性器ヘルペス 軟膏。 性器ヘルペスの症状と特徴 ウイルス感染症としての対策

ヘルペスに効果のある市販薬

性器ヘルペス 軟膏

性病事典>性器ヘルペス>性器ヘルペスの症状と特徴 2014年4月13日更新 この記事は著者が2007年から2014年にかけて担当した日本性感染症学会総会、西日本泌尿器科学会総会、日本臨床衛生検査技師会、東京都薬剤師会ほかにおける学術講演や教育セミナーの内容から抜粋して一般の方向けにわかりやすく書き直したものです。 医療機関様で日常診療にお役立ていただけると幸いです。 なお、著者の許可なく書籍、インターネット、論文ほかに記事や画像の一部または全部を転載、引用、公開を禁止いたします。 性器ヘルペス症状の特徴 性器ヘルペスは一度感染してしまうとウィルスが体内に潜んで、体の抵抗力が落ちたときに再発する、いやな病気です。 その性格上、年齢が高くなるほど有病率が高くなる、ちょっと変わった性病です。 感染するウィルスのタイプによって1型と2型があります。 以前は「口唇ヘルペスは1型、性器ヘルペスは2型」と いわれてきましたが、オラルセックスによって1型と2型の境目が薄れつつあり、ウイルスタイプにこだわるあまりに診断上混乱をきたしています。 最近ウイルス感染症としての対策をとることで、「コントロールできる病気」になり、基本的な対策さえとれれば昔のようにむやみに恐れる必要はなくなりました。 再発を繰り返すことでメンタルダメージに発展 ヘルペスウィルスの感染により性器に水泡(水ぶくれ)、腫れ、痛み、かゆみなどの症状が起こります。 初めての感染のときに症状が強く出て、全身倦怠感 やリンパ節の腫れを起こすひともいます。 発病後たいてい1-2週間で症状は治まりますが、その間はとてもつらい日々が続きます。 よく効く薬がありますから 早めに病院にいきましょう。 性器ヘルペスは一度かかると何度も再発することがある病気です。 年に1-2回のこともあれば 毎月のように再発する方もいらっしゃいます。 再発を繰り返すうちに症状が軽くなることがほとんどですが、症状が軽いときにかえって自分で気づかないうちに パートナーに移してしまったり、性器を触った手で目をこすって角膜炎を起こすこともありますから、十分に注意したい病気です。 再発や他人に移すことを予防するために、医者はよかれと思って「疲れすぎないように気をつけてください」「お酒の飲み過ぎはいけません」「早寝早起きをして規則正しい生活をしましょう」「パートナーへの感染が心配ならコンドームをしましょう」「再発させないためにはよく運動をして強い体を作りましょう」。。。。。 等々、かなり無理な注文をしてきました。 まじめな患者様は医者のアドバイス通りにしようと努力すると、日常生活をかなりな部分制限しなければなりません。 あまり神経質になると、出世をあきらめたり、恋愛がうまく続かなくなったり、子づくりが出来なくなったりするケースも出てきてしまい、積極性が欠けてしまうことがあります。 海外では「性器ヘルペスの再発を気にするあまり出世が遅れた」とさえいわれています。 怖がらないで。 積極的にコントロールできる病気 上記のような理由で、以前は「治らない病気」「パートナーに迷惑をかける病気」というイメージがありました。 実際にほかのインターネットのサイトには、いまでも「とても怖い病気である」というような印象を受ける記事を多く見かけます。 しかし、最近の治療技術の進歩で「積極的にコントロール」することが可能な病気になったので、以前のように怖がる必要はありません。 再発予防を心配するあまりに、メンタルダメージに発展してしまい、ノイローゼ気味になってしまった患者様も多く見かけます。 アメリカの性器ヘルペスの患者団体が実施したインターネットアンケートによると、患者様が医療関係者に対する不満の最も多くが、このような無責任なアドバイスであることがわかりました。 (左図)そのような指摘を受けて最近ではメンタルダメージにも配慮した生活指導にかわりつつあります。 その秘密は次に述べる「ウイルス感染症としての対策」にあります。 図 医原性メンタルダメージ 皮膚病ではなく神経のウイルス感染症としての対策を 性器ヘルペスは、皮膚病というよりは神経のウイルス感染症として対応するべきです。 そのためには塗り薬は皮膚症状を緩和するだけで、神経のウイルスを治療するためには抗ウイルス薬を内服する必要があります。 (下図は東京慈恵会医科大学皮膚科教授 本田まり子先生のお作りになった図に一部追加してあります。 ) 図 神経のウイルス感染症 ウイルスか体内に侵入して神経の奥深くに侵入して、脊髄近くの神経節に居着いてしまいます。 