ロマサガ3 バグレベルアップ。 バグレベルアップ1

藍のロマサガ3プレイ日記 5.脅威のレベル上げ

ロマサガ3 バグレベルアップ

ウンディーネの能力 プロフィール 幼少から術士を志し、4歳で初めて術を覚えたとの逸話も。 玄武術士としては第一人者と言える存在で、自らオリジナルの術を開発するまでに至る。 術士としては、連携術に重きを置いているようだ。 物腰柔らかで、温厚な性格らしいが、ボルカノとの権力闘争の末、モウゼスの北半分を支配してしまう。 街の北半分は縄張りを誇示するかのように屋根が水色に染まる。 この異様な光景からも、ウンディーネの支配欲の強さが窺える。 男性の好みは、優男が趣味で、ウンディーネの弟子になるための最低条件。 モウゼス住民の証言によると、見た目は年齢よりも若く見えるらしい。 肩書 水術士 性別 女 年齢 34 宿星 辰星 得意武器 なし 最速加入までの必要勝利回数 4 ラスボス戦への意気込みを一言で 私の術がどこまで通じるか……試してみましょう! 仲間にする方法• ピドナから有料船でバンガードへ• バンガード街中の老婆と会話してモウゼス出現• ウンディーネの依頼を受ける• ボルカノの依頼を受ける• モウゼス南のパブで「何か情報は?」• モウゼス南北の中間地帯の井戸前の術士を退ける• 死者の井戸の奥でデスマスターと戦闘(魔王の盾入手)• 井戸を出るとボルカノ&ウンディーネと戦闘• 武器は、棍棒技に多少適正がある程度なので、武器主体で運用するもりならわざわざ加入させる必要はない。 初期JPが高く、王冠状態。 さらに玄武術の熟練度も高いので、所持術のサンダークラップで、大ダメージを奪える。 セットで手に入る「魔王の盾」を装備させれば、更にダメージは高まる。 サンダークラップでは、いずれ力不足を感じるようになるので、適当なタイミングで白虎術に入れ替えると良いだろう。 アラケス(影)を撃破するとランスのアンナから超重力を教えてもらえるので、このタイミングが丁度良い。 高HPとサンダークラップで早ければ早いほど強い ウンディーネは、初期HP330と非常に高く、玄武術の熟練度もそこそこなので、サンダークラップで安定したダメージを奪える。 およそ1000ダメージが目安になってくるが、他の味方がこのくらいのダメージを与えられる技を覚えてくると、やや物足りないかもしれない。 そのため、できるだけ早期に加入させた方がウンディーネの実力が際立つだろう。 ウンディーネ加入の障壁になるのが、死者の井戸でのデスマスター戦と井戸出口でのウンディーネ&ボルカノ戦の連戦。 まともに戦うと、とても初期レベルでは手に負える相手ではないが、デスマスター相手には妖刀龍光の固有技である退魔神剣。 ウンディーネ&ボルカノには斧技の次元断やゴールデンバットの固有技であるマイダスハンドが効果的。 難所のウンディーネ&ボルカノ戦も、即死や石化などの弱点を突けば、あっけなく倒れてくれる。 また、これらの技の閃きには、魔王殿のオーガを利用すればよい。 固有装備なしと魔王の盾で鉄壁の女 ウンディーネを運用する場合、魔王の盾を装備させる事が多い。 魔王の盾には、全術の威力を高めてくれる効果があり、術使用ターンにも盾防御が可能。 また、魔王の盾のデメリットである消費JP2倍と魔王の鎧のデメリットを重ねるプレーヤーも多いのではないだろうか。 加えて、固定装備がないので、最終的に鉄壁を誇る事も多い。 どうせなら魔王の斧も装備させ、不要なWPをファイナルストライクで使用するのも面白い。 斧の熟練度は棍棒の熟練度にも関係するため、栄光の杖のブレスやルーンの杖のスペルエンハンスを使用して補助に回る事も可能。 超重力のみで終盤まで対応可能 白虎術の超重力は非常に優秀な術で、ウンディーネの高魔力も相まって大きなダメージを奪える。 ウンディーネが使っていれば、最強クラスの技に見劣りする事もないので、延々と超重力を使っていこう。 超重力の特徴を少し説明すると、打状の攻撃属性を持った単体攻撃。 多くのプレーヤーが取り入れるであろうスペキュレイションの先頭、2列目のダメージアップ効果も受けられる。 また、直撃した相手の素早さを奪うので、終盤に使われる分身技の足並みを揃えるのにも役立つ。 特に、必ずしもパワーレイズの中心に配置する必要がない点は大きい。 補助として、アースヒールやベルセルクを覚えさせておくと役立つ。 WPとJPを成長させた上でオートレベルアップ可能 水晶の廃墟のスライムシンボルを利用したオートレベルアップで、術の熟練度を成長させる場合、WPの成長を後回しにするのが基本。 術は、JP王冠状態でなければ、オートレベルアップの途中でJPが尽き、止まってしまう。 しかし、ウンディーネの場合は、白虎術の消費JPを軽減して放てるという特徴があるため、WPを成長させてしまってもオートレベルアップが可能だ。 バグレベルアップを使用しない場合、かなり重要なポイントになってくる。

次の

ロマサガ3について質問です。武器レベルは50まで上がるそうですが、自分のセーブ...

