コッカースパニエル。 アメリカンコッカースパニエルの平均・最高寿命について徹底解説!

アメリカンコッカースパニエルの平均・最高寿命について徹底解説!

コッカースパニエル

アメリカンコッカースパニエルの歴史 アメリカン・コッカースパニエルのようなスパニエル系の犬の歴史は古く、14世紀にはこれらすべての祖先犬と思われる犬の存在が確認されています。 その名の示す通り、スペインを意味する土地に生まれてヨーロッパ各国に持ち出され、猟の用途別に選択交配されていく中で、「スパニエル」の名を持ついろいろな犬種に分かれていったものと推定されています。 アメリカン・コッカースパニエルの祖先であるイングリッシュ・コッカースパニエルも同じように、イギリスに持ち込まれたのが最初とされています。 ランド・スパニエルと呼ばれていたこの猟犬は、のちにイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと、イングリッシュ・コッカースパニエルに分かれます。 「コッカー」の名は鳥のヤマシギを意味し、当時のイギリスでもっとも小さな猟犬として活躍していました。 1620年、メイフラワー号に乗ってイギリスからアメリカへ渡ったという話は、歴史的に大変有名です。 その時、最初の移民が連れていた犬の中に、アメリカンコッカースパニエルの元祖となったがいたと伝えられています。 その後に入ってきたイングリッシュ・コッカーの中から、愛玩犬向きのものが選抜され、アメリカン・コッカースパニエルの土台となりました。 アメリカでは現在も実猟が行われていますが、アメリカン・コッカーは猟犬としてではなく、愛玩犬として改良が続けられました。 その結果、イングリッシュ・コッカーとは異なる顔立ちや被毛の装飾的な美しさが際立つようになり、そのためのトリミングが盛んに行われて、18世紀後半以降は華やかなドッグショーの舞台で活躍することになりました。 1935年、アメリカンケネルクラブでは、イングリッシュ・コッカーとアメリカン・コッカーは別犬種であると決定し、1968年にはついに原産国であるイギリスでも、アメリカン・コッカースパニエルという別犬種として認められました。 また、アメリカではディズニー映画『わんわん物語』では、ブロンドの豊かなロング・ヘアと洗練された容姿のアメリカン・コッカーが主人公となり人気を博しましたが、手入れの大変さが忙しい現代人に合わなくなってきているのか、現在は一時ほどの人気はなくなっているようです。 アメリカンコッカースパニエルの飼い方 アメリカン・コッカースパニエルは体力があり運動が大好きでドッグスポーツなどにも向いています。 太りやすいため毎日、1日1時間程度の散歩を行い、肥満を予防しましょう。 アメリカン・コッカーのカットには足先に向かって毛のボリュームを広げるスタンダードスタイルがあります。 しかし、ドッグショーに出さない家庭犬の場合は短めにカットすることが多いです。 スタンダードスタイルではなくても、ダブルコートで被毛が厚くトップコートが長いため、週に3回以上のブラッシングを行いましょう。 アメリカン・コッカーやイングリッシュ・コッカーには、突発性激怒症候群の個体が時々います。 これは遺伝的な脳の病気ですので、しつけや訓練をきちんとしていても、なってしまいます。 病気なのか、甘やかしによるわがままなのかの区別をつけるためにも、子犬の頃からきちんとしつけや訓練を行いましょう。 アメリカンコッカースパニエルの毛色 アメリカン・コッカースパニエルはブラックの単色、タンのあるブラック、ブラック以外の単色は明るいクリーム、ダークレッドブラウン、タン・ポイントのあるブラウンは認められます。 ブラックもそれ以外も、飾り毛の明るい色調、胸及び喉にみられる少量のホワイトは認められています。 パーティ・カラーは、ホワイトを含む2色以上で構成されています。 ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブラウン&ホワイト及びローンそれぞれの色のタン・ポイントを含みます。 ローンはパーティ・カラーに分類されますが、ホワイトが少なすぎるものは認められません。 ドッグショーに出展する場合は、これ以外にタン・ポイントやタン・マーキングに厳格な決まりがあります。 アメリカンコッカースパニエルの気を付けたい病気 アメリカン・コッカーでは白内障・緑内障とも起こりやすいと言われています。 若いときに発症した場合、10歳前後でどちらかの目が失明してしまうこともあります。 日頃からよく注意して、動物病院で定期的な健診を行いましょう。 発症している場合は進行を遅らせる目薬などの処方を受けられることがあります。 また、アメリカン・コッカーは拡張型心筋症が起こりやすいことでも知られています。 この病気には、L-カルニチンやタウリンの不足が非常に強く関係していると推定されています。 拡張型心筋症を発症した場合、症状の重さで心臓の薬を処方されますが、アメリカン・コッカーの場合はサプリメントの併用なども検討するのが良いでしょう。 垂れ耳の長毛で、外耳炎には非常にかかりやすいとされています。 子犬の頃から、耳を触られても嫌がらないようにしつけをし、こまめにお手入れをしましょう。 アメリカンコッカースパニエルの価格相場 グループサイト、『』における、アメリカンコッカースパニエルの直近1年間の子犬ご成約時の平均価格は約 23万円、最高価格は 37万円、最低価格は 13万円です。