普段ウイルスは休眠状態ですが、風邪を引いたり、疲れたり、寝不足したり、女性では生理の前後の体調不良によって再活性化して皮膚表面に出てきます。 そのときの自覚症状は皮膚の裏側からちくちくとは利で刺されたような痛み〜かゆみから始まって、性器あたりの皮膚が赤く腫れて、典型的には水泡、潰瘍、皮膚びらんへと発展しますが、再発の場合、こうした目に見える皮膚症状を見せないこともあり、再発に気づかないこともたびたびあります。 しかし、そのような場合でもウイルスが体内に排泄されていることがあり、「ウイルスの無症候性排泄」といいます。 こういうときに性行為でパートナーに移してしまう危険があります。 初めて性器ヘルペスに感染したときの症状は重い傾向にあり、ほとんどの医者が飲み薬を出すようですが、それでも抗ウイルス薬ではなくて細菌を殺す抗生物質だったりすることもあります。 塗り薬で抗ウイルス薬を出されても神経内のウイルスを治療することは出来ません。 さらに再発症状は症状が軽くなる傾向があるのでほとんどの医者が塗り薬しか出してくれません。 しかし、症状が軽くても再発を繰り返す患者様にとっては精神的なストレスを感じていることがあります。 症状の重さに関わらず、再発時でも積極的に抗ウイルス薬の内服をすることが再発や無症候性排泄等を予防する基本です。 図 性器ヘルペス初感染症状 図 再発型性器ヘルペス症状 著者は初感染時はもちろん、再発時においても積極的に抗ウイルス薬の内服を行い、再発の原因となる体の奥深くの病巣を治療するように心がけています。 また、1996年以降日本でも性器ヘルペス再発抑制療法が保険で出来るようになったため、自覚症状が軽くても、再発に悩んでいらっしゃる患者様にはこの治療方法をお勧めしています。 血液検査は無駄。 無症状パートナーの検査と治療は必ずしも必要ではない 当院では原則的に血液抗体や水泡の液からDNAでヘルペスの有無を調べることはいたしません。 典型的な症状が出ているときであれば専門医が一目見るだけで診断がついてしまいますから、ウィルスのDNAを調べるまでもありません。 血液中の抗体を調べる方法には1型と2型を区別するCF法(補体結合反応)がありますが、感度が低く明らかに性器ヘルペスの既往歴がある人でも陰性になることもあれば、逆に水ぼうそうの既往歴がある人にも陽性になることがあって 初感染と再感染の区別がつかないこと 、 厳密な意味で1型2型の区別もできません。 そのような 理由で、無症状のひとの検査には臨床的な価値が疑問視されています。 ウィルスのDNAを調べるPCR法もできるようになりましたが、これは水ぶくれの内容 物や髄液を取って調べなくてはならず、髄膜炎のような重い病気のときにしか行いません。 症状がないには丁寧な問診をすることによりほとんどの場合ヘルペスかどうか、治療するべきかどうかの判断がつきます。 反対に検査の精度はそれほど高くないので、検査を当てにしていてはヘルペスを見逃す危険が大きいですし、精度が悪い検査をしても誤解の原因を作ってしまいます。 インターネット上には「ヘルペスの診断ができる」という記事が多数見られますが、著者の知る限りではごく一部の限られた研究施設以外ではそのような検査はできないはずです。 ですから、「パートナーが性器ヘルペスにかかったので自分も検査してほしい」とのご要望には、大変申し訳ございませんがお受けしていません。 著者はクラミジアや淋病などの細菌性性感染症では、「パートナーと同時治療をしてください!」といっていますけれども、ヘルペスや尖圭コンジローマのようなウイルス感染症に関してはこの原則が当てはまりません。 なぜならば感染しても発病する人はごくわずかで、しかも症状がない人に検査をしても診断をつけることが出来ませんから、症状が出るまでは診断も治療も出来ないからです。 ヒトは一生のうちにいろいろなウイルスに感染しますが、ほとんど発病することなく過ごしています。 ヘルペスウイルスもそのようなウイルスの一つです。 もしかするとパートナーから移されたとしたら、カップルでウイルスを共有するもの同士で感染予防をすることは意味がありません。 パートナーが未感染で不幸にして発病してしまったとしても、世界中の人間の半数以上が感染しているウイルスですから、あなたが世界代表で責任を感じる必要はありません。 そうはいっても、パートナーのことが心配ですよね。 患者様のほとんどが自分のことよりもパートナーにことを心配されていて、優しいひとが多いことに感心します。 そんな気持ちをお手伝いするために有効な治療方法がありますから、次の「性器ヘルペス再発抑制療法について」をぜひお読みください。 の記事はこちらから.

