妊娠報告 友人。 妊娠報告後、冷たくなった友人との付き合い

【体験談】いつ報告する?不妊治療中の友人への妊娠報告|ベビーカレンダーのベビーニュース

妊娠報告 友人

当事者にとってはうれしい妊娠ですが、周囲に報告する際はさまざまな気遣いが必要になります。 例えば、職場には体調が悪くなることも考えて早めに言うべきなのか、それとも万が一のことを考えて安定期まで待つ方がいいのか、迷いますよね。 また、お互いの両親であっても、すぐに、というわけにはいかない場合もあります。 実両親と義両親で差をつけたりすると、後でバレてしまったときに不快な思いをさせてしまう可能性も。 友人であっても、相手によっては妊娠を報告することで傷つけてしまうこともあります。 うれしい妊娠の報告ではありますが、今後の人間関係をスムーズに進めるためにも、相手によっていつ報告するかを慎重に計画したほうがよいといえるでしょう。 私は心拍確認ができた直後(8週頃)に直属の上司に報告しました。 幸い理解があり、産休育休が取りやすい職場ですが、やはり私のいない間の人員配置のこともあるし、つわりなどでしんどくて休んで迷惑をかけるかもしれないので、早めに報告しました。 まだ復帰はしていませんが、復帰しても子どもが熱で呼び出されたり、いろいろあると思います。 時短勤務をさせていただく予定なのですが、とにかく謙虚な気持ちで、感謝の気持ちを忘れずに一生懸命やるしかないかなと思います。 あと、長期の休みって、産休育休だけじゃなく、男性も女性も病気やケガの可能性だってあるわけで、他の人がそういう立場になったとき、気分よく休んでもらえるように送り出してあげるのが、恩返しになるかなと思っています。 身近にいなくて滅多に会わない友達なら5、6ヶ月頃を目安に報告するといいと思います。 私は実際に良く会う仲の良い友達には3ヶ月~4ヶ月頃に報告しました。 安定期ではないし、早いとは分かっているのですが、私は前回3ヶ月で流産しており、その時はもっと早くに言ってしまいました。 でも仲の良い友達だからこそ、逆に知っていて欲しいし、流産後も話を聞いてもらったりしたので、今回もどうなるか分かりませんでしたが、母子手帳貰ってしばらくしてから話しました。 遠方にいるような友達で、結婚式に出てくれた友達には5ヶ月以降に徐々に報告していきました。 それと同時に出産予定日を書くといいかと思います。 結婚式以来、なかなか会えないね。 また、産まれたら報告します。 寒いので風邪などひかないようにね。 というような、こんな内容であんまりダラダラ長くは送りませんでした。 私の場合式に参列してくれた子は大学時代で地方に帰ってしまった子が多く、本当に結婚式以来2年ほど会えていません^^;なので、こんな感じの内容にしましたが、まぁその辺はアレンジして送って下さい^^.

次の

友達への妊娠報告。タイミングはいつがいいの? [ママリ]

