ストロボ エッジ 新潟。 映画『ストロボ・エッジ』は新潟県内で撮影されました

まち歩き!散策マップが5種類あるのを知っていますか!

ストロボ エッジ 新潟

「月刊にいがた」さんで現在、コラム連載をさせて頂いております、田中です。 毎月、新潟ロケ作品を1本ずつ、ロケのエピソードとともに紹介させて頂きたいと思っております。 新潟フィルムコミッション協議会 フィルムコミッションのアドバイザー。 (2008年〜2017年9月はフィルムコミッション コーディネーターとして従事) 「映画で新潟を盛り上げよう!」という思いから、映画、テレビドラマ、CMなど、新潟県内においてのロケ撮影を誘致・支援する団体。 実際のロケをスムーズに進めるためのサポート業務などを行なっている。 田中さんは業界にも太いパイプを持ち、新潟県内のロケ誘致で大活躍。 趣味はもちろん映画鑑賞。 あとはレトロ建築物探索。 新潟県出身かと思いきやまさかの関西人です。 ということで、今回はそんな「春」だからこそ観てもらいたい新潟ロケ作品 『ストロボ・エッジ』をご紹介していきたいと思います。 咲坂伊緒原作の大ヒット少女コミックを福士蒼汰と有村架純の主演で映画化した青春物語で、監督は『余命1ヶ月の花嫁』や『きいろいゾウ』などを手がけた廣木隆一。 登場人物全員が片思いの切ない恋愛模様を見事なほど繊細に描いた作品なんです。 新潟の風景がたくさん映っている作品として話題になったので、当時、劇場で観た人が多いのでは?? なので、ご存知の方がほとんどだと思いますが、撮影のメインロケ地となったのは 「新発田高校」なのです。 新発田高校の校内。 特徴的な造りですよね〜 なぜ新発田高校でのロケが決まったんでしょう…? 実は次のような裏話があったんです。 2014年春先、製作会社はメインのロケ地となる学校を 全国約130校のなかから絞り込む作業を始めました。 新潟からも何校か提案しましたが、最終候補の3校に新発田高校が残ったんです。 その中からなぜ新発田高校に決まったのか? それは、当時の新発田高校校長のひとことだったんです。 「8月の撮影であればスケジュールに歩み寄りながら、こちらが調整するので大丈夫です」と。 この前向きなひとことにプラス、教頭をはじめ教員や事務局の方々、そして生徒たちの尽力もあり、新発田高校が選ばれたんですね〜。 学園ドラマなので高校生がたくさん出てくるのですが、もちろん生徒役エキストラは新発田市内の高校生たち。 新発田市内各高校や新発田高校の1・2年生から希望者を募ったんです。 特に文化祭のシーンでは、新発田高校の3年生有志も参加したので、皆さん、いい思い出になったと思いますよ。 写真はまさにその文化祭シーン。 大空間のなかに左右向き合って教室がある特徴的な校舎。 監督がもっとも気に入った場所なんですよ。 どっぺり坂での撮影風景。 公開後全国から大勢の人が聖地巡礼に訪れました。 レンガでできた階段と手すりのレリーフがとても美しい! 坂の上からの眺めも最高です 作品自体、新潟の設定ではないのですが、監督のサービスなのか、今はなきレインボータワーや新潟交通の銀バスがチラッと映ってるんです。 とにかく、皆さんがよく目にする新潟の風景がたくさん出てくるこの作品。 ストーリーはもちろんですが、皆さんにとっては違った意味でおもしろいかも。

