オーストラリアドル レート 予想。 オーストラリアドル(豪)推移グラフや過去10年の為替レート・予想

【今後のドル円レート考察】2050年まで円安、円高どっちに向かうでしょうか。

オーストラリアドル レート 予想

豪ドル/円の為替相場は、国外要因の影響を受ける場面も予想されるものの、再評価される可能性があるものと考えられます。 オーストラリアでは、実質GDP成長率が2019年2. 政策金利は2019年7月に2ヵ月連続となる利下げにより過去最低の1. 市場では2019年末までにあと1回の追加利下げが予想されていますが、現状の豪ドル相場には概ね織り込まれていると考えられます。 豪州準備銀行(RBA)は2019年7月に、2ヵ月連続となる0. 25%の利下げを決定しました(政策金利は過去最低の1. 00%へ引き下げ)。 RBA総裁は先行きの金融政策に関して、労働市場の動向を注視しながら、景気支援のために追加利下げを実施する可能性にも含みを持たせました。 2019年7月2日時点の先物市場が織り込む2019年末の政策金利予想では、もう1回の利下げが実施される確率が38. 3%とメインシナリオとして見込まれています。 RBAの利下げ決定当日の豪ドル相場の反応は、概ね横ばいでの推移となりました。 利下げ決定は大方の市場参加者の予想通りの結果であったことから、実際のRBAの利下げ決定は豪ドル相場にとっての悪材料とは捉えられていない模様です。 むしろ、RBAの利下げ決定によって豪州の金融政策を巡る不透明感が払しょくされ、金融緩和による先行きの景気下支え効果への注目が高まれば、豪ドル相場の見直しに繋がる可能性があると考えられます。 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 概要 所得税減税 主に低・中所得層を対象に、今後10年間で総額1,580億豪ドル規模の追加の所得税減税を実施。 現在4段階(19%、32. 5%、37%、45%)の所得税率を2024年度には3段階(19%、30%、45%)へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 中小企業 向け減税 即時減価償却額の上限を2. 5万豪ドルから3万豪ドルへ引き上げ。 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業の法人税率を、現行27. 5%から2021年度に25%へ引き下げ(当初計画を5年前倒し)。 インフラ 投資 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから1,000億豪ドルへ引き上げ。 メルボルン〜ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 (出所)レッグ・メイソン・アセットマネジメント提供データをもとに新生銀行作成 オーストラリア政府予算案の主な政策概要 政策 所得税減税 概要 主に低・中所得層を対象に、今後10年間で総額1,580億豪ドル規模の追加の所得税減税を実施。 現在4段階(19%、32. 5%、37%、45%)の所得税率を2024年度には3段階(19%、30%、45%)へ簡素化し、所得税率の引き下げを図る。 政策 中小企業向け減税 概要 即時減価償却額の上限を2. 5万豪ドルから3万豪ドルへ引き上げ。 年間売上高5,000万豪ドル未満の中小企業の法人税率を、現行27. 