井口 中指。 井口理が中指立てぶち切れ!ファンブロックで炎上?!紅白出場も危機?!

【OUT

井口 中指

12月7日の「文春オンライン」が、「NHK紅白歌合戦」初出場を決めたバンド「King Gnu」メンバーの熱愛記事を掲載した。 バンドのヴォーカル・井口理とベース・新井和輝には、これまでの音楽活動を支えてきた恋人がいたという。 「記事では、井口や新井が、それぞれの恋人と食事デートなどを楽しむ様子を写真付きで掲載。 そして『文春』が2人を直撃すると、井口は女性について『元カノです。 昨日別れました』と答え、新井は『あ、コレ彼女ですね』と明かしたそう。 また、紅白出場について井口は『適当にやろうかなって感じです』と話しています」(芸能記者) そんな「King Gnu」のヴォーカル・井口といえば、ラジオ番組での過激な言動が注目を集めるだけでなく、音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)に出演した際は、OPで手足をグニャグニャさせた奇怪な動きで登場し、歌唱中も白目を剥きながら変顔で熱唱するなど、破天荒キャラとして知られている。 しかし、最近の彼のプライベート行動は、ファンの間で物議を醸しているという。 「先日、井口がプライベートであるライブを鑑賞した際の、周囲にいた迷惑ファンに対する言動がSNSで話題になっています。 現場に居合わせたファンの目撃談によると当時、井口の存在に気がついた周囲のファンが、彼に無許可でカメラを向けていたそう。 これに井口は激怒し、暴言を吐きながら中指を立てていたというのです。 この出来事がSNSで話題になると井口は、リプライで苦言を呈すファンだけでなく、中指騒動について個人的につぶやいたファンに対しても片っ端からツイッターをブロック。 この行動が今回の炎上に拍車をかけており、一部ファンからは『今後、紅白出場で注目度が上がるし、さらなる過激行動を起こさないか心配』と不安の声も広がっています」(前出・芸能記者) 許可なく隠し撮りしたファンが悪いのは間違いないが、ともあれその後の彼の行動が、さらに騒動の波紋を広げることとなってしまったようだ。

次の

恋人発覚より深刻?紅白バンド「King Gnu」中指立てブチギレ事件の波紋

井口 中指

『OUT』1巻から引用 井口達也17歳は東京都狛江市出身の 狂犬と呼ばれた大の不良。 地元の狛江では、 狛江愚連隊の特攻隊長をやっていたイケイケの喧嘩好き。 約半年間の少年院生活を終え、保護委託中となり見知らぬ土地である西千葉にやってきた。 地元にいると仲間とまた事件を起こすということで、更生のため地元以外の場所での再出発となった。 保護委託中なので、 喧嘩が見つかった場合少年院に逆戻りとなりアウトだ! 西千葉にやってきた初日、さっそくタバコを買いにコンビニに向かった井口達也。 そこには渋い単車の隣に座ってタバコを吸っているオッサン面の不良、安倍要がいる。 安倍要の「チッ」という舌打ちで、 お互い、 不良漫画のダイゴミといえばやはり喧嘩シーンです! 『OUT』の喧嘩シーンも迫力満点です。 漫画『OUT』の喧嘩の一番の特徴はリアリティです。 路上での喧嘩や、抗争をかなりリアルに描いています。 原作の井口達也の実体験を元にしたノンフィクションのため、生々しい場面が多いです。 道具(バットやナイフ)を持った複数戦の乱闘の場合では、 バットで後頭部を殴られて痙攣して泡を吹くシーンなどリアルさが満載です。 拷問シーンも多くでてきて、けっこうグロいです。 最も迫力があった代表的な喧嘩を一つ紹介します。 井口達也VS下原賢三のタイマンです。 単行本5巻でキリヒトと爆羅漢の抗争を代表戦でつけることになり、先鋒として主人公の井口達也とゲバラ3兄弟の三男である下原賢三がタイマンを行います。 まさに壮絶で、喧嘩というより殺し合いになります。 前半有利だった下原賢三はマウントポジンションから何度も執拗に顔面を殴り続けます。 殴り続け、疲れが出た下原賢三、 ボキッ 鈍い音と激痛で転がります。 井口達也に右手の人差し指、中指、薬指の3本が折られました。 そこから蹴りと、渾身の右ストレートを入れた井口達也、 倒れた下原賢三に馬乗りになり、首を締めます。 下原賢三も首を締め返し、お互い首を締め合う壮絶な殺し合いに。 アウトローの心情や、世界観をとてもうまく表してくれています。 作中にたくさんの詩的なナレーションがでてくるので、ぜひ楽しんでほしいです。 喧嘩の重要なポイントをナレーションが的確に解説してくれますのでとてもわかりやすく読みやすいです。 この ナレーションが喧嘩シーンと見事にマッチして、相乗効果として漫画の面白さが増しています。 同じ作者であるみずたまことの作品で、 『バウンサー』という漫画があります。 民間警備会社でボディーガードを行うアウトロー漫画で、 『OUT』の兄弟作品で連載中です。 こちらの記事で詳細に書いています。 ・第一部:爆羅漢 抗争編 ・第二部:狂乱鬼 抗争編 第一部の爆羅漢抗争編は単行本で1巻~5巻までになります。 ゲバラ3兄弟率いるチーム「爆羅漢(ばくらかん)」と「キリヒト」の抗争を描いています。 3対3の代表戦となり、見事キリヒトが勝利し「爆羅漢(ばくらかん)」は解散となりました。 第二部の狂乱鬼抗争編は単行本6巻~ 連載中です。 弦巻良樹は狂乱鬼連合というチームを結成し、キリヒトとの抗争が始まります。 新旧総長の抗争となり、過去の深い因縁が次々に明らかになっていきます。 ゲリラ戦で道具ありの喧嘩がメインで多数の重傷者を出す、悲惨な抗争へと発展していきます。 あっという間に集中して15巻まで完読してしまいました。 他の読者の意見をAmazonとTwitterからピックアップしました。 Amazon の評価・感想は? 最近の不良漫画の中では面白いと思う。 保護観察という足かせにより、凶暴な不良なのに真面目な生活を余儀なくされた主人公の 苦悩と戦いが描かれています。 1巻のラストは必見です。 とても続きが気になります。 最近読んだの不良漫画の中では一番面白いと思いました。 (主人公が多少イケメン過ぎる気がしますがww) 正直、チキンのスピンオフ感があったのであまり期待してなかったんですが、 良い意味で期待を裏切ってくれて安心しました。 一応実話という事もあり、 今までの、ただ強くて暴れてカッコイイーってだけの主人公ではなく、 苦しみながら成長するであろう青年期の井口達也に共感できます。 井口達也先生のストーリーとみずたまこと先生のアートは完璧です。 井口先生は元ヤンかな。。 — sowon SowonSky やはり人気作品なだけあって、 ポジティブな評価がほとんどで悪い口コミは見当たりませんでした。 続きが気になる、という意見が多く漫画の面白さを物語っています。 さすが250万部売れている人気漫画といった感じですね。

