ウィラー リボーン。 RE:BORN (映画)

座った瞬間にリラックス!ウィラーエクスプレス新シート「ReBorn」がスゴイ

ウィラー リボーン

スポンサーリンク ウィラー高速バス「リボーン」 お安くゲットに、水曜セール さらに、価格も気になりますよね。 バスは曜日によって価格が変動するので、東京大阪間が、月~木曜日は、10800円、金曜日が一番高くて、新幹線と同等価格ぐらいです。 ウィラーでは、水曜日に、バスのセールが発売されます。 9月5日水曜日に ラインにお知らせが来て、ふと見ると、リボーンのセールが出ている。 もちろん、金~日はありませんが、10月の他の日はあります。 この時、10月4日(木)に大阪に夜バスで移動する予定でした。 なんと6900円です。 速攻、予約しました。 席が少ないですから、即決しないと、なくなります。 「あのバスに乗れる!!」というので、出発日が近づくにつれワクワク。 さらに、出発時間が新宿24時10分というのも嬉しい。 ここまで遅い時間だと、その日が1日十分使えるんですよね。 だから、仕事で使う場合にも便利。 翌朝は、大阪梅田に8時45分着予定ですから、朝10時からの会議のための出張なら、十分間に合います。 ただし、バスは時間通りではないことがある。 私が乗った日は、東名で工事をしていたので迂回し、50分程到着が遅れました。 でも、乗り心地がいいので、全く問題ありません。 東京大阪間だと、朝早く着きすぎるのが、不便なぐらいですから。 ウィラー高速バス「リボーン」 座って快適な機能 8列しかないということからわかるように、前後の間隔がゆったりしています。 さらに、このシェル構造が、座って中にはいると、とっても心地いいのです。 リボーン シェルの中 向かって右側 また、中にスタンドがある。 これが、夜行バスにとっては、とても便利なのです。 夜行バスは寝るのが目的ですから、バスの電気が消灯すると暗いです。 もちろん、それでいいのですが、バスに乗って落ち着くまで、したい事、ありますよね。 でも遅い時間のバスだと、すぐに消灯になるので、それができないのです。 リボーンの座り心地の良さだと、ちょっとこの空間を楽しみたくなります。 だから、このスタンドをつけて、お茶を飲んだり、友達に「すごい高機能バスだよ!」とかラインを送ったりして、楽しみました。 雑誌でも読みたいような気分になりますが、バスが動きだすと、振動で眠くなるのですね。 遅い時間ですし。 リボーン 156度倒した時 まさに、その通り!なんの不足もございません。 頭もグラグラしないので、新幹線より快適です。 また、『従来の高速バスに比べ、車内で発生する音を軽減しています。 さらに車内の明るさにもこだわり、就寝時には最適な明るさへと徐々に調整していきます。 月明りの中のような心地よい環境で上質な眠りを生み出します。 』 また、足先が入る空間があり、この下に靴入れがあります。 さらにm椅子の背中の説明文があるところが、こんなふうに、しっかりとした机として倒せます、PCも置けます。 仕事の確認ぐらいならできますよね。 ウィラー高速バス「リボーン」 まとめ ウィラーのバスはピンクのものが多いですが、リボーンは、こんなシックなバスです。 出張に使う男の人とか、大人を意識してでしょうか? 夜行バスのメリットとして、「時間を有効に使う」ということがあります。 価格が安くても、ゆっくり休めなければ、翌日の時間の質が悪くなります。 リボーンは、快適な空間で、十分リラックスし、移動時間を有効に活用することができます。 できれば、水曜セールや快適シートキャンペーンを利用できると、いいですね。 ファンになること間違いなしの、夜行バスです。

