大野 翔平。 大野 翔平

大野将平の髪型に対する反応は?あの髪型の理由とは?

大野 翔平

何気なく読んでいた本の中に「人生にはメンターが必要」との一文がありました。 考えてみれば、僕には仕事での師匠も、先輩も、社員もいませんでした。 ならば、何かしら他の世界に飛び込んでメンターを得るしかないと思い、朝活のような形で学べる組織をネットで検索。 すると、自宅近くで枚方・交野倫理法人会がモーニングセミナーをしていることを知りました。 入会される方はほとんど、誰かの紹介で参加されていると思いますが、僕は、自分で見つけて自分で連絡を入れて参加しました。 もちろん「誰?」と思われるところですが、当時の役員の皆様には、とても温かく迎えていただきました。 大きな後押しになったのは、貫山会長の 「この歳から倫理を学ぶことは人生の財産になるよ」との一言で、僕はその日に入会しました。 入会後は希望通り、心強いメンターに出会うことができました。 経営の悩みがあれば、松岡勝彦相談役がじっと話を聞いてくださいました。 家庭やスタッフのことで問題が起きたら、顔を見るなり松島貴規相談役が「なんかあったやろ!?」と明るい笑顔で声をかけてくださいました。 だから 思いっきり事業を前に進めることができ、イメージしていた 将来像が一つ一つ叶っていったのです。 現在ではECショップ5店舗を運営し、正社員・パート外注を含め7名のスタッフで事業に奔走。 社内も一体感のある空気に変わりました。 また、同業のコンサルティング事業も順調に拡大し、日々250名を超える方とコミュニケーションを取りながら仕事をしています。 数年前に、僕は取引上のトラブルで事業停止の危機に陥りました。 口座が凍結され、数百万円の支払いが不能となったのです。 さらにその翌日はモーニングセミナーで、僕は会員スピーチをすることに。 さすがにこの時は、カラ元気で話すのがやっとの状態でした。 次は講話。 登壇された田畑章法人スーパーバイザーは開口一番、「大野君は何百万円かも知れないけど、僕なんて1億円も損したんだよ!」とニッコリ笑顔。 この言葉に、僕は本当に救われました。 そして数ヶ月を経て、無事に苦難を乗り越えたのです。 とくに同年代の30代経営者にとって、「先輩経営者の失敗談」を聞けることは何より大切です。 そして、あなたにとってのメンターも、きっと倫理法人会の中にいるはずです。 ぜひモーニングセミナーに参加して、見つけていただきたいなと願ってやみません。

次の

北海道日本ハムファイターズのスタメン一覧(打順)

大野 翔平

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] (現在の)に、の選手だった父と選手の母を持つ、スポーツマンの両親の家に、三人兄弟の末っ子として生まれる。 「翔平」という名前は、父がにゆかりのあるにちなんで、義経の戦うと飛ぶイメージから「翔」の字を用い、平泉から「平」を取って名付けられた。 姉体小学校3年時に水沢で野球を始め全国大会に出場。 当時のが体が逃げてしまう程、球が速かったと語っている。 小学校5年生にして110を岩手県営野球場で記録している。 時代は一関に所属し、ここでも全国大会に出場した。 に憧れ、彼の出身校のへ進学。 入部後は監督の佐々木洋の「まだ骨が成長段階にある。 1年夏迄はとして起用して、ゆっくり成長の階段を昇らせる」という方針により 、1年春は「4番・」で公式戦に出場。 その後は治療に専念し、試合には打者限定で出場した。 3年のでは初戦の戦は、11三振11四死球で9失点と大敗するも、からホームランを放った。 延長戦を除き1人の投手が奪三振、四死球ともに二ケタは、98年()が2回戦の戦で11奪三振、10四死球を記録して以来、大会14年ぶり。 しかし決勝の戦では5失点を喫し、高校最後の全国選手権大会出場はならなかった。 甲子園通算成績は14回を投げ3. 77、16。 野手としては2試合で. 333、1本塁打。 9月にはのに選出され、主に四番・として起用された。 9月18日、を提出した。 前には日本プロ野球だけでなく球団からも注目され、本人は当初「(か日本かは)五分五分」と語っていた が、や、との面談を経て 、10月21日にを表明。 会見では「からのスタートになると思うけれども、に挑戦したい気持ちでいる。 入学当初からの夢だった。 若い内に行きたい思いがあった。 日本のプロにも憧れはあったが、メジャーへの憧れの方が強かった」と語った。 しかし、10月23日にのが大谷をドラフト会議で1位指名する事を公表し 、日本ハム監督のも「大谷君には本当に申し訳無いけれど、指名をさせて頂きます」と話していた。 10月25日に行われたドラフト会議ではが大谷を1巡目で単独指名し交渉権を獲得。 指名後の会見では「びっくりしたし動揺もしました。 でも、自分の気持ちは変わりません。 評価して頂いたのは有り難いですが、アメリカでやりたいという気持ちは変わりません」と語り 、指名挨拶のため日本ハムから訪問を受けた際にも面会しなかった。 しかしその後、2度目の訪問で指名挨拶を受け 、両親を交えた入団交渉も4度に渡って行い 、3度目の入団交渉からは栗山も同席する。 交渉では『大谷翔平君 夢への道しるべ〜日本スポーツにおける若年期海外進出の考察〜』と題された30ページに及ぶ資料 が提示され、高校卒業後直接アメリカへ渡ったの野球選手がメジャーリーグで活躍しているケースが少ない点や、過酷なマイナーリーグの現状、母国のプロリーグで実力をつけた選手の方がメジャーリーグで活躍できる確率が高い点などが説明された。 更に前年までが着用していた背番号 11、投手と打者の「」育成プラン等を提示され、12月9日に日本ハム入団を表明。 12月25日に契約金1億円+出来高払い5000万円、年俸1500万円(推定) で仮契約を結んで入団会見した。 背番号は上記の通り前年までダルビッシュが着用していた「 11」に決まった。 会見後にはで監督の栗山英樹と投打で1球勝負するエキシビションも行われた。 11月に花巻東高校が岩手県内向けに放送した生徒募集のについて、同校が大谷を(高野連)の承認を得ないで出演させていた事が2013年1月に判明し、抵触のため高野連が実態調査に乗り出し 、野球部部長が厳重注意を受けた。 日本ハム時代 [ ] 春季キャンプでは投手と野手の練習メニューを並行してこなし、2月途中から一軍に合流。 ・春季でも投手、、として出場。 3月21日の戦のオープン戦では、投手として登板した後に打席に立ち、更に右翼手の守備に就くなど、本格的な二刀流起用を想定した采配をされる。 投手登録のまま打者として開幕一軍入りし 、3月29日のシーズン(戦、)では8番・右翼手で先発出場。 高卒外野手の開幕戦先発出場はの以来で、球団ではの以来54年振りだった。 その開幕戦で2安打1打点を記録、高卒新人が開幕戦で複数安打を記録したのはの以来53年ぶり2人目。 その後は下位打線で出場しながら二軍の試合で投手として調整していたが、4月13日のオリックス戦()で外野守備中に右足首をし 、出場選手登録を抹消された。 5月4日に復帰し、5月6日の西武戦(西武ドーム)ではプロ入り後初めて一番打者として出場した。 5月23日の戦、投手として初登板・初先発。 5回2失点で勝敗はつかなかったが、新人投手の初登板では史上最速となる157を記録した。 6月1日の中日戦でを務め、5回3失点でプロ初勝利を挙げる。 6月18日の広島戦()はセ・リーグ球団の主催試合で指名打者が使えないため、五番・投手で先発出場。 先発投手が三~五番を打つのはの以来50年ぶり。 投手としては4回3失点で降板したが、降板後に右翼手の守備に就き、打者としては1安打1打点を記録した。 7月10日の楽天戦()ではからプロ初本塁打を打つ。 高卒新人でプロ初勝利とプロ初本塁打を記録したのはの以来、46年ぶり。 しかし翌11日(楽天戦)の試合前練習中に外野をランニングしていたところ、フリー打撃の打球が右のこめかみ付近に直撃し試合を欠場、「右頬骨不全骨折」と診断された が、その3日後の14日(戦)で復帰し、から自身初の本塁打・本拠地初本塁打・2試合連続本塁打となる2号本塁打を打った。 第2戦では高卒新人としてはオールスターゲーム史上初となる一番打者で起用され、第1打席で初安打となる二塁打を記録 、続く第3戦では高卒新人としてはの以来となるオールスターゲームでの打点を記録し、敢闘選手賞とスカイアクティブテクノロジー賞を受賞した。 8月9日のロッテ戦では6回からプロ入り後初の救援登板を果たす。 8月18日の戦()では五番・右翼手で先発出場し、8回からは投手を務め1回を1安打無失点に抑える。 投手としては13試合に登板し、3勝無敗、防御率4. 