髪の毛 塗り 方 アイビス。 【簡単!ミニキャラの描き方】SD・ちびキャラをかわいく描くコツ

自然に見える髪の毛の線画を描く簡単な方法

髪の毛 塗り 方 アイビス

私のお友達からの使い方を教えてほしいと要望があったので、初心者ですが自分なりのやり方をまとめてみました。 は中1の時にやってたのですが、また業務用でスタートです。 つきさんのサブブログなので(依頼や業務など)あまり更新しないです。 あとときたま独り言やメモなども書きます。 気にしないでください。 まず、普通の紙に下書きを書きます 下書きなしでも行けるけど、わたしはだとまだ手で書くのが不慣れなので下書きしてます。 ほしい・・・・ペンタブだと下書きなしで直で線画描いてます。 描いた絵の女の子はの使い方を教えてほしいと言ってくれたリア友さんです。 似てないけどそこはスルーだよ!これより何倍もかわいいから!!! を開きます。 (は無料のアプリです) マイギャラリーを押して新規キャンバスを開きます。 【下書きをしない場合】 キャンバスのサイズは自分の好みで決めてください。 ヘッダー用とかアイコン用とかLINEスタンプ用とか選べるので決めやすいかと思います。 【下書きから始める場合】 新規キャンバスのサイズを選ぶところで、真ん中らへんに写真読み込みというボタンがありませんか? そこを押してください。 下書きの写真を選びます。 線画抽出をすると便利なのですが、私は面倒だからやってないです。 下書き読み込みました。 一番右下のBACKの左隣にある紙のアイコンを押してください。 一番下のほうに、マイナスからプラスに移動できる奴があると思います。 それがそのレイヤーの濃さを変えれる場所です。 下書きが濃すぎると見ずらいので、 下書きのレイヤーは薄くしとくと便利ですよ。 下書きをなぞりました。 線画の完成です。 線画レイヤーの上に色塗りレイヤーをおいちゃうと悲惨なことになります。 線画が見えなくなります。 順番を間違えても、レイヤーは上下に移動できるので安心してください! ちなみに一番上の最初からある消えない謎のレイヤーの正体と使い方はまだわかってません。 私も普段名前なんて入力してないです。 今回は見やすくするために入力しましたが途中で面倒になってやってないです。 色塗りは、ちゃんとはだのいろ、かみのけのいろ、めのいろ・・・など 細かく別のレイヤーに塗ったほうがいいですよ!いっきに一つのレイヤーに全部の色を塗ると色の編集が難しくなっちゃいます。 はだの影なしの基本の色をバケツ塗りで塗ったら、 その上にまた新しいレイヤーを作ります。 (先に言えばよかったね・・・今更感満載だ💦) その新しいレイヤーは肌の影専用のレイヤーとなります。 できたら、ボタンをONにします。 ONにできたら、丸で囲ってあるように下向きの矢印ができてるはず!! 【 機能とは?】 をすると、したところ以外にははみださない!! なしで影をかきこむと、別のところにはみだしちゃったりしてやりにくくなっちゃうから、 機能はめちゃめちゃ便利です。 にかかわらずペンタブでも 私の中では必須の作業です。 機能を使った肌の影レイヤーに影を書き込みます。 このとき、レイヤーは 乗算モードにしておくのが私のやり方。 乗算についての説明は最後に書きます。 乗算モード設定の仕方は、のボタンの隣に、【普通】って書いてあるところがあると思います。 そこを押すと様々なモードに切り替えできるので、その中で乗算を探して押してください。 まず最初に肌を塗る!!という決まりはありません。 次に髪の毛を塗っていきます。 こちらも影はつけないで基本の色のみバケツ塗りをしました。 また髪の毛の影専用のレイヤーを作って、機能を使います。 影を付けました。 髪の毛の影はペンタブでもでも私はめちゃくちゃ苦手で勘で塗っているので、光の当たり方とか現実ではありえないってことも多々あります。 次は目を塗りました。 もうこの画像はして影までつけてます。 私の一番好きな作業です。 くっつけた後に、その上に機能を使ったレイヤーを作ります。 そしてレイヤーのモードを加算、発光にしてください。 めちゃめちゃ発光します。 これは個人によって目の書き方、目の塗り方によって異なりますが、私が描くイラストでは目の中のしたらへんに明るい色で塗ります。 あとでさらに発光させるので、今のところは控えめに塗りました。 おっ、ここに合体方法の画像がありましたね・・・・ そうです、この場所をクリックでレイヤーを合体します。 目同士、肌同士、髪同士を合体させます。 合体させなくてもいいけど、はペンタブと違ってたくさんレイヤーを作れないのです。 