次の

性器ヘルペスの症状 検査 感染経路 治療

性器ヘルペス 軟膏

2週間程度で皮膚症状は改善するのですが、 アトピー性皮膚炎のある人は症状が悪化してしまうケースがあります。 更に、 アトピー性皮膚炎の治療に使用されるとの多いステロイドを使用すると、余計に症状の悪化を招くことがあるのです。 皮膚の炎症、皮膚炎にはステロイド軟膏と考えている人も少なくないかもしれません。 確かに、ステロイド軟膏は皮膚の炎症を改善するには非常有効な抗炎症作用がありますが、抗アレルギー作用もあります。 ステロイド剤には免疫抑制作用がある ステロイド軟膏に抗アレルギー作用があるとは、つまりアレルギー反応に対して効果のある「免疫抑制作用」があるのです。 免疫機能が落ちたときにヘルペスウィルスの活動が活発となり、ヘルペスが発症し、免疫機能によって症状は治まっていく仕組みなので、 ステロイド剤で免疫を抑制してしまうと症状が改善しないということになります。 免疫機能を抑制してしまうと、ヘルペスウィルスが活性化したまま、ドンドン活動が活発になり重篤な状態に陥ってしまいます。 アトピーには有効なストロイド軟膏の免疫抑制作用が、かえってヘルペスの症状を悪化させてしまうということですね。 アトピー性皮膚炎を患っている人が、ヘルペスを発症して重症化してしまうと「カポジ水痘様発疹」と言われる重い症状になります。 赤みの強いブツブツした発疹と酷い水ぶくれができるだけでなく、発熱やリンパの腫れ、激烈な痒みと疼痛など、通常の単純ヘルペスとは比べものにならないくらいの苦痛と言われています。 カサブタになり状態が落ち着いても、発疹の痕や色素沈着が残るようなケースもあるのです。 カポジ水痘様発疹となった場合にもステロイド軟膏を患部に塗ると、一気に症状が悪化してしまいます。 皮膚症状は、一見アトピー症状と似ていますので、ステロイド軟膏を塗った後で悪化し、耐え難い痛みをともなうことで初めて気づくというケースもあるようです。 ヘルペス カポジ水痘様発疹 には、ステロイド軟膏は厳禁と言えるでしょう。 ヘルペス治療にはバルトレックスやゾビラックス バルトレックス(バラシクロビル) グラクソスミス・クライン社が誇る有名なヘルペス治療薬。 口唇ヘルペス、性器ヘルペスや単純疱疹、帯状疱疹、水ぼうそうにも有効! ゾビラックス(アシクロビル) ヘルペス治療薬と言えばアシクロビル成分で、Acivirはゾビラックスのジェネリック薬!全てのタイプのヘルペスや帯状疱疹などに! アトピーで肌のバリア機能が低下する アトピー性皮膚炎の人は、ステロイド剤の使用により免疫機能が落ちています。 更にアトピーの皮膚症状によって、バリア機能が弱まっていて、感染症にもかかりやすくなっています。 ヘルペスも発症しやすい状態にあると言えますし、発症すると悪化もしやすい、なかなか改善しないという悪循環です。 合併症のような皮膚状態になっているわけですから、ステロイド軟膏を使うと余計にヘルペスウィルス活動を助ける結果になってしまうのです。 乾燥肌の人や乾燥している時期は肌のバリア機能が低下していますので、保湿剤の使用は必須ですね。 特に保湿機能、肌のバリア機能がとても高いと注目されている成分がヒルドイドで、「ヒルドイドクリーム」という名称で販売されています。 ヒルドイドクリームは個人輸入でも定番ですが、薬局や楽天では買えないの保湿剤です。 保湿効果の高いヒルドイドは近年美容目的で求める女性が急増したため、本来の効能以外では処方されにくくなっています。 ヘルペスは免疫力が落ちたときに発症します ヘルペスは、潜伏感染のヘルペスウィルスによって引き起こされる感染症です。 アトピー性皮膚炎で日々苦しんでいる人は、心身ともに弱っていますし、 ストロイド剤の使用で免疫機能も弱めています。 ヘルペスウィルスは普段は神経節の中に潜んでいますが、ストレスや疲れ、免疫力低下によって活動を活発化します。 つまり、アトピーのある人はアトピー症状が酷い人ほど、ステロイド剤に頼っている場合ほど、ヘルペスも発症しやすく悪化しやすいことになります。 市販の軟膏やクリーム 虫刺され用、痒み止め にも含まれていたりします。 ただし、ヘルペスには安易な使用によって、更に酷い状態に悪化させることもありますので、注意してください。 ヘルペス治療薬の個人輸入.

