胆嚢 摘出 痩せる。 [mixi]胆嚢炎になって痩せましたか?

胆嚢摘出手術体験記

胆嚢 摘出 痩せる

各診療科・部門紹介 胆嚢摘出術について 1 胆嚢って何? 胆嚢は西洋梨の形をした容積30-50ml程度の袋状の臓器です。 肝臓で作られた胆汁は胆道(肝内胆管、胆嚢、総胆管)を通って十二指腸に流れます。 胆嚢は胆汁をいったん貯え、濃縮します。 胆汁は石鹸のように、脂肪を水に溶けやすくする働きがあります。 十二指腸に脂肪分の多い食物が流れてきた時に、胆嚢はホルモンの働きにより収縮して、貯えた濃縮胆汁を総胆管を経由して十二指腸に排出します。 その結果、胆汁と接触した食物中の脂肪分は水に溶けやすい物質に変わり、酵素により分解され、小腸で吸収されます。 このように胆嚢は脂肪の分解、吸収を助ける働きをしています。 2 胆嚢摘出術の対象となる病気は? 胆道(肝内胆管、胆嚢、総胆管)の中に石が出来る病気が胆石症です。 石のできる場所により肝内結石、胆嚢結石、総胆管結石と分類します。 この中で一番頻度が高いのは胆嚢結石です。 胆汁の成分は、コレステロール・胆汁酸・胆汁色素(ビリルビン)・リン脂質などが含まれ、胆石の成分も様々です。 胆嚢結石では、大部分がコレステロールまたはビリルビンを主成分としています。 胆嚢結石は、無症状で経過することも多いですが、胆石発作や胆嚢炎を併発し、上腹痛・背部痛や発熱・吐き気などの症状を起こすことがあります。 また胆管に落下して総胆管結石となって胆管炎、膵炎を併発することもあります。 症状を伴う胆石症については、原則として手術をお勧めしています。 また、無石胆嚢炎といって石がなくても胆嚢炎を起こすことがあり、痛みや発熱の原因となるため胆嚢摘出術の対象となります。 これらの病気は内科的治療でも症状が改善することもありますが、症状が強く出たり、繰り返す場合は日常生活に支障をきたすため手術をお勧めします。 また、胆嚢ポリープという隆起性病変もこの手術の対象になる場合があります。 胆嚢ポリープはコレステロールでできた非腫瘍性の病変であることが大部分ですが、大きさが1cmを越えると良性腫瘍や癌の頻度が増してきます。 したがって、検査の結果、胆嚢癌の疑いがある場合も胆嚢摘出術を行います。 3 診断の方法は? 胆石症の診断には、まず超音波検査を行います。 鋭敏で簡便な検査です。 症状があり、さらに精査を必要とする場合には、腹部CT検査、腹部MRI検査、点滴静注による胆道造影検査などを行います。 いずれの検査も身体への負担が少なく、しかも詳細な情報が得られます。 4 手術の方法は? 1 腹腔鏡下胆嚢摘出術 胆石症の治療の主流となっている方法です。 通常、臍の下と右上腹部に計3~4個の穴をあけ、カメラや手術器械を腹腔内に差し込み、テレビモニターに映った画像を見ながら胆嚢を摘出します。 胆嚢を取るのですから胆嚢結石の再発はありません。 麻酔は全身麻酔が必要です。 開腹胆嚢摘出術より手術時間はかかりますが痛みが軽度で回復も早く、傷もほとんど目立ちません。 合併症がなければ平均して術後4~7日で退院可能です。 当院では600例を超える症例を経験しています。 ただし、腹腔鏡下胆嚢摘出術を開始しても、以下の理由で途中から開腹胆嚢摘出術に移行する場合があります。 胆嚢の壁が炎症により肥厚している• 胆嚢と周囲臓器との癒着が強い• 総胆管にも結石が認められ、摘出が困難• 術中に出血、胆管損傷・腸管損傷が発生し、対処が困難 頻度はまれです 2 開腹胆嚢摘出術 炎症や癒着が強い場合、癌の合併している疑いが強い時は10~15cmぐらい切開する開腹術を行います。 多数もしくは大きな総胆管結石のある場合は腹腔鏡では難しく、開腹になる事が多いです。 胆嚢を取るだけでなく、病気の種類によっては胆管を開いたり、胆管を合併切除することも行います。 胆嚢摘出のみでしたら術後7~14日で退院可能です。 5 術後の経過は? 胆嚢を摘出しても胆嚢の欠損症状はほとんど認められませんので、術後の食生活は今まで通りで構いません。 退院後状態が落ち着くまで1~2回の外来通院をしていただきますが、定期的な通院は必要ありません。 最終更新日:2018年2月28日.

