ヴァン クリーフ。 リー・ヴァン・クリーフとは

ヴァン クリーフ&アーペル、フェアリーが導く幸福の物語。

ヴァン クリーフ

四つ葉のクローバーから着想を得たそのモチーフは、メゾンの時を超えるスタイルと比類ないサヴォアフェールを象徴する存在となり、永く愛され続けている。 ヴィンテージ アルハンブラ 20 モチーフ ロングネックレス ル・アーペルの甥、ジャック・アーペルは、口癖のように「幸運になりたければ、幸運を信じなさい。 」と言っていた。 幸運は、メゾンが大切にし続けているテーマのひとつ。 メゾンを導き、その象徴となるさまざまなコレクションを誕生させた。 1920年代、木製のお守り、ラッキー、優美なフェアリーたちと並び、四つ葉のクローバーがブランドの記録に登場。 1968年、メゾンは四つ葉のクローバーの形に着想を得た最初のアルハンブラ ロングネックレスを制作。 美しい調和をみせる幸運のモチーフは、しわ加工を施したゴールドの20のモチーフで構成され、その縁にはゴールドのビーズがあしらわれていた。 このモチーフは大きな人気を博し、ヴァン クリーフ&アーペルの象徴と幸運のシンボルとして、その名声を世界中で築き上げていくことになった。 ヴィンテージ アルハンブラ 5 モチーフ ブレスレット アルハンブラ ロングネックレスと、そしてマジック アルハンブラのでは、グレーマザーオブの深みのあるニュアンスとダイヤモンドの輝き、それらを包み込むゴールドが、柔らかな色彩のバリエーションを奏でる。 一方、同じく交互に配置したモチーフが美しいもうひとつのヴィンテージ アルハンブラ ロングネックレスとブレスレットでは、ダイヤモンドとホワイトゴールドの輝きがオニキスの漆黒とコントラストを描く。 アルハンブラ コレクションのオリジナル に忠実に、すべてのモチーフには、ヴァン クリーフ&アーペルのサヴォアフェールを象徴する繊細なビーズの縁取りがあしらわれている。 また、モチーフの中央にひと粒置かれたビーズは、ジュエリー全体に柔らかな印象を添えている。 マジック アルハンブラ 2 モチーフ イヤリング グレーマザーオブパールが湛える虹色の光沢は、気高く輝くダイヤモンドと柔らかなピンクゴールドによってその美を完成させ、一方オニキスの漆黒には、洗練されたホワイトゴールドとダイヤモンドが添えられた。