次の

豪華夜行バス「コクーン」販売終了へ 2列シート全廃、3列を強化するウィラーの事情

ウィラー リボーン

車内の写真を一目見れば、「何これ!?」となるのではないでしょうか。 2017年2月に運行を開始した、高級タイプの高速バスシート「ReBorn リボーン 」。 これまで様々な独自の高速バスシートを開発してきた、WILLER EXPRESSの新作です。 WILLERのシートシリーズの中でも、かなり独特なこのシート。 高速バスファンとして気になる存在です。 どんな意図で作られたのか。 どんな人が乗っていて、どんな反響なのか。 写真もたくさん撮ってきましたので、次のご旅行で乗るか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 2列シートで1席ずつがブースのように分かれていて、かなりインパクトがありました。 「コクーン」は、一人当たりの面積はとても広いシートです。 ただ、横幅が普通程度 47cm。 ブース型になって区切られていることで、男性からは「足元がつっかえてしまう」との声もありました。 私 身長158cm・女性 としては快適なのですが。 つま先の向こうにあまりスペースは無い。 つま先からまだ十分なスペースがある 今回、新たなシートを開発するにあたっては、男性が乗っても快適であることを意識しました。 同時に、高級シートタイプだからとそのまま料金に跳ね返らないようにしたかったんです。 それには、ある程度、定員数が多くないといけません。 一人当たりの空間を確保しつつ、できるだけ多くの方にご利用いただけるレイアウトは実現できないか。 また一般的なバスだと、縦10~11列ですから、かなり前後間隔が広いとわかります。 こちらは、定員24名、前後の座席間隔は117cmでした。 「リボーン」は縦の列を減らし、158cm。 一人当たりの面積も、前後の広さも大きく異なります。 また、レッグレスト 下脚部置き ・フットレスト 足置き がひとつなぎになっています。 従来のシートだと、フットレストに足が届かず、足首以下が下がってしまい、翌朝むくみが……という方もいらっしゃいました。 これを解消した形です。 さらに、一席ずつが独立したシェル型ですので、リクライニングをしても自分のシェルの中でスライドします。 そうなんです。 リクライニングシート・レッグレスト・フットレストとひとつなぎになって、かなりフラットな、寝ている状態に近い座り心地が実現できました。 その中で、高速バスの設備としてはメジャーな部類のトイレが無し、というのはやや意外にも思えました。 【4】あえてトイレを設置しない理由 リボーン発表時にも「トイレないんですね」と言われることはありましたね、やはり。 その意図は。 意図としては、大きく2点。 一つは、かつて「バスのトイレ」というと、においが気になる、という声がありました。 清潔なイメージが低く、女性は敬遠する人も。 また、乗車時間の長さにあわせて1~2回のトイレ休憩を設定しているため、車内トイレの利用機会がそもそも少ないんです。 あとは、トイレ設置に伴い席数が減る、というのもネックですね。 もちろん無いよりはあったほうがいいのですが、一人当たりの乗車代金が数百円あがってしまいます。 それは望まない、というお客さまも多い。 席数に影響しにくい二階建て車両はつけているのですが。 ただ、やはりニーズはあります。 意外と男性からのご希望が多いんですよ。 開発会議では、「トイレをつけたほうがいいのか。 つけるとしたらどんなシート 車両 にか」という議論はしています。 高速バスユーザーであれば、WILLER EXPRESS=ピンクのバス、で知られています。 けれど今回、外観にまったくピンクが入っておらず、驚きました。 ただ、今回はいつもとちょっと違う。 特別なシートであることを伝えたかった。 そこで思い切って、「ピンクじゃないWILLER EXPRESS」の車体となっています。 お客さまからは、やはり「こんなのもあるんだ!」という、驚きの声がありましたね。 それはネガティブなものでなく、ちょっと珍しいものを見たぞ、というようなニュアンスでして。 これでピンクをやめる、というわけではないのですよ。 床が木目調であったり、照明であったり。 高級感を出しつつよい雰囲気を、というところは意識して作っている部分でもありますね。 【6】運行開始から一年。 反響はいかがですか。 嬉しいことに好評をいただいています。 高速バスは若年層の利用が多いですが、他のバスタイプより、若干平均年齢が高いですね。 若手社会人の方ですとか。 また、特に男性から好評という印象です。 WILLER EXPRESSは、女性乗客が男性より多い傾向にあります。 その中で、「リボーン」は男性が半数前後を占めています。 身長が高い人、恰幅がいい人、いずれも快適性に満足。 料金最重視でなく、快適性を求めたい人には嬉しい車両だと思います。 「リボーン」は、体験していただくと、ほとんどの方に「いい」と言ってもらえるシートです。 3列独立シートよりも狭く感じられてしまうんです。 難しいところですね。 3列独立シートは人気のシートタイプ。 隣の席との間に必ず通路が入って、隣が気にならないのは、一人旅が多い高速バスユーザーにとって確かに魅力的ですから。 「リボーン」の場合、2席並びの側をご利用いただく場合も、座席間に壁があるような形です。 座った感覚は独立シートに近いはず。 独特な形のシートですので、どう伝えるかは、これからの課題だと思っています。 今は合計4台の「リボーン」があり、2路線で上り・下りを運行中です。 路線を拡大するとなると、車両を増やすことになります。 ニーズや運行距離など慎重に見極めていく必要があります。 今は未定というのが正直なところですが、ご好評いただいているので、できるかぎり多くの方にご利用いただけるよう、広めていければ嬉しいなと思っています。 これからの展開も楽しみにしております!.