次の

新潟県立新発田高等学校

ストロボ エッジ 新潟

ストーリー まだ恋をしたことのない、高校1年生の木下仁菜子(有村架純)。 ある帰り道の電車の中で、学校中の女子から人気を集める同級生の一ノ瀬蓮(福士蒼汰)と出会う。 少しずつ会話を交わすようになる蓮と仁菜子。 クールに見える蓮の優しい言動、笑顔に今まで感じたことのない気持ちを感じる仁菜子は、自分が蓮に恋をしていると気付く。 しかし、蓮には中学の時から付き合っている年上の彼女・麻由香(佐藤ありさ)がいた……。 それを知ってもなお、仁菜子は自分の想いをただ伝えたくて、蓮に告白するが、振られてしまう。 どこか背伸びして麻由香と付き合いながらも、仁菜子の真っすぐな想いに触れるうちに、心の中にある変化が生まれ始める蓮。 友だちというポジションにいながら、蓮を好きだという気持ちがどんどん積もっていく仁菜子。 仁菜子を本気で好きになる安堂(山田裕貴)。 蓮よりも先に大人の階段を上り始めた麻由香。 仁菜子に想いを寄せるも振られてしまう大樹(入江甚儀)。 安堂の元カノの真央(黒島結菜)。 地域ばなし 「ストロボ・エッジ ロケ地マップ」が新潟県内や相鉄線各駅などで無料配布されました。 (6万部) 新潟県内で、新潟ロケ地巡りツアーが開催されました。 相模鉄道が、電車の車体に「ストロボ・エッジ」のラッピングを施し、車内を特製ポスターで装飾した「ストロボ・エッジ号」を運行しました。 相模鉄道いずみ野駅の改札口に「ストロボ・エッジ」の特別装飾が施こされました。 劇中の「神奈川県立光陽台高等学校」のロケ撮影は、新潟県立新発田高等学校で行われました。 ロケ地 新潟県 新潟市:万代シティエリア(フロレスタ新潟万代シティ店:カフェのウッドデッキでドーナツを食べるシーン)、やすらぎ堤、白山公園周辺、他門川公園、鏡橋交差点、カジュアルダイニング&ワインSEASON、どっぺり坂 新発田市:新潟県立新発田高等学校 胎内市:村松浜海水浴場 長岡市:表町交差点付近 神奈川県 横浜市:いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅 鎌倉市:鎌倉駅、鶴岡八幡宮 逗子市:リビエラ逗子マリーナ 相模鉄道:電車内のシーン、いずみ野駅(ベンチでチョコレートを分け合うシーン、ラストシーン)、弥生台駅(蓮が倒れ込むシーン)、緑園都市駅(冒頭の告白するシーン)、南万騎が原駅(仁菜子がつまずくシーン) 江ノ島電鉄:電車内のシーン 映画にちなんだもの ストラップ、長岡まつり大花火大会 復興祈願花火「フェニックス」、フィアット500、しゃぼん玉、両親の離婚・再婚 映級グルメ ドーナツ(フロレスタ ネイチャードーナツ)、チョコレート、ケーキ、ストレートティー 支援 ロケーション協力: 相模鉄道、ALTA、新潟伊勢丹、万代シティ、フロレスタ新潟万代シティ店、万代シルバーホテル、(株)磯不動産、ドコモショップ新潟店、藤和ライブタウン綱島の丘管理組合、渡辺明紀、鈴木一成、リビエラ逗子マリーナ、逗子フィルムコミッション、胎内市・村松浜海水浴場、カトリック新潟教会、カジュアルダイニング&ワインSEASON、T・ジョイ新潟万代、住宅型有料老人ホーム ウェルマンション朝日、スタジオEASE、江ノ島電鉄、鶴岡八幡宮、みらい館大明、新潟市寄居コミュウニティハウス、新潟県立新発田高等学校 協力: フィアット クライスラー ジャパン、国際映像メディア専門学校、アンシブルタイトル、国際トータルファッション専門学校、城西運輸機工、阪急阪神ロジパートナーズ、ビックエックス、 新発田市フィルムコミッション協議会、新発田市、新発田商工会議所、北越後農業協同組合、菊水酒造、市島酒造、金升酒造(株)、ふじの井酒造、敬和学園大学 新潟県フィルムコミッション協議会、新潟県、新潟市、新潟観光コンベンション協会、いわふね村上フィルムコミッション、ホテルオークラ新潟、にいがたロケーションネットワーク、長岡まつり協議会、NPO法人復興支援ネットワークフェニックス、長岡ロケなび、他。 キャスト 福士蒼汰、有村架純、山田裕貴、佐藤ありさ、入江甚儀、黒島結菜、グリーンメディア、国際映像メディア専門学校、他。 スタッフ• 監督:廣木隆一• 脚本:桑村さや香• 企画プロデュース:臼井央、春名慶• プロデューサー:川田尚広、大西孝幸• 原作:咲坂伊緒「ストロボ・エッジ」(集英社マーガレットコミックス刊)• 音楽:世武裕子• 主題歌;whiteeeen• 撮影:山田康介• 照明:• 美術:矢内京子• 録音:深田晃• 編集:菊池純一 作品データ• クレジット: C 2015映画「ストロボ・エッジ」製作委員会 C 咲坂伊緒/集英社• 製作年:2015年• 公開日:2015年3月14日• 製作国:日本• 配給:東宝• 上映時間:116分• 映倫区分:G• 受賞歴等:• 製作委員会:映画「ストロボ・エッジ」製作委員会• オフィシャルサイト: ゆかりの地図 相鉄線:いずみ野駅 新潟市:万代シティ エリア.

