ひとつ ずつ づつ。 それぞれ2つずつって英語でなんて言うの?

文化庁が定めた「づつ」と「ずつ」のルール

ひとつ ずつ づつ

「一人ずつ」「一人づつ」、「ひとつずつ」「ひとつづつ」など、 「ずつ」と「づつ」両方の書き方を目にすることがありますよね? 書類や手紙などを書くときに「ずつ」と「づつ」のどちらが正しいのだろう?と迷った人も少なくないと思います。 今回は「ずつ」と「づつ」の違いや、どちらが正しいのかについて調べてみました。 「ずつ」と「づつ」の違いとは? 「ずつ」と「づつ」の違いは、「 現代仮名遣い(げんだいかなづかい)」か「歴史的仮名遣い(れきしてきかなづかい)」かという点です。 「ずつ」は現代仮名遣いで、「づつ」は歴史的仮名遣いです。 仮名遣い(かなづかい)とは仮名の使い方のことです。 現代仮名遣い(げんだいかなづかい)とは、昭和61年(1986年)に内閣告示第一号として交付された日本語の仮名遣いです。 歴史的仮名遣い(れきしてきかなづかい)とは、現代仮名遣いが告示される以前のものをいいます。 「旧仮名遣い(きゅうかなづかい)」や「復古仮名遣い(ふっこかなづかい)」「古典仮名遣い(こてんかなづかい)」と呼ぶこともあります。 現代仮名遣いと歴史的仮名遣いの言葉をいくつか挙げてみます。 ・「今日」は、現代仮名遣いは「きょう」、歴史的仮名遣いは「けふ」です。 ・「井戸」は、現代仮名遣いは「いど」、歴史的仮名遣いは「ゐど」です。 ・「火事」は、現代仮名遣いは「かじ」、歴史的仮名遣いは「くゎじ」です。 ・「地面」は、現代仮名遣いは「じめん」、歴史的仮名遣いは「ぢめん」です。 ・「会う」は、現代仮名遣いは「あう」、歴史的仮名遣いは「あふ」です。 ・「蝶々」は、現代仮名遣いは「ちょうちょう」、歴史的仮名遣いは「てふてふ」です。 「ずつ」と「づつ」どちらが正しいの? どちらが正しいということはありませんが、 「ずつ」を使うのが基本です。 昭和61年(1986年)以前の昭和21年(1946年)に、内閣総理大臣によって「現代かなづかい」が告示されました。 これは、従来の仮名遣いが複雑で、使用するうえで困難が大きかったため、現代の語音にもとづいて仮名遣いを整理したものです。 整理することによって、教育上の負担を軽くし、国民の生活能力をあげ、文化水準を高める目的があったようです。 この時、 「ぢ」と「づ」は誤用で「じ」と「ず」が正しいとされました。 例えば「地面(ぢめん)」や「一人づつ」は誤用で「地面(じめん)」や「一人ずつ」が正しいということになったのです。 しかし、「ぢ」と「づ」を誤用ということにしてしまったら、歴史的な文献や古い文書などの表現は間違いだという歪んだ認識が生まれたり、年配者の表現を否定してしまうのではないかということで、昭和21年の「現代かなづかい」の一部は、昭和61年の「現代仮名遣い」で改訂されることになりました。 昭和61年の内閣告示第一号には、 「現代仮名遣いの『じ』『ず』を用いるのが基本ですが、歴史的仮名遣いの『ぢ』『づ』も間違いではありません」となっています。 「ぢ」「づ」が使える場合には以下のようなルールがあります。 ほかに「鼓(つづみ)」や「綴り(つづり)」などがあります。 「縮む(ちぢむ)」=「ち」が続く場合。 ほかに「縮れる(ちぢれる)」などがあります。 例外があり、「無花果(いちじく)」や「著しい(いちじるしい)」は「いちぢく」「いちぢるしい」とはなりません。 例えば「底(そこ)」と「力(ちから)」を組み合わせて「底力」の場合は「そこぢから」となり、「そこじから」とはなりません。 ほかに、「箱詰(はこづめ)」や「間近(まぢか)」などがあります。 例えば「世界中(せかいぢゅう)」「融通(ゆうづう)」「稲妻(いなづま)」でも間違いではなく使っても問題ありません。 ほかに「鬼灯(ほおずき)」「盃(さかずき)」などがあり、基本的には「ず」が正しいのですが「ほおづき」「さかづき」という風に「づ」でも問題ありません。 「ずつ」もここに含まれます。 「じ」「ず」が基本ですので、「ずつ」と「づつ」の使用については、教科書や新聞、雑誌、公文書などで用いる場合は「ずつ」が正しく、例えば、学校のテストで「ひとりづつ」と書くと不正解になってしまいます。 NHKでは「づつ」は誤りとして、「ずつ」に統一しているそうです。 ただ、「『づつ』は間違っているので使ってはいけない!」というわけではなく、「『ずつ』が基本だけど、『づつ』も使って良いですよ。 」という風に、「づつ」も許容範囲であると思うといいかもしれません。 ですから個人的な手紙や文書であれば「ひとりづつ」は間違いではなく使っても問題ありません。 「ずつ」と「づつ」の違いがわかりましたか? 正確には「ずつ」が正しいのですが、私的なものであれば「づつ」も間違いではありませんので、SNSや親しい人への手紙などでは「ひとりづつ」と表現しても良いのです。 ただ、文章を書くときに「どちらが正しいんだったかな?」と悩むこともあるかもしれませんので、現代仮名遣いの「ずつ」を使ったほうが無難でしょう。

