エクセル 関数 べき乗。 累乗の逆(対数?)の計算方法を教えて下さい

Excel 関数一覧表(種類別,アルファベット順,機能別):Excel関数

エクセル 関数 べき乗

エクセルで"掛け算"の仕方が解らない初心者さんに向けたやさしい解説 この記事は、エクセルの掛け算の仕方について、特に初心者さんに向けて解説します。 」「掛け算の記号はどれだっけ?」と悩みがちです。 そこで、エクセル上での掛け算の基礎である「掛け算で使う記号」「掛け算の記号の入力方法」「掛け算の仕方として計算式」を解説します。 更に応用として「複数の数値の掛け合わせる方法」「掛け算に使う値が入ったセルを固定する方法」「エクセルで掛け算の結果を丸める方法」など、幅広く身に付けて頂ければと思っています。 この記事の目次• sharots. com もし全角の「*」が表示されたなら[日本語モード]で入力してしまっているので、以下の方法でやり直してください。 [方法A]入力変換が確定前ならキーボード上部の【F10】キーを1回押して全角文字を半角文字に変換する• 【基礎編】エクセルの掛け算の仕方 A2セルとB2セルを掛け算した結果を求めたい場合は、答えを表示させたいセルに以下の式を入力します。 エクセルの計算式は基本的に全て半角文字を使います。 理由は、直に指定した値が見えないので、後から編集や変更などで大変だったり、トラブルになりやすいからです。 このような場合は、値が見えるように他のセルに入力しておき、数式からそのセルを参照する様に計算するのがベターです。 【応用編】複数の数値を掛け合わせる(PRODUCT関数) 複数の値を掛け合わせる場合エクセルではPRODUCT関数を使うのが便利です。 複数の値を足し算する場合はを使いますが、その掛け算バージョンがPRODUCT関数です。 使い方もSUM関数と同じで、以下で説明します。 4-1. 上記の場合、A3セル、B3セル、C3セルの3つのセルが掛け算の対象です。 4-2. この場合、A3セル、C3セル、E3セルが掛け算の対象です。 4-3. 【応用編】エクセルの掛け算で使う数値が入ったセルの固定 セルに入力された「数式」を別のセルにコピーや移動したりすると、数式が参照しているセル番地も相対的に移動します。 これはエクセルの機能で「 相対参照」といもので、デフォルトが相対参照に設定されています。 これは非常に便利な機能で、数式をひとつ作れば他のセルにコピーした場合でも、ひとつずつ参照セル番地を訂正する必要がないので、とても短時間で表を作ることが可能になる、個人的にはエクセルの中で一番の「神」レベルの機能だと思っています。 但し、消費税率など、計算式から参照する先のセル番地を固定しておきたい場合、計算式をコピーや移動すると、固定しておきたい参照先のセル番地も移動してしまい、ひとつずつ訂正する必要があるので、困る場合があります。 そこでエクセルでは計算式に含まれる参照先のセル番地を固定できる機能「」があります。 【応用編】掛け算の結果を丸める(四捨五入、切り上げ、切り捨て) 6-1. 四捨五入 掛け算の結果を四捨五入する方法ですが、 ROUND関数と組み合わせると簡単にできます。 切り上げ 掛け算の結果を切り上げる方法ですが、 ROUNDUP関数と組み合わせると簡単にできます。 切り捨て 掛け算の結果を切り捨てる方法ですが、 ROUNDDOWN関数と組み合わせると簡単にできます。 ぜひご覧ください。 まとめ このページでは、エクセルの「掛け算の仕方」について、以下の内容を解説しました。 ・PRODUCT関数を使えば複数の数値の掛け合わせが簡単に出来る• ・掛け算の結果を丸めるにはROUND関数、ROUNDUP関数、ROUNDDOWN関数を使うのが便利 ご理解いただけましたでしょうか? 次は、あなたが実際にエクセル上で実際に作業してみて下さい。 自分の手を動かすことが、パソコンスキル向上の近道です。 この記事は以上です。

