ウイイレ オリバー カーン。 オリバー・カーン 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

オリバーカーン登場!!ノイアーと強さ比較【ウイイレアプリ2018】

ウイイレ オリバー カーン

バルセロナやユヴェントスなどの公認クラブが多数登場している。 今回は、ウイイレ2020の最強レート選手や有望な若手プレーヤーを紹介していく。 ウイイレ2020:最強選手• ウイイレ2020:若手優秀選手• ウイイレ2020:最強のレジェンド• ウイイレ2020:最強チーム• ウイイレ2021:最新情報 ウイイレ2020:最強選手 リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウドは毎年世界最強の称号を争っているが、ウイニングイレブンの世界では2人に同じレートが与えられ、優劣をつけない判断がされている。 メッシとロナウドはウイニングイレブン2020でも最高のプレイヤーだ。 2人には総合値94が与えられている。 ネイマールはこの2人に次いで高い92。 今回は18人の選手に90以上の総合値がつけられている。 最強クラスの選手の多くはアタッカーだが、センターバックのファン・ダイクやジェラール・ピケ、セルヒオ・ラモスも今年のトップ10にランクインしている。 Ranking Player Rating 1 リオネル・メッシ 94 2 クリスティアーノ・ロナウド 94 3 ネイマール 92 4 エデン・アザール 91 5 セルヒオ・アグエロ 91 6 ルイス・スアレス 91 7 フィルヒル・ファンダイク 91 8 セルヒオ・ラモス 90 9 ジェラール・ピケ 90 10 ロベルト・レヴァンドフスキI 90 11 ダビド・デ・ヘア 90 12 アントワーヌ・グリーズマン 90 13 ヤン・オブラク 90 14 ケヴィン・デ・ブライネ 90 15 ハリー・ケイン 90 16 モハメド・サラー 90 17 アリソン 90 18 キリアン・ムバッペ 90 19 マヌエル・ノイアー 89 20 ルカ・モドリッチ 89 21 セルヒオ・ブスケツ 89 22 ラヒーム・スターリング 89 23 エデルソン 89 24 サディオ・マネ 89 25 マルク・テア・シュテーゲン 89 26 ダビド・シルバ 88 27 カリム・ベンゼマ 88 28 エディンソン・カバーニ 88 29 マッツ・フンメルス 88 30 トニ・クロース 88 31 ピエール・オーバメヤン 88 32 クリスティアン・エリクセン 88 33 チアゴ・アルカンタラ 88 34 ポール・ポグバ 88 35 エンゴロ・カンテ 88 36 カリドゥ・クリバリ 88 37 ベルナルド・シウバ 88 38 サミール・ハンダノヴィッチ 87 39 ヨシュア・キミッヒ 87 40 ウーゴ・ロリス 87 41 ジョルジョ・キエッリーニ 87 42 ディエゴ・ゴディン 87 43 ギャレス・ベイル 87 44 イヴァン・ラキティッチ 87 45 ミラレム・ピャニッチ 87 46 ジョルディ・アルバ 87 47 マルコ・ロイス 87 48 フィリペ・コウチーニョ 87 49 ラファエル・ヴァラン 87 50 ティボー・クルトワ 87 トップへ ウイイレ2020:若手優秀選手 ウイニングイレブン2020でも、キリアン・ムバッペが21歳以下の最優秀選手であることは驚きではないだろう。 パリ・サンジェルマンに所属するこのFWは、若手の中で唯一総合値90を超える選手だ。 ムバッペ以外では、総合値において全体の50位以内にランクインした若手選手はいなかった。 ユヴェントスのCBマタイス・デ・リフトは総合値86で若手2位、トレント・アレクサンダー=アーノルドとジャンルイジ・ドンナルンマが85で続いている。 選手レートはエーリング・ホーランドがCLで猛威を振るう前に設定されたものであり、ホーランドの総合値は80にとどまっている。 次回作「ウイニングイレブン2021」ではより高いレートになることは間違いない。 