23を記録した。 打者としては77試合に出場し、打率. 238、3本塁打、20打点を記録した。 3月30日のオリックス戦(札幌ドーム)でプロ入り初のを記録。 4月12日の西武戦(札幌ドーム)でプロ入り初の二桁奪三振とシーズン初勝利を記録。 5月13日の西武戦()では、9回を被安打6・奪三振9の内容でプロ入り初。 20歳となった7月5日のロッテ戦では、プロ入り初の1試合2本塁打を記録。 7月9日の対楽天戦()では毎回の16奪三振で1失点の完投で8勝目。 1試合16奪三振は、のと並ぶ球団タイ記録。 毎回奪三振は自身初で、球団では史上10人目(13度目)。 また1968年のの20歳2ヶ月を更新する16奪三振以上のNPB最年少記録とした。 には前年の外野手に続き、投手として監督推薦で選出。 投手と野手の両方で選出されるのは 以来2人目。 公式戦を入れると、2008年の以来の史上2人目のタイ記録。 1イニングを投げ、打者5人に対し3被安打1失点の内容で、全23球のうち12球で160キロ以上を記録した。 試合は12対6でが勝利し大谷が勝利投手となる が、20歳0ヶ月での先発勝利はの19歳1ヶ月に次ぐオールスターゲーム年少記録となった。 8月26日のソフトバンク戦()で自身初の10勝目を挙げたが、同一シーズンで10勝と6本塁打を記録したのはパ・リーグ史上初。 8月29日のロッテ戦()で初回に自身初の2日連続となる8号本塁打を記録し、二桁勝利を挙げた投手としては1950年の(26勝)の7本塁打のNPB記録を更新した。 9月7日のオリックス戦()で10号本塁打を記録し、NPB史上初となる「同一シーズンで二桁勝利と二桁本塁打」を達成した。 10月11日の(CS)ファーストステージ(オリックス戦)の第1戦(京セラドーム)でポストシーズン初登板初先発。 2回には二死満塁からの2四死球で2点を取られたが、6イニングを3失点に抑えCS初勝利を挙げた。 20歳3ヶ月の投手がCSで勝利するのは2009年のの20歳11ヶ月を更新する史上最年少記録。 投手としては24試合に登板し、11勝4敗、防御率2. 61を記録した。 打者としては86試合に出場し、打率. 274、10本塁打、31打点を記録した。 オフにはのに選出。 背番号は過去に等が着用した「16」に決まった。 第1戦では中継ぎとして登板し、1回を三者凡退に抑えた。 先発となった第5戦では4回2失点7奪三振という結果だったが敗戦投手になった。 12月には高卒3年目選手では以来史上2人目となる年俸1億円(推定)で契約を更改した。 5月14日の西武戦(西武ドーム)では、チームではの以来となる完投勝利での開幕6連勝を飾った。 一方で打撃面では低調で、4月1日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)では先発のから野手では2試合目、6打席目でのプロ入り最速となる第1号本塁打を放つが、4月19日のソフトバンク戦ではプロ入り初の1試合4三振を記録した。 オールスターには2位のと28万票以上の大差をつけ、投手部門で選出。 投手と野手でファン投票選出されたのは53年の投手部門、63年の外野手部門で選出された関根潤三以来2人目となった。 オールスターには第1戦に先発し、結果は2回2安打1失点という成績だった。 8月8日の楽天戦では自身初となる安打を記録した。 8月18日、対ロッテ戦 QVCマリン で9回12奪三振の完封で前年の11勝を上回る自己最多の12勝目を挙げた。 最終的には10月6日のパ・リーグ全日程終了時点でハーラートップの15勝、防御率2. 24、勝率. 750で、、の投手三冠に輝いた。 高卒3年目での15勝到達は、球団ではの以来となった。 一方野手としては年間通して低迷し、最終的な打率は. 202に終わった。 10月9日に、の最終ロースター28名に選出された事が発表された。 チームがリーグ2位で迎えた第1戦に先発したが3回途中5失点で敗戦投手となった。 第3戦では1点ビハインドの8回1死1. 3塁のチャンスで代打で登場するも三振を喫してしまうなど投打に精彩を欠きチームはCS敗退した。 プレミア12では投手一本で専念。 プレミア12開幕戦の韓国戦で先発して、6回を2安打無失点に抑える活躍を見せて勝利に貢献した。 日本はグループリーグを突破して準決勝の韓国戦でも先発し、7回を1安打無失点に抑えたがチームは3-4で敗れた。 この好投を評価されてプレミア12のベストナインに選出された。 この年はその他、8月17日にが大谷の写真を使ったセットを北海道内で発売すると発表した。 プロ野球選手の切手は前例があるが、日本ハムの選手では初めてとなった。 開幕投手を務めたが、打線の援護に恵まれず、先発した5試合で白星が無かった。 先発6戦目となった5月1日のロッテ戦(QVCマリン)で9回を4失点で抑えてシーズン初完投初勝利を飾った。 しかし、5月途中まで防御率3点台と、シーズン途中まで投手として調子が上向くまで時間を要した。 その一方で、このシーズンは打撃が好調。 5月11日のオリックス戦(東京D)ではから、自身初の4試合連続の本塁打を記録した。 5月29日、楽天戦(コボスタ宮城)ではパ・リーグ史上初となる指名打者を解除し、6番・投手としてスタメン入りをし、投手としては7回4安打1失点で3勝目をあげ、打者としては3安打1打点の猛打賞を記録した。 7月3日、ソフトバンク戦(ヤフオク)では自身初となる 1番・投手として先発して、打者としては初球先頭打者本塁打を放ち、投手としては8回10奪三振で抑え、8勝目(4敗)をあげる活躍をした。 投手のNPBにおける1番先発はの以来45年ぶり史上3人目だが、先頭打者本塁打は史上初。 因みにに置いても投手の先頭打者本塁打は過去に例がない。 6月は4勝0敗、奪三振41個、防御率0. 29の成績で自身2度目となるを受賞した。 7月10日の対戦で試合中にを潰してしまい途中降板。 その影響で約2ヶ月の間、先発投手としての登板は無かった。 では投手としてファン投票に選出されたが、マメの影響で投げられない事が考慮され、異例の野手として出場が許可された。 7月15日、オールスター第1戦試合前のホームランダービーでは一回戦で山田哲人、決勝戦で柳田悠岐を破り、優勝を果たした。 7月16日、オールスターの第2戦では5番・指名打者として先発して、自身初のオールスター本塁打を放つ等MVPを受賞する活躍を見せた。 7月24日の対戦で、3年振りとなるリリーフ登板で1回を無失点に抑え、プロ初を記録。 9月28日の西武戦(西武ドーム)で9回1安打15奪三振で完封勝利を挙げ、日本ハムの4年ぶりのリーグ優勝達成に貢献。 この試合で10勝を挙げ、自身2度目の「同一シーズンで二桁勝利と二桁本塁打」を達成し、NPB史上初の「10勝、100安打、20本塁打」を達成した。 惜しくもにあと3回満たなかったため2年連続の最優秀防御率は逃した。 ファイナルステージでは、第1戦に8番・投手として先発出場し2打数1安打、7回1安打6奪三振無失点で初勝利。 第5戦では3番・指名打者として先発出場し9回にDH解除でリリーフ登板。 自身初セーブを挙げ、4年振りの進出を決めた。 日本シリーズでは、第1戦(マツダスタジアム)に8番・投手として先発出場、6回3失点で敗戦投手となる。 投手としてはこの1試合のみの登板となるが、打者としては第2戦に9回表に代打で出場、第3・4・5戦(札幌ドーム)では3試合とも3番・指名打者として先発出場する。 特に第3戦では延長10回裏、2死2塁の場面でからサヨナラ適時打を放ち、チームのシリーズ初勝利に貢献した。 チームはこの勝利から4連勝で4勝先取となり、自身初の日本一も経験した。 優勝が決まった第6戦では出場機会が無かったものの、スコア4-4の同点、8回表2、打席に、次の打者が投手のという場面で大谷がで待機したが、後に栗山監督は「大谷を起用するつもりは全く無かった」と、相手投手に重圧を掛ける意図があった事を明かしている。 結果的に中田は押し出し四球で、その後この回だけで計6得点が入った事に因り勝敗がほぼ決まった。 10月18日に「 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」の日本代表に選出された。 東京ドームで行われた11月13日のオランダ戦では、7回表に放った打球が右翼方向の天井に入り、ルールに因って二塁打となっている。 因みにこれは、2002年に記録した以来となる。 11月25日、パ・リーグのが発表され、史上初の投手と指名打者のダブル受賞を果たした。 本来、ベストナイン投票規定では投手部門と野手部門の重複投票は禁止されていたが、今季の大谷の活躍を考慮し9月下旬に規則変更されていた。 