妊娠報告 友人

会社へ妊娠報告する時期 働いている場合は、会社へ必ず妊娠報告をします。 妊娠による体調の変化によって業務に支障が出たり、休むことが増えたり、場合によっては早めに産休に入らなければいけないことがあるからです。 妊娠期間中に問題がなかった場合でも、いずれ出産のために必ず仕事を休むことになりますから、妊娠を最後まで秘密にしておくということはできません。 また、産休・育休を取得する人、退職を予定している人、そのどちらも産休に入る前までに仕事の引継ぎをしなければなりません。 なかには引き継ぎに時間がかかるというケースもあるため、会社への妊娠報告は、妊娠が分かってから比較的早い段階で報告をする人が多くなっています。 早めに妊娠報告をしておくことで、妊娠・出産で自分が抜けた後に会社に与える負担を減らすことができますし、つわりなどで体調が悪いときにも配慮してもらいやすくなります。 両親へ妊娠報告する時期 両親へ妊娠を報告するタイミングで悩んでいる妊婦さんも多くいるようです。 自分の両親と夫の両親(義両親)の双方に伝える必要がありますが、一般的には両家のトラブルを起こしにくい同じタイミングで報告することが良いといわれています。 しかし実際のところ、自分の両親には妊娠2カ月(妊娠4~7週)ごろの比較的早い段階で報告することが多いようです。 一方、義両親の場合は安定期に入ってからの報告という人が多くなっています。 ただ、義両親であっても一緒に暮らしているのであれば報告するタイミングが早かったり、自分の両親でも疎遠になっている場合には報告が遅かったりなど、環境に合わせて報告する時期は異なる場合もあると思います。 両親以外の両親戚に報告する場合は、安定期以降に伝えることが多いようです。 会社で真っ先に伝えるべき相手は誰? 会社に妊娠報告をするといっても、すべての人に同じタイミングで伝える必要はありません。 最初に伝えるべき相手は、直属の上司です。 早めに上司に伝えておけば体調が悪いときや妊婦健診で仕事を調整したいときに相談しやすくなります。 同僚などに先に話してしまうと、自分の口から正式に伝える前に上司の耳に入ってしまうこともあり得ますので気を付けましょう。 上司のほかには、体調がすぐれないときにフォローしてもらうことが多くなる同僚にも早めに伝えておくのがベストです。 ただ、フォローをしてもらう前提での妊娠報告は、相手に悪い印象を与えてしまうため、できる業務は変わらずに取り組んでいくという姿勢を忘れないようにしましょう。 両親以外の両親戚には誰まで伝える? 赤ちゃんの祖父母となる実の両親・義両親には、早めに伝えるという人が多い一方で、両親戚となると誰まで報告するべきか悩んでいる人も珍しくないようです。 きょうだいが両親と一緒に暮らしている場合は、両親と同じタイミングで伝えることもあるようですが、身内が不妊治療をしているなどの場合は報告するタイミングを考えた方が良いでしょう。 さらに、両親戚の場合は自分で報告せずに、両親から伝えてもらうというケースが多くなっています。 体調不良や流産の心配がある場合は、安定期に入るまでは伝えずにいてほしいと両親にお願いしておき、安定期以降に伝えてもらうようにする方法もひとつの方法です。 ただ、地域によっては両親戚にもしっかりと妊娠報告をするのがマナーとなっているところもあるため、事前に両親や夫などに確認しておきましょう。 友人への妊娠報告は誰まで伝えればいい? 友人への妊娠報告は、現在の付き合いの頻度や関係性によって異なります。 特に仲のいい友人の場合は安定期に入ってから伝えることが多くなっていますが、それ以外の友人の場合には、安定期以降に連絡したり、会う機会があったときに報告するというケースもあります。 しかし、同じ友人グループ内で妊娠報告を受けている人と受けていない人がいる場合、自分で伝える前にほかの友人から妊娠したことが伝わり、関係がギクシャクしてしまうこともあるようです。 