次の

「少しずつ」と「少しづつ」ではどちらの書き方が正解で誤りか ~「ずつ」と「づつ」の違い

ひとつ ずつ づつ

ご質問頂き、ありがとうございます。 レストランでのコミュニケーションも海外の醍醐味ですよね。 と伝えた後にtwo of each, please. とするといいと思います。 海外のご飯の量は大量だったりしますので、 お店の人に、どれくらい大きい?と確認してもいいと思います。 How big is it? としてもいいですね。 伝わるように、大きな声で自信を持っていう!を、心がけてみてください。 伝わりますように! "Can I add two extra? " works when you are ordering individual items that are countable. For example, when ordering fish and chips that normally come with two pieces, asking this question will get you four pieces. For dishes that are not countable like pasta or soup, asking "Can I get a double order? " will get you a bigger portion. If you just want more of something, you can also ask "Can I order extra? " For example "Can I order extra mashed potatoes? " or "Can I order extra french fries? " "Can I add two extra? " [訳]二つ追加してもいいですか? これは数えられるものを注文するときに使えます。 例えば、魚のフライが二つ載ったフィッシュ&チップを注文するときにこの質問をすると、四つもらえます。 パスタやスープなど数えられない料理のときには、"Can I get a double order? "(ダブルでお願いします)とお願いすると量を多くしてもらえます。 何かを多くして欲しいなら、"Can I order extra? "(多くできますか)と聞くこともできます。 例えば: "Can I order extra mashed potatoes? " [訳]マッシュポテトを多くできますか "Can I order extra french fries? " [訳]ポテトを多くできますか We should be very polite when we are in a restaurant ordering food. We always hope that the staff will treat us in the same manner as we treat them. If we want to ask for more or extra we can kindly ask them using this sentence. It is very polite and the waiter or waitress will be more than happy to bring you what you want. If you would like to tell someone you would like 2 of these dishes at a restaurant, you can say something like "Can I please order 2 of these specific dishes please? These are some easy ways to express to someone that you would like double the amount or order of something.