次の

ヴァン クリーフ&アーペル、フェアリーが導く幸福の物語。

ヴァン クリーフ

もくじ• ヴァンクリーフの指輪は妖精・お花が特徴? ヴァンクリーフといえば とにかく お花のイメージが強いですね。 お花以外に、ペルレ クルールという細かい ビーズデザインもたいへん人気です。 お花のコレクションの中には 個性豊かなフリヴォルやソクラテスの ボリュームがあるデザインもあり アルハンブラ以外にヴァンクリーフを よく知らない方にもおすすめです。 では、これから人気のヴァンクリーフを コレクションごとに、ご紹介していきます。 1.ペルレ クルール お花以外で人気のヴァンクリーフには ペルレコレクションがあります。 ペルレにはクルール・ゴールドパール シニアチュールと揃っています。 古くから、細やかなゴールドビーズを 使用したデザインのペルレコレクションに カラーストーンを 組み合わせた 「 ペルレ クルール」が加わりました。 ターコイズやオニキス、カーネリアンなどの ストーンに、イエローゴールドのビーズで モダンなヴァンクリーフを見出しています。 2.フリヴォル アルハンブラよりも少し大人びた ゴールドのお花デザインが素敵な ヴァンクリーフの「 フリヴォル」 花びらにダイヤモンドを散りばめた デコラティブなデザインと鏡のように輝く ミラーポリッシュ仕上げのお花があります。 どりらも、3枚の花びらを組み合わせて 立体感を出した、 小さくても存在感のある お花が、エレガントに引き立ちます。 軽やかなゴールドはシーンを選ばないため ネックレスと指輪、ブレスレットと セットで、コレクションしたいですね。 3.ソクラテス フリヴォルをより一層豪華にした ヴァンクリーフのお花モチーフには ソクラテスというコレクションがあります。 5枚の花びらに、 メレダイヤを詰め込んだ キラキラと輝くゴージャスな、お花です。 素材をホワイトゴールドにしているため ボーリュームのあるブーケデザインでも 品格のあるフォーマルな雰囲気です。 同じヴァンクリーフのお花モチーフでも クール系のファッションに合わせると 映えるデザインとして、おすすめです。 ヴァンクリーフの人気デザインTOP3【婚約指輪】 ヴァンクリーフのブライダルは 婚約指輪、結婚指輪共にオリジナリティの あるフェミニンなデザインが豊富です。 ダイヤモンドとペルレのビーズ使いや メレダイヤがたっぷりのパヴェデザインなど 丸みを帯びたフォルムが、特徴的です。 ヴァンクリーフのウエディングコレクション について、これから購入を考える方のために 人気のデザインをピックアップしました。 1位 エステル ソリティア ヴァンクリーフから妻 エステル・アペールへ 捧げれれたデザインが受け継がれています。 プラチナにラウンドのダイヤモンドと まわりを縁取るビーズデザインが ヴァンクリーフらしい婚約指輪ですね。 メゾンの誕生となった愛の証でもある エステル ソリティアは一番のおすすめです。 2位 ペルレ ソリティア 人気の ペルレコレクションから 婚約指輪がデザインされています。 現代的な可愛らしい丸みを帯びた フォルムにラウンドのダイヤモンドが 引き立つ遊び心のある感じですね。 ペルレの 他のデザインと合わせやすく 重ねづけしやすいところがおすすめです。 3位 ボヌール ソリティア ヴァンクリーフの中では、シンプルな デザインの婚約指輪をご紹介します。 ボヌールとは「幸福」を意味する フランス語です。 いつの時代にも変わらない 伝統的な 婚約指輪らしさと、ヴァンクリーフの 個性を融合させたデザインに注目。 横から見たときの、カッティングが シンプルデザインの結婚指輪を より一層引き立てています。 ヴァンクリーフの人気デザインTOP3【結婚指輪】 オリジナイティ豊かな婚約指輪の次に ヴァンクリーフの結婚指輪を紹介します。 結婚指輪もヴァンクリーフらしさを ふんだんに用いたデザインがおすすめです。 婚約指輪と合わせやすいように 同じコレクションで揃えると良いですね。 1位 エステル マリッジリング 婚約指輪でも紹介したエステルのデザイン。 ヴァンクリーフの妻エステルの名を そのままコレクションにした結婚指輪です。 メゾン誕生へ向けた愛の物語の由来と 代表的なヴァンクリーフのデザインとして いつまでも愛され続けています。 ぜひ、 婚約指輪と合わせてエステルの 結婚指輪を揃えて身につけてほしいですね。 他にはない、特別感を味わえるでしょう。 2位 トゥージュール エトワール マリッジリング スクエアなデザインの結婚指輪です。 いつの時代にもマッチするスタンダードな フォルムにもボリュームを持たせています。 落ち着いた中にも輝き続けていられるような ヴァンクリーフと物語を感じられますね。 ヴァンクリーフの雰囲気はあまり感じない 結婚指輪ですが 都会的なセンスと品の良さで おすすめるデザインです。 3位 タンドルモン シニアチュール マリッジリング ヴァンクリーフ&アペールの刻印が 入った結婚指輪です。 