このような心配がある場合は、報告を先にした友人に「ほかの人には後で自分の口から伝えるため、それまでは話さないで欲しい」とお願いしておくといいでしょう。 <ママ友への報告は必要?> 2人目以降の妊娠の場合、上の子どもの関係でママ友としての付き合いをしていることもあると思います。 特に親しくしている場合は、子育てや妊娠中の相談相手として早めに伝えるという人も多いようですが、友人と同様に安定期に入ってから伝える人もいます。 もし、ママ友としてそれほど親しい付き合いをしているわけではない場合には、安定期以降またはおなかが目立ってきた時期をみて報告しても問題ありません。 深い付き合いをしていないママ友の中には不妊治療をしている人もいるかもしれないので、あえて自分から妊娠報告はしないという選択もあります。 会社への妊娠報告で一緒に伝える必要のあること 会社の上司に妊娠報告する場合は、出産予定日はもちろんのこと、今後の仕事についてどのように考えているのかも伝えておく必要があります。 特に、「いつから産休に入る予定なのか」「退職するのか産休・育休取得後に復職するのか」、復職するのであれば「いつから復職するのか」ということは重要です。 もちろん、出産してみないと分からないことではありますが、予定を伝えておかないと会社側も対応が取りにくくなります。 そのため、あらかじめ家族と話し合って、出産前後の予定をシミュレーションしておきましょう。 伝え方の例としては、妊娠した事実と現在の妊娠数週、出産予定日を報告した後、出産後に復職したいのか、退職するのかを伝えます。 復職を希望している場合は、育休の取得が可能かどうかも聞いておきましょう。 さらに、復職後に赤ちゃんが体調不良を起こしたときにはどう対処する予定なのか(夫や家族の協力の有無)も伝えておくとベストです。 もし、妊娠報告の時点で体調がすぐれない場合は、今後の業務内容を配慮してもらえるかどうかも確認しておくようにします。 引継ぎに関しては、妊娠報告をした日ではなく改めて時間を取り、誰にどのような方法で引継ぎをしていくのかを相談して決めます。 友人へメールで妊娠報告する場合の伝え方 友人の場合は、メールで妊娠報告をすることも多くあります。 特に仲がよい友人や、妊娠を心待ちにしていたことを知っていたり相談にのってもらっていたりした友人であれば、喜びを全面に出した内容でも問題ありません。 しかし、グループメールなどで複数の友人へ一斉に知らせる場合には、簡潔に報告した方が相手も受け取りやすくなります。 メール文面の例としては、「急なご報告ですが、このたび妊娠しました。 現在、妊娠〇カ月です。 もっと早くに報告したかったのですが、安定期に入ってからと伝えようと思い、この時期の報告になりました。 予定日は〇月〇日です」のような内容です。 自分の状態を詳しく書きすぎるとマタニティハイと受け取られてしまうこともあるため、最初の報告では必要最低限の情報だけ伝えるようにしましょう。 友人へ妊娠報告するときの注意点 友人へ妊娠報告する場合は、相手のおかれている状況を考えないといけないことがあります。 特に、友人が不妊治療を受けている場合やなかなか妊娠できずに悩んでいることを知っている場合は、妊娠報告をするタイミングや伝え方に配慮が必要です。 ただ、妊娠したことを伝えないでいると、相手は「気をつかわせた」「同情された」とマイナスに受け取られてしまう可能性もあります。 ですから、安定期を過ぎたあたりにほかの友人と同じタイミングで報告するのがいいでしょう。 また、SNSなど不特定多数が閲覧できる場所での妊娠報告は、マタニティハイや幸せをアピールしていると受け取られ、相手を不快にさせてしまうことがあります。 自分ではそんなつもりがなくても、あくまでも妊娠報告は親しい友人間だけでおこなうようにしましょう。