次の

King Gnu・井口理、Mステ出演を「逃げたい」と語った理由とは?|E

井口 中指

しかし、知名度上昇に伴って過去のエピソードが明るみとなり、ネット上での好感度は下がりつつあるようだ。 12月7日、『週刊文春』が運営するウェブサイト『文春オンライン』は、メンバーの井口理と新井和輝に恋人がいることを報道。 記事には2人がそれぞれの恋人と食事デートなどを楽しむ様子が写真付きで掲載され、井口は「昨日別れました」、新井は「あ、コレ彼女ですね」と直撃インタビューに答えている。 まだまだ人気が高いとはいえないバンドの熱愛を大々的に報じた「文春」にも驚きだが、問題視されたのは記事内での発言。 井口は同誌の直撃インタビューで「紅白」への意気込みも聞かれたのだが、《適当にやろうかなって感じです》と、まるでヤル気のない発言を残したのだ。 また、井口はこの直前にも〝ファンに中指を立てた〟として、ツイッターが炎上する騒ぎを起こしている。 パンクでロックな〝型にハマらない自分〟 「目撃談によると、井口がとあるライブをプライベートで鑑賞していたところ、井口の存在に気付いた観客がスマホのカメラを向け始めたそう。 すると、これに激怒した井口は『殺すぞ』と暴言を吐きながら中指を立て、ツイッターではこの件に苦言を呈すユーザーを片っ端からブロックしたのです」(エンタメ誌ライター) ただ、こうした気性の荒さや〝炎上上等〟のスタイルはもとかららしく…。 「井口は破天荒なキャラを売りにしています。 ツイッターではオバマ元大統領やジャスティン・ビーバーに自身の動画を送り付けたことがありますし、今年2月の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)では、オープニングの階段をふざけながら駆け下りたり白目を剥きながら変顔で歌ったりしていました。 とにかく必死に悪目立ちして〝型にハマらない自分〟に酔っている感じなのですが、甲本ヒロトや宮本浩次、峯田和伸らの二番煎じ感は否めません」(同・ライター) ネット上には、 《ずっとイキリたくて仕方なかった陰キャみたい》 《この人結構気性も荒いしガキっぽいよね?》 《井口さんとやらは少し厨二病っぽいのかな?》 《一発屋になれるかどうか程度の存在なのに「適当にやります」とか偉そうだな》 《オタ以外知らない存在だけど随分偉そうなんだね》 《やってることがいちいち痛い》 《こいつらの身分からしたら紅白なんて出させてもらってる立場だろ》 など、厳しい意見も散見されている。 何はともあれ、こういった批判も彼らの〝武勇伝〟になるのだろう。

次の