12月22日、とマネージメント契約を締結した事を発表。 WBC日本代表に選出されるも足首の調子が悪く辞退。 4月8日のオリックス戦で1塁への走塁の際に、左(太もも裏)を痛め、大阪市内の病院で検査を受けた結果、左大腿二頭筋の肉離れと診断され9日に登録を抹消された。 6月27日に1軍復帰出場を果たすものの、シーズンも怪我の影響で満足のいくプレーは出来ず、投手としてはプロ入り後ワーストタイの3勝、野手としても65試合出場、8本塁打という成績に終わっている。 9月12日の楽天戦で通算40勝となり、史上4人目となる40勝・40本塁打を達成。 最終登板となった10月4日のオリックス戦ではプロ野球史上66年ぶりとなる「 4番・投手」で出場し、打席では4打数1安打、投球では10奪三振の完封勝利を記録。 10月12日に東京都内の病院で内視鏡による「右足関節有痛性三角骨(足関節後方インピンジメント)除去術」を受けた。 11月11日にを利用してメジャーリーグに挑戦する事を表明した。 MLBの労使協定により、プロ経歴5年で23歳の大谷はインターナショナル・ボーナス・プール での契約対象選手であるため契約金は低額で、且つしか締結できない(を得るまではMLB最低保証年俸程度で選手を保有できる) ことから、資金力に関係なく様々な球団が大谷の獲得を目指した。 交渉期間はからの要望により、大谷に限って通常の30日間から21日間に短縮され、その代わり交渉期間前の書類によるプレゼンテーションが許可された。 11月29日に代理人を通じてMLBの全30球団に対し、「自身に対する評価」「今後の育成法」、といった内容を書き記した質問状を送付した。 12月4日に書類審査の結果、移籍先候補はアメリカ西海岸沿いを中心とする7球団(、、、、、、)に絞ったと代理人が声明する。 落選した球団には、やといった名門も多く含まれており、MLBファンの間でも大きな反響を呼んだ。 エンゼルス時代 [ ] (日付は全て現地時間) 2017年12月9日にと契約合意に至ったと発表され 、同日に球団側も大谷の獲得を表明し 、背番号は「 17」と発表された。 翌10日に契約を結び、ルーキー級アリゾナリーグ・エンゼルスに配属され 、本拠地ので入団記者会見が行われ 、日本ではその一部がの情報番組「」内で生中継された。 代理人は Nez Balelo 、通訳は。 2月6日、に招待選手として参加。 オープン戦では投手として2試合で先発登板、打者としても指名打者で11試合で起用されるが、防御率27. 00、打率. 125、0本塁打、長打0と投打ともに不振にあえいだ。 現地の一部メディアでは「マイナー起用すべき」との声も上がったものの 、3月28日にメジャー契約を結び、入りした。 戦に登板する大谷(2018年5月6日) 3月29日、の戦で「8番・指名打者」で先発出場し、初打席初球初安打を記録。 4月1日のアスレチックス戦で初登板初勝利、4月3日、本拠地初戦の戦で指名打者として出場し、第1打席で初本塁打を放った。 勝利投手が2日以内に打者として出場した試合の初回に、本塁打を記録したのはの以来、実に97年ぶりの快挙である。 4月6日のアスレチックス戦の第1打席で、3試合連続となる第3号ホームランを放った。 日本人による3試合連続ホームランは、9月(2年目)と7月に記録した以来2人目であり、1年目の4月に達成したのは日本人選手史上初。 メジャー史上では4人目の快挙。 また、打点が公式記録となって以降で、本塁打と2打点を本拠地開幕戦から3試合続けたのは、ア・リーグでは初めてである。 4月8日に本拠地初登板となったアスレチックス戦で、7回を投げ1安打12奪三振1四球の快投を見せ、開幕2勝目を挙げた。 新人投手としてデビューから最初の2試合で6奪三振以上は、球団史上3人目の記録となった。 また、デビュー登板から2試合のうちに12奪三振を記録したのは、ア・リーグタイ記録であり。 開幕から10試合で2勝&3本塁打は1919年のジム・ショー以来99年ぶりの快挙となった。 4月9日、週間MVPに選ばれ初受賞した。 日本人選手の受賞は8月7日の以来、2年ぶり。 また、にア・リーグで「Players of the Week」が作られて以降、二刀流選手としては初の選出となり。 1年目の日本人選手で4月上旬の選出は最速で、23歳9ヶ月というのも最年少記録となった。 4月22日に4番・指名打者で出場した が、同一シーズンで3試合以上先発登板している選手が4番で出場したのは、メジャーではの以来57年ぶり 史上16度目で13人目。 4月24日には、戦で100(160. また、昨年ア・リーグMVPだったを3打数無安打(うち2奪三振)に封じたため、同一シーズンで「サイ・ヤング賞投手」(4日に対戦した)から本塁打を打ち、「MVP打者」から三振を奪ったメジャー史上5人目の投手となった。 4月27日のヤンキース戦で、メジャー初の5番・指名打者で出場し、第1打席で第4号本塁打を放った。 1カ月での4本塁打、25奪三振達成は1971年9月の以来、47年ぶり史上4人目。 5月2日に、4月のア・リーグに選出された。 日本人選手の選出は4月の以来6年ぶり6人目。 6月8日、右肘のを損傷し、自身初となる10日間のに登録された。 7月3日、戦に6番・DHで6月4日以来、約1ヶ月ぶりに打者として復帰した。 7月23日のホワイトソックス戦(エンゼル・スタジアム)で8号ソロを放った。 これまでの本塁打全てが本拠地エンゼル・スタジアムで放ったものであり、新人選手が最初の8本(最終的に9本)全てをエンゼルスタジアムで放ったのは球団史上初となった。 8月3日、敵地クリーブランド・インディアンス戦に3番・DHで先発出場し、からメジャー初となる第1打席に先制10号2ラン、続いて第2打席に2打席連続の第11号ソロ本塁打を放った。 メジャー1年目での日本人選手による2桁本塁打到達は2012年の(10本)以来、6年ぶり7人目となった。 9月2日、アストロズ戦で6月6日のロイヤルズ戦以来88日ぶりに投手として復帰登板した。 1シーズンで10試合に先発登板し、かつ10本塁打を記録したのは、ベーブ・ルース以来の出来事で史上2人目の快挙である。 9月5日の試合前にの結果、大谷の右肘靱帯に新たな損傷が判明し、医師からは靱帯再建手術()を勧められていると発表した。 9月7日、5番・DHで出場したホワイトソックス戦でから3試合連続の第19号勝ち越し3ラン本塁打を放ち、(2006年)に並んでいた日本人1年目の本塁打記録を更新し、単独1位となった。 9月10日、今シーズン2度目となる9月3~9日までの週間MVPに選ばれた。 日本人メジャーリーガーのシーズン2度目はの野茂英雄以来2人目となり、1年目では史上初の選出となった。 9月15日、4番・DHで出場したマリナーズ戦の第一打席でから第20号ソロ本塁打を放った。 日本人選手のシーズン20本以上は松井秀喜に次いで史上2人目。 このシーズンは打者として104試合(代打22試合)に出場し、打率・285、22本塁打、61打点、10盗塁。 投手としては10試合に先発登板し4勝2敗、防御率3・31の成績を残し、メジャー史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」を達成し、シーズンを終了した。 10月1日、ロサンゼルス市内の病院でトミー・ジョンを行い、成功した。 同日、9月のア・リーグに選ばれた。 4月以来2度目の受賞となり 、日本人選手が同賞を複数回受賞するのはのイチロー以来となった。 2位のに48ポイントの大差をつけ、ア・リーグのに選ばれた。 日本人選手の受賞は2001年のイチロー以来17年ぶり4人目となった。 開幕からリハビリを重ね、5月7日の戦で打者として復帰した。 6月13日の戦に「3番・指名打者」で出場し、日本人初のを達成した。 1900年以降、投手で2勝以上し、サイクル安打を放ったのは、、の(5勝、サイクル安打2度)以来史上2人目、98年ぶり。 6月27日のアスレチックス戦で2年連続2桁本塁打となる10号2ランを放った。 日本人メジャーリーガーで入団から2年連続10本以上の本塁打を打ったのは、松井秀喜、井口資仁、城島健司、に次いで5人目となった。 9月12日、翌13日に左の手術()を行うと発表した。 全治まで8週間から12週間の予定で、2019年シーズンは終了することになった。 106試合に出場し、384打数110安打、18本塁打、62打点で、打率. 286をマークした。 当シーズンから"Two-Way Player"()がルール上定義され、大谷はMLB初の適用選手となった。 "Two-Way Player"適用選手は、昨年までは不可能だった「投手として入りし、の試合にリハビリ登板しながら rehab assignment 、同時に野手としてMLB公式戦に出場する」ことが可能となり(詳細は 「」 を参照)、エンゼルスは開幕から大谷をで起用しつつ、同時にマイナーで調整登板させ、5月中旬を目処にMLBで復帰登板させるプランを発表した。 選手としての特徴 [ ] パ・リーグ主催試合では指名打者を解除して先発投手ながら打席に入る場合や、セ・リーグ主催試合では先発投手ながら主軸を打つ場合もある。 又投手としてのみ先発登板するケースや、野手としてのみ(指名打者で)先発出場するケースの他に、投手として先発出場し降板後に野手として守備に就くケースや 、野手として先発出場し途中の回から救援登板するケースもある。 2020年シーズン前、筋骨隆々となった体型でマスコミの前に出たが、は2月23日の『』で「ダメだねえ、大谷は。 あんな体つくっちゃダメだよ。 プロレスじゃないんだからね。 野球に必要な体だけでいいんですよ」と話した。 はがメジャーに行った後に体を大きくして一時打撃の感覚を狂わせたことがあったと説明した。 投手 [ ] 大谷の投球フォーム(2013年) 2018年の投球データ 球種 配分 平均球速 水平運動 鉛直運動 in 46 97 157 -3. 6 8. 4 25 82 132 8. 7 -0. 2 22 88 142 -3. 2 0. 3 7 75 120 6. 4 -10. 6 から繰り出す、平均96. 7mph(約155. プロ入り後、フォークを習得。 高校時代はやも混ぜた。 高校時代はフォームの安定やスタミナが課題とされていた。 高校通算奪三振145に対し、与四死球61を記録するなど制球力にも課題があり 、NPB通算与四球率 は3. 3に達している。 日本ハム時代にとしてバッテリーを組んだは「リズムが出来てくればしっかりとコースにコントロール出来るが、から崩れるという失点パターンに注意している」と語っている。 野手 [ ] 打席での大谷(2013年) 打撃センスも高く評価され、高校通算56を記録した抜群の長打力 に加え、一塁到達まで3. 8秒台の俊足 、ノーステップで遠投90メートルという強肩 を兼ね備える。 高校時代にはプロのスカウトから「タイプでを狙える素材」 「以来の長距離打者」 と評された。 指名打者の難しさについては「極端な言い方をすると、4回代打で出場する様なもの。 如何に集中しながらゲームに臨むかが一番大事だと思います」と話している。 打席数に比べて三振が突出して多く、例として2018年シーズンは367打席で102三振を記録している。 これに対して2018年シーズン終了後に雑誌で「これも実力が足りないなりに、捨てた部分ではあります」「打率も出塁率も残しながら、求められているのは長打力だと思っているので」と回答をしている。 二刀流に対する賛否 [ ] 先述の「二刀流」という起用法に関しては、OB選手や専門家の間でも意見が大別している。 具体的には以下の通り。 二刀流賛成派 [ ]• 入団直後の大谷を見て、「バッターも良いけどやっぱり俺はピッチャーだな。 とにかく彼はこれまでの日本人が持っていない物を持っている。 何より体がいい。 (身長も)194~5(cm)あるわけでしょう。 それでいてあの身のこなしが出来る。 あの動きを見ると、やっぱりMLBのピッチャーだなと思う」と投手派の意見を語っていたが 、後に「今は(二刀流をやめろとは)言えないね、スケールが違う。 二刀流のままでいい」と意見を変えている。 将来的に投手と打者のどちらかに専念していくという見解を持ちつつも、「200勝、2000安打のどちらかなんて言わず、両方達成してに来ればいい。 二刀流を続けるというなら、それぐらいの意気込みでやってほしいよな」と語っている。 「せっかく自分がやりたいと言っているのに、その芽を摘む必要がどこにあるのか。 やらせてみて、結果責任は自分で取ればいい」 「人のことなんだけど、気にはなるじゃないですか。 見てみたい。 野球をやっていた人間として、本当にこれが米国でできるのかどうかっていうのを見たいっていうのは人より多いかもしれない」 と述べ、大谷本人の意志とメジャーリーグにおける二刀流の可能性に興味を持っていることを語っている。 、 両者とも本人の意思を尊重した選択を勧めており、「可能なら両方続けたらいいし、いずれどちらかに決めるならそれもいいと思う」 、「なかなかできることではない。 納得するまでやればいい」とそれぞれ語っている。 投手専念派 [ ]• 当初は二刀流起用について「日本プロ野球界を舐めるな」と言った旨の意見を持っていたが、その後の活躍を見て翻意。 二刀流を続ける事を勧めており、「あれだけのバッティングとピッチングが出来るなら、大賛成。 今まで誰もやった事がない事をやるというのも、魅力である。 『10年に1人の逸材』と呼ばれる者はよくいるが、プロ野球80年の歴史で、あんな選手は初めてだろう」と語っていた。 しかし2017年4月のインタビューでは「『二兎を追うもの一兎をも得ず』にならないか」「ピッチャーは五体満足じゃなければ投げられない。 全力投球は全身を使った仕事だから、どこのケガも本当はダメ。 ただ、俺が監督だったら、大谷は文句なしにピッチャーで使いたいね。 バッターにはいつでも転向できるけど、165キロを投げる選手なんて居ないんだから」と二刀流起用の懸念点を述べている。 投手としての大谷を「あの投げ方を見ると、アメリカのバッターは打てないと思う」と称賛し 、「二刀流は怪我するし、世界一のピッチャーになれるかもしれないのにそのチャンスを二刀流で怪我して逃すのはもったいない。 このような逸材を二刀流で怪我して失うのは球界においての大損失だ」と述べ怪我のリスクの点から二刀流を批判したが 、バッティングの技術があることも認めており、「あの打ち方を見たら、代打起用くらいだったら良い」とほんの一部だけ二刀流を認めている。 「No. 1になれる可能性があるとしたら投手なので。 1になれる可能性を取ったが方が良い。 (二刀流は)プロ野球の人気を考えれば見ていて面白いし興味がある事になると思うけど、本人がMLBに行きたいと思った時は絶対に足を引っ張る事になる」と述べ、投手に専念する事を推奨している。 「大金を出して獲得する選手に、MLBはそんなリスキーな事はさせない。 各チームとも、DHは最も年俸の高いスラッガーが打つだろうし、守る場所も無い。 せっかく投手として可能性があるのだから、本気でMLBを目指すなら打者は早々に諦めるべきです」とコメントした。 二刀流起用経験選手 実際に二刀流の経験があるは、「MLBに来たら両方やらせてくれる事は無い。 両方をやっていたら色んな事が起きるからだ。 例えば、自打球を足首や足のつま先に当てて骨折でもしたらどうする。 特に年間に500〜2000万ドルも稼ぐ奴ならまず無理だ」と語っている。 また、大学時代に二刀流選手をしていたは、「おそらくプロのチームは、大谷が100マイルを投げられるなら彼を守りたがるだろう。 そして、投手としてやらせたいと考えるはずだ。 だって、守っていれば無理な体勢から投げなければならない時もある。 そんな時に腕でも痛めたらどうするんだい」と語っている。 ただ、ベストナインを2部門で受賞した2016年オフには、MLB機構が公式サイトで「伝説誕生」として大谷のダブル受賞を報じる など、「二刀流」起用を念頭に置いて大谷に注目するメジャーリーグ球団も現れている。 打者専念派 [ ]• 「バッターをやればいいのにと思いました。 すごいピッチャーはいくらでも出てきます。 でも、あんなバッターはなかなか出てこない。 実際にグラウンドで対戦した訳でも無い距離感の中での話ですけど、彼程のバッターは中々居ないと思います。 」「(二刀流は)ピッチャーをやって、その翌日に外野を守れるなら両方やってもいいと思います。 」と述べ、メジャーリーグでは大谷レベルの投手が希少ではないことを指摘し、打者寄りの二刀流、もしくは打者に専念する事を推奨している。 「大谷は開幕直後からプロの投手の球に対応できている。 」「とてもじゃないが高卒ルーキーの打撃ではない。 あいつは本物の天才。 」「ストレートで三振を奪える球を武器として身に着けているなら投手一本で行け。 だが変化球で交わす投球を主体にしなければ抑えられないと感じたなら、思い切って打者一本にすることを俺は勧めたい。 『一流の投手』にはなれると思うが、野茂・松坂クラスの『怪物』には及ばないと思ってもらいたい。 だったら、打者に専念してほしい。 」と述べ、投球スタイルに関する条件をつけての打者専念を勧めた。 「絶対どっちかにしないといけないなら」という仮定のもとで、「僕が監督だったらバッターで毎日使いたい」「飛距離がすごい」と評価している。 