ベーシックなプラチナリングに 筆記体の文字が物語性のある デザインになっています。 ブランドメゾンの誕生に深く関わっている 二人の名前と共に愛を受け継ぐ結婚指輪 として選んでみてはいかがでしょう。 ヴァンクリーフのエタニティリング!おすすめ3選! 細やかな細工を得意とする ヴァンクリーフはエタニティリングも おすすめのデザインが豊富です。 途切れない愛を表現するエタニティは ありふれたデザインの中にヴァンクリーフの 個性も詰め込まれています。 とくに パヴェデザイン のフルエタニティの ゴージャスさは、おすすめのデザインです。 1.エステル エタニティリング ヴァンクリーフを代表するエステルは エタニティリングでも健在です。 エステルの婚約指輪とも相性がよく 重ねづけすると 豪華さが増して輝きます。 周りを飾る小さなビーズ細工は ヴァンクリーフをアピールする 存在感あるデザインとして人気です。 2.クチュール エタニティリング セッティングに角度をつけためずらしい フルエタニティリングのデザインです。 クチュール感あるれる贅沢な雰囲気の エタニティリングは、斜めの光をあびて ダイヤモンドが、美しく輝きます。 ハイジュエリーらしいクオリティーの 高さと、デザイン性が含まれている ヴァンクリーフおすすめのエタニティです。 3.フルーレット リング お花モチーフがアレンジされた ヴァンクリーフのエタニティリング。 7個のダイヤモンドで小さなお花を たくさん繋げたような可愛らしい デザインになっています。 パヴェデザインが得意なヴァンクリーフの フェミンさが存分に発揮されたエタニティは 日本人の華奢な手に馴染みやすいでしょう。 ヴァンクリーフはペルレリングの重ね付けがオススメ! 素材を生かしたヴァンクリーフの ペルレコレクションはピンクやイエロー にホワイトなど ゴールドカラーが豊富です。 小さなビーズを繋ぎ合わせたような細工の バリエーションは、 どれも 統一性があり 馴染むようにデザインされています。 重ねづけをするために計算された ジュエリーは華奢なデザインなので 3本くらいのリングをあわせても素敵です。 さらに、ペルレのブレスレットもあわせて ヴァンクリーフを味わってみてください。 ヴァンクリーフのシンボルであるアルハンブラとは? ヴァンクリーフと言えばアルハンブラ。 セレブも公の場で身についている とても目立つデザインですね。 1968年に誕生した代表的なモチーフと なった、幸運のシンボルとして人気です。 お花や蝶のモチーフは様々に組み合わされ 無限に広がるデザインとして、世代問わずに 多くのファンを魅了しています。 とりわけ日本での人気が高くメゾン初の 試みとして日本人のクリエーターに よりショートムービーが制作されました。 ゴールドビーズの中にはマザーオブパールや オニキス、カーネリアンなど、 カラフルに 飛んだデザインが見られるのも アルハンブラのコレクションならではです。 ヴァンクリーフのシンボルとして これからも愛され続けることでしょう。 ヴァンクリーフのパピヨンってどんなデザイン? パピョンは フランス語で 「蝶」の意味をあらわしています。 ヴァンクリーフには、お花や妖精にの 他に、フェミニンな蝶をモチーフに したデザインが多くあります。 美しく羽ばたく蝶は、ジュエリーを デザインするうえで、女性の 優雅さや 詩的な雰囲気を演出 ができるモチーフです。 アルハンブラのように ゴールドのビーズの中に色鮮やかな ストーンを埋め込んだデザインや メレダイヤでキラキラと輝きを もたらしたデザインもあります。 自然をインスピレーションに羽ばたく パピョンは ヴァンクリーフを 象徴する デザインのひとつとなっています。 ヴァンクリーフ風のアクセサリーとは? ヴァンクリーフ風のアクセサリーとは? アルハンブラに似せた本物そっくりの アクセサリーのことです。 芸能人にも大人気のヴァンクリーフ。 キュートでポップなお花のイメージが 強いのですが、 歴史あるハイジュエラーです。 そのため、価格もちょっと高いことから ヴァンクリーフ風のアクセサリーは たくさん出回っています。 わざわざ「 ヴァンクリーフ風」と表示されて いることもあるため、気づいている方も 多いでのでは、ないでしょうか? 有名なアルハンブラは、わかりやすい デザインのため、ちょっとお洒落をしたい お年頃の女性に人気のようです。 ヴァンクリーフは高いようですが いったい値段は、いくらいなのでしょう? 本物とは似ても似つかぬクオリティーでも ヴァンクリーフを身につけたいと乙女心から 「ヴァンクリーフ風」も人気なのですね。 まとめ ヴァンクリーフ&アペールの二人が出会う ことで、生まれたジュエリーブランドは ハイジュエラーにはめずらしくお花や蝶の 可愛らしいモチーフをふんだんに起用しながら クリエイディブなジュエリーを生み出しています。 若い世代からキャリア世代そしてセレブまで 多くの女性を虜にしていますね。 愛のシンボルとして、ヴァンクリーフは 婚約指輪や結婚指は選びたくなりますね。