上限があるのでこまめに合体させとくといいかもしれません。 これも機能を使ってます。 はいできました!!! ここから加工してきます。 目の中のハイライトはあとでやる派なわたしです。 発光レイヤーを作ります。 髪の毛を光らせていこうと思います。 それはスクリーンレイヤーです。 スクリーンレイヤーを上からふんわりとしたペンでかる~くのせてくと、あら不思議! なんとなーく手が凝ったイラストに見えません?あれ?気のせいかな? 緑にはだいたいオレンジ系が合うかなって思って。 でもなんにでもあうのは赤色とピンクですね!赤とピンクをほんのりスクリーンで色のせしたらそれとなくいい色になりますよ。 ピンク系色でやった参考画像は、最後らへんに載せておきます。 良ければ色の参考にしてくださいな。 また新しいレイヤーを作って目の中をいじりました。 あっレイヤーは発光レイヤーを使ってます。 普通のレイヤーで目のハイライトを書きました。 このリア友ちゃんはおめめぱっちりでかわいらしいので、ハイライトも大きめにしてみました。 ハイライトなしでもよかったけど、ハイライトがないとなんか冷たく見えるっていうか機械っぽく見えちゃうからハイライトは高確率でつけてます。 よく目のあたりや首元などの線画の色が違う絵師さん方を見かけます。 わたしもそれやりたくて自分なりに考えたら(ペンタブのほうで)、「そうだ!線画レイヤーもしちゃえ!」という考えにたどり着きました。 でもうまくいったので紹介しておきます。 線画レイヤーの上に新しいレイヤーを作って(普通レイヤー)、さらにします。 色を変えたいところに上から色を乗せたら線画の色が変わります。 私は目の下のところとか、肌のところを赤っぽくして血色をよくしてます。 ここからレイヤーの種類について書いていこうかと思います。 まず乗算。 乗算は影とかつけるときに主に使っています。 ぬると濃くなる!基本肌と同じ色で塗っても乗算モードだとより濃くなります。 乗算レイヤーだと、通常とは異なって下のいろが透けます。 だから目のところに影で灰色に塗るときとかは、乗算で塗るといいと思います。 スクリーンレイヤーです。 ちょっと明るくなります。 参考の画像も載せて比較しやすいようにしてみます。 参考用のイラスト。 途中で飽きちゃって放り投げたイラストです。 飽きた。 (B型あるある) これにピンク系統の色で上からスクリーンレイヤーで塗ってみると・・・・? こんな感じになります。 スクリーンレイヤーなしだと、線画の色がはっきりしすぎていたのですが、線画レイヤーの上からスクリーンや発光をすると、いいかんじに輪郭線がぼんやりします。 おまけに目の中も色がちょっと変わってかわいくなった。 拡大画像 もうひとつ過去のイラストよりスクリーンレイヤー比較画像が出てきました。 ことりちゃんの誕生日のときに描いたやつ ちなみに初描きでした。 ピンク系統でやるとやっぱり見栄えが良くなる!!!!! さて、またレイヤー紹介に戻ります。 ビビットライトレイヤー。 これも赤色で塗ったんだけど減算だと色が変わるみたい。 まだ使ったことのない未知のレイヤーです。 影とかに使えそう。 絶対値レイヤー これも赤色で塗ったのに青っぽくなりました。 ペンタブにもあるこの機能、どうやら色が反転?するっぽい?違うかも? 未知のレイヤーなのでこんど調べてみようと思います。 焼きこみカラー ペンタブで使うと色が濃くなるんだけど、だとなんか逆に明るくなるみたい(?) 私焼きこみよく使うんですけど(左側をオレンジで焼きこみ、右側は普通)、バリバリ加工してます!!!!って見せるときとかに影を濃くしたかったりするときに使ってます。 基本オレンジや赤色を薄くした色で焼きこみをしているのですが、青とか緑とか別の色だとまた変わって見えるのかも知れませんね!^^ 発光レイヤー 目の中とか髪の毛の光が当たる部分、ちょっと輝かせたいところに塗るやつ。 赤だとわかりにくいので、黄緑色で比較しました。 左側が発光させたもの、右側は無加工です。 茶色でやるとわかりやすいんだけどなあ・・・・緑髪にしちゃったからなあ・・・・ ペンタブで前に書いたイラスト発掘してきたので投下。 発光前のイラスト(でも目の中とはすでに発光してあります) 発光させたもの。 も目の中もさらにもう一つ発光レイヤー作って光らせました。 その他リボンやほっぺたのお月さま、髪の毛も発光してます。 比較じゃないけど文化祭の時に人文系列から頼まれたポスターの原画でてきたからのせる~ 茶色の髪の毛をオレンジで発光させるとこうなります。 太陽光とかに向いてると思う。 ネットに上げるということでちょっと学校ばれ防止のため制服を変えてあります。