二刀流にも賛成はしているものの、日本ではに匹敵するあるいはそれ以上のホームランバッターで、打者に専念したら50本以上は打てる潜在能力を秘めた選手と評している。 走塁にもすぐれ、ホームランも打てる点からタイプのバッターだと述べている。 人物 [ ]• 父のは、を卒業してからでプレーしていた元選手。 現在はシニアの監督。 母の加代子は元選手としてに出場した実績を持つ。 7歳上の実兄・は、かつて独立リーグのに所属し、現在はでプレーする社会人野球の選手。 好きな選手にはダルビッシュ有と を挙げている。 高校時代には野手としても高い評価を受けていたが、本人は投手に対する拘りが強く 、「世界一の投手」を目標に掲げていた。 「誰もやった事が無い様な事をやりたい。 さんもそうですし、成功すれば高校からメジャーへという道も拓けると思う。 刺激というか、やる気になる」という考えから 、高校3年時には日本のプロ野球を経ずに直接メジャーリーグ球団との契約を目指す意向がある事を明かし、「日本を選択した場合でも、肉体的だという25歳でメジャーに挑戦していたい」 「日本人投手として最初の入りを果たしたい。 メジャーで殿堂入りする為にはメジャーで最低15年はやらないといけないという話なので、30歳近くになってからメジャーに挑戦するのは遅いと思う」 「マイナーリーグから這い上がってメジャーに行く事も魅力」と話し 、日本ハム入団を表明した後も「やっぱり最終的にはメジャーリーグに行ってみたいと思いますし、自分の憧れている場所」と話した。 アメリカで生活していく覚悟についても「その気持ちはあります」と話し 、日米のや、野球の違いについては「合うかどうかというより慣れだと思っています。 そういう意味も含めて、若いうちに慣れた方がいいと思うんです。 だから不安はありません」と話した。 日本ハム時代にチームメイトだったは「僕のほうが1学年上なのに平気でいじってくる。 で話し掛けて来る時もある。 まさにクソガキみたいな部分もある。 でも、普段は礼儀正しい」と語っている。 同じくは「投手と野手をやっているので全員に隔てなく接して話す事が出来ている。 誰とでも気さくに話すし、言いたい事もしっかり言える。 皆んなから親しまれている」と話している。 プライベートでは外出を殆どせず、「二刀流をやろうとしている事を考えたら、我慢しなくてはいけない事が一杯ある」という方針から外出する際は監督の栗山英樹に許可を得なければならないが、本人は「制限されてもされなくても変わらないと思う。 何したいとか特に無いですし、いいのかなと思います」と話している。 「無趣味」とも公言しており、強いて挙げている趣味は読書とDVD鑑賞。 読書については「その時にもよりますけど、読める時は1日で一気にいっちゃいますし、移動の際とか、時間があって眠くない時に読んでいます」と話し 、ではの『』や『』、の『』等を読んだ事があると語っている。 にはでウェブにをあしらったり刻印を施している。 好物は。 ファイターズ時代にはコンビニエンスストアで生チョコクレープをよく購入していた。 本人はが大好物と語っているが、管理のため比較的分の少ないを食べる様にしているという。 高校時代の好きな教科はで、「特にが好きですね。 日本が近代的に変わっていく為の新しい取り組みが多くて、歴史的に見ても大きく変わる時代。 やというものに惹かれるんです」と語っている。 彼の専属通訳であると仲がよくプライベートでも関わりある。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 球 団 13 11 0 0 0 3 0 0 0 1. 000 274 61. 2 57 4 33 0 8 46 2 0 30 29 4. 23 1. 46 24 24 3 2 0 11 4 0 0. 733 639 155. 1 125 7 57 0 4 179 6 1 50 45 2. 61 1. 17 22 22 5 3 0 15 5 0 0. 750 621 160. 2 100 7 46 0 3 196 9 0 40 40 2. 24 0. 91 21 20 4 1 1 10 4 0 1. 714 548 140. 0 89 4 45 0 8 174 6 0 33 29 1. 86 0. 96 5 5 1 1 0 3 2 0 0. 600 105 25. 1 13 2 19 0 0 29 1 0 9 9 3. 20 1. 26 10 10 0 0 0 4 2 0 0. 667 211 51. 2 38 6 22 0 1 63 5 0 19 19 3. 31 1. 16 :5年 85 82 13 7 1 42 15 0 1. 737 2187 543. 0 384 24 200 0 23 624 24 1 162 152 2. 52 1. 04 :1年 10 10 0 0 0 4 2 0 0. 667 211 51. 2 38 6 22 0 1 63 5 0 19 19 3. 32 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別打撃成績 [ ] 77 204 189 14 45 15 1 3 71 20 4 1 0 2 12 0 1 64 3. 238. 284. 376. 660 87 234 212 32 58 17 1 10 107 31 1 0 0 1 21 0 0 48 4. 274. 338. 505. 842 70 119 109 15 22 4 0 5 41 17 1 0 0 2 8 1 0 43 1. 202. 252. 376. 628 104 382 323 65 104 18 1 22 190 67 7 2 0 4 54 2 1 98 7. 322. 416. 588 1. 004 65 231 202 24 67 16 1 8 109 31 0 1 0 3 24 0 2 63 0. 332. 403. 540. 942 114 367 326 59 93 21 2 22 184 61 10 4 0 1 37 2 2 102 2. 285. 361. 564. 925 106 425 384 51 110 20 5 18 194 62 12 3 0 4 33 1 2 110 6. 286. 343. 505. 848 :5年 403 1170 1035 150 296 70 4 48 518 166 13 4 0 12 119 3 4 316 15. 286. 358. 500. 859 :2年 220 792 710 110 203 41 7 40 378 123 22 7 0 5 70 3 4 221 8. 286. 351. 532. 883• 2019年度シーズン終了時 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2013 日本ハム 13 2 7 0 1 1. 000 54 75 7 1 1. 988 2014 24 8 23 1 1. 969 8 15 0 0 0 1. 000 2015 22 15 29 1 0. 978 - 2016 21 9 23 1 2. 970 - 2017 5 3 5 0 0 1. 000 - 2018 LAA 10 1 6 0 1 1. 000 - NPB 85 37 87 3 4. 976 62 90 7 1 1. 990 MLB 10 1 6 0 1 1. 000 -• 2019年度シーズン終了時 タイトル [ ] NPB• :1回 (2015年)• :1回 (2015年)• :1回 (2015年) 表彰 [ ] NPB• :1回(2016年)• :2回 (投手部門:2015年4月、2016年6月)• :1回 (2015年、捕手:)• 年間大賞:1回 (2014年)• Bi-weekly賞:1回 (2014年度第2回)• :2回 (野球部門:2015年、2016年)• ・日本生命賞:1回 (2016年)• :1回 (2014年)• WBSCプレミア12・ベストナイン:1回 (先発投手部門:)• :2回 (2016年、2018年)• (2014年) MLB• (2018年)• :2回(2018年4月2日 - 4月8日 、2018年9月3日 - 9月9日 )• :2回(2018年4月、2018年9月)• グランプリ(2018年 ) 記録 [ ] この選手の記録に関する文献やが必要です。 ためにご協力をお願いします。 ( 2014年7月) NPB投手記録• 初登板・初先発登板:2013年5月23日、対2回戦()、5回2失点で勝敗つかず• 初奪三振:同上、2回表にから空振り三振• 初勝利・初先発勝利:2013年6月1日、対4回戦(札幌ドーム)、5回3失点• 初完投勝利・初完封勝利 : 2014年5月13日、対7回戦()、9回9奪三振• 初ホールド:2016年7月24日、対15回戦(札幌ドーム)、6回表に2番手で救援登板、1回無失点 NPB打撃記録• 初出場・初先発出場:2013年3月29日、対埼玉西武ライオンズ1回戦()、8番・で先発出場• 初打席:同上、3回表にから見逃し三振• 初安打:同上、5回表に岸孝之から右線二塁打• 初打点:同上、6回表に岸孝之から右前適時打• 初盗塁:2013年6月29日、対埼玉西武ライオンズ11回戦(札幌ドーム)、6回裏に二盗(投手:、捕手:)• 初本塁打:2013年7月10日、対10回戦()、4回表にから右越2ラン MLB投手記録• 初登板・初先発登板・初勝利・初先発勝利:2018年4月1日、対4回戦()、6回3失点• 初奪三振:同上、1回裏にから空振り三振 MLB打撃記録• 初出場・初先発出場:2018年3月29日、対オークランド・アスレチックス1回戦(オークランド・アラメダ・カウンティ・コロシアム)、8番・で先発出場• 初打席・初安打:同上、2回表にから右前安打• 初本塁打・初打点:2018年4月3日、対2回戦()、1回裏にから右越3ラン• 初盗塁:2018年5月23日、対2回戦()、9回表に二盗(投手:、捕手:)• 毎回奪三振:同上、球団史上10人目• クライマックスシリーズ最年少勝利投手(20歳3か月):2014年クライマックスシリーズファーストステージ第1戦• 球速に関する記録• 2016年6月5日、対3回戦()• 101. 1 mph• 2014年10月5日、対東北楽天ゴールデンイーグルス24回戦(札幌ドーム)• 11 (2013年 - 2017年 ファイターズ)• 17 (2018年 - エンゼルス) 登場曲 [ ]• 「ドリームメイカー」(打席時、2013年)• 「」(登板時、2013年)• 「」(打席時、2014年 - )• 「」(登板時、2014年 - )• 「」 (登板時、2015年 - )• 「Do or Die(Remix)」 (登板時、2015年 - )• 「WRAPPED UP FEAT. TRAVIE McCOY」 (打席時、2015年 - 2018年)• 「」(2018年 - )• 「Showtime」(得点圏時、2018年 - ) 代表歴 [ ]• 関連情報 [ ] 著書 [ ]• 『』、2017年2月。 関連書籍 [ ]• 『』、2013年10月。 『』、2015年3月。 『』、2015年7月。 『』、2016年2月。 アスリート研究会『』、2016年11月。 『』、2017年8月。 『』、2018年2月。 『』、2018年3月。 児玉光雄『』、2018年3月。 『』、2018年6月。 『』、2018年11月。 『』訳、、2019年3月。 『』訳、、2019年3月。 『』、2019年9月。 出演 [ ] テレビアニメ [ ]• (、2019年) - 本人役 CM [ ]• (2015年、2016年)• 「SAVAS アクアホエイプロテイン100 グレープフルーツ」(2016年~2018年)• 「」(2016年)• 「」(2016年)• (2015年、2017年)• (2017年、2018年)• (2017年)• 「」(2017年)• (2018年、2019年)• 「」(2019年)• (2019年) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 近鉄時代の1953年に投手で1回、1959年から1963年にかけ野手で4回出場。 投球回に制限のあるオールスターゲームでは、先発投手は5イニング以上投球していなくとも勝利投手になる事が出来る。 日本国外のプロリーグを含めても(1918年、、13勝・11本塁打)や(1982年、、10勝・13本塁打)の例しか無い。 CS導入以前のパ・リーグプレーオフを含めると、1982年の、2006年のに次いで3番目• 日本国外のプロリーグを含めても、同一シーズンで二桁勝利と二桁本塁打を挙げたのは(1918年、、13勝・11本塁打)や(1982年、、10勝・13本塁打)の例しか無く、自身2度目の達成は大谷が世界初と云える。 又、「10勝・100安打・20本塁打」は世界的に見ても過去に例が無い記録である。 過去の3人は(49勝・61本塁打)、(60勝・212本塁打)、(65勝・59本塁打)• 2016年締結のMLBの労使協定により25歳未満のドラフト対象外選手との契約はマイナー契約に限定されるため。 9イニング辺りの与四球数。 出典 [ ]• Twitter 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 2016年3月16日閲覧。 Sponichi Annex• 花巻東・大谷最速147キロ! 10K…春季岩手県大会、、2011年5月25日。 33』日刊スポーツ出版社、2012年、12-14頁。 2012年3月22日. 2019年3月17日閲覧。 2012年7月20日. 2012年10月17日閲覧。 2016年10月29日. 2016年12月24日時点の [ ]よりアーカイブ。 2016年12月24日閲覧。 2016年10月29日. 2016年12月24日閲覧。 2012年9月19日. 2012年10月17日閲覧。 2012年10月19日. 2012年10月21日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月21日. 2012年10月21日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月21日. 2012年10月21日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月24日. 2012年10月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月25日. 2012年10月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月25日. 2012年10月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月26日. 2012年12月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年10月27日. 2012年12月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年11月2日. 2012年12月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年11月11日. 2012年12月9日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年11月18日. 2012年12月9日閲覧。 Sponichi Annex. 2012年11月26日. 2012年12月9日閲覧。 Sponichi Annex. 2012年12月3日. 2012年12月9日閲覧。 北海道日本ハムファイターズ 2012年12月13日. 2012年12月14日閲覧。 毎日新聞. 2012年12月9日. の2012年12月11日時点におけるアーカイブ。 2012年12月10日閲覧。 産経ニュース. 2012年12月25日. の2012年12月25日時点におけるアーカイブ。 2012年12月30日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年12月25日. 2012年12月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年12月25日. 2012年12月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年12月25日. 2012年12月25日閲覧。 YOMIURI ONLINE 読売新聞社. 2013年1月17日. の2013年1月20日時点におけるアーカイブ。 、2013年1月23日• nikkansports. com 2013年3月22日• 時事ドットコム. 2013年3月27日. の2013年4月26日時点におけるアーカイブ。 2013年3月27日閲覧。 2013年3月29日. 2013年3月29日閲覧。 2013年4月13日. 2013年4月26日閲覧。 2013年5月24日. の2013年6月8日時点におけるアーカイブ。 2013年5月24日閲覧。 日刊スポーツ、2013年6月1日。 