5%から2021年度に25%へ引き下げ(当初計画を5年前倒し)。 政策 インフラ投資 概要 今後10年間のインフラ開発への拠出額を従来計画の750億豪ドルから1,000億豪ドルへ引き上げ。 メルボルン〜ジーロング間の高速鉄道に20億豪ドルを拠出。 都市混雑の解消のためのインフラ基金への拠出を10億豪ドルから40億豪ドルへ増額。 輸送ルート改善のため道路建設への拠出を35億豪ドルから45億豪ドルへ引き上げ。 (出所)レッグ・メイソン・アセットマネジメント提供データをもとに新生銀行作成 「財政引き締め」 2008年のリーマン・ショックで国内経済が急激に悪化したため、オーストラリア政府はそれまでの良好な財務体質を活かして、巨額の財政出動を伴う景気対策を実施しました。 その効果もあり、徐々にオーストラリア景気が回復に向かいはじめたことでオーストラリア政府は、財政の改善に転換する方針を打ち出しています。 「新興国経済の落ち込み」 オーストラリア経済は中国向けの輸出に代表されるように、資源や農産品の輸出において、新興国の景気動向に影響を受けやすいといえます。 そのため、政治が不安定だったり、財政や金融政策が未熟な一部の新興国の政治手腕にオーストラリアの景気が大きな影響を受ける可能性もあります。 「一段の利下げ懸念」 オーストラリア政府は、前述のように財政の改善を優先する方針を示しています。 そのため、財政の引き締めや、新興国経済の落ち込みなどで、今後再びオーストラリアの景気が悪化した場合は、景気のテコ入れ策は「金融緩和」が主な手段となると考えられ、オーストラリアの金利が一段と低下する可能性があり、金利低下は豪ドル安要因となります。 「資源価格の下落」「世界的な天候不安」 資源国であるオーストラリアにおいては、2000年以降、資源価格の上昇を追い風に海外投資家や事業会社が鉱山などの資源開発に積極的に投資を行ってきました。 その資源開発投資がオーストラリアの雇用の一部を担い、さらに投資や消費を促すなど経済発展に大きく貢献してきました。 そのため資源価格の下落は、輸出の減少のみならず、資源開発投資の減少につながり、オーストラリア経済に大きな影響を与える可能性があります。 また近年の世界的に不安定な気候の影響で、オーストラリアでも大規模なかんばつや洪水被害を引き起こし、農作物の生産にも多大な被害が及ぶなど、近年の異常気象の多発はオーストラリア、豪ドルへの投資のリスク要因となりつつあります。 この資料に述べられている見通しは、レッグ・メイソン・アセット・マネジメント株式会社が提供するマーケット情報であり、弊行の売買・ポジション等に関する方針等を示すものではありません。 この資料は公に入手可能な情報・データに基づくものですが、弊行がその正確性・完全性を保証するものではなく、その内容を随時変更することがあります。 この資料に述べられている見通しは実際の市場動向とは異なる可能性があり、今後の推移を弊行ならびに執筆者が約束するものではありません。 金融商品取引を検討される場合には、別途当該金融商品の資料を良くお読みいただき、充分にご理解されたうえで、ご自身の判断と責任においてお取引をなさるようお願いいたします。 金融商品によっては、金利水準、為替相場、株式相場等の金融商品市場における相場その他の指標にかかる変動により、お客さまに損失が生じることがあり、またこの損失がお客さまからご提供いただいた証拠金・担保(もしあれば)の額を上回るおそれがあります。