次の

7つのステップで完成する!髪の塗り方講座

髪の毛 塗り 方 アイビス

柔らかい塗りを目指したブラシ設定をしてみよう はじめに、柔らかい質感を表現するためにブラシ設定を変えてみましょう。 今回使用するブラシはSAIにデフォルトで入っている「筆」の設定を変えたものです。 ペン設定は人によって手に馴染むものと馴染まないものが大きく分かれてしまうため、一概に正解と言える物はありません。 一度デフォルトの枠から外れて自分に合ったペン設定を模索するのも、自分の塗りを見つける第一歩と言えるのではないでしょうか。 髪の塗りの工程 それでは早速塗っていきましょう。 今回ご紹介する髪の塗りは 下から、 1. ベースカラー 2. 1影 +グラデ 3. 2影 4. 3影 色味 5. ハイライト 6. 肌透け 7. オーバーレイ 仕上げ の レイヤー構成 を 基本構成 として塗っていきます。 仕上げ以外の塗りは 基本的にレイヤー効果を使わず通常レイヤーで色を表現していきます。 レイヤー効果を多用しない最大の理由は、自分の出したい色を出すのが難しいからです。 また、乗算などのレイヤー同士を重ねたときに色のズレがムラのようになってしまったり、ソフトによっては互換性のないレイヤー効果などがあったりすることも理由のひとつです。 もちろん、場合によってはレイヤー効果に頼るべきこともあります。 「レイヤー効果を使ってはいけない!」ということは、決してありませんので適材適所で臨機応変に対応していきましょう。 1影で物体の立体を表現しよう 1影は特に物体の立体を表現する重要なレイヤーです。 今回はメインの陰影を1影と2影の2枚で表現するので、 1影は光源を意識して大きめに影を配置していきます。 キャラクターの顔は見栄えの関係で平面的に描くので、髪の塗りで豪華さを表現します。 そのためにも 1影の段階では多少、影の量を盛って塗るくらいが丁度良いでしょう。 ただし大きく塗る分、1影の色の選択は慎重に行う必要があります。 1影 は ベースカラーの大部分をカバーしてしまう 為、ここで 色の選択を誤ると配色の印象そのものを変えてしまう 事になりかねないのです。 1影の色を選択する際は彩度や明度に気を使いつつ ベースカラーの印象を変えてしまわないことを意識しましょう。 このとき、色を置き過ぎてしまわないように、あらかじめ1影のレイヤーとエアブラシのレイヤーを分けておくと塗り範囲や不透明度などを調整しやすくなります。 2影で陰影にメリハリと深みを与える 1影で大まかな髪の質感を表現しましたが、このままではメリハリがありません。 そこで 2影(1影よりさらに濃い影)を使い、陰影にメリハリと深みを増した表現していきましょう。 1影よりも濃い色でもう一段階、影を落としていきます。 同時に 1影の輪郭に沿うように色を置いてあげると 塗りが全体的にリッチに見え、近年流行りの可愛らしいテイストに仕上がります。 色味を加えて柔らかさや女の子らしさを追加する 2影まで塗り終えた段階でも問題はありませんが、2影の中に ほんの少し赤~紫がかった彩度の低い色を置くと、柔らかさや女の子らしさが追加できます。 これにより 立体感や空気感を追加し、陰影の単調さを取り除いていきます。 色味を追加する際、注意する点は 2影とあまり明度の差を作らないことです。 あくまで自然に2影に色を追加するものであり、 3影そのものが主張し過ぎないように2影と同じ明度、または それよりもほんの少し明るいくらいの色を選ぶと良いでしょう。 ハイライトは一度描いてから削るのがオススメ ハイライトは ベースカラーよりも明るく彩度の高い色を選択します。 また、光源の色やベースカラーとの兼ね合いを考え今回は黄色み掛かった色を置いていきます。 髪を一本一本描くような感覚で髪の流れを描きつつ、後で形を整えるので、はじめは 縦の幅を広めにハイライトを塗っていきます。 好みによっては広めのハイライトのままでも悪くはありませんが、 コントラストが高くなりすぎると光が目立ち過ぎて収拾がつかなくなってしまっています。 ブラシ濃度を下げた輪郭の柔らかい消しゴムブラシでハイライトの形を削り、整えていきます。 直接ハイライトをその形のまま描くよりも、 一度描いてから柔らかい消しゴムで削るほうがハイライトのエッジが優しく柔らかな仕上がりになり馴染みます。 毛先はスクリーンとオーバーレイで柔らかく仕上げる ここまでくればもうあと一息です。 前髪の毛先あたりに エアブラシを使って 肌の色をスクリーンで薄く乗せてぼかし、 肌の透け感を表現します。 このとき 広範囲に塗り過ぎたり、色を濃くしっかり置き過ぎたりして陰影の輪郭を潰してしまわないように注意しましょう。 また、後ろ髪の毛先にも同様に明るい色をスクリーンで入れると髪全体に透明感が現れ、軽く柔らかな印象を持たせることができます。 最後に オーバーレイで 薄く赤みがかった色を 光の当たる箇所に エアブラシで軽く塗って髪の塗りは完成です。 髪はキャラクターの命! いかがでしたか。 キャラクターの髪は質感によって、ストレートで艶やかな髪や、柔らかくボリューミーな髪など色々あると思います。 髪はキャラクターの命です。 テンプレート化された塗りだけではなく 質感に合わせた臨機応変な塗りが出来るよう、 髪をしっかりと立体として捉え厚みや凹凸などを意識して より魅力的なキャラクターを描けるよう心がけていきましょう! [著・画:漆原六花(うるしばらりっか)] pixiv Twitter 2015年1月からフリーランスで活動を始めた駆け出しイラストレーター。 どこまで行ってもゴールなんて無いお絵描きというジャンルにやり甲斐を感じています。