次の

友人に妊娠の報告

妊娠報告 友人

友達への妊娠報告で注意したこと~先輩ママの友人への妊娠報告 職場などの公の場所での妊娠の報告は、安定期に入る妊娠16週以降にするのが一般的ですが、家族や親しい友人には、妊娠が分かったらすぐにでも知らせたくなりますよね。 ところが、いくら親しいとはいえ、安定期に入っていな妊娠初期に、友達に知らせていいものなのでしょうか?そこで、先輩ママ達に、友達に妊娠を報告した時期と伝える際に注意したことについて聞いてみました。 やはり安定期に入ってから妊娠報告をしたママが多い一方、 「仲がいいから」「妊娠の相談に乗ってほしいから」「仕事で迷惑をかけるから」などの理由から妊娠初期に報告した、というママもいました。 報告する際の注意点としては、浮かれポンチになってヘラヘラしたり、逆に陰気な感じにならないようにすること。 また、 婚活中や妊活中の友達への妊娠報告にはかなり気を使ったママは多いようです。 どちらにせよ、妊娠報告をして自分のことのように喜んでもらえることが、何よりも嬉しいですよね。 みつばち 36歳 嬉しくなってついメールで報告 妊娠が発覚したのは結婚5年目で、なかなか子どもが授からず、病院に行き始めたばかりでした。 妊娠検査薬で陽性反応が出て、嬉しくなって友人にメールしてしまいました。 友人は、学生の頃から仲の良い子で、赤ちゃんが生まれたばかり。 友人の妊娠中、よく妊娠について相談をしていたので、とても喜んでくれました。 ただ、私も初めてのこととはいえ、もう少し後にすればよかったと後悔もしました。 いくら仲が良いとはいえ、もしものことがあったら友人に気を使わせてしまうことになります。 後から思えば、安易にメールを送ってしまったので、第二子を授かれたら、やはり安定期になって落ち着いてから友人に連絡しようと思います。 けんたろう 30代前半 みんな喜んでくれました 妊娠が判明した当初、つわりがひどくて寝込んでいて、外出もできなかったので友達に会うことはできませんでした。 でも、特別仲の良い友達はよく電話をくれたので、その時に妊娠を報告しました。 その他の友達には、安定期に入ってから報告しました。 ほとんどの友達は既婚ですが、独身の友達もいます。 子どもがなかなかできない友達や婚活中の友達、あまり親しくない人には、自分から報告しませんでした。 人づてに伝わっていけば十分だと思ったからです。 報告する時には「つわりが重くて辛い」など、ネガティブなことはあまり言わないように気をつけました。 友達のほとんどがとても喜んでくれて、生まれてきてからもかわいがってくれました。 ぶっち 30代後半 とっても喜んでもらえました 妊娠6週頃に、大学時代の同じゼミの友人に妊娠の報告をしました。 その友達とはとっても気が合うので、卒業後も15年以上ずっと連絡を取り続け、家族ぐるみでお付き合いしています。 その友人には、子供が2人います。 妊娠報告は、たまたま友人とスーパーで会った際にしました。 家が近所なので、比較的スーパーなどでよく会うのです。 妊娠報告する前に一応、その友人が最近忙しくないか、仕事で何か問題を抱えて落ち込んだりしていないか、友人の状況は事前にチェックしていました。 自分が大変な時に、ヘラヘラと妊娠報告されても困るだろうなーと思ったので。 幸い、友達は自分のことのようにとっても喜んでくれました。 ふゆか 20代後半 報告と相談を兼ねて 親しい友人には妊娠10週の時にしました。 本当は安定期に入るまで報告はしたくなかったのですが、つわりがあまりにも酷かったので、お誘いメールが来た時に報告をしました。 私の場合は、中学・高校・大学のごく親しい友人にのみ報告をしました。 既婚者で、すでに子供がいる友人もいたので、妊娠のことや出産に関して不安に思っていることについて聞く、いい機会でもありました。 妊娠中ずっと体調が優れなかったので、報告はすべてメールで行いました。 その際につわりの影響でずっと優れないということも併せて報告をしました。 それは、遊びのお誘いは遠慮してほしいという思いも込めて伝えました。 友人はみんな喜んでくれ、報告後は出産までずっと気にかけてくれたりし、心の支えになりました。 たらりん 30代後半 真っ先に同僚に伝えました 妊娠12週頃に、同僚に直接職場で伝えました。 仲良くして頂いている方だったので、普通に赤ちゃん出来たーという感じでした。 その方は独身ですが、バツイチで娘さんが2人いらっしゃいます。 私が第三子の妊娠だったので、とても喜んでくれるとともに、羨ましいと言われました。 3人の子供を育てた事がないから、どんな感じがとても興味があるそうです。 まだ、安定期に入る前だったので、他の職場の人達には、もう少し内緒にしてもらえるようにお願いしました。 その方には、出産前と産後1年間は育児休暇をもらうことになるので、その時に1番お世話になることになると思い、1番最初に伝えました。 その事についても快く了承して頂き、本当にホッとしました。 とくママ 30代前半 喜んでくれた友だちに泣きそうになりました 私が友達に妊娠の報告をしたのは12週目でした。 友達は中学の同級生で、仕事をバリバリこなすキャリアウーマンです。 メールや電話でも伝えることはできましたが、会って報告したいと、ご飯を食べる約束をして、食後のコーヒーは飲めない、と伝えながら、初めての妊娠を伝えました。 