ウェザーマップ 16日予報。 週間予報 24日(金)頃は西日本中心に大雨のおそれ 梅雨明けは週末以降か(ウェザーマップ)

さくら開花予想2020

ウェザーマップ 16日予報

・開発の経緯: ・これまで、ウェザーマップでは2012年より「10日間先まで」の日々の天気予報を発表していました。 このたび、気象庁が新たに6月19日より「2週間気温予報」の発表を開始するにあたり、気象の予報業務許可事業者についても、一般向けの予報としての16日先までの日々の天気予報を解禁したことに合わせて、ウェザーマップでも『16日先までの天気予報』を開始いたしました。 ・『16日先までの天気予報』予報の見方: ・『16日先までの天気予報』は、マウスオーバーで詳細情報が表示される仕様となっています。 ・不確実性に関する情報の表示について: ・『16日先までの天気予報』は、予報の期間が長いことから、予報に不確実性があることを認識した上で、ご利用いただく必要があります。 そのため、ウェザーマップでは「降水の有無の信頼度」「気温の予報幅」を予報と合わせて掲載します。 ・降水の有無の信頼度: ・A〜Eまでの降水の有無の信頼度を表示します。 Aに近いほど予報の信頼度は高いことを表します。 ・ウェザーマップが発表する天気予報は、気象学的な解析や統計的な手法に基づく天気予報です。 自然現象には現在の予測技術では予測できない事項もあるため、不確実性を伴います。 ご利用に際しては最新の情報をご確認ください。 気象庁が「予報は毎日14時30分に発表」とのことです。 これを受けて、民間の天気予報会社も様々なサービスがはじまりました。 ウェザーマップは「『16日先までの天気予報』を開発し、2019年6月19日(水)より自社ホームページ上での掲載」とのことで、さらに予報期間を延ばし、16日先までの天気予報をするとのことです。 ただし、「予報に不確実性があることを認識した上で」利用して欲しいとのことで、「「降水の有無の信頼度」「気温の予報幅」を予報と合わせて掲載」するとのことです。 今回の予報延長がどのような経済効果、どのような分野で活用されるかはわかりませんが、この東京オリンピックにはまず、活用されるとのことです。 また、天気は流通業とも関係が深いことから、当然、需要予測に活用されることになると思われ、今後、需要予測にどう2週間天気予報を組み込み、発注精度を向上させ、機会ロス、廃棄ロス等をどう防ぐかが課題となりそうです。 ウェザーマップ、ガリガリ君のガリ天もこれにより、予報方法が変わるのか、注目です。