次の

アメリカンコッカースパニエルの年齢別の体重推移と注意点

コッカースパニエル

簡単な歴史・解説 セターやスパニエルの子孫であるコッカー・スパニエルは、今日のスポーティング・ドッグの中でも最も小型の犬。 17世紀までは全てのスパニエルは一緒のグループになっていたが、水中用と陸用とに分けられることになり、その後、陸用の犬は小型犬と大型犬に分けられた。 またこの両種類はさらに分類されて、家庭犬になったり、愛玩犬になったりしていったが、コッカー・スパニエルは、スポーティング・ドッグにとどまった。 1970年から1880年にアメリカに紹介され、日本では1955年ごろから知られるようになり、後に、ディズニー映画『わんわん物語』の主人公になったことで、一躍世界中に知られるようになった。 特 徴 猟犬の中では最も小型で可愛い犬。 短くしっかりした胴体は胸深があり、背中は肩甲部より腰にかけてまっすぐに傾斜している。 頭部には明瞭なストップがあり、広い。 口吻は四角ばっていて、長く垂れ下がった耳は低い位置について、尾は断尾する。 絹状のコートはまっすぐか、ややウェーブしている。 耳のコートは豊富で、胸、腹部、四肢にもふさふさとしたコートがある。 毛 色 ブラック・ブラック以外の単色・2色以上の毛が混ざるパーティカラー・単色の場合は胸の小さな白斑以外の白はショーでは許されない。 お手入れ コートのお手入れは週に2回、45分ほど行う。 頭部や顎の周囲、肩などはいつもきれいにカットしてコートを整えておく必要がある。 性 格 明るく、愛情こまやかでおとなしい。 友好的で子供たちともよく遊ぶ。 大胆でいきいきしているが、注意力もあり、覚えも早いのでしつけしやすい。 ただし、1回でも恐ろしい思いをすると注意力が劣ってしまう。 また仔犬のころ、過保護にするとわがままになり、うるさく不健康な犬になるので注意したい。 しつけは毎日行うようにする。 運 動 スパニエルは都会でもよく適応できるが、運動は十分にさせて、肥満にならないように注意しなければならない。

次の

毛色の種類が豊富!イングリッシュコッカースパニエルの性格や飼い方は?

