現金 30 万 円 給付。 現金給付金30万円→国民全員一律10万円に改訂

【速報】「現金30万円」がもらえる条件を発表! 焦点の「住民税非課税水準」は全国一律に

現金 30 万 円 給付

総務省が給付対象を発表 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の柱に位置付けられる「現金30万円」の給付金。 総務省は、先ほど対象となる世帯を発表した。 詳しくみてみよう。 カギとなる「住民税非課税水準」は全国一律に この給付金では、対象世帯かどうかを決める計算に「住民税が非課税になる収入水準」が使われることになっていた。 ところが、この水準はそれぞれの自治体で異なることから、わかりにくいとの指摘があり、ひとつの基準にそろえる方向で検討が行われていた。 発表された統一基準ではこうなる。 職業に関係なく、世帯主の月収が、例えば、単身世帯の場合は10万円、夫・専業主婦世帯だと15万円、夫・専業主婦と子ども1人の3人世帯だと20万円、子どもが2人いれば25万円だ。 扶養親族が1人増えるごとに5万円加算される。 (下図は例) そして、次の条件のどちらかにあてはまることが必要になる。 1)ひとつは、世帯主の収入が「住民税非課税水準」にまで減少した場合だ。 2月から6月のいずれかの月の収入が減り、水準以下に落ち込めば、対象になる。 夫婦と子どもの3人世帯だと、「非課税水準」は月収20万円。 2月から6月まででひと月でも、月収が、去年と比べ減り、かつ、20万円以下に落ち込めば対象になる方向だ。 2)もうひとつは、収入が半分以下に減り、「非課税水準」の2倍以下に落ち込んだ場合だ。 いずれかの月の収入が、去年の月収から半減し、40万円以下になれば、対象になる方向だ。 政府は、財源の裏付けとなる補正予算を、今月中に成立させたい考えで、できるだけ早期の給付を目指している。 申請先は各市区町村で、収入状況を示す書類などを提出することになる。 受給は1世帯あたり1回までだ。 郵送を基本としつつ、オンライン申請もOKになる。 やむを得ず、窓口で申請受付を行う場合は、受付窓口の分散や消毒液の配置など感染防止策の徹底を図るとされているが、大勢の人が相談や問い合わせのため、自治体窓口にやってくる場面も想定される。 感染リスクを避けつつ、迅速な給付につなげられるかが問われることになる。 【関連記事:】 【執筆:フジテレビ解説委員 サーティファイド ファイナンシャル プランナー 智田裕一】 【表紙デザイン+図解イラスト:さいとうひさし】.