次の

豪ドル/円の為替見通しは?今後オーストラリアの金利はどうなる?

オーストラリアドル レート 予想

今週後半は、クロス円に関しては、円がやや買われて少し円高方向に振れましたね。 為替は、全体的には円高ドル高って感じだったので先週の後半とは、全く違った動きになりました。 さぁ、明日は、ヴィクトリアマイルがあります。 普段競馬はしないけどG1くらいはするよって方、良かったら私の競馬予想チャンネルも見てください。 ドル円・ユーロドル・豪ドル円の順で為替予想を書いていきますのでよろしくお願いします。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 ドル円始値:107. 214円 ドル円高値:107. 434 投稿時点 ドル円安値:106. 858円 投稿時点 ドル円終値:107. 167円 投稿時点 トレンド:下降トレンド レート:107. 167~107. 169 RSI:49. 02 来週の為替見通し:今現在の日足を見ると、 下降トレンドですかね。 RSIは49. 02と日足レベルでは売りが少し弱まりました。 でドル円に関しては、「下向きのトレンドラインも超えてきましたし短期移動平均線にも支えられていますので、引き続き、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、106. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 」と書きましたので、ドル円に関しては、動き無しですね。 今後のドル円ですが、下向きのトレンドラインは上に抜けてきていますし106. 000円がしっかり支持線になっていますので、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、106. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 引き続き、反発が始まったのか見極めたいと思います。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 ユーロドル始値:1. 08009ドル ユーロドル高値:1. 08502ドル 投稿時点 ユーロドル安値:1. 07888ドル 投稿時点 ユーロドル終値:1. 08182ドル 投稿時点 トレンド:レンジ相場 レート:1. 08182~1. 08186 RSI:49. 28 来週の為替見通し:今現在の日足は、 レンジ相場ですね。 RSIは49. 28と売りが少し強まってきました。 で、ユーロドルに関しては、「せまいレンジ相場にやはり入ったかなって思います。 08000ドルが支持線になっているように見えますので、引き続き、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 08000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切りでいきたいと思います。 」と書きましたのでこちらは、トレード的にはやや失敗でしたね。 今後のユーロドルですが、1. 08000ドルが支持線になっていますが売り圧力が強く割ったら下への加速が速まりそうなのでここは、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 09000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 尚、チャートは投稿時点ではなく最新のチャートです。 日足 豪ドル円始値:69. 226円 豪ドル円高値:69. 532円 投稿時点 豪ドル円安値:68. 677円 投稿時点 豪ドル円終値:68. 754円 投稿時点 トレンド:上昇トレンド レート:68. 754~68. 761 RSI:45. 31 来週の為替見通し:今現在の日足は、 上昇トレンドですね。 RSIは45. 31と日足レベルでは売りが強まってきました。 豪ドルに関しては、で、「70. 000円がかなり強めの抵抗線になってしまって厄介ですね。 心理的な節目でもあるので余計に厄介です。 いったん、ここは素直に跳ね返されると見て、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、70. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 」と書きましたので、こちらは、トレード的には成功でしたね。 今後の豪ドル円ですが、70. 000円の壁が厚くじわじわと押し戻されています。 短期移動平均線も割り込んでいますので、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、70. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切りでいきたいと思います。 来週の見通しのまとめ ドル円に関しては、下向きのトレンドラインは上に抜けてきていますし106. 000円がしっかり支持線になっていますので、ロングポジション 買いポジション を推奨したいと思います。 ただし、106. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 割ってきたら損切り。 ユーロドルに関しては、1. 08000ドルが支持線になっていますが売り圧力が強く割ったら下への加速が速まりそうなのでここは、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、1. 09000ドルを明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切り。 豪ドル円に関しては、70. 000円の壁が厚くじわじわと押し戻されています。 短期移動平均線も割り込んでいますので、ショートポジション 売りポジション を推奨したいと思います。 ただし、70. 000円を明確に 日単位のクローズ時点で 超えてきたら損切り。 あくまで為替予想ですので来週、急激に為替変動し見通しと大きく異なる可能性は大いにあります。 以上、来週の為替予想でした。 投資はすべて 自己責任でお願いします。 当ブログのプライバシーポリシーの免責事項にも書いておりますが当ブログに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。 スポンサーリンク - 【いままでの投資経験】 某大手インターネット銀行の外貨預金システムの構築に携わったのがきっかけで投資を始めました。 数年携わったのでそこらへんの銀行員より詳しいかもしれません笑 2008年のリーマンショックや2010年のギリシャショックを投資経験が浅い頃に経験しているので結構、大怪我をしています。 なので、かなり慎重派な投資スタイルです。 2012年のスペイン危機のときもかなりの円高になり当時はかなりのレバレッジをかけていたので本当にこのときも大怪我をしました。 正直、投資をもう止めようと思いました。 2013年のアベノミクスの時はそんないろいろな下落を経験しているので、こんな株高は長く続かない、円安も続かないと逆張りしてまた失敗しました笑 そんなこんなで投資歴は15年ほどになります。 今は、ある程度、急落、急上昇しても大丈夫なようにあまり無理をしないトレードを心がけています。 やはり、元本を失ってしまっては投資は終わりだからです。 なので、プロフィールにも書いていますが負けない事をモットーにトレードしています。 専門分野は、ドル円・ユーロドル・豪ドル円・日本株です。 日本株は特に中小型株が中心です。 大型株はあまりトレードしません。 非常に地味な損益ですが、兼業の方や中長期トレードの方に参考になる記事を書いていけたらなって思っています。 宜しければ、投資のご参考になさって下さい。 いつも当サイトを見てくださって有難うございます。 いろんな方に当サイトを薦めていただけたら幸いです。 YOUTUBEで競馬予想チャンネルもやっています。 もし宜しければ、チャンネル登録、なにとぞ、よろしくお願いします。

次の

【2020年】豪ドルの見通しを投資家が図解説!長期的な値動きの予想に役立つ6つの要因とは?