次の

【ずつ】と【づつ】の意味の違いと使い方の例文

ひとつ ずつ づつ

このページの目次• 「ずつ」と「づつ」の違いと正しい使い分け方を解説 「ずつ」と「づつ」の違いと正しい使い分け方 「少しずつ」「少しづつ」、「一個ずつ」「一個づつ」などの言い回しに使われる 「ずつ」と「づつ」。 両者の間に意味の違いはありません。 まったく同じです。 しかし、「ずつ」と「づつ」の表記の仕方については昭和61年(1986年)に出された内閣訓令で次のように告知されています。 「じ」「ず」を用いて書くことを本則とし(中略)「ぢ」「づ」を用いて書くこともできるものとする。 例 ひとりずつ 出典: 上に抜粋した内閣訓示の内容をわかりやすく言うと、 基本的には「ずつ」を使いましょう。 しかし「づつ」を使っても間違いではありません。 このような意味です。 ただし、 公文書や新聞・雑誌、学校の教育現場、学校などで行われるテストの解答用紙などでは内閣訓令の本則すなわち 「ずつ」の使用が求められています。 またNHKにおいても「ずつ」を正しい表記として統一しているため、大半の人は「ずつ」が正しい表記で「づつ」は誤りと認識しています。 よって、日常生活の中で誰かから間違いを指摘されるのを避けたいのなら迷わず「ずつ」を選びましょう。 ただし「づつ」も決して間違いではありません。 メールや手紙などの私的な文書などで「づつ」を使っても差し支えありません。 「ずつ」が正解。 しかし「づつ」も間違いではない。 これが「ずつ」と「づつ」の正しい使い分け方ですが、そもそもこれほど複雑なルールができたのは何故なのでしょうか。 その背後には次に述べるような歴史があるのです。 「ずつ」と「づつ」二通りの表記がある歴史的背景 学校の古文などで習う昔の文学作品の中で「今日」を「けふ」と書き、「蝶」を「てふ」と書くことはご存知かと思います。 この 「けふ」や 「てふ」など終戦直後の頃までに用いられていた表記を 「歴史的仮名遣」または 「旧仮名遣」と呼び、それに対して現代人が使っている「今日」を 「きょう」、「蝶」を 「ちょう」と書く表記を 「現代仮名遣い」と言います。 ところで「ずつ」と「づつ」の二通りの表記。 実は「ずつ」が「現代仮名遣い」なのに対して「づつ」が「歴史的仮名遣」です。 「けふ」や「てふ」など「歴史的仮名遣」のほとんどは現代人の日常生活の中から姿を消しましたが、わずかに 現代にも残っている「歴史的仮名遣」の一つが「づつ」なのです。 ちなみに、終戦直後までは「歴史的仮名遣」の「づつ」が使われていましたが、昭和21年(1946年)に定められた「現代仮名遣い」の中で「ずつ」に統一。 しかし、その40年後の昭和61年(1986年)。 上に述べた通り「ずつ」と「づつ」の両方の表記が認められるようになったという経緯があります。 コラム:「づつ」の語源 「づつ」の語源は二つの説があります。 一つは「一つ」「二つ」の「つ」が重なって「つつ」となり「づつ」に変化したという説。 もう一つは「筒」を語源とする説ですが、そもそもどうして数を表す言葉が「筒」になったのかは定かではありません。 しかし「一つ」「二つ」の「つつ」にせよ意味不明の「筒」にせよ、現代仮名遣いの「ずつ」よりも歴史的仮名遣の「づつ」の方が語源に近いと言えましょう。 「ずつ」と統一された背景にある「じ、ぢ、ず、づ」の表記ルール 「じ」と 「ぢ」、 「ず」と 「づ」。 声に出して発音するとまったく同じながら、文字に書き起こすと二通りの表記が存在することになる 「じ、ぢ、ず、づ」。 これらの表記ルールが「現代仮名遣い」の中で定められました。 ルールを大雑把に説明すると基本的には「じ」と「ず」を使い、一部の言葉には「ぢ」と「づ」を使う。 この「ぢ」と「づ」を使う一部の言葉には、以下の3つのパターンが挙げられています。 【1】同音が続く場合 「ちぢむ」「ちぢれる」「つづく」「つづる」など同音が続く場合は「ぢ」と「づ」が使われます。 ただし「いちじく」「いちじるしい」は例外。 【2】二語がつながることで「ち」や「つ」に濁点がついてしまう場合 「血」は「ち」と発音しますが、「鼻」と組み合わさった場合「ち」に濁点がついて「はなぢ」となります。 「はなち」とは発音しません。 このような場合、「はなじ」ではなく「はなぢ」と書き表します。 二語がつながる中で「ち」や「つ」に濁点がついてしまうケースは他に、「間近(まぢか)」「近々(ちかぢか)」「ちりぢり」、「竹筒(たけづつ)」「手綱(たづな)」「つくづく」などがあります。 【3】二語を分解できない場合は「じ」「ず」が本則、「ぢ」「づ」は許容範囲 二語がつながった言葉のうち、二語を分解しにくい言葉は基本的には「じ」や「ず」を使いつつも「ぢ」と「づ」の使用も認め、 「づつ」はこの中で使用が認められました。 二語を分解しにくい言葉の例として次のようなものがあります。 「世界中(せかいじゅう)」「稲妻(いなずま)」「融通(ゆうずう)」「つまずく」「うでずく」 「ひとりずつ」 「ずつ」と「づつ」辞書で解説されている意味と漢字表記 参考までに国語辞典の王様『広辞苑』では「ずつ」は下記の引用のように解説されています。 ちなみに『広辞苑』に「づつ」は掲載されていません。 出典: 岩波書店『広辞苑』 なお、上記の意味を持つ「ずつ」と「づつ」は 漢字では「宛」と表記し、以下のように用います。

次の