次の

胆嚢を取った方、お話を聞かせてください

胆嚢 摘出 痩せる

今月末、腹腔鏡下手術で胆嚢を摘出します 病気にならないコトが1番ですが、既にこうなってしまった以上、 例えば、摘出したら普通の食事ができるだとか、痩せるとか、 ポジティブに考えることも必要だなぁと考えます 私は今まで知らず知らずのうちに油っぽいものを好んで食べていたと思います。 胆嚢炎になってから、炎症は治まり、退院したものの手術まで心配ですし、もともと少し肥満ぎみでしたので、今後のことも考え、ついでだから痩せよう!と思いました とりあえず3キロ痩せました。 もちろん体質もありますし、一丸には言えないと思いますが、手術をしたらとか食事制限をしたら痩せたよ! とかありましたら、コメントいただきたいです。 一つの励み?として、手術まで、その後もがんばりたいと思います。 こんばんは。 今年5月に胆嚢摘出手術をした者です。 胆嚢がなくなってから消化のシステム(?)が変化したようで、一日一回だった排便の回数が、多いときで一日三回くらいに増えました(下痢では無いです)。 術後の食事も、脂質をまったくとらないわけではないですが、脂っこいもの(天ぷらなどの揚げ物、ショートケーキの生クリームなんかがダメです)を食べるとてきめんに調子が悪くなって、下手すると寝込んでしまったりするので、自然と避けるようになってます。 いまは野菜、たんぱく質中心で一日三食、腹八分目を守って食べています。 で、食事に気を遣いついでに「計るだけダイエット」というのを始めてみましたところ、術後5ヵ月現在で、術前より7キロ、体脂肪率も5〜6%ほど落ちました。 これまで、「あと3キロ痩せたいなあ」とか思ってはいてもなかなか実行が難しかったのですが、やはりこれは胆嚢がなくなった影響で、体質が変化したせいなのかなと思っています。 あと、術後は明らかにお酒が弱くなって普段でもあんまり飲まなくなったので、そのせいもあるのかも知れません。 そんな感じです。 体重があまりに落ち過ぎてしまうのもちょっと困りますが、着られなかったお洋服が着れたりとか、いまのところは怪我の功名って感じで楽しんでいます 笑。 手術、不安もあるかと思いますが、どうぞがんばってくださいね。 呉藍サン コメントありがとうございます 手術まで確かに不安もありますが、ここのコミュでたくさんの情報を頂きまして、今は行ってやるぞ と意気込んでいます。 私自身もそうですが、油物をとる怖さもありますが、一時のピークを抜け出し、前ほど油物とりたくはないです。 消化のシステムのお話、大変参考になりました。 身体の臓器の一つがなくなるわけですから、確かに体質変化もしますよね。 また計るだけダイエット、やってみようと思います 着られなくて眠っている服をきるべく、楽しみながらやります ありがとうございます こんばんは。 肌がカサカサになりました。 私はちょうど腹腔鏡で胆嚢摘出手術を終え、今日で1週間が過ぎました。 術後3日間程は痛いです、が心配しなくて大丈夫ですョ 日に日に傷口の痛みもやわらいで来ました。 術後オナラと便が出た時から回復がとても早かったし体が楽になりました。 私もこれを気にダイエット開始しました。 今は食事制限してます。 油っこい物は下痢すると聞いたので怖くて食べれないです。 私は手術三週間前から食欲が無くなり4kg体重が減って行きました。 この頃は胆石だと言う事がまだわかってなくて、何の病気何だろうと思っていました。 胆石とわかって1週間後すぐに腹腔鏡の手術して胆嚢摘出してもらいました。 健康の為にも、これを気にダイエット成功させたいです。 私は絶対15kg減量成功します。 絶対に痩せようね その前に手術頑張ってくださいね 春サン わ〜、めちゃ近い方、またもや発見 嬉しいです やはり3日くらいは痛いんですね 痛さには強いほうではあると思うので、意気込んで?のぞみます 私も1ヶ月ほど前に、初めて胆石だと分かりました 町医者で受診して紹介状をもらっていて、また落ち着いた日に、、、。 と思っていましたが、痛みもあったので救急外来へ そのまま入院になりました とりあえず炎症をおさえただけで、重症ではないのでと、手術してもらえませんでした いったん退院し、今に至ります。 ありがとう うれしい 手術に対しての不安感や恐怖感はあって当たり前なるべく、看護師さんや医師や回りの人に自分の素直な気持ちを聞きもらうと、緊張感も少し和らぐよ 素直になって 私は手術室入ってから、もう心臓「バクバク」て脈拍が凄かったのよ〜。 私は、手術室に入ってからも「怖い〜 」て言ってたら、看護師さんや先生方から「不安なのは、当たり前だよ 」「ホントだ心臓バクバク言ってるね 」何て話し相手になってもらい数秒のやり取りでしたが、今思えば少しリラックスきました。 後は全身麻酔で起きたら術後でした。

次の

[mixi]胆嚢炎になって痩せましたか?