結婚も妊娠も先になってしまいましたが、どんな反応があるのか全く分からなかったので、なるべく普通に伝えられるようにさらっと言いました。 内心ドキドキしながら反応をうかがうと、顔を真っ赤にしながら「おめでとう!!」と喜んでくれました。 すぐに、赤ちゃんが男の子でも女の子でも着られる洋服をプレゼントするね!っと嬉しそうに言ってくれて、親友に祝福されて、私も改めて泣きそうになるほど嬉しかったです。 安定期に入って妊娠報告 りな 20代後半 離れて暮らす友人にLINEで報告 妊娠15週くらいのときに、結婚の報告も兼ねて高校からの一番の友人に報告しました。 私が結婚のため他県に引っ越しをしたので、本来なら会って報告したかったのですが、仕方なくラインでの報告になってしまいました。 報告するときはまだ安定期に入ってなく、つわりや立ちくらみなどもひどかったので、今後どうなるのかとても不安だったのでした。 でも一番仲の良い友人だったので、安定期に入るまでは他の人には妊娠していることを言わないよう気をつけてほしいと、念のために約束をしてもらいました。 その友人は独身でしたが、まるで自分のことのようにとても喜んでくれてすごく嬉しかったです。 無事に出産できたら一番に報告したいと思います。 みなみ 28歳 子供のいない友達にサラッと報告 友達に妊娠報告をしたのは、16週くらいの安定期に入った時でした。 妊娠報告をした友達は高校の同級生で、ランチに行った時に直接報告しました。 友達は既婚者ですが、まだ子供がいなかったので、複雑な気持ちになるだろうと思い、自分が妊娠したことはサラッと伝える程度にしました。 妊娠報告は自分からせず、友達から「最近どう?」と聞かれたので、話の流れでという感じで報告しました。 もし、自分がなかなか妊娠出来ないのに、先に友達が妊娠したら、羨ましくなって嫉妬のような複雑な気持ちになると思うので、その点は気をつけました。 友達はビックリしてたけど、おめでとうと言ってくれて、体調の心配までしてくれました。 みみママ 20代後半 幼なじみの友達に報告 友達には、安定期に入った妊娠16週くらいになってから報告しました。 報告した友達は小学生のときからずっと仲良しの友達で、友達もちょうど結婚して子どもが生まれたばかりだったので、これからはママ友だねと、とても喜んでくれました。 メールや電話より直接会って話したいと思い、ちょうど食事に行く約束をしていたので、その時に食事をしながらいきなり報告すると、とても驚いていました。 独身の友達や子どものいない友達には、報告しても良いものか不安だったので、はじめは子どものいる友人から報告しようと気をつけていました。 生まれたら子どもを連れて出掛けたいね、という話で盛り上がれて、報告して良かったです。 ともみ 28歳 友達の子供と同学年に! 友達に妊娠報告をしたのは、安定期に入るくらいの頃で16週くらいでした。 友達は小学生からの友達で、一緒にバドミントンスクールで活動していてとても仲の良かった子でした。 その友達は私より先に結婚していましたが、子供はまだでした。 職場も家も離れていたのでLINEで妊娠報告をしました。 友達は子供を凄く望んでいてなかなか出来なかったので、妊娠報告もサラッとみんなに報告するような形ですませました。 ところが、友達も実は妊娠。 出産時期も1ヶ月くらいしか変わらないので、子供も同学年になると知りとても嬉しかったです。 性別は別々ですが、子供にもバドミントンを教えて、将来親子でダブルス組んで戦う夢が出来ました!今から本当に楽しみです。 はやとママ 20代後半 幸せを共有してくれた親友 わたしは、妊娠17週目の時に、中学からの親友に妊娠の報告をしました。 ランチを食べる約束をしていたので、そのついでにお話をしました。 その友人は、お嫁に行きたいがなかなか行けないなどと話していたので、浮かれた感じにならないように真剣にお話するよう心掛けました。 やはり、女性はそういったところには敏感だと思いますので言い回しに気を付けました。 友人は、「良かったね!わたしにとっても自分のことのように嬉しいよ。 お腹の赤ちゃんはわたしの子供でもあるからさ!」と、とても温かい言葉を掛けてくれて涙が出ました。 もちろん出産の時も、一番に病院に駆けつけてくれました! ゆこりん 30代前半 愚痴を言い合えるなくてはならない友人 一番の親友に妊娠報告したのは、安定期に入った妊娠20週の時です。 すぐさま連絡したのは専門学校の時の友達です。 友達も結婚しているので、いつも旦那の愚痴を言い合える、私にとって欠かすことのできない存在です。 私は妊娠がわかったと同時につわりが始まってしまい、本当は直接友達に妊娠報告をしたかったのですが、家から出ることもままならなかったのでLINEで報告しました。 友達は私とちょうど同じ時期に結婚して、よく出産も同じ時期がいいよね、早く子供欲しいなと言っていました。 そんな中、私が先に妊娠したので、逆の立場だったらなんとも言えない気持ちになるだろうなと思い、幸せオーラを出し過ぎないように気をつけました。 いざ友達に報告すると、心配なんて吹き飛ばすくらい喜んでくれました。 その優しさに嬉しくなって2人で一緒に喜びました。

次の