次の

POWER関数でべき乗を求める

エクセル 関数 べき乗

2020. 22 Excel(エクセル)でべき乗・累乗の計算にはPOWER(パワー)関数を使います。 べき乗は、例えば、2の2乗とか3の4乗の様な感じでしたよね。 同じ数値をかけ合わせていくというかけ算になります。 パソコンなどコンピュータの世界では、2の累乗の数値を活用するタイミングが多くありますね。 例えば• コンピュータの記憶容量の数値• ネットワークでアドレスを何人分まで割り振れるか という数値を考える時などがあります。 エクセルのPOWER関数を使えば簡単に計算してくれるので楽になります。 べき乗や累乗ってどんな計算方法なの? べき乗・累乗とはどんな計算だったでしょうか?『2の5乗』とか『4の4乗』と言った計算式ですね。 指数計算とも言ったりしますね。 『2の5乗』の場合『5』の部分を指数と言いますよ。 Excelでは、この指数をPOWER関数でも指定する事になるので、どの部分の引数なのか覚えておきましょう! べき乗・累乗に関係する平方根・累乗根も少しだけチェック! 同じ数字をかけ算する計算が累乗とかべき乗でしたね。 数学にはほとんどの場合、逆に考える式があります。 べき乗の場合は平方根や累乗根と言った数値です。 例えば平方根の場合は、『9は3を2乗した数値』なので『9の平方根は3』と言った考え方でしたね。 累乗根には3乗根とか4乗根と言うのがあり、3乗根の場合、『8は2の3乗』なので『8の3乗根は2』と言えます。 ちなみに平方根は2乗根の事になりますよ。 平方根の数値を求める関数もエクセルにはあります。 SQRT(スクエアルート)関数と言います。 詳しくは別途紹介しますが、べき乗に関係するのでチェックしておきましょう! エクセルで計算式を使ったべき乗の使用法を確認しよう べき乗の計算はかけ算になります。 Excelで演算をする場合には、四則演算で在るかけ算を使って求める事も出来ますね。 簡単に計算の仕方を確認しておきましょう。 今回は『2の5乗』を求めてみましょう。 『*』(アスタリスク)を使用したエクセルでの計算のパターン かけ算をエクセルで行う場合、『*』を使いましたね。 2の5乗はどの様にしたらよいかというと、『2を5回かける』計算式を作成すればOKです。 つまり ・『=2*2*2*2*2』 とセルに書く事で演算されます。 実際に書いてみると、答えが【32】になっているのが分かりますね。 『^』(キャレット)を使用したエクセルでの計算のパターン もう1つExcelでの記入方法があります。 べき乗の計算をする記号が『^』(キャレット)になります。 これを使う事で何度も2をかけるという作業がいらなくなります。 書き方は ・『=2^5』 となります。 これが2の5乗と言う計算式です。 答えも【32】になりましたね。 POWER(パワー)関数の記入方法と使用法 エクセルで計算式を作って指数の演算をする方法についてやってみました。 次に関数を使ってべき乗や累乗が出来る様にしましょう。 POWERについては、引数はそれほど難しい感じではないので使用出来る様に覚えて行きましょう! エクセルのPOWER関数の引数と記入法を確認しよう! 『=POWER(数値、指数)』• 引数の数値を使った指数演算をします。 1つ目の引数に数値を、2つ目の引数に指数部分を指示します• 指数が0の時は、演算の性質上、答えは必ず1になります。 引数としては、数値が入っているエクセルのセルを指示しても良いですし、直接関数の中に数字を書いてもいいです。 べき乗の計算は、指数が0の時は必ず答えが1、指数がマイナスの時には分数の計算となり、0から1の間の数値になります。 POWER関数を使ったExcelでのべき乗の演算法 エクセルのPOWER関数を使用した流れを確認してみましょう。 今回も『2の5乗』という指数の演算を行ってみます。 関数の引数にあたる、数値が『2』、指数が『5』となりますよね。 そこを踏まえて関数の活用法をチェックしてください。 1.べき乗の計算をする部分に関数を『=POWER 』と書き込みます。 2.引数に順番に数値と指数部を指示していきます。 3.関数を確定させれば答えが出て来ますね。 結果が【32】になっているのが分かりますね。 Excelの関数でべき乗・累乗の指数演算!POWER関数の使い方|【まとめ】 Excel(エクセル)を活用した計算の中で、指数演算・べき乗・累乗の計算が出来るPOWER関数の紹介をしました。 エクセルには複雑な計算が可能な関数が様々あります。 四則演算の場合は計算式を作成すれば演算可能な為、エクセルで関数を活用するという事を知らなかったりしますよね。 べき乗の演算をする関数についてまとめると• 引数には指数部と数値を指定する• 指数部が『0』の時の答えは『1』• マイナスの指数部を指定した時には、分数でのべき乗の計算になる 関数の記入方法自体を覚えておく事は大切ですが、指数の演算の内容についても理解しておかないと、いざという時に使えなくなっちゃいます。 エクセルで困らない様にしたい所ですね。 応用的・専門的な関数については活用方法まで考えて覚えて行きましょう!!.