ロマサガ3 バグレベルアップ

ただし、その前に一定の条件を満たしておく必要があり、それを明らかにするのがこのレポートの目的です。 このページでは、バグレベルアップのメカニズムを具体例を通して解説します。 もともとセーブデータ解析から解明されたため、ところどころ怪しげな用語がでてきます。 読みにくいとは思いますが、勘弁してください。 バグレベルアップの仕組み 第1段階:メンバーを外す前の状況 下の表1を見て下さい。 現在このパーティーは主人公ハリード、エレン、ミカエル、トーマス、フルブライトの5人で構成されています。 各キャラの各パラメータは表の通りとします。 赤字で書かれているのはで 赤字で表記されたものと同じです。 バグレベルアップが起こればここが変化します。 パーティー外メンバーのスペースには既に20人が控えており、総人数は合計の25人となります。 バグレベルアップを行うときのお供レベルは153とし、仲間を外してから再びスカウトするまでお供レベルは変化しないとします。 要はこの間に戦闘をやらないということです。 ゲームが動いている間、これらのデータはメモリ上に一時的に保存されています。 わかる人はリアルタイムセーブのことだと解釈して下さい。 ここにはパーティー外メンバーのために26人分のスペースが用意されています。 したがってこの例では6人分の空きがあることになります。 表1:メモリー上のデータ(リアルタイムセーブ) キャラクター名 離脱時お供Lv HP WP JP 剣・大剣Lv 斧・棍棒Lv 小剣・槍Lv 弓Lv 体術Lv 地術Lv 天術Lv 増幅Lv 内 1 ハリード - 682 197 0 41 13 32 6 18 なし 0 なし 0 0 2 エレン - 483 154 86 14 33 21 15 38 蒼龍 20 月 24 0 3 ミカエル - 623 147 94 24 25 32 16 0 朱鳥 23 太陽 30 18 4 トーマス - 556 150 95 23 18 40 26 8 玄武 33 月 29 0 5 フルブライト - 431 56 152 0 16 9 13 0 白虎 41 太陽 37 2 6 1人分の空きスペース 外 1〜20 20人分のデータ 21〜26 6人分の空きスペース 第2段階:メンバーを外したときの状況 表2を見て下さい。 主人公ハリードを除く4人をパーティーから外します。 別れたキャラのデータは外した順にパーティー外メンバーのスペースに移されます。 パーティー内には主人公ハリード1人、パーティー外メンバーのスペースには24人がいます。 また、この時外れたメンバーのデータには外したときのお供レベル(153)が記録されます。 リセットした時点でメモリー上に一時的に保存されていたデータは無効となります。 先程のセーブによって作成されたセーブデータだけが頼りです。 ところがこのセーブデータが頼りありません。 セーブデータには、メモリー上で一時保存されていたデータのほんの一部しか引き継がれていません。 引き継がれないものの例として、ライフトラップの復活、罠付き宝箱の復元が挙げられます。 そして、このバグレベルアップもそのひとつなのです。 表3を見て下さい。 セーブデータには、 パーティー外メンバーのスペースが21人分しか用意されていません。 セーブ前には、パーティー外メンバーのスペースに24人がいました。 さて残り3人はどこに行ったのでしょう? なんと、パーティー内メンバーのスペースにいます。 このとき パーティー内メンバーのスペースに移されるのは外したメンバーのうち、後ろから数えて3人分。 この例では、ミカエル、トーマス、フルブライトの3人となります。 さらに、セーブデータ上のパーティー内メンバーのスペースには、外したときのお供レベルを記録する場所がありません。 そのため 外したときのお供レベルは闇へと葬り去られてしまいます。 表3:セーブデータ(ノーマルセーブ) キャラクター名 離脱時お供Lv HP WP JP 剣・大剣Lv 斧・棍棒Lv 小剣・槍Lv 弓Lv 体術Lv 地術Lv 天術Lv 増幅Lv 内 1 ハリード - 682 197 0 41 13 32 6 18 なし 0 なし 0 0 2 ミカエル - 623 147 94 24 25 32 16 0 朱鳥 23 太陽 30 18 3 トーマス - 556 150 95 23 18 40 26 8 玄武 33 月 29 0 4 フルブライト - 431 56 152 0 16 9 13 0 白虎 41 太陽 37 2 5 2人分の空きスペース 6 外 1〜20 20人分のデータ 21 エレン 153 483 154 86 14 33 21 15 38 蒼龍 20 月 24 0 第4段階:リロードしたときの状況 表4を見て下さい。 リロードすることでセーブ前の状況が復元されますが、セーブの過程で変化してしまったものはそのままです。 つまり、パーティー内メンバーのスペースに移された3人は、そのままパーティー内メンバーのスペースに留まっています。 外したときのお供レベルも戻ってきません。 3人のデータはパーティー内メンバーのスペースにありますが、 彼らがメニュー画面に表示されるようなことはありません。 パーティーの人数、各キャラクターの居場所が別のスペースに保存されているためです。 表4:メモリー上のデータ(リアルタイムセーブ) キャラクター名 離脱時お供Lv HP WP JP 剣・大剣Lv 斧・棍棒Lv 小剣・槍Lv 弓Lv 体術Lv 地術Lv 天術Lv 増幅Lv 内 1 ハリード - 682 197 0 41 13 32 6 18 なし 0 なし 0 0 2 ミカエル - 623 147 94 24 25 32 16 0 朱鳥 23 太陽 30 18 3 トーマス - 556 150 95 23 18 40 26 8 玄武 33 月 29 0 4 フルブライト - 431 56 152 0 16 9 13 0 白虎 41 太陽 37 2 5 2人分の空きスペース 6 外 1〜20 20人分のデータ 21 エレン 153 483 154 86 14 33 21 15 38 蒼龍 20 月 24 0 22〜26 5人分の空きスペース 第5段階:再加入したときの状況 さて、おさらいです。 仲間になったことのあるキャラを外してまた入れただけなので、普通ならこの操作はとして処理されます。 HPも各種レベルも全く変化しないはずです。 ところが、セーブ&リロードの過程で、ミカエル、トーマス、フルブライトの3人の外したときのお供レベルが消滅しています。 そのため、本来のお供レベル153のかわりに0を代入します。 表5を見て下さい。 この例ではミカエル、トーマス、フルブライトの3人がバグレベルアップします。 彼らが再加入した時点で、所定のパラメータが上昇します( 赤字下線部)。 の式に、現在お供レベル153と外したときのお供レベル0を代入します。

