もち 米 の 水 加減。 おはぎをもち米での作り方は?水加減は?コツは? | 情報ライブ ケンタ屋

もち米を炊くときの水加減・水の量 [標準レシピ]

もち 米 の 水 加減

もち米と白米の違いは何? 普段食べている「ご飯」は、白米(うるち米)を炊いて作ります。 でも、お餅やお赤飯などのおこわを作る時は、もち米を使います。 白米を炊いたものをこねたり練ると、五平餅や団子のようにはなっても、いわゆるお餅にはなりません。 見た目も似ている、名前も同じ米なのに、何がどう違うんでしょうか? 【もち米と白米の違い】 もち米と白米(うるち米)の違いは、お米の主成分であるデンプンの構造です。 デンプンは、アミロースとアミロペクチンという2つの成分によって構成されています。 この構成比率によってもち米と白米に分かれます。 アミロースの含有量が少ないと粘り気が出ます。 もち米には、アミロペクチンのみで、アミロースはほとんど含まれていません。 なので、アミロペクチンだけのもち米を炊くと、強い粘り気のあるお餅にすることができます。 もち米・・・アミロペクチンが多い 白米・・・・アミロースも多く含まれている 見た目の違いは、もち米は真白で不透明で、うるち米は白色で半透明です。 吸水率の違いも大きな違いです。 吸水率によって炊き上がりのお米の食感が違ってきます。 もち米に多く含まれるアミロペクチンは、水を含むと膨張しやすいので、吸水率がうるち米より高くなります。 なので、炊く時にうるち米の水の量より1.2倍ほどの水で炊かないと固くなってしまうので注意が必要です。 また、品質の劣化の違いもあります。 アミロースを全く含まないもち米は、アミロースを含むうるち米に比べると品質の劣化が遅いようです。 なので、保存食としてお餅が昔から重宝されていたのだと思います。 もち米もうるち米もカロリーや栄養成分での違いはあまりありませんが、ひとつ重要な違いがあります。 アミロースは体内で消化されにくい性質があり、アミロースを含まないもち米は消化されやすく血糖値が上昇しやすくなります。 その血糖値の上昇を数値で表したのが、GI値(グリセミック・インデックス)です。 GI値が低ければ血糖値の上昇は遅く、高ければ速くなる状態を表します。 もち米はうるち米より消化しやすく、血糖値が上昇しやすいという可能性があります。 【白玉粉や餅粉、上新粉の違いは?】 もち米を粉にすると白玉粉や餅粉、うるち米を粉にすると上新粉になります。 白玉粉は、もち米を石臼で水挽きして沈殿したものを乾燥させた粉です。 白玉粉の特徴は、でんぷん質が取り除かれているので滑らかな食感があります。 白玉や桜餅などに使われます。 餅粉は、水洗いをした後乾燥させて粉にしたものです。 餅粉は、大福や求肥などに使われます。 上新粉も餅粉と同じ製法でうるち米を粉にしたものです。 上新粉は、加工すると風味と歯ごたえが出てくるので、 柏餅や草餅、ういろうなどに用いられます。 もち米と白米を一緒に炊くときの割合は? お赤飯やおこわを炊く時にもち米と白米を混ぜたり、古いお米を炊くときに、もち米を少し混ぜて炊くと美味しくなります。 もち米と白米を混ぜる割合ですが、作るものの種類によって違ってきます。 基本は同じ割合(1:1)が作りやすいですが、割合によってモチモチ感が違ってきますので、お好みで変えてみてください。 注意する点は、出来ればもち米とうるち米は吸水時間が違うので、少し手間はかかりますが、もち米はたっぷり吸水させてから、白米(うるち米)と合わせて炊いてくださいね。 手間をかけた分美味しさが増しますよ! では、もち米とうるち米の割合によってどんな種類のご飯に合うか参考までに。 もち米とうるち米が半々の場合は、具が沢山入っているおこわなど合います。 もち米とうるち米が、2対1の場合は、粘り気が少し少ないので、赤飯などに合います。 古いお米にもち米を混ぜて炊く場合は、白米9:もち米1の割合がおすすめです。 もち米と白米を一緒に炊くときの水加減は? もち米とうるち米を合わせて炊く時の水加減は、実際のところもち米の分量から水分量を計算してうるち米の水の分量にプラスすることが必要になってきます。 面倒なことですが、美味しく炊くためにはひと手間を惜しまないというのが、 プロの調理師さんからのアドバイスです。 でも、時間がなかったり、めんどくさい、と思う時もありますよね。 そんな時は、もち米の分量が多い場合は、炊飯釜の水量のお米の合数に合ったラインからちょっと少なめ、白米が多い場合は、ラインのところまで水を入れて炊きます。 それなりに美味しくできますよ! おわりに もち米も白米(うるち米)を合わせて炊くと、より美味しくなったり、食べやすくなります。 何度か試してみるとベストな割合がわかりますよ! もち米と白米を上手に使って、美味しいものをどんどん作ってくださいね!.

