別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞。 瑛人「香水」は元恋人との切ない距離感を歌ったセンチメンタルソング

香水 / 瑛人 (Official Music Video)

別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞

瑛人 歌手 の香水の歌詞の意味も考察! 新人歌手瑛人さんの『香水』。 『香水』は、一般人から有名アーティストまでが歌うなど大ヒット中です。 曲調はもちろんですが、歌詞も心に響きますね。 瑛人さんの『香水』の歌詞の意味について考察しました。 久しぶりに来た元カノからの連絡で、3年ぶりの再会。 瑛人さんの『香水』の歌詞について、ネット上ではいろんな解釈が出ています。 瑛人さんの香水を聴いた。 非常に切ない歌詞だと思った。 個人の見解だが、久々に元カノから連絡がきて会うことはダメだと思いつつも会ってしまい、以前の好きだった彼女とは大きく変わっていて自分の本当の気持ちを否定したい反面、香水の匂いが昔の気持ちを呼び起こしてんのかなーって感じ。 香水買お。 — そらくん 140demojini 本当の自分の気持ちを否定したい半面、香水により好きだった頃の気持ちがよみがえる。 つらいですね。 別に君を求めてないけど 横に居られると思い出す 君のドールチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ って歌詞バリバリ未練あるよね 未練を香水のせいにすな — りくと Arwnowr1029 自分がまだ好きなのを、香水のせいにしているとのこと。 なるほど。 すごく的を得ています。 香水はきっかけなだけで、自分自身はまだ彼女のことが好きだということですね。 YouTubeチャンネル「しらスタ」でも歌詞の解釈について考察しています。 最後に「君の目を見ると思う」とあるので、香水がなくても昔に戻りたいと思ってしまっているとのこと。 その通りかもしれませんね。 歌い方で意味を表現しているというのも、すごく納得できてわかりやすいです。 こんな考え方はしたことなかったのですが、歌い方まで考えるとさらに意味が広がって考えるのが楽しいですね。 以下、私なりの 『香水』の歌詞の意味の考察です。 3年ぶりに会った元カノは、付き合っていた頃とはかなり変わっていた。 しかし、変わったのは元カノだけでなく、自分も同じ。 香水の香りによって、2人で楽しかった頃に戻りたいと思う気持ちが強くなってきます。 「楽しかった頃=昔の自分に戻りたい」との思いもあるんじゃないかと思っています。 つらいですね~。 しかも、ヨリを戻してもまたフラれるとわかってるとは、もう気持ちがぐちゃぐちゃです。 おしらさんの言う通り、歌詞はいろんな解釈ができて楽しいですね。 自分で考察すると、さらに歌にのめり込めます。 余談ですが、瑛人さんの『香水』を聞いて、香水を買う人も多くなっています。 どハマりしてるのが香水って曲やねんけど それのせいでドルガバの香水を買うか悩むまでしてる。 ここまで、 歌手瑛人さんの事務所や顔画像、『香水』の歌詞の意味の考察をお伝えしました。 『香水』はまだまだヒットしそうです。 瑛人さんもバイトどころではなくなりそうですね。 新しい曲を発表するのも、楽しみです。