2013年6月19日. 2013年6月19日閲覧。 -Sponichi Annex 2013年7月11日• 2013年7月11日. 2013年7月12日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月15日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月20日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月21日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年7月23日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年8月10日. nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年8月19日. スポーツニッポン. 2014年3月31日. 2014年7月5日閲覧。 スポーツニッポン. 2014年4月12日. 2014年7月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2014年5月13日. 2014年7月5日閲覧。 スポーツニッポン. 2014年6月5日. 2014年7月5日閲覧。 MSN産経ニュース. 2014年6月11日. の2014年6月15日時点におけるアーカイブ。 2014年7月5日閲覧。 デイリースポーツ. 2014年6月18日. 2014年7月5日閲覧。 日刊スポーツ. 2014年6月25日. 2014年7月5日閲覧。 スポーツニッポン. 2014年7月5日. 2014年7月5日閲覧。 スポーツニッポン2014年7月9日配信• スポーツニッポン2010年1月日配信• スポーツニッポン2014年7月4日配信• スポーツニッポン2014年7月20日配信• 朝日新聞2014年7月20日付スポーツ面• 2014年8月10日, at the. スポーツニッポン2014年7月26日配信• スポーツニッポン2014年8月3日配信• 週刊ベースボール2014年9月5日号97ページ• 2014年9月1日, at the. スポーツニッポン2014年8月30日配信• 読売新聞2014年9月8日付スポーツ面• スポーツニッポン2014年10月2日配信• スポーツニッポン2014年10月11日配信• デイリースポーツ関西版2014年10月12日付5面• 侍ジャパン公式サイト 2014年10月9日 2015年3月26日閲覧• 日刊スポーツ. 2014年12月6日. 2015年4月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年3月28日. 2015年4月25日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年5月15日. 2015年6月18日閲覧。 日刊スポーツ. 2015年6月20日. 2015年7月11日閲覧。 スポニチ. 2015年6月26日. 2015年6月29日閲覧。 2015年8月9日. 2016年12月11日閲覧。 2015年10月6日, at the. : スポーツ報知 - 2015年10月6日22時13分• 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年10月9日 2015年10月9日閲覧• SponchiAnnex. 2015年10月10日• スポニチ 2016年7月4日• スポニチアネックス 2016年9月28日• 実際に最優秀防御率のタイトルを獲得したのはだったが、もし仮に大谷が後3投球回でが5以下であれば石川を上回っていた• 2016年11月1日. 2016年12月24日閲覧。 2016年10月29日. 2016年12月24日閲覧。 野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト 2016年10月18日 2016年10月18日閲覧• 日刊スポーツ 2016年11月13日. 2016年11月14日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年11月25日. 2016年11月25日閲覧。 スポニチアネックス. 2016年12月22日. 2016年12月22日閲覧。 nikkansports. com. 2018年5月15日閲覧。 日刊スポーツ 2017年9月13日. 2018年2月25日閲覧。 日刊スポーツ 2017年10月4日. 2017年12月16日閲覧。 SANSPO. COM. 2018年5月15日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2017年11月12日. 2017年11月12日閲覧。 MLBドラフト対象外である海外若手選手(アマチュア選手、25歳未満のプロ選手、プロ経歴6年未満の選手)の獲得時に使用できる契約金総額。 毎年、各球団ごとに上限が決められている。 菊地慶剛 2017年11月18日. 日本語. 2019年11月8日閲覧。 産経ニュース. 産経新聞社 2016年12月18日. 2018年2月7日閲覧。 日本語. 2016年12月9日. 2017年11月3日閲覧。 日刊スポーツ 2017年11月23日. 2018年5月26日閲覧。 MLB. com Press Release 2017年12月8日. 2017年12月30日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月9日. 2017年12月10日閲覧。 MLB. com 2017年12月9日. 2017年12月30日閲覧。 nikkansports. com. 日刊スポーツ新聞社. 2017年12月10日. 2017年12月10日閲覧。 日テレNEWS24 2017年12月10日. 2017年12月14日閲覧。 2018年4月12日閲覧。 sankei. com. 産経ニュース. 2018年4月11日. 2018年12月13日閲覧。 SANSPO. COM 2018年4月7日. 2019年8月13日閲覧。 nikkansports. com. 2019年8月13日閲覧。 nikkansports. com. 2019年8月13日閲覧。 スポーツ報知 2018年4月9日. 2019年8月13日閲覧。 ライブドアニュース. 2018年4月9日閲覧。 nikkansports. com. 2018年4月9日閲覧。 株式会社スポーツニッポン新聞社マルチメディア事業本部. スポニチ Sponichi Annex. 2018年4月9日閲覧。 INC. , SANKEI DIGITAL 2018年4月23日. 産経ニュース. 2018年4月23日閲覧。 ニフティニュース. 2018年4月23日閲覧。 J SPORTS. 2018年4月25日閲覧。 エキサイトニュース. 2019年8月13日閲覧。 デイリースポーツ online. 2019年8月13日閲覧。 MLB. com. 2018年5月3日閲覧。 nikkansports. com. 2018年6月9日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ). 2018年7月17日閲覧。 nikkansports. com. 2019年8月13日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ). 2018年8月4日閲覧。 CYCLE やわらかスポーツ情報サイト. 2018年8月4日閲覧。 ライブドアニュース. 2018年9月3日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ). 2018年9月6日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ). 2018年9月8日閲覧。 ライブドアニュース. 2018年9月11日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2018年10月2日閲覧。 nikkansports. com. 2018年10月2日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2018年10月2日閲覧。 中日スポーツ・東京中日スポーツ. 2018年10月2日閲覧。 Maria Guardado 2018年11月13日. MLB. com. 2018年11月17日閲覧。 