次の

もち米を炊くときの水加減・水の量 [標準レシピ]

もち 米 の 水 加減

スポンサーリンク おはぎをもち米での作り方は? ワタシが以前おはぎを作った時はまず炊飯器を利用して作りました。 まずもち米多めの普通米を炊飯器で炊きました。 もち米と普通米の割合は6合なら4合もち米、2合普通米でつくれました。 そして、米が炊けたら塩を振りかけます。 あとは、すり棒に水を付けお好みのモチモチ加減までお米を潰しましたね。 それから好みの大きさに握ります。 あとは、アンコをつけて握るだけです。 これでおはぎの完成です。 あと、炊くときに塩少々入れて炊いても大丈夫だそうです。 この場合は炊き上がりに塩はふりかけませんよ。 また、炊飯器でもおはぎは出来ますが、電子レンジでも可能です。 その作り方は耐熱容器でだいたい、1カップのもち米に1カップの水の割合で10分レンジにかけましょう。 そして15分くらい蒸らしてください。 それで、炊き上がったもち米を軽く麺棒でつぶしましょう。 柔らかさは、あなたの好きな硬さになるまでつぶしてください。 注意点としては最初にもち米は水に30分以上漬けておきましょう。 そして、塩を少々入れてからレンジへ投入です。 ワタシの場合は、缶詰の小豆を使用しました。 缶詰の小豆も、割合にサッパリ目で美味しいかったですね。 それからこれは豆知識ですが、餡子をつける時はラップで絞るようにしましょう。 こうすると、手も汚れないしキレイな形のおはぎができますよ。 おはぎをもち米で作る時の水加減は? おはぎのご飯の炊き方で水加減はどうしたらいいのでしょう? 水加減だけではありません。 もち米と白米の分量も気になるところですね。 まず、作ってすぐに食べるのでしたらもち米だけでおはぎを作ったほうが美味しいですよ。 ともち米を2:1の割合にします。 このような割合にしてお米を炊くことで硬くなりにくなります。 スポンサーリンク これで次の日でも美味しいおはぎが食べられます。 また水加減ですが、そんなに神経質になる必要はありません。 もしあなたが3合炊くのでしたら白米の所の3の数字よりちょっと少なくすればいいんです。 これでもちゃんとしたお米が炊けますよ。 ワタシが炊く時はいつも目分量ですね。 おはぎを作る時のコツってなんでしょう? 最初にワタシが作った時は祖母が昔作ってくれたような味が出せませんでした。 それでアレコレ調べてみてわかりました。 まずおはぎを作るご飯には、もち米とうるち米を使います。 分量は餅米:うるち米 普段食べているお米のことです。 ですと2:1の割合です。 そして、コツですがもち米は一晩水につけましょう。 そして、お米を炊く30分前に、といだうるち米とあわせます。 この時は炊飯器で水加減は上記した通りで炊きます。 目盛り通りでもいいですけどね。 それで、お米が炊けたら水でぬらしたスリコギでつきましょう。 どれくらいつくかというと、ご飯粒が半分くらいでしょうか。 ワタシはこれくらいが、ほどよい食感となり好きですね。 あとあんこの硬さは、あんこが煮詰まってきた時、しゃもじで鍋底をこするようにして練りしょう。 どれくらいで鍋の火を止めるかというと、すくって落とし、山が出来るくらいになった時です。 これくらいになったら、火を止めてあんこを冷ましましょう。 熱いうちはやわらかく感じます。 けれども、冷めるとしっかり固まります。 それで、ご飯を包みやすくなりますよ。 最後はあんこのかぶせ方です。 これはあずきだけ(ご飯なし)のおはぎを先に作りましょうね。 そしてあんを手のひらに薄く楕円にのせましょう。 この時に、端のほうを薄くしておきます。 それで、あんでご飯を包みましょう。 それをさらに指で寄せるように、すき間なく包むとおはぎの完成ですよ。 お彼岸には毎年作っていましたっけ。 それでワタシはおはぎ好きになったのです。 今回の記事を書いていておはぎが食べたくなりました。