次の

”香水” by 瑛人

別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞

1年の時を経てランクイン! 2020年5月、ビルボードチャートで話題を呼んでいる楽曲があります。 それが、シンガーソングライターである『瑛人』の『香水』です。 実はこの楽曲、リリースされたのは2019年4月と、約1年以上も前のこと。 リリース当初はチャートを賑わすことはありませんでしたが、なぜかリリースから1年後のタイミングでチャートインし、ついには総合1位を獲得しました。 流行のきっかけになったのは、ショートムービーの投稿アプリ『TikTok』。 リリース当初から様々な人が『香水』のカバー動画をアップしていたようでしたが、コロナウイルスによる外出自粛の煽りを受けてカバー動画が急増し、大きなブームとなったようです。 それにしても、多くの人に「自分も歌ってみたい」と思わせるなんてすごい力を持った楽曲ですよね。 楽曲ではどんなことが歌われているのか、早速歌詞をチェックしてみましょう。 夜中に元恋人から「いつ会える?」という連絡が入ります。 なんだか胸がざわつくストーリーですよね。 続く歌詞では、過去の回想が歌われています。 充実した毎日を送っていたことがわかる歌詞ですね。 しかし、現在2人は破局しています。 それも3年前に別れたようです。 2人が一緒にいた頃はキラキラと輝いていた主人公ですが、今はそうではない様子です。 特に「何も感じとれなくてさ」という歌詞からは、心にポッカリと穴が開いてしまったかのような虚無感を感じますよね。 失恋のショックが原因なのでしょうか? 強い寂しさを感じる歌詞です。 「もう求めていない」と言っていますが、本当にそうでしょうか? 全く未練や思いがなかったら、3年ぶりの連絡で急に会うなんてことはしませんよね。 そしてなんと言っても印象的なのが、楽曲タイトルともリンクする「ドルチェ&ガッバーナの香水」という歌詞です。 不意に香る匂いが蘇らせる、元恋人の存在や過去の思い出。 想像するだけでとてもセンチメンタルな気分になります。 「もう好きではない。 けどあの頃は楽しかったなぁ」という、主人公の未練にも似た心の声が聞こえてくるようですね。 「香水」の存在に注目! 1番では主人公が落ちぶれている様子が歌われていますが、変わったのは主人公だけではありません。 2番では元恋人の変化についても歌われています。 とても些細なことのようにも感じますが、小さな変化に距離を感じたりすることってありますよね。 でも、そんな元恋人に3年経っても変わらなかったポイントが一つあります。 それが「ドルチェ&ガッバーナの香水」。 サビで「香水が思い出させる」と歌われていたことから、別れた後も元恋人は同じ香水を使い続けているのでしょう。 久しぶりに会い、少し変わった恋人を見て心の距離を感じる。 でも、変わらない香水の香りで楽しかった日々を思い出す。 そして「やっぱり君は素敵な人だった」と、改めて元恋人の存在と思い出に感謝する気持ちが最後のサビで歌われています。 皆さんも元恋人の香水の香りを思い浮かべながら、じっくりと思い出に浸ってみてはいかがでしょうか? TEXT ゆとりーな.

次の

瑛人/香水 歌詞動画

別に 君 を 求め て ない けど 横 に い られる と 思い出す 歌詞

瑛人「香水」と似てる曲が判明!? とくに「香水」曲を聴いていて印象的なフレーズといえば サビの部分ではないでしょうか? 『君のドルチェ&ガッバーナの その香水のせいだよ』のフレーズは一番印象的で、一度聴くと頭から離れませんけど、何かの曲に似てるなぁ〜といつも感じる部分はそこじゃなくて、 「別に君を求めてないけど 横にいるとなぜか思い出す」 この部分なんですよね〜 何かの曲に似ているけど…なかなか思い出せない、という方もきっと多いはずです。 なんか三木道三とか尾崎豊っぽいかなぁーとか考えつつ、やっぱり違うよなーとかまた考えたり。 結局わからなくなります。 そこで、この「香水」に似てる曲を全力で探したんですけど… いくつかガチで似てる曲を発見しました。 まず、フジファブリックというグループが歌う 「パッション・フルー」という曲の曲調がめちゃくちゃサビの部分に似てることが判明しました。 フジファブリック :パッション・フルー 全体のトーンがこれまた絶妙に似てると思いませんか!? で、瑛人の「香水」ってもしかしてパクってる!?とかちょっと考えちゃいましたけど、それはちょっと違います。 まず作詞作曲家はそれこそ尋常じゃなぐらい膨大な量の曲をこれまで聴いてきたわけなので、必然的に脳内にさまざまな歌詞がインプットされます。 なので、歌詞をそのままパクるというより、インプットした歌詞が作詞中にところどころ頭からふと落ちてきた、という感覚ではないでしょうか。 いろんな本を読んでいると知らない漢字を自ずと覚えてきて、気づけばごく自然に言葉に文章に活かせるようになったというか、そのような感覚です。 「パッション・フルー」なんかは昔からよく聴いていたかもですが、その真相もよくわかりません。 また似てる曲を発見しましたら、随時更新していきますね〜.

次の