次の

2週間天気予報を見る3つの方法を紹介しますが、オススメはウェザーマップの天気予報です。

ウェザーマップ 16日予報

5月10日に稚内・釧路も開花して、今年の桜前線はゴールを迎えました。 今年のさくらはほぼ全国的に早くなっていて、関東や東北南部などでは記録的に早い開花・満開となりました。 ただ、九州や高知など温暖な地域では、大暖冬の影響で休眠打破が非常に鈍く、ほぼ平年並みの開花となっています。 今年の冬は、寒気が流れ込んでも北日本までのことが多く、西日本を中心に大幅な暖冬となりました。 このため、休眠打破は鈍く花芽の成長も鈍かったとみられます。 一方、1月~2月も春のような暖かさの日が多く、3月も一時的な寒の戻り以外は気温がかなり高くなりました。 暖冬の影響よりも1月下旬以降の高温の影響が非常に大きかったため、九州や四国など温暖な地域を除いて、平年より大幅に早い開花となった地点が多くなりました。 桜 ソメイヨシノ の開花・満開は、気温に大きく左右されます。 気温と開花日の関係については、青野ら 1990,2003 を参考とし、近年の傾向に合うよう、最新のデータで推計しなおし、調整しました。 気温と満開日の関係については、上記の開花日との関係をベースに、朝倉ら 2009 や永田洋ら 2010 を参考にして、推計しました。 予想気温については、週間予報・1か月予報アンサンブル・3か月予報を独自に解析し、統計処理を加えて地点ごとに算出。 これをベースに近年の傾向や自己相関などの気温の特性を考慮して、各地点10000通りの気温推移をシミュレーション。 これを、上記のさくら開花・満開日推定式を使って10000通りの開花・満開日に変換し、開花確率グラフを作成しています。 開花・満開予想日は、この10000通りの開花・満開日の平均としています。 参考文献• 青野靖之・小元敬男 1990 「チルユニットを用いた温度変換日数によるソメイヨシノの開花日の推定」農業気象,45,243-249• 青野靖之・守屋千晶 2003 「休眠解除を考慮したソメイヨシノの開花日推定モデルの一般化」農業気象,59,165-177• 朝倉利員・弦間洋 2009 「広範囲に適用できるサクラの新しい満開予測法」日本気象学会平成21年春予稿集• 大谷義夫 2006 「気象生態反応に基づくニホンナシの開花予測」栃木農試研報,No58,7-16• 気象庁 1996 「新しいサクラの開花予想」気象庁解説資料第24号• 永田洋ら編 2010 『さくら百科』丸善• 渡辺正太郎・増田雅昭 2012 「長期予報を活かした独自さくら開花予想」天気2012年6月号,10-11.

次の

ウェザーマップとは

ウェザーマップ 16日予報

5月10日に稚内・釧路も開花して、今年の桜前線はゴールを迎えました。 今年のさくらはほぼ全国的に早くなっていて、関東や東北南部などでは記録的に早い開花・満開となりました。 ただ、九州や高知など温暖な地域では、大暖冬の影響で休眠打破が非常に鈍く、ほぼ平年並みの開花となっています。 今年の冬は、寒気が流れ込んでも北日本までのことが多く、西日本を中心に大幅な暖冬となりました。 このため、休眠打破は鈍く花芽の成長も鈍かったとみられます。 一方、1月~2月も春のような暖かさの日が多く、3月も一時的な寒の戻り以外は気温がかなり高くなりました。 暖冬の影響よりも1月下旬以降の高温の影響が非常に大きかったため、九州や四国など温暖な地域を除いて、平年より大幅に早い開花となった地点が多くなりました。 桜 ソメイヨシノ の開花・満開は、気温に大きく左右されます。 気温と開花日の関係については、青野ら 1990,2003 を参考とし、近年の傾向に合うよう、最新のデータで推計しなおし、調整しました。 気温と満開日の関係については、上記の開花日との関係をベースに、朝倉ら 2009 や永田洋ら 2010 を参考にして、推計しました。 予想気温については、週間予報・1か月予報アンサンブル・3か月予報を独自に解析し、統計処理を加えて地点ごとに算出。 これをベースに近年の傾向や自己相関などの気温の特性を考慮して、各地点10000通りの気温推移をシミュレーション。 これを、上記のさくら開花・満開日推定式を使って10000通りの開花・満開日に変換し、開花確率グラフを作成しています。 開花・満開予想日は、この10000通りの開花・満開日の平均としています。 参考文献• 青野靖之・小元敬男 1990 「チルユニットを用いた温度変換日数によるソメイヨシノの開花日の推定」農業気象,45,243-249• 青野靖之・守屋千晶 2003 「休眠解除を考慮したソメイヨシノの開花日推定モデルの一般化」農業気象,59,165-177• 朝倉利員・弦間洋 2009 「広範囲に適用できるサクラの新しい満開予測法」日本気象学会平成21年春予稿集• 大谷義夫 2006 「気象生態反応に基づくニホンナシの開花予測」栃木農試研報,No58,7-16• 気象庁 1996 「新しいサクラの開花予想」気象庁解説資料第24号• 永田洋ら編 2010 『さくら百科』丸善• 渡辺正太郎・増田雅昭 2012 「長期予報を活かした独自さくら開花予想」天気2012年6月号,10-11.

次の