次の

【映画ストロボエッジ】相鉄線撮影ロケ地めぐり|いずみ野駅、弥生台駅、緑園都市駅、南万騎が原駅

ストロボ エッジ 新潟

お馴染みの場所が舞台になっているかも? 新型コロナウィルス感染症拡大に伴う自粛要請で、「STAY HOME」を合言葉に自宅で過ごす時間が多くなっていることと思います。 みなさん、どんなふうに自宅での時間を楽しんでますか?インターネットの動画配信やレンタルDVDで映画を観て過ごすという人も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、以前Thingsでご紹介した「新潟県フィルムコミッション協議会」の土田さんにご協力いただき、新潟県内でロケを行ったおすすめ映画をご紹介したいと思います! どこかで見たことのある風景、馴染みのある風景が画面の登場するかも。 ロケーションで楽しみたい、新潟人のためのシネマガイドです。 新潟県フィルムコミッション協議会 土田 悠 Yu Tsuchida 1981年 長岡市生まれ。 長岡観光コンベンション協会時代には長岡FC(フィルムコミッション)に所属していた。 趣味は海外旅行。 好きな映画は「天空の城ラピュタ」。 感染列島 2009年1月17日公開。 日本で新型ウィルスの感染が蔓延した場合、どんな事態が起こるのかが描かれる、まさに新型コロナウィルスが蔓延している現在の状況を警告するような作品です。 2008年のカンヌ国際映画祭では大きな反響を呼び、当時はハリウッドによるリメイク版も予定されていたとか。 「撮影は、移転が決まったばかりの旧新潟市民病院をメインにおこなわれました。 主演の妻夫木聡さんはじめ、メインの出演者もエキストラも防護服とマスクを着用しての撮影だったので誰が誰だかわからない状況の中、隣に佐藤浩市さんがいてもまったく気づかなかったとか(笑)感染者役のエキストラさんがリアリティを感じさせる迫真の演技で撮影スタッフから褒められたそうなので、そちらのシーンも注目したいですね」 Zアイランド 2015年5月16日公開。 感染者がゾンビになってしまう謎の病気が蔓延した島を舞台に、ヤクザ同士の抗争とゾンビが引き起こす騒動を描いたパニックアクションムービー。 哀川翔さんの芸能生活30周年を記念して作られた作品で、演出をお笑いコンビ「品川庄司」の品川祐さんが担当しています。 そのせいか、出演者にもお笑い芸人が多く、セリフもリズム感があるコミカルなものになっています。 「舞台になった島は主に佐渡市で撮影され、宿根木や小木港など観光でも馴染みのある場所が登場します。 主演の哀川翔さんは撮影の合間に趣味の魚釣りを楽しんでいたことから「佐渡観光さかな大使」に任命されました。 またクランクアップ直前には、地元の人たちによるマグロの解体ショーや新鮮な魚の振る舞いがおこなわれて、スタッフや出演者に喜ばれたそうです。 福井県が舞台ということで、雰囲気の似ている日本海側の都市として新潟市がロケ地に選ばれました。 「チアダンス部の顧問役を演じた天海祐希さんが、地元の警察やエキストラに挨拶してくれたおかげで撮影が非常にスムーズに行われたそうです。 高校3年間の春夏秋冬を画面上で表すため、夏のシーンではヒマワリを植えたり、冬のシーンでは冬囲いをしたりと、季節感の演出に苦労していたのだとか。 私はこの作品が新潟でロケされたことをまったく知らずに観ていて、家の近所のやすらぎ堤がいきなり映ったのでびっくりしました」 愛しのアイリーン 2018年9月14日公開。 42歳で独身の農家の一人息子がフィリピン人の女性と国際結婚したことから起こる騒動を通して、日本の農村における少子高齢化や嫁不足、外国人妻といった社会問題が描かれています。 「長岡市内各所で撮影が行われていて、長岡市街地、水田、雪景色などいたる所に普段目にしたことがある風景を見ることができます。 撮影は夏と冬の2回に分けて行われましたが、とくに暑い夏場の撮影は大変だったそうです。 祭りのシーンでは子どもから大人まで200人ものエキストラに協力してもらったり、葬儀のシーンでは暑い中、喪服姿で待機してもらったりと、多くの人の協力がなくては映画の撮影は成り立たないものだと感じたというこの作品。 そんなエキストラの協力も感じながら鑑賞したいですね」 ダンスウィズミー 2019年8月16日公開。 ミュージカル嫌いのOLが、音楽を聞くと歌やダンスで感情を表現する催眠術をかけられてしまうというストーリー。 「萬代橋たもとの万代テラス、万代シティといった、新潟市に住んでいる人なら誰でも分かるような場所がたくさん出てくる映画です。 新潟名物イタリアンの屋台まで出てきちゃいます。 主人公たちが車で追いかけられるシーンは、ビッグスワン近くの道路を封鎖して撮影したそうで、道路の封鎖には大変な苦労があったとか。 そんな苦労も頭に置きながら、新しいタイプの楽しいミュージカル映画を楽しんでみてください」 今回紹介したほかにも、十日町市で撮影された「図書館戦争」、新潟市や新発田市などで撮影された「ストロボ・エッジ」、新潟市や佐渡市、湯沢町で撮影された「ミッドナイト・バス」、長岡市で撮影された「サニー/32」などなど新潟県内で撮影された作品はたくさんあります。 映画以外でも「ガッチャマンクラウドインサイド」というアニメ作品では長岡市が描かれ、ドラマ「下町ロケット」には燕市各所が登場しています。 この機会に映画やドラマに登場するお馴染みの場所を探してみてはいかがでしょうか? 土田さん、ありがとうございました! 新潟県フィルムコミッション協議会 〒950-8570 新潟県新潟市中央区新光町4-1 公益社団法人 新潟県観光協会内 025-283-1188•

次の