次の

ロマサガ3/バグレベルアップ

ロマサガ3 バグレベルアップ

(町から脱出する。 ただし戦闘が発生しない町内に限る。 ) ・Y:ステータス画面に切り替わる。 ・L:十字キー+Lで方向固定移動。 ・R:十字キー+Rで方向固定移動。 ・スタート:一時停止。 ・セレクト:所持マップの確認画面に切り替わる。 さらにLorRで別の所持マップを確認できる。 ・R:「うしろにさがる」に選択が移動。 」の右横の数字で判別できる。 ・数字が「901121」のものは初版で「スタート+セレクト+L+Rの同時押し」でソフトリセット可能。 ・数字が「920214」のものは第2版でソフトリセットができません。 全く何もイベントが発生しなくなった場合は、適度に戦闘をしてから、「マップ画面からノースポイントに入る」or「ミルザブールから船に乗る」をしてみましょう。 こうすることで時間経過が起こり、新たなイベントが発生します。 ・人と話して入手。 ・イベントの進行で入手。 ・船に乗って入手。 ・仲間を加入して入手。 ポイントとなるのは仲間を加入しての入手です。 主人公によっては下手するとゲームクリアに不可欠な地図・地名が入手できずにクリア不可になる場合もありえます。 ですから、まだ未加入の仲間を見かけたら、とりあえず一度は加入させましょう。 不要ならばすぐに解雇すればいいだけのことです。 使用したい場合は、武器と同じように装備しておきましょう。 アイテム欄には常に換金売却用のものを用意しておきましょう。 以下にロマ1の基本テクニックを挙げておきます。 呪われた靴は魔の島にあります。 素早さが低くて先手が取れないときに便利。 #使い切ったアイテム欄にスターソードを装備することが永久化の条件となります。 ショートカットポイントは割りとあるので便利。 貴重なアイテムを取ったり、冥府に行くのに便利。 これを上手く使うことで壁をすり抜けたり、水中に進入したりすることができます。 ただし法力レベルアップすると99に戻るので注意。 またアルベルト限定で、アルベルトは初めから光の法力を持っているのでパーティー外成長で法力を99にしてから光の術法を習得することで法力を107にできます。 #他にも様々なテクニックがあります。 詰んだとき、困ったときは、お気軽にBBSで質問してくださいませ。 ロマ1の戦闘に関する質問について簡単にまとめました。 詳細は省いてありますので、詳しく知りたい場合は各コンテンツをご覧ください。 弱点属性と回復術法が関係しているのですが、セーブ&ロードすれば直ります。 「呪われた靴」を装備して回復術法を使えば、大概の術法ダメージは1にできます。 その魔の島の塔内に安置されています。 器用さが51辺りになると回復量が低下するので、器用さをあげてみてください。 エレメンタルの重ね掛けにより無敵になっているので、すぐさま逃げましょう。 「マンティコア」、「グリフォン」、「大だこ」、「マーマン」、「フロッケン」…俗に言うレアモンスターです。 これらに遭遇できたという話も無いわけではありませんが、解析結果から判断すると、これらのモンスターに通常範疇で遭うことはありません。 後半になると武器レベルが上がりにくくなる現象が多々起こりますが、延々と戦い続ければ必ず上がります。 なので、技だけ使っているだけでは武器レベルは上昇しません。 「しがみつき」はレベルアップしません。 赤魔法使いが5種ずつ使用できますが、現時点ではそれ以外に通常使用する方法はありません。 ただしバグの産物として使用可能になる場合もあるようです。 その代わり、左利きの場合はレフトハンドソードの攻撃力が高くなります。 