オーストラリアドル レート 予想

【2019年11月〜2020年2月】豪ドルの値動き まずは 2019年11月〜2020年2月現在の豪ドルの値動きを解説しますね! 『なぜ豪ドルが上昇したのか?』『なぜ下落したのか?』の原因がわかるようになれば、急に為替が上昇したり下落したりしても焦って行動しなくて済むので、必ず読み込んでおきましょう! 2019年11月:政策金利の据え置きで上昇 2020年3月5日、豪州では 政策金利が 0. 50% に据え置かれ、さらに11月7日には米中が互いに掛け合っていた関税を段階的に引き下げていくことの合意が決まったこともあり、 75円台に上昇しました。 しかし11月8日には 2019年の実質GDP見通しが下方修正され、 雇用者数も市場の予測を下回ったこともあり、『追加利下げが実施されるのでは?』との懸念から、下落に転じました。 2019年12月:米中通称協議の問題収束の期待が高まり上昇 2019年12月3日、 政策金利が据え置きになり利下げ実施に対する懸念が交代したことや、 米中通商協議が問題収束に向けて動いていることがわかり、投資家心理も安定したことで 76円台に上昇しました。 2020年1月: イラン革命防衛隊司令官を殺害し下落 しかし2020年1月になると 米軍がイラン革命防衛隊司令官を殺害したことで『全面戦争になるのでは?』との懸念から リスク回避の動きが強まり、豪ドルは74円台に下落。 8日には中東情勢の緊張緩和と、米中通商協議の第一段階が合意したことを受けて75円台に回復するも、 豪州の森林火災の延長と、 コロナウイルス拡大によって再度下落しました。 2020年2月:森林火災の鎮火で堅調さを取り戻す しかし2020年2月12日には 森林火災が30年振りの豪雨で鎮火 したことや、 金利据え置きなどもあって豪ドルは堅調さを取り戻し 73円台を推移しております。 豪ドルの2020年以降の見通しは明るい理由5つ 各金融機関レポートを読み解くと、豪ドルへの投資は、 長期的な目線に立つと見通しが明るいと考えられます。 そのため以下で 豪ドル見通しが明るい理由5つを解説しますね。 70円台は割安だから• RBAが2021年は見通しが明るいと主張しているから• RBAが個人消費の回復楽観的な見方を示してるから• 財政改善の余地が大きいから• 野村證券の豪ドル見通し 明るい理由1:70円台は割安だから 上の画像が、 2005年〜2020年2月27日の豪ドルの値動きをグラフにしたものです! 2020年2月27日現在、豪ドルは72円代ですが、上の画像をみたらわかる通り、 『72円代を下回ったタイミングは過去に2回しかないこと』がお分かりいただけたと思います。 豪ドルへ安定的な割に高金利通貨だったため人気がありましたが、景気の下支えのために 度重なる利下げとコロナウイルスや米中貿易摩擦などもあってここまで下落しました。 個人的には72円代は非常に安く、 1〜3年の長期的な視点で見ると豪ドルはゆるやかに上昇していくと考えています。 明るい理由2:RBAが2021年は見通しが明るいと主張しているから 2月7日、豪州準備銀行(RBA)は 「四半期金融政策報告」の中で最新の経済見通しを発表。 2020年の前半は、 コロナウイルス拡大や森林火災の影響で短期的な豪州の実質GDP成長率の見通しを下方修正しました(図1)。 しかしRBAは、上記の内容による影響は一時的だと考えており、2020年後半ごろには森林火災からの復興需要などが景気を押し上げ、 景気回復につながると予測を立てています。 明るい理由3:RBAが個人消費の回復楽観的な見方を示してるから RBAがここまで景気回復の見通しを立てられる背景には、 豪州の個人消費の先行きが明るいからです。 