胆嚢 摘出 痩せる

胆嚢摘出後の食事とアルコール 胆嚢は胆汁を濃縮・貯蔵する場所です。 肝臓で作られた胆汁は脂肪の分解、消化、吸収を助ける働きをします。 胆嚢を摘出すると、胆汁が濃縮されずに腸に流れ込むので脂肪に対する消化吸収が一時的に減退して下痢をすることがあるそうです。 退院して二週間たちますが、今のところまだ下痢をしていません。 手術前よりかなり気を使って食べる分量を調整しているせいかもしれません。 下痢をしやすいと言われている冷たい牛乳やアイスなど食べてみましたが特に問題ありませんでした。 肉や魚も脂肪分が少な目のものを選んでいるせいか問題なく食べられています。 天ぷら、揚げ物類は食べていませんが、唐揚げや焼き鳥は大丈夫でした。 肉、魚、油ものが駄目というよりは、分量を押さえめにしてバランスよく食べていれば大丈夫そうです。 個人差はかなりあると思いますが、結構大丈夫だな、という印象です。 アルコールも控えていましたが、手術からちょうど半月たった日にビール250mlだけ飲んでみました。 そこから、毎日日本酒おちょこ1杯とかほんの少し飲んでいますが今のところ大丈夫です。 ただお腹が赤くなることがあったり、分量が少なくても酔いが早い印象はあります。 血液検査の結果で肝臓の機能がまだ十分回復していないので、先生からは最低でも1か月はアルコールを控えるように言われました。 二週間だとまだまだ我慢が必要ですね。 胆嚢摘出後の傷跡の経過 傷跡は退院して治ってくると少しかゆみが出たり、チリチリ違和感があったりしましたがすぐに収まりました。 傷の周りに触っても感覚のない部分もありましたが、手術で神経も切っているので徐々に治っていくそうです。 逆に治っていくとシャツに擦れていたいのか、こすれる痛みが徐々にでてきました。 風呂ですが手術から5日目で初めてシャワーを浴びて、その後もずっと毎日シャワーだけでした。 入院中から、傷跡は特にしみることもなく、お湯がかかっても問題なかったです。 手術から15日目の時に確認したら浴槽もOKとの事だったので手術から18日目で入浴しました。 浴槽で寝そべるような姿勢になると意外と腹筋に圧がかかって少し苦しかったので姿勢を正して入っています。 重いものを持ったり腹筋など腹圧のかかるようなことは2か月は避けたほうがいいそうです。 皮膚の傷ではなく、中のほうが開いて腹壁瘢痕ヘルニアになると大変みたいです。 手術から半月ほどたてば、もう日常の家事はできると思います。 掃除、洗濯、料理などゆっくりにはなりますが、問題なく出来ます。 ただ布団の上げ下ろしだったりカンビンのゴミ捨てだったり、少しでも重いものかな、というものの作業は避けるようにはしていました。 胆嚢摘出後の後遺症 後遺症に関しては胆嚢がないという事よりも手術自体の後遺症への注意に徐々に気持ちが変わってきました。 便秘しないようにヨーグルトやヤクルトを欠かさず接種したり野菜をしっかりたべたりしっかり歩いて運動したりすることが大事だと思います。 退院も体の変化があるかと思います。 右肩や背中の痛みが生じることもあるようですが数日すると消失するようです。 背中はたしかにちょっと左寄りの背中がちょっと痛んだり痺れたりを繰り返しています。 胆嚢のあたりの脇腹は神経が通っていて、神経を切除しているので色々な影響があるようです。 腹痛や吐き気、嘔吐はすぐ病院に連絡したほうがいいと思います。 緊急であれば救急車ですが、なるだけ救急車の前に病院に電話するよう退院の時に言われました。 今のところこれらの症状はありませんでしたが、退院したからといって油断はできないので、とくに吐き気がでたらすぐ連絡したほうがいいと思います。 胆嚢摘出後の職場復帰の時期 開腹手術だったので、手術後1ヶ月で職場復帰をする予定です。 もともとその期間で休暇を取っています。 長いのかなと思ったりもしていましたが、開腹手術をするなら余裕があったほうが絶対にいいと思います。 退院直後ぐらいは、すぐ大丈夫じゃない?と思ったりもしますが、ほんと少しずつしか回復していきません。 運動もあまりできないので体力もなかなか戻りません。 一カ月後はフルタイムではなくリハビリ出勤(短時間勤務など)でちょうどいいと思います。 自身の体験をもとに書いていますが経過はひとそれぞれ違いがあるはずです。 焦らずゆっくりが基本だと思いますので、一例として参考にしてください。

次の