いた甘い韓国風の激辛ソースと煎り胡麻の芳ばしいアクセントに海苔の香りがベストマッチ。 特に煎り胡麻は韓国料理に必須のアイテムなので、かなり相性がいいですね。 麺の量や容器の大きさは違いますが、ふりかけの量は大盛カップと大差なかったので、ちょっと得した気分というか実際に海苔や胡麻の効果がより分かりやすく主張していました。 ついついキャベツとか鶏挽肉なんかが欲しくなったりもするのですが、逆にキャベツなどの固形具材が入っていなかったからこそインターバルになるものがなく、その結果より辛さを純粋に楽しめる構成と言えるかもしれません。 ただ、実際これだけ辛かったら具材に何が入っていようと関係なく、キャベツでさえも激辛になると思いますけどね。 しかし、辛い食べ物が苦手な方はホチ(イメージキャラクター)と店頭で目が合っても、ふてぶてしい可愛さに心打たれても連れて帰らないように注意が必要です。 ちょっと量は少なめですが、辛さレベルは通年商品の「激辛ペヤング」よりも圧倒的に上なので、ちょうど美味しく食べきれる量と言えるかもしれません。 今回の「ブルダック炒め麺(プルダックポックンミョン)」が辛さの基準となるオーソドックスなランクですが、同じランクでも縦カップ容器のほうがビッグカップよりもストレートに辛いと感じました。

次の

辛さが通常の2倍。ヘップルタックポックンミョンを食べてみたよ。

プルダックポックンミョン 辛い順

ブルダックポックンミョンの調理手順 ブルダックポックンミョンを作って食べたいと思います。 ブルダック焼きそばって呼ぶ人もいるみたいだから ポックンミョンは焼きそばとか麺って意味なのかもしれないですね。 辛いのだあい好きですがそこに釣り合う強さはないので不安は残りますが さっそく作っていきましょう。 読めません。 雰囲気で作っていきましょう。 お湯でゆでて 炒め麺なのでお湯を捨てて このまるで意味がわからない 真っ赤なソースを入れて 炒めます。 ごまをかけたら 韓国激辛の刺客 ブルダックポックンミョンの完成! しかし 作る過程で真っ赤なソースとか見ちゃったからな・・ ここに来て勇気が出ない・・・ というわけで 最強の兵士生卵と 痛みを抑えるようにたっぷりの氷を用意して。 おそるおそる・・ いただきます。 ぱくり。 あ・・・これだめだわ。 実は真っ赤なソースにびびってしまって、 炒めるときこっそり水分を残して味を薄めにしていたのですが 辛い。 辛いよ!!! 後半登場させるはずだった生卵を 二口目にしてディップさせます。 ところが 口に入れた瞬間は生卵に包まれて辛さから逃れるのですが 一番最初の破壊力が口の中に残っていて痛い。 味は美味しい。 でもそれどころじゃない。 冷蔵庫まで這っていき生卵追加。 しかも 上の方はソースがまだそこまで絡んでなかったのですが 食べ進めていくとソースがしっかり絡んで 本来の辛さを発揮してくる。 氷で口の中の熱を取りながらなんとか食べるものの お腹はぽかぽかしてきました・・・・ なんとか食べてきたけれど ラスボスゾーンに来て箸が止まる。 30分ほど食べるのを放棄。 だって、卵つけようが無駄なんだよ・・! もう既に麺にソースがたっぷり絡んでて生卵が絡むスペースがないのです。 味はうまみがあってごま油が効いて美味しいんだけどな・・辛すぎるんだよ!! そして 気合いでかき込み、なんとか完食。 途中何度も心が折れて、その度韓国人の味覚について真剣に考えていました。 胃が助けてくれって叫んでるんですが、 向こうの人たちは普通に食べてるんですか? ブチギレ とはいえ、説得力ないかもしれませんが 美味しいんです。 笑 特に、麺が平打ちでもちもちでインスタントとは思えないくらい! 大げさじゃなく、今まで食べたインスタント麺の中でダントツでした。 しばらく経って辛さを忘れた頃にまた食べたくなるような気がします。 辛さってやみつきになるものがあるから困ります。 えへへ。 プルダックポックンミョン完食後の感想 この次の日は無事お腹を壊しましたが 辛いのが好きな人は挑戦してみる価値アリです! 美味しかったです。 ごちそうさまでした。

次の