Ranking Player Rating 1 キリアン・ムバッペ 90 2 マタイス・デ・リフト 86 3 トレント・アレクサンダー=アーノルド 85 4 ジャンルイジ・ドンナルンマ 85 5 ジョアン・フェリックス 84 6 ジェイドン・サンチョ 84 7 マルティン・ウーデゴール 83 8 エデル・ミリトン 83 9 カイ・ハフェルツ 82 10 フェドル・チャロフ 81 11 ヴィニシウス・ジュニオール 81 12 クリスティアン・プリシッチ 81 13 ホセ・イバン・デ・パウラ 81 14 ニコロ・ザニオーロ 81 15 メイソン・マウント 81 16 マッテオ・グエンドゥジ 81 17 フセム・アワール 81 18 ラウタロ・マルティネス 81 19 アクラフ・ハキミ 81 20 アルバン・ラフォン 81 21 エーリング・ホーランド 80 22 オドソンヌ・エドゥアール 80 23 フェラン・トーレス 80 24 ジョナタン・イコネ 80 25 エセキエル・パラシオス 80 26 フェデリコ・バルベルデ 80 27 デクラン・ライス 80 28 ジュール・クンデ 80 29 モイーズ・キーン 79 30 ロドリゴ 79 トップへ ウイイレ2020:最強のレジェンド サッカー界に名を轟かせたアイコンたちもウイニングイレブン2020に収録されている。 たとえばブラジルのロマーリオ、リヴァウド、ロナウジーニョも選手として起用することができる。 この3人は全員総合値87以上に設定されており、ロマーリオはレジェンドの中で4番目の高レートとなっている。 W杯優勝を経験したアルゼンチンのスーパースター、ディエゴ・マラドーナはレジェンドトップの総合値97を誇る。 マラドーナのレートはデフォルトの選手としてゲーム中最高値となっており、メッシやクリスティアーノ・ロナウドをも上回っている。 オリバー・カーンはウイニングイレブン2020の中で最高レートを持つGKだ。 一方、同じドイツのフランツ・ベッケンバウアーはレジェンド内では最高のDFだ。 Ranking Player Rating 1 ディエゴ・マラドーナ 97 2 ヨハン・クライフ 93 3 ジーコ 92 4 ロマーリオ 91 5 カール・ハインツ・ルンメニゲ 91 6 ロナウジーニョ 91 7 フランツ・ベッケンバウアー 91 8 オリバー・カーン 91 9 イニエスタ 90 10 ガブリエル・バティストゥータ 89 11 アドリアーノ 89 12 ルート・フリット 89 13 デビッド・ベッカム 89 14 パベル・ネドベド 89 15 パトリック・ヴィエラ 89 16 フランチェスコ・トッティ 88 17 アレッサンドロ・デル・ピエロ 88 18 ルイス・フィーゴ 88 19 リヴァウド 88 20 フランク・ランパード 88 21 アンドレア・ピルロ 88 22 ハビエル・サネッティ 88 23 ロベルト・カルロス 88 24 パオロ・マルディーニ 88 25 フランコ・バレージ 88 26 デニス・ロー 87 27 アルバロ・レコバ 87 28 ライー 87 29 ポール・スコールズ 87 30 カフー 87 トップへ ウイイレ2020:最強チーム バルセロナ、マンチェスターB、マドリー・チャマルティンBの3チームが総合値86で最強の座を分け合っている。 コナミがプレミアリーグの公認を得ていないため、マンチェスター・シティはゲーム上では「マンチェスターB」として登場している。 同様に、レアル・マドリーは「レアル・マドリー・チャマルティンB」と表記されている。 ウイニングイレブン2020はバイエルン・ミュンヘン、ユヴェントス、ナポリ、PSGの公認を受けており、これらのクラブは実名で登場している。 ブンデスリーガはウイニングイレブン2020には登場しない。 そのため、バイエルンは「他の欧州クラブ」のセクションで登場する。 レヴァークーゼンやシャルケも同様となる。 Team Overall Defence Midfield Attack バルセロナ 86 85 84 88 マンチェスターB 86 84 87 88 マドリーチャマルティンB 86 85 87 86 バイエルン・ミュンヘン 85 83 85 87 ユヴェントス 85 85 84 87 PSG 85 83 84 89 リヴァプールR 84 85 82 86 マドリーロサスRB 84 82 84 84 ナポリ 83 83 83 83 トッテナムWB 83 82 82 85 トップへ ウイイレ2021 最新情報•

次の

【GKランキングトップ10<最強GK>(ウイイレアプリ2019)】最強GKは誰だ!?ゴールを守ってくれる守護神はコイツだ!