下の画像を見てください 上記のようにRBAの景気回復見通しを支える背景には、 個人消費の先行きに対するRBAの楽観的な見方があります。 2019年の後半頃から少しずつ豪州の住宅価格は上昇しており、 豪州の雇用環境も改善されてきており賃金上昇にも繋がっています。 そのおかげで家計消費(個人消費)も上昇傾向になっており、 2021年以降は緩やかに回復していくと考えているそうですね。 このような好材料があることでRBAも強気の姿勢を崩さないのかもしれません。 明るい理由4:財政改善の余地が大きいから 上の画像は、豪州政府の財政収支の実績と計画を表したものです。 2019年度(2019年7月~2020年6月)の財政収支は 50. 3億豪ドルの黒字に転じると見込まれています。 (図4) しかし2020年1月には、モリソン首相は財政黒字化よりも、 森林火災の問題収束に力を入れることを発表したのです。 つまり2020年後半にかけて、モリソン首相は少しずつ財政の方にも力を入れていくと思うので、 今後の改善余地が非常に大きいため豪ドル買いの需要は大きくなると考えています。 明るい理由5:野村證券の豪ドル見通し 2020年3月以降、累計0. 50%ポイントの利下げにより、豪州の政策金利は過去最低水準にあります。 森林火災や新型肺炎の影響で景気下振れが予想される中、追加利下げ観測が高まれば、豪ドルは上値を重くするとみられます。 他方、年後半に景気回復期待が高まれば、金利先安観の後退とともに、豪ドルは底堅さを増すと見られます。 0~78. 0円と予想します。 引用元: 最後の一文に注目して欲しいです。 野村證券の予想だと2020年は71〜78円と予想していますが、 現在は72円です。 それだけ今後の伸び代があると考えられますよ。 もちろん予想なので外れる可能性がありますが、その間は金利を積み立てることができますよね。 そのため金利をコツコツ積み上げつつ、 大幅な急落にも耐えられるレバレッジの範囲内で取引して為替差益を狙いながら豪ドル投資するのがオススメです! 【2020年】豪ドル投資する際の注意点3つ 上記では豪ドル見通しが長期的な視点で明るいことを解説しました。 とはいえ 豪ドル投資するなら絶対に押さえておくべき注意点もあるので、以下で理解度を深めておきましょうね!• 大規模森林火災の影響• 2020年4月に追加仕上げの可能性あり• コロナウイルスの悪影響 注意点1:大規模森林火災の影響 オーストラリア南東部での大規模森林火災は、特に、農業生産量や観光収入面への打撃を通じて、経済的損失につながっているものの、 被害規模がどの程度なのか、明らかになっていません。 この先、状況に落ち着きがみられ、復興支援が開始されるようであれば、 財政・金融両面での支援が実施されるものと見込まれ ます。 注意点2:2020年4月に追加利下げの可能性あり RBAは今後の金融政策に関して、「必要があれば追加緩和の用意がある」と 追加利下げの可能性があることも市場に示しています。 次のRBAの利下げタイミングは、恐らくですが 4月7日の理事会になる可能性が高いので、 4月7日の理事会内容は必ずニュースでチェックするようにしましょうね! やはり『森林火災の問題収束や、コロナウイルス拡大が引き起こす経済後退が豪州経済にどのような影響を与えるのか?』が焦点になりそうですね。 注意点3:コロナウイルスの悪影響 上の画像を見たら分かりますが、中国で発生した新型コロナウイルスの 中国国内での 感染者数は17,205人(2月2日時点)に達しております。 これは2003年に発生したSARSを上回るペースであるため、 WHO(世界保健機関)は緊急事態宣言をしたわけですね。 それに伴い、現在は市場が混乱しておりますが、SARSの経験では金融市場への影響は限定的だったため、2020年後半にかけて緩やかに回復する見通しだそうです。 