次の

【WILLER乗車体験記】3列シート「リボーン」で大阪へ行ってみた!

ウィラー リボーン

関東~関西• 関東~名古屋・浜松• 東京・千葉~仙台・福島 関東(東京・川崎・千葉)と関西(大阪・京都・神戸・滋賀・和歌山)の便と、関東(東京・横浜・川崎・千葉)と名古屋・浜松を結ぶ便がメインですね。 少々価格は高いですが、人気で土日祝や長期休暇の期間はすぐに座席が埋まってしまいます。 リボーンの特徴・車内設備 ゆりかごで隣が気にならない リボーンの特徴はなんといっても ゆりかご型の座席です。 左右に仕切りが出ており、隣との視界が遮断されます。 仕切りがある分、少々圧迫感があるようにも見えますが、座席幅が広いので実際に乗ってみると非常に快適です。 独立シートで座席間にカーテンがあるバスも多いですが、リボーンはよりプライベートが保たれます。 最大155度リクライニング リボーンの座席は最大155度までリクライニングできます。 座席の間隔が広いため、後ろを気にせずに座席を倒すことができ、 ほぼ横にになったような状態で寝られます。 また、リクライニングが電動な点も地味に嬉しいですね。 リボーンは座席指定可能 ウィラーエクスプレスは一部の便で予約時に座席指定ができます。 この リボーンも座席指定が可能です。 座席指定はウィラー会員(無料)であれば無料で可能です。 また、リボーン以外にも以下の便で座席指定が可能です。 ニュープレミアム(独立席)• ボーテ• ラクシア• リボーン• コモド• スリーパーワイド シートは3列 リボーンの座席は3列シートです。 また、3列のため座席の幅が広く、体格の良い方や男性でもゆったりと座ることができます。 寝ている間にスマホを充電できるのが嬉しいですね。 ただし、USBポートではないのでスマホなどを充電するためにはACアダプタとUSBケーブルがそれぞれ必要です。 ブランケット貸出し ウィラーエクスプレスでは、他社に委託した便を除き 全車両でブランケットの貸し出しサービスがあります。 リボーンでもブランケットが使えます。 車内は基本的に寒くなることが多いので、乗車時にはブランケットを確保しましょう。 ただし、 ブランケットの枚数には限りがあります。 夏の冷房や冬の寒さが不安な方は、あらかじめ寒さ対策をしておきましょう。 各座席専用の荷物置き リボーンには、 各座席ごとに専用の荷物置きが設置されています。 リボーンは1+2列の3列シートですが、両サイドに加えて中央にも荷物置きが設置されています。 荷物が多い場合も安心しておけますし、「間違って他人のを持っていってしまった」といった事故も防げます。 隣の座席が埋まっていても、座席間カーテンによってプライベートな空間が作れます。 しかし、 リボーンにはカーテンがありません。 そのかわりにゆりかご型になっており、隣が気にならない仕様になっています。 ディズニーやUSJに行きたい場合は、やボーテ・ニュープレミアムなどを選びましょう。 これらのバスならディズニーやUSJの園の前まで送ってもらえますし、園のすぐそばから乗車できるので、重い荷物を持って電車乗り換えが不要なのが非常に便利です。 トイレは休憩中に リボーンの車内にトイレはありません。 運行中にSA・PAなどでトイレ休憩がありますので、その間に済ませましょう。 トイレがあったほうが安心という方は、で便を検索する際にトイレのある便を絞り込み可能です。 WiFiはない ウィラーエクスプレスは、 車内にWi-Fiが飛んでいるバスはほとんどありません。 あるのは6路線で、しかも昼行便のみです。 まれにWi-Fiが使える車両もあるようですが、基本的には無いものとして予約しましょう。

次の