次の

アイビスで描きました

髪の毛 塗り 方 アイビス

スポンサーリンク グラデーション塗りの準備 今回練習として使うのは、この四角です。 なぜ四角かというと、こういう基本的な形のほうが分かりやすいし、応用が効くからです。 この四角にグラデーションをかけるとこんな感じになります。 不思議と立体感が出ますね^^ では、さっそくやっていきましょう! 二色で作るグラデーション塗り まずはグラデーションする色を2色決めます。 今回は青から黒に変化するグラデーションなので、青と黒ですね。 まず最初にベースにする色(ここでは黒)を全体に塗ります。 今回は塗りつぶしツールを使いました。 次にグラデーション用のレイヤーを新規で作っておきます。 ペンのボタン(画像では塗りつぶしボタン)をタップしてツールを出します。 その中の(FX)フィルターをタップ。 下の方に行くと、「平行波グラデーション」があるのでタップ。 そうすると画面に赤いグラデーションが出ます。 思わずギョッとしますが落ち着いて 笑 まずは色を変えましょう。 画面の下の方に「色相」と書かれた色を変えられるバーがあるので、ここをいじって色を変えます。 今回は青になるよう調整しました。 次はグラデーションの向きを変えます。 横のグラデーションの場合はこのままでいいですが、今回は縦グラデーションなので角度をいじります。 画面の上にいくと角度が変えられるバーがあるので、そこで調整します。 だいたい270度くらいだと縦グラデーションになります。 思い通りの角度になったら、グラデーションの調整はひとまずここまでです。 あとは、このはみ出た色をなんとかしたいですよね 笑 このはみ出し、なんと一発で消せる方法があるんです! まずはレイヤーボタンをタップします。 グラデーションのレイヤーが、青い四角のレイヤーの上にあることを確認してください。 次にグラデーションのレイヤーを選び、「クリッピング」をタップします。 すると、青く塗った部分だけにグラデーションがかかりました!^^ これでグラデーション塗りの完成です!^^ 二色グラデーション、クリッピングの注意点 このクリッピング機能は、「色がついた部分にだけ」反応するようにできる機能です。 なので白と他の色でのグラデーションの時は、先に白で塗りつぶしておくと良いですよ。

次の