2020年2月現在だと、中国および各国政府による活動によって コロナウイルス抑制の動きが加速しているので、 経済ダメージが限定的になることが確認されれば、豪ドルも次第に回復傾向になると思います。 『既に豪ドルを保有している方、投資を検討している方』へのアドバイス 豪ドルは安定している通貨ですが、 短期的な投資には向きません。 あなたが豪ドルに投資するのがオススメかどうか、以下の4パターンに分けてアドバイスをさせていただきます。 余剰資金は『無くなっても生活や将来に影響が出ない資金」のことですよ。 パターン1:すでに豪ドル投資し、投資資金は余剰資金ではない人 2018年12月の急落で大損をしているはずです。 ロスカットになっていない場合は、 貴重な資金のため損切りもできない状況かと思います。 このパターンは 『投資金額と同じ水準にレートが戻ったら』売却をオススメします。 生活費などで投資している場合は、投資で損した分を補うため借金をし、 借金地獄におちいる可能性が高くなります。 豪ドルは短期的には下落する可能性が高いので、損が許容できる範囲なら一旦決済してしまうのも 余剰資金ができてから再投資するのがオススメです。 パターン2:豪ドル投資を検討し、投資資金は余剰資金でない人 投資は絶対にやめましょう!そもそも余剰資金がないのに投資をする事が間違いです。 余剰資金でない場合、どうしても 精神的な余裕が無くなり正常な投資ができなく、ほとんどのトレーダーが大損をします。 パターン3:すでに豪ドル投資し、投資資金も余剰資金である人 豪ドルの購入時期にもよりますが、大きな損失を抱えているはずです。 そのまま長期保有をして 『購入時のレートに相場が戻るか、スワップ収入も含めて損益0円以上』になるのを待つのが得策です。 豪ドルはレンジ相場が基本なので、 長期的に見れば購入時の価格に戻る可能性は高いです。 パターン4:豪ドル投資を検討し、投資資金は余剰資金である人 短期的には売りを推奨しますが、 段階的に買いを入れてもOKです。 ただし、一気に大量の買いを入れるのではなく、 分散して買いを入れることをオススメします。 短期的には豪ドルが下落する可能性が高く(68〜70円台)分散して買うことにより、 購入価格からの下落により損失リスクを分散(平均化)できるからです。 豪ドル投資におすすめのFX会社 上記では豪ドルの見通しは投資タイミングを開設しましたが、最も重要なのは 豪ドル投資に適したFX会社を選ぶことです! なぜなら各FX会社によって、 受け取れるスワップポイントが異なるから。 以下では『スワップポイントとは何か?』『なぜスワップポイントが重要なのか?』『スワップポイントが高いFX会社』を順番に解説していきますね! スワップポイントとは何か? スワップポイント(金利差調整分)とは、 2カ国の金利差から得られる利益のことを指します。 たとえば低金利通貨の日本円を売って、高金利通貨の豪ドルを買うと、その 金利差の差額を利益として『毎日』受け取れます。 豪ドルに投資するならスワップポイントが重要です スワップポイントが高ければ高いほどに、 毎日積み上がっていく金利(利息)も大きくなっていきます。 そもそも豪ドルは『値動きが安定していることに加えて、金利が高い』というポイントが魅力なので、 スワップポイントが高いFX会社を選ぶべきですよね。 具体例:豪ドルのスワップポイント=30円の場合 たとえば1万通貨を6ヶ月間保有し、スワップポイントが30円の場合は、 6ヶ月間で5,400円の利息が積み上がります。 1年間持っていれば10,800円、3年間なら32,400円です。 ・スワップポイント実績は『2019年1月〜情報取得日の前月末まで』の累計額になります。

次の