アロマ スプレー の 作り方。 エタノールやウォッカでアルコール除菌スプレーを自作!手指消毒用アロマスプレーの作り方!

手作り虫よけスプレー&アロマの作り方!簡単な材料で作れるのに効果は強力!

アロマ スプレー の 作り方

アロママスクスプレー• 蚊除けスプレー• ボウチュウスプレー• ブーツのニオイ消し• お掃除スプレー• デオドラントスプレー• ルームコロン 他 基本的なアロマスプレーの作り方 色んなアロマクラフトを作ることができますが、基本の作り方は同じです。 ご用意していただく材料 無水エタノール アルコール分99. アロマスプレーを作る時に使います。 薬局では1500円ぐらい。 ネットでまとめ買いすると送料も無料になり1300円代ぐらいで購入できるところも。 殺菌力は無水エタノールより大きいです。 アロマクラフトを作る時、手や容器などをの消毒に使います。 薬局では700円代ぐらい。 精製水 薬局では130円前後。 立川の薬局では50円台で売っているところもあるとか。 アロマスプレーなどを作る時に使います。 一度開けたら早めに使い切ります。 ガラス性スプレーボトル 精油を使ったクラフトの容器にむいていますが 持ち運びは割れる危険性あり。 遮光性(茶や青などの色つき)のある方が好ましいです。 プラスティック性スプレーボトル 瓶より軽く持ち運びに割れる心配をしなくて良いので便利。 精油はプラスティックを溶かす性質がある為、アロマスプレーを作る時は精油を直接プラスティックスプレーに入れず、先に無水エタノールを入れてから精油を落とすか、別にガラス素材のビーカーなどで アロマスプレーを作ってからプラスティックスプレー容器に移し替えます。 ポイントは 肌につけるかどうか。 アルコールアレルギーの方は無水エタノール以外の方法で作ります。 また、つける場所が顔付近の場合(例えばアロママスク)にはエタノールを少な目に。 エタノールの量が少ないということは、その分精製水(水)の分量が多くなります。 肌には優しいかもしれませんが、腐敗は早くなります。 使う時期や使用頻度予定により、水の量を考え、消費期限を短く設定します。 5 精製水を入れ良く混ぜる 6 ラベルに何のアロマクラフトか 作った日付と消費期限を書く たくさんアロマクラフトを作っていくと、このスプレーボトルが果たして何用で作ったのかわからなくなるんです(笑) 作った日を記入しておけば、気候や水の量によっていつまでに使えばいいのか、後からでも判断できます。 「いつまでに使い切ろう!」と最初に消費期限を記入しておくのも良い方法ですね。 アロマ・アドバイザー講座では、このような簡単なことも細かく教えています。 内容はもりだくさんですが、一度勉強したら後々もとっても役立つこと満載です。 自分一人でしっかりアロマテラピーを実践したい方は参考にどうぞ!.