「魅力」は王者の剣の成功率に影響し、「愛」はウイークネスを受けたときの魅力の減少量に影響します。 疾風の靴を装備すると素早さが+10されますが、素早さが99の時にもその効果を発揮して素早さが109になります。 バグなどで入手できるようですが、通常PLAYでは入手できません。 何かとたたかれることの多いロマ1ですが、その原因の1つに「敵が多すぎる。 戦闘がだるい。 」といったものがあります。 なので、この点についてアドバイスをしてみようと思います。 私の初PLAYを振り返ってみますと、PUBに仲間がいればすぐさま引き入れてパーティー強化に励んだものでした。 しかし、これこそがロマ1初心者の陥りやすい罠なのです。 確かにロマ1は6人までパーティー人数を増やせますが、あくまで「増やせる」というだけのことで「増やさなければいけない」ということではないのです。 それではパーティー人数が複数の場合のメリットとデメリットを挙げてみます。 ・隼キャンセルが使用可能。 2 必要に応じて武器、防具、術法が人数分必要になる。 3 少人数よりも成長速度が低下する。 4 戦闘の時間と手間が増加する。 1 2 は金銭面での問題です。 序盤からそんなに多くのお金を入手できるわけでもないので、金は無いは、装備は無いは、仲間は弱いは、船には乗れないは…という状況になりかねません。 3 については、ロマ1は行動したほうが成長しやすいのですが、人数が多いと全員が行動する前に戦闘が終わりかねません。 そうなると行動した者に比べて、行動できなかったものは成長が遅れてしまいます。 逆に全員が行動できるように配慮すると戦闘に時間がかかりすぎてしまいます。 そして最大のデメリットと思われるのが 4 です。 ロマ1の戦闘の流れは次のようになっています。 a 味方のコマンド選択 b 敵味方の行動 #戦闘が終了するまで a b の繰り返し c 味方の成長と金入手 b c は苦にならないのですが、問題なのは a の味方のコマンド選択です。 味方のコマンド選択は毎ターン必ず人数分する必要があります。 なので1人旅と6人パーティーを比べたら、コマンド選択だけでも単純に6倍の時間がかかります。 これは最低6倍の時間がかかるということで、実際はもっとずっと多くの時間がかかってしまいます。 それはパーティーの並び方が敵からのエンカウント方向によって崩れてしまうからです。 攻撃が敵に届かないようならエラー音。 届く攻撃に選択しなおしたり、列移動したり…。 明らかに6倍どころの時間ではないほどの時間がかかってしまうのです。 そんなことを毎ターン、毎戦闘、ウジャウジャいる多くの敵とやっていたら、「敵が多すぎる。 戦闘がだるい。 」となるのは頷けます。 このようにパーティー人数が多いと戦闘が楽になるはずが、逆に苦痛につながってしまうのです。 「そうは言っても少人数は不安だ。 」と思われるかもしれませんが、ぜひともお試しください。 1人、2人でも十分に進めます。 むしろ重点的に装備の強化ができますし、行動回数が増えるので成長速度も増しますし、何よりコマンド選択の時間と手間が減ります。 #一人旅ならば隊列くずれとも無縁になります。 #BOSS戦もやりようによってどうとでもなりますから、さほど心配する必要はありません。 コマンド選択の時間と手間。 これが積もり積もって「敵が多すぎる。 戦闘がだるい。 」になってきます。 少人数でコマンド選択の時間と手間を減らせば、1戦闘がサクサク進みますので、敵が多かろうが何てことはありません。 「敵が多すぎる。 戦闘がだるい。 」と思っていらっしゃる方はぜひ参考にしてみてください。

次の