ウイイレ オリバー カーン

最強GKランキングトップ10(ウイイレアプリ2019)最強GKはコイツらだ!<随時更新> 今回はまだまだ成長過程にある選手もたくさんいるので、 最大レベル上限の能力値を重要視して、ランキングしています。 ( 確定スカウトは最後です) ポイントとしては以下の6点です。 安定感・・・・・・GKセンスやキャッチングなど満遍なく能力が高いどうか• 神セーブ・・・・・コラプシングが高いかどうか(この数値がかなり重要です)• 飛び出し・・・・・・スピードや瞬発力が重要、攻撃的GKもプラス• 足元の技術・・・・・ボールコントロール、ドリブル、パスで判断• その他・・・・・・・スキルの豊富さなど そして、ここに将来性を思いっきり入れています。 将来性というのは「若さ」はもちろんのこと「チーム」も重要です。 チームの結果次第で、ウイイレはどんどん能力値が上がっていきますからね。 今後少しずつ、評価ポイントはもっと増やしていきたいと思います。 とはいえ、おそらく最強GKはあの2人の2択なんで、どっちが上かですね。 まずは第10位からスタートです。 確定スカウトは最後にあります。 シュチェスニーは意外な黒玉昇格でしたが、能力を考えれば妥当でしたね。 だって、ブッフォンの控えとはいえ、結構な試合数をこなしてましたし、ブッフォンが怪我をした後の大事な試合では、ピンチを結構救ってましたからね。 それはいいとして、第10位なのにはユベントス所属であることが関係しています。 ユベントスにいれば、放っておいても勝ちまくってくれますよね。 クリロナもいますし、今年もセリエAでは優勝間違いなしだと思います。 もしかしたら、ようやく念願のチャンピオンズリーグだって制覇できる可能性もあります。 そうなると 放っておいてもシュチェスニーの能力値は上がっていくと思います。 これは今年から移籍してきたペリンにも同じことが言えますが、今のところアッレグリはシュチェスニーを好んで使っているので、シュチェスニーはまだまだ成長すると思います。 能力的にはやっと黒玉になったレベルなんでガチスカッドには最大レベル上限まで上げないと厳しいです。 ぶっちゃけ、でも紹介したようにアリソンの能力ではまだまだガチスカッドでは使えません。 最大レベル上限まで上げたとしても、まだまだです。 LV30のデヘアやノイアーにも勝てません。 ですが、ブラジル代表なんで、今後ガンガン上がっていく可能性があります。 ブラジル代表監督のチッチに好かれているのでエデルソンではなくアリソンがスタメンなので、まだまだ成長してくれるかもしれません。 それとリバプールがチャンピオンズリーグやプレミアリーグで活躍すればさらなる活躍の可能性もありますよ。 実はウイイレ2019の最初の能力だけなら、圏外です。 でもレアル・マドリードに移籍したんで、一気に急上昇もあるかもなと思っての選出です。 実際、ウイイレ2019でもっとも下がったGKだと思います。 さすがにガチスカッドでは相当厳しい能力値です。 次は、黒玉雷まで駆け上がって欲しいところですね。 コラプシングがLV30で97、そして最大レベル上限で99でカンストするのはかなり魅力です。 現実世界のテアシュテーゲン同様に神セーブを連発してくれます。 これって 黒玉最強CBクラスの足元の技術です。 まさにもう1人のCBです。 もうエデルソンの場合には常に飛び出せるように準備しておきましょう。 また、 積極的にバックパスをしてディフェンスラインから組み立てていきましょう! ちょっとくらいドリブルで駆け上がってもおもしろいと思いますよ。 また、今後ドンナルンマのウイイレでの総合値が上がっていけば、最大レベル上限の能力値は上がっていくと思うので、年齢を考慮すると、ナンバー1になる可能性も十分あります。 若干、 足元の技術が低いのと、スピードがないのが気になるのであまり飛び出しは禁物です。 正直、神セーブ率は一番高いと思っているので、 コラプシングはもっと高くてもいいと思うんですよね。 