次の

性器ヘルペスについて

性器ヘルペス 軟膏

性器ヘルペスになったけど病院に行くのは恥ずかしいし時間もない…市販薬で治療できないだろうか?と考える方もいます。 性器ヘルペスは市販薬で治療可能なのかどうかを見ていきます。 症状が出る場所は異なりますが、どちらもヘルペスということで、実は性器ヘルペスの軟膏と口唇ヘルペスの軟膏は成分などがほとんど同じです。 性器ヘルペス用の薬は市販されていませんが口唇ヘルペス用の薬は市販されているので、それを性器ヘルペスに使うという方もいるようです。 なお、経口薬の方は市販はありません。 自己診断だけで性器ヘルペスと決めつけてしまうのは早計かもしれません。 ほかの性感染症の疑いもあります。 自然治癒もしない病気ですので市販薬で対処するよりも一度病院へ行って、しっかりと治療した方が良いです。 性器ヘルペスの受診患者は年間7万人を超えています。 7万分の1だと思えばそれほど恥ずかしさはありませんし、それ以上にパートナーに性器ヘルペスを移すリスクを考えるべきです。 性病を診察することに医師も慣れているので、まずは病院へ行きましょう。 性器ヘルペスの軟膏と口唇ヘルペスの軟膏は成分は同じですが、市販薬で性器ヘルペスを解決するのはお勧めしません。 性器ヘルペスではない可能性もありますし、病院で治療を受けた方が的確な治療となります。 赤ちゃんに産道感染することもある!妊娠中のセックスで気をつけたい性器ヘルペスとは 妊娠中は避妊をしなくていいからコンドームを着けずにセックスしても大丈夫、だなんて思ってる人はいませんか?妊娠中に性感染症に感染してしまう事によって胎児に悪影響を及ぼすことがあります。 その一つに性器ヘルペスがあります。 性器ヘルペスとは 単純ヘルペスウイルスによる性感染症です。 水泡や潰瘍ができて強い痛みや発熱を伴います。 60~70%の人は無症状であると言われており、症状が無くても感染します。 一度感染すると体内で一生潜伏し続けます。 潜伏しているウイルスはストレスや疲労などで再発することが多々あります。 オーラルセックスによって口唇にできたヘルペスが性器に感染することがあります。 胎児への影響 奇形児が生まれたり流産することは無いと言われています。 また、胎盤を通して感染することもありません。 ヘルペスが問題となる場合 問題となるのは妊娠30~40週 出産前 の時期にヘルペスに感染した場合と、再発してヘルペス症状が出ている場合です。 この時期はヘルペスウイルスに対する免疫が十分に出来ていないために、分娩時に産道から胎児に感染する可能性があります。 新生児ヘルペスによって脳炎などの重い症状を起こすと、30%ほどが死亡すると言われています。 性器ヘルペスに感染している事が分かれば、産道感染を防ぐために帝王切開によって分娩します。 まとめ 症状が出ていなくてもヘルペスウイルスに感染していることがあるので、パートナーにも必ず検査を受けてもらいましょう。 