次の

エクセルでルート(平方根)を表示/計算する方法(関数使用)|Office Hack

エクセル 関数 べき乗

2020. 22 Excel(エクセル)でべき乗・累乗の計算にはPOWER(パワー)関数を使います。 べき乗は、例えば、2の2乗とか3の4乗の様な感じでしたよね。 同じ数値をかけ合わせていくというかけ算になります。 パソコンなどコンピュータの世界では、2の累乗の数値を活用するタイミングが多くありますね。 例えば• コンピュータの記憶容量の数値• ネットワークでアドレスを何人分まで割り振れるか という数値を考える時などがあります。 エクセルのPOWER関数を使えば簡単に計算してくれるので楽になります。 べき乗や累乗ってどんな計算方法なの? べき乗・累乗とはどんな計算だったでしょうか?『2の5乗』とか『4の4乗』と言った計算式ですね。 指数計算とも言ったりしますね。 『2の5乗』の場合『5』の部分を指数と言いますよ。 Excelでは、この指数をPOWER関数でも指定する事になるので、どの部分の引数なのか覚えておきましょう! べき乗・累乗に関係する平方根・累乗根も少しだけチェック! 同じ数字をかけ算する計算が累乗とかべき乗でしたね。 数学にはほとんどの場合、逆に考える式があります。 べき乗の場合は平方根や累乗根と言った数値です。 例えば平方根の場合は、『9は3を2乗した数値』なので『9の平方根は3』と言った考え方でしたね。 累乗根には3乗根とか4乗根と言うのがあり、3乗根の場合、『8は2の3乗』なので『8の3乗根は2』と言えます。 ちなみに平方根は2乗根の事になりますよ。 平方根の数値を求める関数もエクセルにはあります。 SQRT(スクエアルート)関数と言います。 詳しくは別途紹介しますが、べき乗に関係するのでチェックしておきましょう! エクセルで計算式を使ったべき乗の使用法を確認しよう べき乗の計算はかけ算になります。 Excelで演算をする場合には、四則演算で在るかけ算を使って求める事も出来ますね。 簡単に計算の仕方を確認しておきましょう。 今回は『2の5乗』を求めてみましょう。 『*』(アスタリスク)を使用したエクセルでの計算のパターン かけ算をエクセルで行う場合、『*』を使いましたね。 2の5乗はどの様にしたらよいかというと、『2を5回かける』計算式を作成すればOKです。 つまり ・『=2*2*2*2*2』 とセルに書く事で演算されます。 実際に書いてみると、答えが【32】になっているのが分かりますね。 『^』(キャレット)を使用したエクセルでの計算のパターン もう1つExcelでの記入方法があります。 べき乗の計算をする記号が『^』(キャレット)になります。 これを使う事で何度も2をかけるという作業がいらなくなります。 書き方は ・『=2^5』 となります。 これが2の5乗と言う計算式です。 答えも【32】になりましたね。 POWER(パワー)関数の記入方法と使用法 エクセルで計算式を作って指数の演算をする方法についてやってみました。 次に関数を使ってべき乗や累乗が出来る様にしましょう。 POWERについては、引数はそれほど難しい感じではないので使用出来る様に覚えて行きましょう! エクセルのPOWER関数の引数と記入法を確認しよう! 『=POWER(数値、指数)』• 引数の数値を使った指数演算をします。 1つ目の引数に数値を、2つ目の引数に指数部分を指示します• 指数が0の時は、演算の性質上、答えは必ず1になります。 引数としては、数値が入っているエクセルのセルを指示しても良いですし、直接関数の中に数字を書いてもいいです。 べき乗の計算は、指数が0の時は必ず答えが1、指数がマイナスの時には分数の計算となり、0から1の間の数値になります。 POWER関数を使ったExcelでのべき乗の演算法 エクセルのPOWER関数を使用した流れを確認してみましょう。 今回も『2の5乗』という指数の演算を行ってみます。 関数の引数にあたる、数値が『2』、指数が『5』となりますよね。 そこを踏まえて関数の活用法をチェックしてください。 1.べき乗の計算をする部分に関数を『=POWER 』と書き込みます。 2.引数に順番に数値と指数部を指示していきます。 3.関数を確定させれば答えが出て来ますね。 結果が【32】になっているのが分かりますね。 Excelの関数でべき乗・累乗の指数演算!POWER関数の使い方|【まとめ】 Excel(エクセル)を活用した計算の中で、指数演算・べき乗・累乗の計算が出来るPOWER関数の紹介をしました。 エクセルには複雑な計算が可能な関数が様々あります。 四則演算の場合は計算式を作成すれば演算可能な為、エクセルで関数を活用するという事を知らなかったりしますよね。 べき乗の演算をする関数についてまとめると• 引数には指数部と数値を指定する• 指数部が『0』の時の答えは『1』• マイナスの指数部を指定した時には、分数でのべき乗の計算になる 関数の記入方法自体を覚えておく事は大切ですが、指数の演算の内容についても理解しておかないと、いざという時に使えなくなっちゃいます。 エクセルで困らない様にしたい所ですね。 応用的・専門的な関数については活用方法まで考えて覚えて行きましょう!!.

次の