まあ25歳と若いですし、最大レベル上限まで上げちゃえばガッツリ上がるんで上げちゃいましょう。 オブラクはGKセンスが99でカンストするので、とてもバランスのいい選手になると思います。 今一歩、ノイアーやデヘアには届きませんが、十分最強クラスのGKです。 レジェンドなんで若干反則ですが、やっぱり強いですし、第1位になれなかったんでいいかなと思って入れました。 能力的にはほとんど、第1位、第2位の選手と違いはあまりありません。 最大レベル上限の能力値が、第1位、第2位の選手と比べると若干落ちるだけです。 カーンはスピード(69)と瞬発力(75)が高く、特に瞬発力が黒玉GKではもっとも速いんです。 これだけ速いと守備的GKですが、全然飛び出しも可能なんで、気にせず飛び出しましょう! カーンてあんまり飛び出しのイメージないんですが、なんでこんなに速くしてくれたんでしょうかね。 そして、 カーンはレジェンドなんで、ここ一番で神セーブを数字以上に見せてくれます。 LV1のときにつかってもかなり至近距離を止めてくれていたんで数字以上の力をやっぱり発揮してくれている気がしちゃいますよ。 残念ですが、ウイイレ2019では第1位の選手に譲るしかないですね。 ノイアーは確かに総合値も落ちちゃったんで、しょうがないかもしれませんが、能力はまだ全然最強です。 相変わらず、飛び出しは最強なんで、スルーパスも飛び出しちゃえば、相手がウイイレ上級者じゃなければ、かなり止めてくれます。 最大レベル上限まで上げれば、GKセンスとコラプシングも99でカンストするので十分です。 飛び出しだけなら、第1位の選手よりも上ですから、飛び出しを頻繁にするユーザーはノイアーがオススメです。 やっぱりLV30の時点ですでにコラプシングが99でカンストしちゃうのが凄すぎます。 さらに最大レベル上限まで上げちゃえば、キャッチング以外全部99でカンストしちゃうんでほぼ無敵のGKです。 少し心配なのは、ロシアワールドカップの結果が加味されてなさそうなんで、もしかしたら冬のアップデートで下げられちゃう可能性あがるので、できればそれまでにマンチェスターUで活躍してもらいたいところですね。 ノイアーと比べて、唯一劣ってるのは飛び出しだけです。 それも多少スピードが遅いだけなんで最大レベル上限まで上げちゃえば違いもなくなるんで、やっぱりデヘアが最強です。 超ピンチでも余裕のコラプシングで止めてくれますし、ロングシュートなんて入らないと思いますよ。 やっぱり、今回のウイイレ2019のアップデートでは完全にデヘアの成長が半端なかったですね! みんなでデヘアを取りに行くこと間違いなしですね。 まあ、ノイアーも強いんで、飛び出し好きはノイアーでいきましょう! 個人的には、ドンナルンマ、エデルソン、テアシュテーゲンの今後の成長が期待大です! 次のランキングはCBスピードランキングをやります。

次の

ウイイレ2018アプリ

ウイイレ オリバー カーン

GK 選手能力• オフェンスセンス:40~• ボールコントロール:60~• ドリブル:47~• グラウンダーパス:61~• フライパス:65~• 決定力:48~• プレースキック:60~• カーブ:47~• ヘディング:69~• ディフェンスセンス:46~• ボール奪取:40~• キック力:89~• スピード:64~• 瞬発力:71~• ボディバランス:83~• ジャンプ:71~• スタミナ:63~• GKセンス:93~• キャッチング:93~• クリアリング:91~• コラブシング:90~• ディフレクティング:91~• 逆足頻度:1• 逆足精度:2• コンディション安定度:8• ケガ耐性:3 スキル• GKロングスロー プレースタイル• 守備的GK COMプレースタイル• なし バリエーション情報 18A 2017-2018 Season Players B Legend.

次の