また、コンドームを使用しても病変部位が広がっている場合には感染する可能性があります。 オーラルセックスからの感染もあります。 妊娠後期のセックスには十分に注意しましょう。 症状が無くても伝染ります!性器ヘルペス! 性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症です。 単純ヘルペスウイルスには、口唇ヘルペスなどの口唇や顔面に症状が出る1型、性器ヘルペスなどの下半身に症状が出る2型があります。 感染ルート 性行為によって感染します。 オーラルセックスによって口唇ヘルペスが性器に感染することやその逆もあるので注意が必要です。 症状が出ていなくても感染することがあります。 性器ヘルペスの症状 ヘルペスウイルスに感染しても60~70%の人は無症状だと言われています。 症状の出る場所としては、男性は亀頭や陰茎体部に、女子は外陰部や膣入り口が多くみられます。 ヘルペスは再発する ヘルペスは免疫力が低下することによって再発することが多々あります。 過労やストレス、セックスや他の疾患などが原因となります。 治療法 症状に対する対症療法とヘルペスウイルスの増殖を抑える薬剤による治療を行います。 症状が治まってもヘルペスウイルスは体内に潜伏し続けるので、医師の指示があるうちは再発抑制薬を服用します。 まとめ 性器ヘルペスは症状が出ていなくても感染することがあります。 また、病変部位が拡大している場合にはコンドームを着けていても感染することがあります。 たとえ治ったと思っても病院での診察を必ず受けましょう。 実は身近な感染症!性器ヘルペスはどんな症状が出るの? ウイルス感染症の一つ、性器ヘルペスは割と多くの方が体験すると言われています。 それほど珍しい感染症ではなく、身近な感染症だけにどんな症状が出るのかも知っておいた方が良いです。 性器ヘルペスにかかったとしても6割くらいの人は無症状と一般的にいわれています。 例えば感染したウイルスの量が少なかったり、以前性器ヘルペスにかかって免疫力を持っている場合は自覚症状はないことが多いのです。 ですがウイルス自体はいますので人に移してしまう可能性はあります。 例えば何もしていないのに性器が熱くなったような感じがあり、ジクジクとした痛みが続くなどです。 むず痒いような、落ち着かない感じがあるという方も非常に多いです。 また、性器付近 男性の場合は亀頭や包皮を中心に に水ぶくれが出来てそれが破れることでまた痛みを感じるという場合もあります。 排尿時に尿が性器から皮膚にしみるような痛みを覚えるという方が多いです。 女性は性器と尿道、尿の出口が非常に近いのでこのような症状が出ると考えられます。 性器ヘルペスは割とありふれた感染症のひとつで、感染しても6割は無症状で、知らないうちに人に移してしまう恐れもあります。 性器ヘルペスの症状にはジクジクとした痛み、水ぶくれなどがあります。 Photo by:.

次の