コッカースパニエル

アメリカンコッカースパニエルは、長い被毛がエレガントで大きな垂れ耳の愛らしい見た目をしており、飼ってみたいと思う方も多いのではないでしょうか。 また、もし飼うとなった場合やすでに飼っている場合はアメリカンコッカースパニエルの寿命やかかりやすい病気などが気になると思います。 そこでここでは、• アメリカンコッカースパニエルの平均寿命や最高寿命• アメリカンコッカースパニエルの病気と治療法• アメリカンコッカースパニエルの長生きの3つのコツ• アメリカンコッカースパニエルにペット保険は必要? についてご紹介します。 この記事をお読みいただければ、アメリカンコッカースパニエルの寿命や長生きするためのコツについて分かります。 ぜひ、最後までお読みください。 アメリカンコッカースパニエルの白内障は、遺伝的要因が強いと言われています。 犬の白内障は、• 症状:視力の低下・失明• 治療法:点眼・内服薬、手術• 治療費:30万円程(手術の場合)• 予防法:特になし となります。 有効な治療法などはあまり無く、 点眼や内服薬などで病気の進行を遅らせるのが主な治療法になります。 若くして失明してしまった場合、目に人工のレンズを入れる手術を行う場合もあるようです。 次に緑内障です。 緑内障は眼球の眼圧が上がることで網膜や視神経が圧迫される病気です。 犬の緑内障は、• 症状:眼球突出、視野狭窄、失明• 治療法:投薬、手術• 治療費:7,000円程• 予防法:になし となります。 緑内障は 早期発見すれば目薬などで 治療を行うことができますが、末期の状態だと視力が回復することはなくなってしまいます。 目が大きく見える、目を痛そうにしている、などの症状がみられたら、早めに動物病院を受診するようにしてください。 アメリカンコッカースパニエルは食べることが大好きな子が多いようです。 そのため、飼い主さんもついご飯の量を増やしてしまい、 肥満へと繋がってしまいます。 肥満になってしまうと、先ほどご紹介した膝蓋骨脱臼などの病気にもかかりやすくなってしまいます。 アメリカンコッカースパニエルがシニア期に入り、運動量が落ちてきたと感じたら、 シニア用のドッグフードに切り替えることも肥満予防の為におすすめです。 運動量が落ちると太りやすくなり、そのまま同じフードを食べていると 肥満になってしまいます。 そうならないためにも低脂肪なシニア用のフードに切り替えましょう。 また、 人の食べ物を与えることは避けるようにしましょう。 自分たちが食べている姿を横でじっと見られると、ついあげたくなってしまう気持ちも分かります。 しかし、人間の食べ物は犬にとっては 塩分や 脂肪分が高く、犬の体には合いません。 さらに、犬が口にしてしまうと大変なことになってしまう食材も多くあります。 特に 玉ねぎ、 チョコレート、 ブドウは与えてはいけないものの代表です。 アメリカンコッカースパニエル特徴でもある愛らしい大きな垂れ耳です。 見た目はとても可愛らしいのですが、垂れ耳は 通気性が悪く、細菌が繁殖しやすいため、外耳炎などの 耳の病気にかかりやすくなります。 そうならないためにも日々のお手入れが重要になります。 まずは、毎日耳の チェックをしてあげましょう。 汚れていたらその都度ガーゼなどの乾いた布で優しく拭いてあげてください。 耳掃除は週1回ほどを目安に、イヤークリーナーを使って掃除してあげるようにしましょう。 また、 耳の中の毛を減らしてあげるのも耳の通気性が良くなるためおすすめです。 自分で耳の毛をカットしてあげたり、抜いてあげられればいいのですが、難しいようでしたらトリミングの際にトリマーさんにお願いしてみて下さい。 アメリカンコッカースパニエルの大きな垂れ耳は、食事や水を飲むときにお皿の中に入ってしまう事も多いようです。 お皿の中に入ってしまうと、耳も汚れてしまいますし、衛生的に良くありません。 それを防ぐために「 耳バンド」というものがあるそうです。 耳バンドを使って、可愛らしい垂れ耳が汚れてしまうのを防ぐのも、耳の病気予防の効果が期待できるかもしれません。 アメリカンコッカースパニエルが病気をせずに健康に過ごしてくれるのが一番ですが、かかりやすい病気はいくつかあります。 通院程度で済めばいいのですが、病気の中には手術が必要なものもあります。 手術と聞くと、不安なのが 治療費ではないでしょうか? ペットの治療費は飼い主さんが想像しているよりも 高額になってしまう事もあります。 その高額な手術でいざというときのためにおすすめするのがペット保険です。 また、ペット保険料は 犬の大きさによって保険料が変わります。 アメリカンコッカースパニエルの分類は、大手ペット保険会社の楽天やアイペットでは 中型犬に、アニコムではA~Eに分類されるうちの Eに分類されています。 ここでは、保険料の一例をご紹介します。 年齢 年間保険料 0歳 32,640円 1歳 32,080円 2歳 31,520円 3歳 29,800円 4歳 31,370円 5歳 35,650円 6歳 40,460円 7歳 45,650円 8歳 49,950円 9歳 54,130円 10歳 58,140円 こちらの保険は通院・入院・手術を補償してくれる、フルカバータイプのペット保険になります。 また、保険料が家計の負担になってしまうためペット保険への加入を躊躇している方もいると思います。 確かに、 フルカバータイプの保険は 保険料が高くなってしまいますが、ペット保険は種類が豊富で、フルカバータイプのもの以外にも手術だけを補償するタイプや手術と入院を補償するタイプなどの 手術特化型のペット保険もあります。 このような手術特化型ペット保険は、保険料が 抑えられているのが最大の特徴です。 いざというときに保険で手術費用だけでも補償してもらえると、飼い主さんの負担もかなり減るのではないでしょうか。 また、ペット保険には「 賠償責任特約」を付帯することができます。 これは飼っている犬が人を噛んで傷つけてしまった場合や、物を壊してしまったときに補償をしてくれる保険になります。 アメリカンコッカースパニエル人懐っこい犬種ですが、中型犬のため噛む力やリードをひく力などはそこそこ強くなります。 そのような時のために、「賠償責任特約」を付帯することおすすめします。 ここではアメリカンコッカースパニエルの寿命についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 この記事のポイントは、• アメリカンコッカースパニエルの平均寿命は12~15歳、最高寿命は19歳• かかりやすい病気:白内障・緑内障、外耳炎、膝蓋骨脱臼• 長生きするコツ:食事管理、耳のケア、ストレスのない飼育環境• アメリカンコッカースパニエルのペット保険 になります。 この記事を参考に、アメリカンコッカースパニエルと楽しい生活を過ごしてください。 また、もしもの時に備えて、ペット保険への加入も検討することをおすすめします。 ペットショップなどでペット保険への加入を勧められることがあるかもしれませんが、安易なペット保険への加入は避けるようにしてください。 ペット保険の種類によっては、アメリカンコッカースパニエルのかかりやすい膝蓋骨脱臼が補償対象外となっている場合もあります。 そのため、ペット保険を決めるときは、ご自身でしっかりと補償内容を検討してから決めるようにしましょう。 ほけんROOMでは他にもペット保険に関する記事を掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

次の