次の

おはぎのもち米とうるち米の割合や水加減は?固くならない簡単な作り方

もち 米 の 水 加減

まずはお米の保管について• 場所 ・・・風通しの良い冷暗所が適しています。 置いてはいけない場所 ・・・冷蔵庫横、ストーブ横、洗浄機・炊飯器などの横、その他日の当たる所や水のかかる所• 温度 ・・・室温15度〜20度まで「30度を超えると古米化(悪化)します」• 賞味期限 ・・・精白米の場合15日くらいが目安です。 炊飯の流れ 1. 1合=約150g(180ml)• 1升=約1. 5kg(1. 8l) 計量カップでお米を使用する場合、「1カップ=1合」が基準となります。 但し、市販の計量カップには、200mlや250mlなど様々なタイプがありますので、ご注意ください。 計量カップで計る際は、まずお米を山盛りに入れてから、すり切り。 研ぐ・洗う 大きめのステンレスボールなどをご用意してください。 また、ザルを使用しての研ぎは禁止です。 お米が壊れてしまいます。 最初は水をたっぷり入れ、2・3回手早くかきまわして、濁り水を手早く捨ててください。 「約10秒以内作業!」と覚えてください。 これを2〜3回繰り返します。 水をよく切って、米と米とが摩擦するように手のひらの「たなごころ」で容器の周りを回すように、力を入れ過ぎないように押し付けます。 力を入れすぎるとお米が割れます。 水を差しかえて「とぎ汁」を捨てます。 この工程を3回繰り返し、水が澄んきたら完了です。 ここまでの作業は約3分以内に行うことがベストです。 洗い終わった米を目の細かいザルで10秒くらい軽く水切りして研ぎの完了です。 研ぎ・洗米で絶対にやってはいけないこと• お米をザルに入れて研ぐ・・・お米が割れます。 寒い時期などに「泡だて器」で研ぐ・・・お米が割れたり、お米の表面の旨味を削ってしまいます。 お湯を使って研ぐ・・・研ぎ上がりがガサガサになります。 お風呂の湯沸し器のお湯と水を混ぜて研ぐ・・・お風呂の湯沸し器の湯は飲料不可です。 ザル上げ放置時間が1分以上・・・お米は空気に触れると、どんどんひび割れていき、ベタついたご飯の原因になります。 浸漬 芯の残らない美味しいご飯を炊くために、お米の芯まで水を浸透させる作業です。 10秒程水切りしたお米をたっぷりの水に浸します。 炊飯には「軟水」が適しています。 「軟水」とは硬度60以下(硬度60=水1Lあたりの炭酸カルシウムの量が60mg)の水で、日本の水道水は、ほぼこの基準を満たしております。 又、国産のミネラルウォーターも軟水が主流で、おおむね炊飯に適しています。 逆に、外国産のミネラルウォーターに見られる「硬水」(硬度120以上の水)を使用すると、ご飯の炊きあがりが硬くなり、パサついててしまいます。 アルカリイオン水(天然水を電気分解して作られる、ミネラル分を豊富に含んだ水)をご使用になられる場合は、PH値(水素イオン濃度)が9. 0未満のものをご使用ください。 PH値が高すぎると、ご飯がベタついた炊き上がりになってしまう可能性があります。 市販の水のペットボトルには栄養成分表示と共に、硬度やPH値も記載されていますので、ご購入するときは、ラベルを良くご確認ください。 9(30分以上浸漬した場合) 例)• 9=水 約3,450cc• 炊飯 はじめチョロチョロ、中パッパ、赤子泣いてもフタ取るな!• 浸漬(30分以上)したお米を一度ザルに入れ、水を切ります。 お米を炊飯内釜に入れます。 水を正確に規定量、計量します。 内釜をセットし、お米が水平になるように調整します。 炊飯スイッチを入れます。 また、IH炊飯ジャーによっては「浸し米炊飯」「新米炊飯」などコースを選択して炊飯する物もありますので、ご注意ください。 ガス釜の場合は火力が正常かどうか確認して下さい。 蒸らし 炊き上がり後15分がちょうど良いとされています。 15分以内だと芯の残ったご飯になり、逆にそれ以上だとムラのあるご飯になります。 飯切り 炊き上がり、蒸らし終わったら、しゃもじでよくほぐしましょう。 上手にほぐすには、大きめのしゃもじを使いましょう。 釜とご飯の間にしゃもじを深く差し込み、ご飯にしゃもじで十字に切り込みます。 四方より底から大きく掘り起こすように返します。 ハラハラと空気と混ぜわせるようにほぐしてください。 ご飯の表面を空気に触れさせると、シャキッとした歯ごたえと、なんとも言えぬ「艶」「輝き」が出てきます。 蒸らし・ほぐしを完了してから約20分以内が、一番美味しい食べ時です。 また、電子保温ジャーでの使用期限は4時間以内がベストです。

次の