次の

30万円現金給付金対象者は?条件は?無職は?受け取り方法

現金 30 万 円 給付

この記事の目次• 4月3日、安倍首相と自民党の岸田文雄政調会長が会談し、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で経済対策の一つとしていた現金の給付ですが一世帯30万円で合意したと一報が入ってきました。 先日までは現金10万給付金や一世帯20万給付金などの話が出ていただけに、正直少し驚いている人も多いのではないでしょうか。 一世帯30万の現金給付のデマなの? 政府が打ち出している給付金として今まで話題となったのが ・お肉券 ・お魚券 ・DJ券 ・旅行券 ・一人あたり現金10万の給付金 ・一世帯あたり現金20万の給付金 と連日、テレビのニュースなどでも取りあげられていますよね。 果たしてどの給付金が、本当に実行されるのか気になりますよね。 それに一世帯30万の現金給付がデマか本当かかなり気になりますね。 ネット上でもかなり波紋を呼んでいるようです。 ころころ変わる話ので戸惑ってしまいますね。 1世帯、世帯では無く個人個人で、これが無ければ 審査が有るため、申告する人は少ないでしょう というか、1時間前は20万円なのに何で30万円に 駆け引きを内部でやっているので、給付額がコロコロと 変わっています 世間には独身の人もいて1人は世帯では無いため 個人でしょう、なので個人個人 — jifusihotson3 jifusihotson3 さすがにここまでくると、どの給付金もデマのような気がして、踊らされている感じがしてたまりませんね。 しかし今回の出所がNHKなので今回こそはデマでなく本当の可能性が高いのではないでしょうか。 スポンサーリンク 一世帯30万の現金給付の受給対象者は一定水準以下なの では今回の一世帯30万の現金給付の対象者は誰になるのでしょうか。 今回の報道では一定水準以下とあります。 一定水準以下とは低所得者、および新型コロナウイルスの影響で所得がが激減してしまった世帯が対象のようです。 とはいうものの判断基準がないため正確には分からないですよね。 企業や個人事業主への無利子、無担保の貸付では、最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期と比較して5%以上減少しているという条件があります。 これはさすがに世帯では当てはめにくいので、やはり所得が半分になった世帯が対象だと思いますよ。 さらに文化放送で経済ジャーナリストの荻原博子氏の見解では年収200万程度の自営業者も対象になるのではないかと発言していたようです。 今、文化放送で経済ジャーナリストの荻原博子氏が「今回の現金給付の対象は年収200万程度の自営業者になる見込みでは?」と話していた。 — りぼん 兼業主婦の日々の愚痴吐き場 ribbon0914 ネット反応は? 一世帯30万の現金給付の報道を受けてネット上でも様々な意見が飛び交っていますよ。 確かに経済対策とうたってる割にはサービス業など大打撃を受けているところに保証がいかないみたいですよね。 現金給付 1世帯30万円で一致|NHK 首都圏のニュース これを経済対策の柱としている時点で政府は的外れ。 減収世帯に給付したからといって自粛の影響を受けた業種に使いますか? 減ってしまった雇用は生まれますか? — Links muhi12130425 日銭で生活している個人事業主も多いですので本当に苦しいという話、私もよく聞きます。 そうは思わないね。 俺もサラリーマンだけど、雇用の保証のある会社員や公務員は救わなくていいよ。 明日の保証のない個人事業主やフリーランスを優先的に救済すべき。 俺らも働いてたとか、そんなことはいい。 俺の分をフリーの人にあげてほしい。 それが日本の文化のためだ。 — 真・坂口セイジジュニアRX2号 RX285809695.

次の

急転直下! なぜ10万円給付に?

現金 30 万 円 給付

総務省が給付対象を発表 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急経済対策の柱に位置付けられる「現金30万円」の給付金。 総務省は、先ほど対象となる世帯を発表した。 詳しくみてみよう。 カギとなる「住民税非課税水準」は全国一律に この給付金では、対象世帯かどうかを決める計算に「住民税が非課税になる収入水準」が使われることになっていた。 ところが、この水準はそれぞれの自治体で異なることから、わかりにくいとの指摘があり、ひとつの基準にそろえる方向で検討が行われていた。 発表された統一基準ではこうなる。 職業に関係なく、世帯主の月収が、例えば、単身世帯の場合は10万円、夫・専業主婦世帯だと15万円、夫・専業主婦と子ども1人の3人世帯だと20万円、子どもが2人いれば25万円だ。 扶養親族が1人増えるごとに5万円加算される。 (下図は例) そして、次の条件のどちらかにあてはまることが必要になる。 1)ひとつは、世帯主の収入が「住民税非課税水準」にまで減少した場合だ。 2月から6月のいずれかの月の収入が減り、水準以下に落ち込めば、対象になる。 夫婦と子どもの3人世帯だと、「非課税水準」は月収20万円。 2月から6月まででひと月でも、月収が、去年と比べ減り、かつ、20万円以下に落ち込めば対象になる方向だ。 2)もうひとつは、収入が半分以下に減り、「非課税水準」の2倍以下に落ち込んだ場合だ。 いずれかの月の収入が、去年の月収から半減し、40万円以下になれば、対象になる方向だ。 政府は、財源の裏付けとなる補正予算を、今月中に成立させたい考えで、できるだけ早期の給付を目指している。 申請先は各市区町村で、収入状況を示す書類などを提出することになる。 受給は1世帯あたり1回までだ。 郵送を基本としつつ、オンライン申請もOKになる。 やむを得ず、窓口で申請受付を行う場合は、受付窓口の分散や消毒液の配置など感染防止策の徹底を図るとされているが、大勢の人が相談や問い合わせのため、自治体窓口にやってくる場面も想定される。 感染リスクを避けつつ、迅速な給付につなげられるかが問われることになる。 【関連記事:】 【執筆:フジテレビ解説委員 サーティファイド ファイナンシャル プランナー 智田裕一】 【表紙デザイン+図解イラスト:さいとうひさし】.

次の