次の

ルームスプレーの作り方!アロマオイルを使った手作りレシピ [アロマテラピー] All About

アロマ スプレー の 作り方

今だけプチ講座実施中! ********* こんにちは。 HappyAromaLife-ハッピーアロマライフです。 先日は東京でも25度を記録し、初夏が近づいて来ている事を感じさせる日が増えてきました。 気温や湿度が上がってくると気になるのが、部屋の中に漂うジメジメ、ムワッとした嫌な臭い。 また、台所などの水回りや生ゴミなどの臭いも出てきがちに。 本日は、そんな気になる臭いをすっきりさせる、アロマスプレーの作り方をご紹介します。 市販の材料を混ぜるだけで簡単に作ることができますよ! 用途にあわせて使えるアロマスプレー アロマスプレーとは、 お好みの精油と市販の材料を混ぜるだけで簡単に作る事ができるスプレーのこと。 アロマクラフトでは一番ポピュラーで簡単に作る事ができるアイテムです。 スキンケア用スプレー、ルームスプレー(空気清浄スプレー) 抗菌・消臭スプレー、花粉対策スプレー、風邪対策スプレー、虫除けスプレーなど 精油を変えるだけで用途や自分の好みに合わせて使える事が一番の魅力。 お部屋に一つ、カバンに一つ、職場に一つなど、シーンや気分に合わせて変えることも出来ます。 アロマスプレー作りに必要な材料(容器・器具) アロマスプレーを作るために必要な材料は、次の5つです。 アロマオイル(精油)• 無水エタノール• 精製水(フローラルウォーター、ミネラルウォーターでも可)• スプレー容器• 計量カップ(ビーカーなど) アロマオイル(精油) アロマオイルは100%天然の精油(エッセンシャルオイル)を使います。 無水エタノール アロマオイルは水には溶けない性質のため、エタノールに溶かしてから水と混ぜ合わせます。 エタノールには、濃度の違いにより無水エタノール、エタノール、消毒用エタノールの3つがありますが アロマテラピーでは「無水エタノール」を使います。 精油が溶けやすく無臭、清掃にも適している濃度のためアロマクラフトには最適です。 無水エタノールは薬局やネット通販で購入可能です。 精製水(フローラルウォーター、ミネラルウォーターでも可) 精製水は薬局やネット通販で購入可能です。 アロマオイルの香りを拡散させるために使用します。 「精製水」はイオンや微生物が取り除かれ無臭のためアロマの香りを活かしてくれます。 スキンケアに使う場合はフローラルウォーターでもおすすめ。 掃除用やスキンケアに使わない場合なら水道水の利用も可能です。 開封後は1週間程度でご使用ください。 スプレー容器 アロマ専門店やネット通販で購入可能です。 精油やアルコールの使用に対応した遮光性のスプレー容器を利用します。 精油成分やアルコールはプラスチックを溶かす性質があるため 長期間使うもの、スキンケアに使用する場合はガラス製のものをお選びください。 掃除用途や短時間の利用・使い切りの場合ならプラスチック(ポリエチレン製(PE))でもOKです。 計量カップ 精製水・アルコールを量るために利用します。 100均一のものでもOKです。 (精製水を加えたタイミングで色が白くなりますが、問題ありません。 ポイント ・3週間程度の目安でご利用ください。 ・使用する前は軽く容器を振ってから、ご利用ください。 精油の分量・濃度について 作りたい容器や使う目的に合わせて作れるのも、アロマクラフトの良いところです。 空気清浄用、スキンケア用など… 香りの強さの好み、用途に合わせて分量・濃度をご調整ください。 また、あわせて関連記事もご参考くださいませ。 05ml> 全体量 10ml 20ml 30ml 40ml 50ml 100ml 0. 消臭・空気清浄レシピ こもった香りを爽やかに、キッチンやゴミ箱にもおすすめ。 風邪気味のときにもおすすめ。 お部屋の空気清浄だけでなく、 キッチンや衣類の消臭、お掃除として、 リラックスしたい時の芳香浴としても手軽に使えるのが良いところですね。 部屋に一つ、家族でひとりに一つ持っておくのもおすすめです。

次の

気になる臭いをすっきり!簡単アロマスプレーの作り方

アロマ スプレー の 作り方

アロマを変えることで色々な目的に使うことができるアロマルームスプレーに!• 仕事部屋や勉強部屋の芳香に 集中力を高めるローズマリーがおすすめ!すーっとした香りが、頭がスッキリとして気力も高めてくれます。 眠気がさしたらシュシュっとスプレー!• 寝室などでリラックスするときの芳香 ラベンダーがおすすめ。 バランスのとれたフローラル系の香りが神経を落ち着かせて安眠へと導きます。 眠る前にスプレーします。 風邪の予防 ユーカリ、ペパーミント、ティートゥリーがおすすめ。 おうちをクリーンな環境にしてくれます。 消臭したいとき デオドラントに優れるローズウッドやラベンダーがおすすめ。 タバコ、ペットの匂いを緩和します。 お客様が見える前にスプレーしてみましょう。 キッチンのシンクや窓拭きのお掃除 手垢や油汚れに効果的なオレンジスィートがおすすめ。 ステンレスシンクや窓、鏡に直接吹き付け、乾いたダスターで拭きます。 化学薬品が入っていないので、赤ちゃんなどがいるおうちでは特に安心して使えます。 網戸、エアコンフィルターに吹き付けることもできます。 掃除の場合はガラス窓、鏡、ステンレス製シンクに吹き付けて、乾いたダスターで拭きます。 天然の香りはあまり持続性がありません。 香りがなくなったかな?と思ったら、スプレーして構いません(あくまで目安ですが1時間に2~3回ほど)。 スプレーするときには目に入ったりしないように気をつけましょう。 もし肌に少しついても特に問題はありませんが、意図的にはつけないでください。 あまり長く置いておくと、水が変質しないとも限りません。 できるだけ涼しいところに置き、数週間で使い切りましょう。 【関連記事】•

次の