次の

ヴァンクリーフの指輪はペルレが人気?おすすめデザイン5選!|ANOTHER RING~婚約指輪・結婚指輪の選び方~

ヴァン クリーフ

ヴァン クリーフ&アーペルはフランスのジュエリーブランド。 アルフレッド・ヴァン クリーフとエステル・アーぺル夫妻の結婚を機に誕生したメゾンは、「愛・美・夢」をテーマに、宝石・時計・香水などのハイジュエリーを展開。 メゾンの代表的なアイコンの一つ「アルハンブラ」は、幸運のシンボルである四つ葉のクローバーがモチーフのコレクション。 また、庭園の美しさと自然の再生からインスピレーションを得たコレクション「フォリヴォル」など、自然からインスピレーションを得たデザインが多い。 バーバラ・ハットンやマリア・カラス、モナコ公妃グレース、ウィンザー侯爵夫人、ソラヤ王妃、フローレンス・ジェイ・グールドといった著名な顧客にジュエリーを提供してきた。 1896年、アルフレッド・ヴァン・クリーフとサロモン・アーペルの娘、エステル・アーペルが結婚。 その後、アルフレッド・ヴァン・クリーフとサロモン・アーペルがビジネスを開始する。 その後、エステルの兄弟にあたる、ジュリアン、ルイ、シャルルも加わる。 1906年、初めてのショップをパリのヴァンドーム広場にオープン。 この店舗は現在でも同じ場所にある。 ヴァン クリーフ&アーペルを設立。 アルフレッドは経営者としての素質だけではなく、ストーンカッティング 宝石のカッティング に大変長けていたという。 ルイアーペルは営業としての素質を発揮し、マレーネ・ディートリッヒ、モーリス・シュバリエ、エヴァ・ペロン アルゼンチンの大統領夫人でエビータと言われた。 映画「エビータ」で有名 など当事のセレブを顧客につけていく。 マレーネ・ディートリッヒはヒッチコックの映画、舞台恐怖症でヴァン クリーフ&アーペルのダイヤのネックレスを身につけた。 1925年、「薔薇の花」というブローチでアール・デコ展大賞を受賞。 1930年、ミノディエールを発表、これは洗練された美しいイブニングバッグで、口紅などの化粧品を入れるのにもちょうどいい大きさで、多くの女性をとりこにした。 1933年、表から石を支えるつめの部分を見えなくする特殊な技巧を用いる「ミステリー・セッティング」を開発。 この技巧は現在でも多くの高級ジュエリーに用いられている。 1936年には、時計とジュエリーを結びつけたカデナウォッチを発表 1942年、ニューヨーク五番街744番地にブティックをオープン。 1949年にはPA49ウォッチを発表。 これは3つのパールのネックレスをダイヤモンドが一つに結ぶもので、エレガントなもの。 1967年、イラン王妃、載冠式用のクラウンのオーダーを受け、4ポンドのパール、ルビー、ダイヤモンド、エメラルドで作られたクラウンは6ヶ月かけて作られたという。 1972年、時計専用のブティックをオープン。 1976年、ヴァン クリーフ&アーペルの最初の香水「ファースト」を発表。 1999年、スイスのリシュモングループの傘下に入る。 2003年にはジュリアロバーツがヴァンクリーフ&アーペルのブレスレットをつけて、アカデミー賞の主演女優賞を受賞した。 映画はエリン・ブロコビッチ 2008年、とコラボレーションで、ヴァン クリーフ&アーペルのアイコン「アルハンブラ」とゴージャスなメタリック・パイソン・レザーが融合したイブニングバッグや、白蝶貝、黒蝶貝、オニキスの「アルハンブラ」を贅沢に使ったネックレスなどを発表。 2012年、ジュエリーの学校レコール ヴァン クリーフ&アーペルをパリに開校。 2010年、ジュネーブウォッチグランプリにおいて、2010年発表の「レディ アーペル ポン デ ザムルー ウォッチ」がグランプリに輝く 2017年、ハイジュエリーと京都の伝統工芸を対比・融合した展覧会「技を極める-ヴァン クリーフ&アーペル ハイジュエリーと日本の工芸」を京都国立近代美術館で開催。 2018年、大阪・心斎橋に路面店オープン。

次の