毎日新聞. 2018年11月13日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年6月14日閲覧。 朝日新聞デジタル. 2019年6月14日閲覧。 nikkansports. com. 2019年6月14日閲覧。 nikkansports. com. 2019年6月28日閲覧。 nikkansports. com. 2019年9月13日閲覧。 2019年9月13日閲覧。 David Adler 2020年2月12日. MLB. com. 2020年2月13日閲覧。 Rhett Bollinger 2020年2月12日. MLB. com. 2020年2月13日閲覧。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年6月19日. 日刊スポーツ 2020年2月23日10時4分(2020年2月23日閲覧)• www. brooksbaseball. net. 2020年3月25日閲覧。 RS: 10先発・51. Brooksbaseball. netに基づく。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2016年10月21日. 『2015 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、44頁。 nikkansports. com 日刊スポーツ新聞社. 2013年8月24日. nikkansports. com 2013年3月22日• 『2016 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2016年、30頁。 朝日新聞デジタル. 2012年10月2日. 2012年10月17日閲覧。 [ ]• Sponichi Annex. 2012年8月28日. 2012年10月17日閲覧。 」『野球太郎』No. 1、、 158-159頁、 雑誌69411-06。 Number Web. 2015年2月18日. 2015年6月18日閲覧。 サンケイスポーツ. 2016年8月5日. 2016年11月14日閲覧。 SANSPO. COM. 2013年12月15日. の2015年6月18日時点におけるアーカイブ。 2015年6月18日閲覧。 アサ芸プラス. 2013年4月9日. 2016年10月17日閲覧。 スポーツ報知. 2018年5月6日. 2019年6月21日閲覧。 デイリースポーツ. 2013年7月4日. 2015年6月18日閲覧。 Full-count. 2014年12月24日. 2015年6月18日閲覧。 週刊ベースボールONLINE. 2014年6月2日. 2015年6月18日閲覧。 ZAKZAK 週刊ポスト2017年4月14日号 2017年4月6日. 2017年4月8日閲覧。 サンケイスポーツ 2018年5月20日. 2019年11月14日閲覧。 中川淳一郎 2018年5月31日. BLOGOS. 2019年11月14日閲覧。 週刊ポスト2014年12月5日号(NEWSポストセブン) 2014年11月26日. 2015年7月16日閲覧。 ISM. 2015年5月21日. の2015年6月18日時点におけるアーカイブ。 2015年6月18日閲覧。 2015年5月21日. 2015年6月18日閲覧。 MLB. com、2016年11月26日(同日閲覧)。 、2016年11月26日(同日閲覧)。 、2016年11月26日(同日閲覧)。 日刊スポーツ紙面コラム. 2013年5月22日• 2018年12月30日. 2019年6月19日閲覧。 2020年4月28日閲覧。 大谷翔平23弾 - プロ野球オーナーズリーグ AkaWiki• 金ケ崎リトルシニア 2016年2月1日. 2017年1月8日閲覧。 2017年11月11日. 2019年6月20日閲覧。 2016年12月31日. 2017年1月8日閲覧。 、2016年2月18日• 2、廣済堂出版、 48-53頁、 雑誌69411-12。 日刊スポーツ. 2012年12月9日. 2012年12月9日閲覧。 Sponichi Annex. 2014年1月26日. 2015年7月11日閲覧。 日刊スポーツ. 2013年12月17日. 2015年7月11日閲覧。 夕刊フジ. 2015年1月7日. 2015年7月11日閲覧。 Web Sportiva. 2015年1月1日. 2015年7月11日閲覧。 夕刊フジ. 2015年1月7日. 2015年7月11日閲覧。 スポーツ報知. 2014年12月21日. の2015年7月11日時点におけるアーカイブ。 2015年7月11日閲覧。 2014年11月17日. 2017年9月13日閲覧。 nikkansports. com. 2018年4月9日閲覧。 nikkansports. com. 2018年9月11日閲覧。 毎日新聞. 2018年12月12日閲覧。 nikkansports. com. 2019年4月26日閲覧。 日刊スポーツ. 2019年6月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2018年9月22日閲覧。 MANTANWEB 2019年11月17日. 2019年11月17日閲覧。

次の

大谷翔平

大野 翔平

自らの仕事に誇りを持ち、働いている姿に惹かれた。 当初はメガバンクに入ることだけを考えていました。 「やるからには一番を狙いたい」。 体育会出身の私にとっては、自然な発想だったと思います。 経済学部だったので自然と金融業界に目を向け、「金融業界で一番」だと思ったメガバンクを目指していました。 しかし、実際に大手銀行のOB訪問などでお話を伺った方のほとんどが「お金のため」に働くという考えだったことに違和感を持ちました。 もちろん、収入は大切なファクターですが、これから何十年と働いていくのなら、お金だけがモチベーションでは仕事を楽しめないと思ったのです。 その点、アサックスの先輩社員は真逆の印象でした。 「お客様のため」に働く姿勢を大切にしていましたし、仕事にやりがいを持っているのがひしひしと伝わってきました。 面接でもしっかり私の目を見て話をしてくれるのが何より嬉しかったですね。 こちらが見ている以上に、こちらをきちんと見てくれていると感じることができました。 肩書が魅力のメガバンクか、やりがいを持って働くことができるアサックスか。 迷いもしましたが、自分自身で納得いくまで考え、決断しました。 もう一度就職活動をしたとしても、私はアサックスを選びます。 個人技とチームプレイで、お客様の笑顔を勝ち取る。 アサックスでは、新人でも次々と仕事を任せてもらえます。 先輩社員に同行しつつ仕事のイロハを教わっている段階から「意見があれば、どんどん主張して」と言ってもらえたことは、自分の成長に直結していると思います。 最初は「一年目の社員が生意気な感じにならないか」と思いましたが、提案すると「じゃあ、やってみよう」と背中を押してもらえる。 任されることで「期待に応えたい」という思いも強くなり、背筋も伸びます。 緊張もしますが、「これが、求めていた環境だ」と実感する日々です。 また、アサックスの資金プランナーは「一顧客一担当制」という責任もやりがいも大きな働き方が特徴です。 原則として資金プランナーが申込から融資まで全てのフローを一人で担当しますが、案件によっては他のメンバーと協力して取り組むこともあります。 一人でも、チームでも、目指すゴールは同じ。 無事にご融資ができて、お客様の笑顔につながった時、大きなやりがいを感じることができます。 学ぶスキルは無限。 引き出しが増えていく。 実際に入社して改めて気づいたアサックスの大きな魅力として、同じ案件が一つもないことが挙げられます。 「毎日同じことの繰り返し」という他業界に就職した同級生もいますが、様々な融資相談が寄せられるアサックスでは常に自分で考えながら行動することが求められます。 しかも、先輩によって、お客様へのアプローチのスタイルは十人十色。 冷静に話す先輩もいれば、情熱的な話し方でお客様に寄り添う人もいます。 さらに、巧みな質問で相手の話を上手に引き出すタイプも。 そこで気づいたのは、会話の合いの手の入れ方や頷き方を工夫するだけでもお客様との距離が縮まり、案件の進み具合も変わってくるということ。 そう思うと、学ぶべきスキルは無限にあると感じます。 先輩の仕事を間近で見るだけでも、本当に勉強になる。 自分の引き出しも増えていくのが分かるから、毎日が刺激的です。 今は仕事が楽しくて仕方ありません。

次の